2022年01月18日

人権デューデリジェンス

IMG_20220117_0002
欧米に遅れをとる日本の人権 デューデリジェンス
企業が事業活動
社内や取引先における人権侵害リスクを把握
その軽減や予防を行う
中国の新疆ウイグル自治区における人権弾圧
ユニクロのフランス法人
強制労働や人道に対する罪を隠匿
Due Diligenceとは、
投資の際に投資対象の企業や投資先の価値やリスクなどを調査
2008年に作られた新しい言葉
1990年代ナイキが東南アジアの工場において劣悪な環境
現地の人材に強制労働
ナイキの不買運動
人権デューデリジェンスの法制化と義務化
米・カリフォルニア州「サプライチェーンの透明性に関する法律」
イギリス「英国現代奴隷法」
フランス「フランス人権デューデリジェンス法」
オーストラリア「現代奴隷法」
オランダ「児童労働デューデリジェンス法
カナダ「現代奴隷法」
ドイツ「ドイツサプライチェーン法案」
EU「コーポレート・デューデリジェンスおよびコーポレート・アカウンタビリティに関する指令」

yuji5327 at 07:20 
池上湖心の書 

テスラが他のメーカーと比較して利益率が高い理由は、広告宣伝費を使わず、ディーラー網を持たず、消費者へ直販を行い、経費を大幅に削減していためである。


「土方細秩子(ジャーナリスト)著:テスラの世界観 週刊エコノミスト 2022.1.18」は参考になる。概要を自分なりに纏めると以下のようになる。
1.テスラの株価は、2020年7月に時価総額でトヨタ自動車を抜いた後も上昇を続け、21年10月にはついに時価総額で約114兆円を超えた。同社CEO〔最高経営責任者)のイーロン・マスク氏は保有するテスラの株価上昇で自己資童額が約34兆円に膨らみ、アマゾンの創業者ジェフ・ベゾス氏を抜き世界一の富豪となった。
2.テスラの勢いを理解する鍵は、マスク氏が日ごろから強調している「テスラは単なるEVメーカーではない、エネルギーとモビリティーのサービスを総合的に提供する企業だ」という言葉である。
3.脱炭素の時代には、二酸化炭素(CO2)の削減努力が企業価値に直接に反映してくる。また、携帯電話がスマホに変わったように、EV時代は自動車がさまざまなモビリティーサ
ービスを提供する「端末」となる。テスラはまさに、脱炭素・DX時代の「アイコン〔象徴〕」である。
4.マスク氏が現在所有する企業にはテスラ、宇宙開発企業スペースXのほか、脳科学分野のニユーラリンク、人工知能〔AI)分野のオーブンAI、トンネル掘削介野のボーリングといったスタートアップがある。テスラは16年に米再エネ大手ソーラーシ一ティーを買収うし、現在、太陽光パネルやソーラールーフ事業も手掛けている。17年にはベイパルからX.com〔ペイパルの前身であるオンラインバンキング。マスク氏がイーベイに売却〕の権利を買い戻している。
5.つまり再生可能エネルギーによる発電、それを使った家庭内の蓄電システム、EV、AI、ロケット工学から得られた素材工学、さらにはトンネルシステムなど独自の技術を用いた未来の都市構想まで、すべて自社で行っている。
6.テスラは19年からスーパーコンピューター「Dojo」の開発を始め、現在、日本の富嶽の8割程度の演算能力を持つとされる。これをテスラは自動運転のためのトレーニングに利用しているが、将来は人型ロボットの開発ももくろんでいる。
7.テスラが他のメーカーと比較して利益率が高いといわれる理由は、広告宣伝費を一切使わず、ディーラー網を持たず、消費者へ直販を行う、という点で経費を大幅に削減している点が挙げられる。サービス、メンテナンスは一部を除いて外注しているが、不具合が起きたときは自宅まで点検に来てくれるなど、今のところユーザーの満足度は高い。
8.またEVの特性を生かし、多くのサービスをサブスクリプション〔継続課金)で行っている。自動運転ソフトウエアも月額99ドルたは199ドルで利用が可能である。FSDと呼ばれる同社の自動運転用ソフトを装備していない場合のアップグレード費用を含んでいる。
9.テスラは、クルマのハードウエアだけでなくOS(基幹システム)をはじめソフトも自社製である。他の自動車大手は車内エンターテインメントやコミュニケーションシステムにグーグル、アップル、マイクロソフトなどのOSを搭載しているのが普通で、すべて自社で賄っている企業は数少ない。
10.自動車組み立てのための製造機器も多くが自社製である。それにより、テスラが「ギガブレス」と呼ぷ、従来の自動車業界にはなかったボディーの一体成形〔ボディーを継ぎ目なしに打ち出す技術)を「モデルY」で実現している。工程が少ない分、コストも軽減される。そこにはスペースXで得られた宇宙船のための素材や成形技術が生かされている。
11.これらの技術を組み合わせて製造されるテスラ車は、業界では「価格と比較して高性能」との評価が多い。例えば、同社のラインアップの中で最廉価版であるモデル3でも、0〜100km/時〔停止状態から時速100km到達までの時間)は3・3秒と、高級スポーツカー並みである。「オートパイロット」と高度運転支援システムもオプションで付加できる。
12.そんなテスラ車は欧米の消費者に受け入れられている。米カリフォルニア州では、21年1〜6月期で最も売れた乗用車がテスラの「モデル3」だった。モデル3は、21年9月に欧州全域で初めて、最も売れた車種になった。テスラの21年7〜9月期の純利益は前年同期比で4・9倍の16億1800万ドル、売上高は同57%増の137億5700万ドルである。テスラの売り上げの多くを占めていた温室効呆ガス排出枠の売却収人が3割減だったにもかかわらず黒字を計上した。
13.22年以降のテスラの注目ポイントはEVのトラック、すなわち「サイバートラック」を発売することである。米国で1年間に売れるクルマの過半数がピックアップトラックや大型SUV〔スボーツタイプ多目的車)を含むライトトラックと呼ばれる車種である。20年に人気だったピックアップを見ると、フォード・モーター「Fシリーズ」が78万台、シボレー「シルバラード」が58万台も売れた。乗用車でトップのトヨダ「カムリ」は29万台にとどまつた。
14.このため、テスラがサイバートラックの発売を発表して以来、現在までの累計予約台数は125万台に到達、これがすべて売れた場合、売りヒげは80億ドルとも試算される。もちろん予約数と実際の販売台数は同じにはならないが、22年以降、特に米国ではサイバートラックがテスラの新たな「ドル箱」となる可能性は高い。
15.サイバートラックの荷台に組み立てられるキャンピングカーキツトを作るスタートアップがクラウドファンディングで4億円以上を集めるなど、発売前からかなりの注目を
集めており、サイバートラックがヒット商品になることは間違いない。
16.コンバクトカーからピックアップまで、ラインアップを拡充したテスラは、21年の販売台数が同社の目標である75万台に到達するのはほぼ確実視されている。サイバートラックが加わると生産台数は200万台に届く可能性もある。
17.テスラの電池技術について名古屋大学未来社会創造機構客員准教授の野辺継男氏は、「これまでエネルギー留度が低く使えない、とされてきたリン酸鉄リチウムイオン(LFP)電池をテスラが中国の電池最大手CATLと共同で開発し、リチウムイオン電池と遜色ない性能にした、という貢献もある」と指摘する。野辺氏は、EVは作れば作るほどコストが下がってスケールメリットが増す特徴がある。このため将来は数社のメーカーが年間に2000万〜2500万台のEVを製造する時代が来ると予想する。その1社がテスラになる可能性は高い。
18.テスラにも課題はある。受注に生産体制が追い付いていないため納車が遅れ、その間にライバルが売り上げを伸ばす公算がある。またマスク氏のワンマン体制に対し、どのようにコーボレートガバナンスを利かせるかが不透明という点などである。
19.世界は脱炭素化に向けて動いており、EVだけではなくソーラー発電、世界に輸出している巨大蓄電システムであるバッテリーパーク、家庭用蓄電およびエネルギーコントロールシステムである「パワーウォール」の売り上げも同時に伸びる可能性がある。テスラ株は2000ドルに到達する、と予想する向きもある。実現すれば時価総額は2兆ドとなり、現在トップであるアップルの3兆ドルに迫る。



yuji5327 at 06:57 

2022年01月17日

空震

IMG_20220117_0001
南太平洋のトンガ沖
日本時間15日午後1時
海底火山の大規模噴火
8000キロ以上離れた日本にも潮位変化
半日たった同11時55分
奄美大島で1・2メートルの潮位上昇
太平洋沿岸を中心に津波警報
今回の潮位変化は、地震にともない発生する通常の津波とは異なる。
各地で瞬間的に1〜2ヘクトパスカル程度の気圧上昇
火山の噴火による空気の振動「空振」が影響
今回発生した波も、津波と呼べる
噴火の衝撃による空気の圧縮波の方が速く伝わる


yuji5327 at 06:58 
池上湖心の書 

先進国には財政規律がある。日本にも独立財政機関を設立し、政府、与党、野党の影響を受けない、独立した立場で財政の将来を警告する機関が必要である。


「加藤出(東短いリサーチ代表取締役社長)著:コロナでバラマキ、世界と広がる財政規律格差 週刊ダイヤモンド 2022.01.08」は興味ふかい。概要を自分なりに纏めると以下のようになる。
1.日本政府は過去最大の2021年度補正予算案を21年12月6日に国会に提出。同20日に成立した。22年度予算の基本方針では、例年明記されてきた聖域なき歳出改革が削除され、危機に対する必要な財政支出はちゅうちょなく行い、万全を期する、との文言が加えられた。当初予算としては過去最大規模になるもようである。
2.コロナ禍前から世界一だった日本の政府債務の経済規模比は、より一段と上昇していくことになる。ところが海外での財政の議論を調ベてみると、かなりの違いがあることに驚かされる。大半の先進国は、コロナ危機対応を徐々に縮小させつつ、政府債務の維持可能性を重視する方向へと明確にかじを切り始めている。
3.中央銀行に国債を買い支えさせれば問題はない、先進国の国債はデブ矛ルトしない、といったような楽観論は、海外からは聞こえてこない。世界の国々と日本の財政健全度と経済成長率を比較した。過去10年で国内総生産〔GDP)に対する政府債務の比率(政府債務GDP比)がどれくらい変化したかの推移と、その間の実質経済成長率を示した。
4.それを見ると、日本の財政悪化が段違いである一方、同期間の経済成長率は6%と、他国より桁連いに低い。この実態を踏まえた上で、世界各国で行われている財政の議論を見てみた。
5.英国のポリス・ジョンソン首相は21年9月上旬に、コロナ危機で資金が枯渇した国民保険制度を維持するため、22年から大規模な増税を実施すると発表した。同首相は、将来世代に対する責任の問題だとして次のように主張した。困難な点を考慮せずにパンデミックのための財政支山拡大は可能だと言うことは間違いであり、どうやって資金調達するのか貢任ある議論が必要である。また21年10月下旬発表の英財務省の予算・支出レビューではこう以下のように述べている。
6.政府の借り入れ、債務は歴史的な高水準になっており、巨大なリスクが存在している。金利が1%上昇する場合の財政への衝撃は、グローバル金融危機前の6倍、パンデミック前の2倍である。政府の資金調達の持続可能性を保証し、公共サービスに必要な長期の資金を供給するためには、増税という責任ある決断が必要である。
7.政府債務を減らしていくための新財政ルールも導入された。デンマーク政府は21年8月末に22年度予算案を公表した。メッテ・フレデリクセン首相は、コロナ危機下で赤字だった財政収支を22年度以降から黒字に転換すると述べた。また同国のニコライ・バンメン財務大臣は、これは、緊縮かつ責任ある予算案であると、財政出動の出口政策開始を明示した。
8.カナダ政府は21年4月に、政府債務のGDP比率を低下させ、財政赤字を巻き戻すための新しい財政アンカーを設定した。
9.オーストラリア政府は、財政の安定と政府債務のGDP比率の引き下げを狙う中期的な財政目標を21年5月に設定している。ニュージーランド政府は、財政赤字のGDP比率を25年度までに1%未満へ縮小するという見通しを21年5月に発表した。スイス政府は、22年度以降の財政収支を黒字化し、債務のGDP比率も引き下げていく見通しを21年6月に発表している。
10.このような海外諸国の基本方針は国際機関の推奨とも合致する。経済協刀開発機構〔OECD>は、財政フレームワークを見直して、今ある危機への対処と、公的ファイナンスの維持可能性確保のバランスを取る新ルールを確立すべきだ、と提唱しているからである。
11.ドイツの新連立政権は、前政権よりも財政赤字に寛容なスタンスだ、とはいえコロナ危機前のメルケル政権はブラックゼロ〔若干の財政黒字)を維持してきた。環境対策などへの支出を確保するためにそこから少々緩めても、日本に比べれば圧倒的に他全な水準にとどまると予想される。
12.一皆前に比べると国債の金利は世界的に低くなったからといって、無節操に増やしても構わないという声が主流の先進国は見当たらない。中央銀行が国債をどんなに大規模に買っても政府部門全体の借金は全く減少しない。国債が中銀当座預金という対民間債務に振り替わるだけである。
13.米バイデン政権と民主党左派は21年、大規模な財政拡張路線を推し進めてきた。基軸通貨国の場合、ある程度のむちゃは可能だろう。それでも政府債務のGDP比率は日本の半分程度である。しかし、共和党支持著、無党派層、民主党中道派支持著は、その帰結としての増税を警戒する。当初3・5兆ドルだったインフラ投資法案にプレーキをかけ、大幅に減額させた民主党中道派のジョー・マンチン上院議員は次のように述べた。さらなる数兆ドルの支出は、現在の経済の現実を無視しているだけでなく、将来の景気後退や国家の非常事態の際に確実にアメリカを財政的に弱体化させてしまう。統合参謀本部議長だったマイケル・マレンの強力な言葉、債務は国家安全保障にとって最大の脅威となる、を心に留めるべきである。
14.先進国の国債がデフォルトしにくいように見えるのは、先進国らしい財政規律を保っているからである。その点で、日本に独立財政機関を設立する方がよい。政府、与党、野党の影響を受けずに、独立した立場で財政の将来を予測し、警告を与える機関のことである。
15.OECD加盟の先進国38力国のうち28力国がこの機関を設症し、債務にルーズではないことを対外的にアピールしている。主要国で持っていないのは日本ぐらいである。米国の同機関である議会予算局(CBO)は30年先まで、英国の予算責任局(OBR>は50年先までの財政の長期予想を公表し、それをたたき台に国会で議論する。日本にはそれがなく、闇鍋状態で財政が運営されている。
16.独立財政機関があれば財政問題が解決するわけではないが、海外主要国との意識の差があまりに大き過ぎると、日本国債のさらなる格下げが近づく恐れがある。ここからの格下げは、日本の金融機関や企業の外貨資金調達コストを跳ね上げ、日本経済に激しいダメージをもたらし得る。米国のマンチン議員が触れていたマイケル・マレン氏とは.米軍制服組のトップだつた人物である。彼は16年に元国務長官、元国防長官、元国家安全保障担当大統領補佐官らと連名で超党派の声明文を発表した。われわれは、この国の長期的な債務は国家の安全保障に対する最大の脅威になると信じている、債務は、強力な軍隊、有効な外交のための資金調達に不可避的に制約をもたらし、経済成長にとって重要な投資や、国際祉会でのリーダー的役割を弱めてしまう。
17.米国は基軸通貨国であり、軍事的にも世界最強で、人口は堅調に増加していき、デジタル化でも世界経済をリードしていくと予想されている。その国ですら、このような主張に共鳴する人々は多い。日本にはそのような強みは全くないのに、なぜか危機意識が非常に希薄である。財政が伸び切ったゴムのような状態で、巨大地震などの次のクライシスに直面したら危ういことになる。日本の指導者たちは計画対象期間をより長くして議論を行つべきである。



yuji5327 at 06:44 
共通テーマ 

2022年01月16日

アンビエント

IMG_20220115_0001
環境音楽( ambient music)
作曲家ブライアン・イーノが提唱
勉強しながら環境音楽を聞く
集中力があり、テストスコアが高い
自然音、アコースティックギター、ピアノ、電子音など
分析的思考と創造性に関与する脳内の領域を活性化
情報を吸収して保持する脳の能力を高める


yuji5327 at 07:22 
池上湖心の書 

日本はコロナワクチンで海外勢の後塵を拝したが、核酸医薬では世界をリードできるかもしれない。低コストの核酸医薬が希少疾患の治療薬聞発などにもつながる。


「大隅典子(東北大学大学院医学系研究科教授)著:低コスト、副作用少の核酸医薬 日本発の技術『HDD』に期待 週刊ダイヤモンド 2022.1.8」は興味ふかい。概要を自分なりに纏めると以下のようになる。
1.2015年から始まった、この2年は新型コロナウイルス感染症〔COVID-19)に振り回されっ放しである。デルタ株による第5波を乗り越えたと思ったところに、今度はオミクロン株がやって来た。第5波を急激に終息できたのは、ファイザーとモデルナのmRNAワクチン接種の効果が大きい。
2.このような核酸を利用した薬、すなわち「核酸医薬」は、COVID-19の前から開発されつつあった。核酸医薬とは、遺伝情報の暗号〔コード〕であるデオキシリボ核酸〔DNA)や、遺伝情報がデコードされる際の"中間体〃であるリボ核酸(RNA)、もしくはこれらの核酸に化学修飾を施したものを用いた医薬品の総称である。
3.核酸は「アデニン〔A)、シトシン〔C〕、グアニン〔G)、チミン(T)もしくはウラシル(U、RNAの場合)」などの「塩基」と呼ばれる化学物質が基本となる。核酸医薬はこれらが十数〜数十塩基連結した「オリゴ核酸」として化学合成により製造され、生体内でタンパク質に「翻訳」されることなく直接生体に作用する。
4.核酸の塩基は、AはT〔もしくはU)と、CはGとぴたりとくっつく性質がある。このため、核酸医薬は正確に標的へと結合できる。核酸医薬にはアンチセンスやsiRNA.アプタマー、CpGオリゴなどの種類があり、その臨床開発や実用化が大きく進みつつある。
5.COVID-19の感染や重症化を予防するためのmRNAワクチンは、ウイルスの持つタンパク質を生体内で作らせるために、その遺伝情報の中間体のmRNAを用いる。一方、他の核酸医薬は、基本的には疾患メカニズムの上でターゲットとなる分子を標的として、その作用を阻害することを念頭にデザインされている。
6.核酸医薬は標的を牲定できるため、いわゆる「低分子化合物」を基にした薬剤よりも、ピンポイントで作用して副作用が少ないことが期待されている。さらに大きな利点は、同様の分子標的薬である抗体医薬などより、製造コストが格段に安いことである。
7.例えば18年に京都大学特別教授の本庶佑先生がノーベル生理学医学賞を受賞することになった、がん治療に有効な抗PD-1抗体(オブジーボ〉の当初の価格は100mg約73万円だった。また21年6月に米食品医薬晶局(FDA)に承認されたアルツハイマー病の抗体医薬アデュカヌマプの価格は年5・6万ドルである。また白血病の「CAR-T細胞療法」は抗体を産生する細胞そのものを治療薬として使う技術である。これらの「抗体医薬」「細胞医薬」を安全に製造するコストはとても高い。
8.安さというメリットのある核酸医薬の多くは、諸外国での技術開発が大きく進んでいる。すでに家族性高コレステロール血症や脊髄性筋委縮症、ある種の筋ジストロフィー等に対する核酸医薬が承認されている状況である。
9.国内製薬大手が活躍できなかつた「ワクチン敗戦」が繰り返されると感じる人も多いかもしれないが、実は国内に核酸医薬の有望な独自技術がある。東京医科歯科大学の横田隆徳教授らは、15年ごろから独自開発した「DNA/RNAヘテロ2本鎖核酸(HDO)」を用い、核酸医薬の効果を飛躍的に向上させることに成功している。
10.DNAを基盤とした従来の核酸医薬では、目的のRNAに対する「アンチセンス(逆向き)」の配列を持った数十塩基のDNA〔ASO)を合成する。これに対しHDOは、DNA鎮〔主鎖〕と主鎖に相補的なRNAを組み合わせた2本鎖の「人工核酸〕となっている。
11.HDOが細胞内に入ると、RNA分解酵素がやって来て切断する。その結果、単独となった主鎖が、今度は標的RNA(mRNAなど)に結合する。ここで再びRNA分解酵素により標的RNAが切断されることによって、遺伝子の働き方が抑制される、という賢い戦略となっている。
12.ここでのポイントは、相補鎖RNAにさまざまな分子のタグ〔リガンドと呼ばれる)を付けることが可能な点である。リガンドには脂質や糖鎖、ペプチドなどがあり、このタグを活用することで、細胞内外の目的地に薬剤が届きやすくする工夫ができる。例えば、脂溶性のビタミンEを粘合させると、既存のASOに比較して肝臓への薬物送達が格段に向した。さらに21年8月、横田教授らは「血液脳関門〔BBB〕通過型HDO」を開発し、英科学誌「ネイチャー・バイオテクノロジー」で発表した。
13.血管は脳にもつながっているが、脳の細胞との間には"関門"があり、血中の物質は容易には脳内に侵人できない。これが中枢薬開発の課題だった。それが今回、コレステロールなどの脂質をリガンドにすることで、HDOがBBBを通過して脳や脊髄などの中枢神経系に到達できるようになった。脊髄性筋萎縮症の治療に承認されたASOは、いわゆる腰椎穿刺による髄腔内への投与が必要であり、患者にとってのリスクや苦痛は大きい。
14.対してBBB通過型HDOの場合、静脈内注射や皮下注射などが可能な点に大きなアドバンテージがある。インスリン注射のように患者が自分で皮下注射することができれば、毎回医療機関を受診しなくてもよくなり、利便性は格段に向上すると考えられる。同大学では21年10月、核酸医薬を専門とする研究センターを開設する計画を発表している。
15.核酸医薬は遺伝情報を基盤とした創薬であるため、細胞表面の分子が標的の中心となる抗体医薬とは異なり、理論的にはどのようなタンパク質の基となる遺伝情報〔mRNAなど〕でも標的とすることが可能である。日本はコロナワクチンで海外勢の後塵を拝することになったが、核酸医薬では今後、世界をリードできるかもしれない。低コストで産生可能な核酸医薬が、患者の少ない希少疾患の治療薬聞発などにもつながることを期待したい。


yuji5327 at 07:10 
新技術 

2022年01月15日

オミクロン株急速に拡大

IMG_20211215_0002
東京では12日、2021年9月以来
2000人を超える陽性者
14日は4000人を超える。
陽性者の9割以上がオミクロン株の疑い
2021年末、カニが年明けは半値ほどに落ちた
オミクロン株の影響
石川島記念病院毎日1人から2人ずつの入院
18あるコロナ対応病床のうち、埋まっているのは10床
5人がオミクロン株の感染者
全国1万3000人超感染 子どもに


yuji5327 at 07:20 
池上湖心の書 

全ての書類をデジタルするのは、実現できれば良いが、関わる人のレベルが低すぎて成功しない。

大前研一著: ニュースの視点 (2022/1/7付)(発行部数 149,405部)は「建設業統計問題/デジタル政策/医療制度改革〜日本のオンライン診療、米国や中国に遅れるばかり」は参考になる。概要を自分なりに纏めると以下のようになる。
1.国土交通省は先月15日、建設業の毎月の受注動向などを示す建設工事受注動態統計で、データの不適切な取り扱いがあったことを明らかにした。データは事業者から毎月集めているが、国交省は都道府県の担当者に対して、事業者から期限に遅れて複数の月の報告がされた場合、直近の1ヶ月の受注額に合算する形で書き換えるよう指示していたとのことで、国交省は他の統計への影響を検証する方針を明らかにした。
2.会計原則で言えば、売上が計上されたタイミングでコストも計上される。しかし建設工事は会計年度をまたぐ長期間に及ぶことが多いため、この原則をそのまま適用すると、最初の数年間は何もデータがないまま最後に一気に売上とコストが計上されるという形になる。
3.実態に近い形になるよう、例えば4分の1の想定収入とコストをそれぞれ算出して計上するというルールを定める。本来なら、財務省がこういったルールを定めて方針を提示するべきである。何も計上するものがないという報告や、数年分の売上を一気に報告するというのは、おそらく意図的にやっていたことだと思う。
4.忖度する立場の人たちからすると、思うがままに数字を調整しやすく、またとにかく大きな数字として報告するため二重三重に報告してきたのだと思う。岸田首相は相違分について国内総生産(GDP)を再計算すると言っているが、建設工事のデータは1年半で消去されるため、実際のところ再構築できない。新しくルールをきちんと定めて、これからは正しく計上するしかない。
5.政府は先月24日、デジタル社会実現のための重点計画を閣議決定した。デジタル化による成長戦略、地域の活性化、デジタル人材の育成・確保など6つの分野の取り組みの方向性を示したもので、現在、税、社会保障、災害の3分野に限っているマイナンバーの利用対象拡大や書面、対面の全面的な見直しを盛り込んだものになっている。
6.ついでのデジタル化ではなく、全ての書類について一から十までデジタルで完結させるというものである。本当に実現できるなら非常に良いことだと思う。しかし、生体認証すら取り入れる予定がないというのは今の時代においてリスクが高すぎるし、4種類あるパスワードをあらためて整理する必要があるなどと言っている状態だから、実現性が高いとは思えない。このプロジェクトに関わっている人のレベルが低すぎて、このままでは全く成功できるイメージが湧かない。
7.国が重点計画として定めるというのは非常に良いことだと思うが、そうであればもっとレベルが高い人材を集めるべきである。デジタル庁の求人の中には「任期1年、稼働日数は週3日〜5日」という非常に甘い条件が提示されているポジションもあり、本腰を入れて取り組めるのか疑問である。10年〜20年先を見据えて真剣に取り組むのであれば、フルタイムで配属するか、あるいは世界で最高レベルの人たちを集めるべきである。
8.本気ではないパートタイムでの雇用、しかも自ら所属する団体の利益代表のような人たちを600人集めたところで、最初から機能しない。こんなプロジェクトに国の重点計画としてお金を使うのは無駄である。
9.日経新聞は先月23日、「オンライン診療で応酬」と題する記事を掲載した。政府の規制改革推進会議がまとめた報告書で、オンライン診療の普及拡大に向けて対面より低い診療報酬の見直しや診療上の優位性を、厚生労働省の指針に明記するように求めた。一方で日本医師会は顔色や匂いなど対面診療でなければ得られない情報があると主張するなどオンライン診療の拡大に慎重で、医療のオンライン化をめぐる鞘当てが続くとしている。
10.オンライン診療の推進にあたり、医師会が反対の立場を取っているのは昔から分かっていることだが、医師会側もせめて「こういう条件なら許可できる」とか「医師会もここまでの準備ならできる」といった反応を示すべきである。反対意見を先に言うだけでは全く建設的ではない。医師会はオンラインでは十分な診療が行えず正しい判断ができないと主張しているが、海外に目を向けると米国や中国などでは既に実現している。
11.特に中国では携帯・スマートフォンで医師に24時間アクセスでき、緊急事態なら専門家を紹介するという非常に優れた仕掛けが機能している。日本だけが中国や米国などに比べて著しく遅れている状況である。今は新型コロナの問題もあって通院が怖いという人も多いから、オンライン診療を進める絶好の機会である。
12.診療のオンライン化について一般の人たちに聞くと「忙しい人や遠方に通院している人に有用」などとポジティブな意見もある。一方、診療のオンライン化に医師はおしなべて一般人よりネガティブな意識を持っている。そのような医師の意見を聞くよりも、米国や中国のやり方を研究して「彼らはこうやって実現しているけれども、日本ではどうすればいいのか?」というような建設的な議論を交わすべきである。少なくとも携帯・スマートフォンで24時間医師にアクセスして相談できるだけでもまずは十分である。それすらも実現できずずっと今のままでは、日本は世界から遅れるばかりである。



yuji5327 at 07:02 
新技術 

2022年01月14日

新しい資本主義(中間層が沈む)

IMG_20211215_0001
政府は「新しい資本主義実現会議」の会合
経済対策への緊急提言
岸田首相が「成長と分配の好循環」を実現
メンバーは経済団体や民間企業のトップら15人で構成
半数近い7人が女性
格差が広がっている問題意識
「分配」の面では、賃金の引き上げに重点
看護師や介護士、保育士の給与を前倒しで引き上げる
賃金の引き上げに取り組む企業への税制面での優遇
経済対策、30兆円超との規模


yuji5327 at 07:17 
池上湖心の書 

高脂肪、高カローりーの米国式食事にハーブやスパイスをたっぷり加えただけで、食後の血圧を下げる効果も報告されている。


「井手ゆきえ(医学ライター)著:脳と心臓を守る10の食スタイル 米国心臓協会が提唱 週刊ダイヤモンド 2022.1.08」は参考になる。概要を自分なりに纏めると以下のようになる。
1. 昨年11月、米国心臓協会は「心血管の健康増進のためのガイダンス2021」を公表した。科学的根拠に基づき、脳と心臓を守る健康的な食事スタイルを勧めている、それは、以下の通りである。1.肥満予防のために摂取カロリーと身体活動のバランスをとる。2.野菜や果物を含む多様な食品を食べること。サプリメントなどで特定の栄養素だけを偏って摂るのは勧めい。3.食物繊維が豊富な全粒穀物や全粒粉を使った食品を選ぶ。4.大豆やナッツ、魚介類、低脂肪の乳製品など、低脂肪で良質なたんぱく質を摂ろう。脂肪過多の加工肉は控えめにする。5.調理用にはオリーブ油やひまわり油など良質の脂肪酸が含まれる植物性の油を選び、トランス脂肪酸入りのラードやバターは避ける。6.加工肉やジャンクフードなど超加工食品を避け、食材を生かした食品を選ぶ。7.糖質が過剰に加えられた清涼飲料水や食品は控えめに。8.塩分控えめ。9.アルコールの摂取量を減らし、節酒を心がけること。下戸ならそのままで。10.自炊のみならず、外食でもこの10力条を心がけること。
2.食事以外では適度なエクササイズと禁煙を勧めている。この食事スタイルは脳と心臓の健康を守る以外に、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の重症化リスクでもある2型糖尿病や肥満を改善する効果が期待できる。今年もCOVID-19と共存する日々が続く以上、健廉的な食生活は、日の前の危機を避ける手段の一つである。
3.食改善を続けるコツは「無理をせずに1週間単位でメリハリをつける」こと。ハーブやスパイス、和風ならショウガや大葉で風味を加えるのも手である。高脂肪、高カローりーの米国式食事にハーブやスパイスをたっぷり加えただけで、食後の血圧を下げる効果も報告されている。
4.リモートワークが続いているなら、じっくり健康的なわが家の味を創り上げていくといいだろう。子どもの食育にもつながる。



yuji5327 at 07:00 
健康 

2022年01月13日

記録的大雪

IMG_20211228_0002
発達した低気圧
北海道では12日、記録的な大雪
千歳市では正午までの24時間降雪量が34センチ
観測史上最多を更新
24時間降雪量
東北、北陸60センチ
北海道50センチ
東海、近畿40センチ


yuji5327 at 07:42 
環境 

歯を持つことは、生きる上で有利なはずである。ただ、歯を失った恐竜と呼ばれる鳥だけが、絶滅を生き延びた。「無歯化」が運命の分かれ道である。


「小林快次(北海道大学総合博物館教授)著:歯を失って絶滅を逃れた恐竜 「鳥」のくちばしと砂肝の秘密 週刊ダイヤモンド 2021.12.25―2022.1.1」は興味ふかい。概要を自分なりに纏めると以下のようになる。
1.人間の顎には上下左右合わせて全部で、28から32本の歯が生えている。口の中を舌でなぞって数えると、上顎の左側には、前から前歯が2本、その隣に犬歯が1本、その横には小臼歯が2本生えている。さらに奥には、平べったく大臼歯が2から3本生えているはずで、3本生えている場合、一番奥の歯が「親知らず」である。上顎の右も、下顎の左右も同じように歯が並んでいる。
2.人間は、誕生後、乳歯が生えてきて、大きくなるとそれらが永久歯に生え替わる。そして、永久歯が抜けてしまうと、入れ歯かインプラントをするしかない。人間を含む多くの哺乳類は、1度しか歯が生え替わらない。
3.恐電については、恐竜の歯の数は、種類によってさまざまで、多いものでは1000本近くの歯を持つものもいる。また、恐竜を含む爬虫類の多くは、何度も歯が生え替わる。歯を持つことで、食べ物を口の中に人れ、細かくかみ砕くことができる。歯を持つことは、生きる上で有利なはずである。ただ、歯を失った恐竜と呼ばれる鳥だけが、絶滅を生き延びた。「無歯化」が運命の分かれ道である。
4.多くの数の歯を持つ恐竜が、歯を失った経緯は、恐竜は、大きく「鳥盤類」と「竜盤類」があり、烏盤類は植物を食べていた恐竜で、多くが四つ足で歩いていた。代表的なものにトリケラトプスやステゴサウルスがいる。このグループは、植物を食べることで繁栄したが、きっかけは部分的な無歯化である。
5.顎から完全に歯がなくなったわけではなく、下顎の前の方だけ歯を失い、代わりにその部分にケラチン質のくちばしを持った。食べる植物に合わせ、くちばしの形も変えて進化した。前だけくちばしという「入れ歯」に変えた。
6.このくちばしは、私たち人間の前歯の役割を果たた。地面に生えた植物や、木に付いている葉をくちばしでそいで食べた。食物繊維を口の中で少しでも切って消化を助けるために.口の奥歯は、なくさなかった。植物を丸のみにしても、おなかの中で消化できる能力がなかった。
7.竜盤類は、さらに「竜脚類」と「獣脚類」の二つに分けられ、竜脚類は、長い首と尻尾を持った巨大な植物食の恐竜で、プラキオサウルスやデイプロドクスに代表される。大きいものでは全長35m、体重70トンにも達した。竜脚類は、歯を失うこともくちばしを持つこともなく進化し繁栄したので、無歯化とは関係ない動物だった。
8.もう一つの獣脚類は、ティラノサウルスのような肉食性の恐電で構成されている。その中から、肉食を捨て、ベジタリアンになる変わった恐地が出現する。鳥盤類が、植物を食べるために顎の前の歯を失ったように、ベジタリアンになった獣脚類も歯を失い、くちばしを持つようになる。しかも、鳥盤類のように一部だけではなく、完全なる無歯化である。くちばしという「総入れ歯」に変えた恐竜である。
9.その代表例が、オルニトミモサウルス類とオビラプトロサウルス類、そして鳥類である。前の二つの長い名前を覚える必要はないが、鳥類以外にも無歯化した恐竜がいたということは事実である。そして、この無歯化した 三つの恐竜のグループには、総人れ歯のくちばし以外にも、共通点があった。「砂肝」のような胃の獲得である。砂肝は、ビールによく合うコリコリと歯応えのある内臓である。これは、胃の一部であり、筋肉質な「砂嚢」と呼ばれる部分である。
10.鳥は、ここに小さな石を持ち、丸のみされた食べ物を、筋肉質な砂嚢とそこに入っている石ですりつぶす。この構造によって、「第二の歯」を手に入れた。総入れ歯としてくちばしを獲得したオルニトミモサウルス類やオビラプトロサウルス類に、砂肝の化石が残っていたわけではない。しかし、鳥と同じような石がおなかの中に残っていた。石の特徴を分析すると、現在の鳥でも、植物や穀物を食べる鳥のおなかの中の石によく似ていることが分かっている。つまり、これら無歯化による総入れ歯を獲得した恐竜も砂肝のような消化器官を持っていた。
11.そして鳥類は、恐竜時代の最盛期である白亜紀にはすでに誕生していた。鳥類は最初から無歯化していたわけではない。口の中の前の方に歯が生えていたり、後ろの方に歯が生えていたりした。つまり、部分入れ歯状態である。恐竜の繁栄とともに、鳥類は多様化していったが、ある時を境に、部分入れ歯の鳥類は滅び、総入れ歯の鳥類は生き延びた。それが阻石の落ちた約6600万年前だった。無菌化が絶滅と生き残りの運命の分かれ道となった。
12.その理由は推測になってしまうが、隕石の衝突により、地球の環境は大きく変動し、地上の生物が大打撃を受ける。植物が枯れることで、植物食恐竜の餌がなくなってしまった。しかし、硬い殻に覆われた種子は、地上に残ることができた。くちばしと砂肝を獲得した鳥は、おなかの筋肉で種子をつぶし.食料を得ることができたのではないか。さらに、歯をなくすことで、卵のふ化日数を激減させることができた。
13.典型的な爬虫類は、3-6カ月という長いふ化日数を必要とするが、鳥は50日程度と短い。歯を作るための日にちを節約できたからだとも考えらる。ふ化日数を極限に短くし、卵の生存率を上げることを可能とし、絶滅から免れたことが、その後の鳥の繁栄に繋がった。ビールのつまみの砂肝が、恐竜の絶滅や繁栄についてのヒントがある。


yuji5327 at 07:27 
健康 

2022年01月12日

変異株オミクロン

IMG_20211128_0001
IHU株はオミクロン株より前から存在
感染病専門医家
ジョンズ・ホプキンス大学センター・フォー・ヘルス・セキュリティの上席研究者、
エイメッシュ・A・アダリャ博士
アメリカ疾病管理予防センター(CDC)
アメリカの新型コロナ感染者の95%はオミクロン株
新たな脅威となる変異株
オミクロン株と同等以上の感染力を持つもの
ほとんどの変異株は、大きな脅威にはならない。
新たな変異株が出現する可能性はあるの
オミクロン株がコロナ禍の最後の変異株となることはない


yuji5327 at 07:02 
池上湖心の書 

コンピュータ、ソフトウエア、ネットワークなど個別技術が結合してできたビジネスモデルが新しい価値を提供してきた。


「校條浩著:イノベーションの荒野をめざせ 週刊ダイヤモンド 2021.12.25―2022.1.1」は参考になる。概要を自分なりに纏めると以下のようになる。
1.「シリコンバレーの流儀」という眼鏡を通して日本を見直し、課題に迫ってみた。シリコンバレーの流儀の秘密を明かしてみる。この30年間、デジダル化により産業の変革が世界規模で進行し、新たな市場が生まれてきた。その間、日本の産業界は現状に安住し、経済の停滞を招いた。そんな現状を打破し、経済を再浮上させる手段が、イノベーションであることは論をまたない。
2.イノベーションを起こすことを目標にする人間の態度や行動規範、生きざまがシリコンバレーの流儀である。シリコンバレーの流儀を理解する第一歩は、イノベーションに対する誤解を改めることである。イノベーションは「技術革新」と訳されることが混乱を招いている。本当の意味は技術の革新そのものではなく、技術や事業要素の結合、再編成によって飛躍的な価値を生むことである。
3.シリコンバレーは、30年前から半導体,コンピュータ、ソフトウエア、ネットワーク、インターネット,モバイル,クラウド、ビッグデータ、AI(人工知能〕など、革新的な技術が次々と登場した。しかし、個別の技術そのものが市場を創造し、産業を進化させたというより、それらが結合してできたビジネスモデルが新しい価値を顧客に提供してきた。
4.新たな価値が生まれるかどうかは、仮説と検証を繰り返すしかない。そうして成功した代表例はグーグルである。最初の基本機能である検索サービスには、当初はビジネスモデルがなかった。そこに進化しつつあったオンライン広告の仕組みが結合されて、「検索連動型広告」ができた。これが、グーグルが、巨大企業となる最初のきっかけである。
5.こうしたイノベーションによる変革が、世界中で進行している。例えば、金融システムのイノベーションであるフでンテックは、あらゆる企業の事業プロセスを内側から変華させつつある。今後10年でその波は各国に波及し、地球規模で産業の変革を加速させる。電気自動車や自動運転などによるモビリティーのイノベーションは、既存の自動車産業のビジネスモデルを根底から変える。
6.日本企業がこれ以上、イノベーションで遅れを取らず、衰退の道から抜けるためには、シリコンバレーの流儀を学ぶことが重要である。個別の技術やシリコンバレーのエコシステムの理解などはその後でいい。シリコンバレーに息づくこのスピリットの根っこを探ると、約150年前のフロンティアスピリット(開拓粘神)にたどり着く。
7.そもそもカリフォルニア州をはじめとする米国西部は.19世紀中ごろまでは辺境の地だった。それが1848年に金が発見されたことでゴールドラッシュが起き、49年には多くの人が夢を求めてカリフォルニアに押し寄せた。安住の地を捨てられるかが、サンフランシスコのアメリカンフットボールチーム「フォーティーナイナーズ」の名前はこれが由来である。
8.ゴールドラッシュによる州の発展に伴い鉄道を建設し、巨大な富を築いたルランド・スタンフォード氏が1885年に建てた大学が、現在シリコンバレーの中心的存在であるスタンフォード大学である。1950年代までは田舎の二流大学だったが、当時は東海岸のハーバード大学などが一流とされ、西部の田舎大学には優秀な教授も学生も来なかった。
9.大学は、地元企業を育成、成功させ、企業と地域コミュニユティーの発展で大学の地位を高めようと考えた。東海岸のマサチューセッツ工科大学(MIT)から大物教授を引き抜き、ベンチャー育成の教育プログラムや卒業生の起業指導を託した。そこから生まれたベンチャー企業の一つが、ヒューレット・パッカード(HP)である。HPの大成功が、スタンフォード大学に優秀な人材を引き付け、ベンチャー精神に火を付けた。
10.スタンフォード大学は、大学自身がフロンティア精神を持ち、自ら考え、自助努力でリスクを負って前に進んだ。それがシリコンバレーの流儀のバックボーンとなっている。
11.今でもゴールドラッシュは続いている。世界中から多種多様なフロンティア精神のある人材がシリコンバレーに集っており、それがイノベーションを育む原動力
今[本企業に求められているのは、新しい経営理論や小手先の方法論ではなく、経営幹部や社員のフロンティア精神である。イノベーションは、企業のリーダーが後押しすることで初めて実現する。スタンフォード大のように、イノベーションが生まれるための環境をつくり、大学で教鞭を執る教授陣のように、それを完遂させるための後押しをするのである。
12.社員は、自分の勤める企業の経営者にフロンティア精神がないなら、安住の地である今の組織から、荒野が広がるフロンティアに向かう勇気を持てるかどうかが問われる。目指すフロンティアは事業部、会社、市場、産業、国などいろいろな次元で考えられる。日本でもゴールドラッシュが起き、多くの企業が出てくることを期待したい。


yuji5327 at 06:44 
新技術 

2022年01月11日

高等専門学校に半導体課程

IMG_20220104_0001
半導体の国内生産能力を高める
高等専門学校(高専)での専門人材の育成
2022年度中に九州にある八つの高専
半導体の製造や開発に関する教育課程
日の丸半導体の復権


yuji5327 at 06:52 
池上湖心の書 

JRの年末年始予約数は昨年比で回復しているが、コロナ以前の一昨年比では半分程度である。今のうちに消費という可能性も高いし、見守る必要がある。

2021/12/24付の大前研一さんのニュースの視点(発行部数 149,464部)は、「後払い決済/求人検索サイト/プログラミング学習/国内旅行業界〜日本の転職市場も新しい局面に入っている」と題する記事で参考になる。概要を自分なりに纏めると以下のようになる。
1.日経新聞は15日、「米ペイパルが『独立約束』」と題する記事を掲載した。後払い決済サービスのペイディは当初、新規株式公開(IPO)による成長を目指していたため、ペイパルによる買収提案には消極的だったが、ペイパルとの交渉で「自立した存在」とみなすことで合意したほか、事業面の相乗効果も期待できると判断したことから、ペイパル傘下入りが決定した。
2.今年の7月、著者が主催する向研会(企業経営者の勉強会)でペイディの杉江社長にスピーカーとして登壇した。その際にも自ら新規株式公開(IPO)を目指すという姿勢だったが、ペイパルの条件によって状況が大きく変わったと思われる。
3.日本で上場しても、おそらく時価総額は300億円ほどである。そこへペイパルは買収額3000億円、かつ、ペイディの自立性を保ったままでペイパルが無理やり飲み込むようなことはしないという条件を提示した。
4.ペイパルが提示した3000億円という買収額は適正なのかは、世界最大の後払い決済サービス会社はスウェーデンのKlarna(クラーナ)で、9000万人以上のユーザー数を誇り、時価総額は約5兆円である。ソフトバンクビジョンファンドが出資している企業でもある。
5.オーストラリアのアフターペイに対して、米スクウェアが約3兆円で買収に合意している。さらに、今年アマゾンと提携した米Affirm(アファーム)は、ペイディと同程度のユーザー数で時価総額が約3.6兆円である。
6.これらの世界の後払い決済サービス会社の時価総額を見ると、ペイパルが提示した3000億円の買収額もそれほど大きすぎる金額とは言えない。ペイパルとしては、当然のことながら日本で何倍にも成長させていくつもりである。自立性を保ってくれるということだが、実際にはかなり圧力がかかると思われる。。
7.後払い決済サービスは世界中で広がっているが、いくつか懸念する声も上がっている。クレジットカードを利用できない人でも後払いでの支払いができるため、かつてのカード破産のような状況に陥る人も出てくる可能性があるし、犯罪などに利用される可能性もある。こうした懸念点を払拭しつつ、ペイパルがどのように日本で大きく展開していくのか注目した。
8.インディードジャパンは14日、日本国内での求人検索サイトの訪問者数が10月に延べ3850万人にのぼったことを明らかにした。LINEと連携し新着の求人情報を送る機能を追加したほか、求職者が応募時に面接の日程を予約できるようにするなど、日本の利用者に合わせた効率化を進めたことが寄与した。このインディードの訪問者数は驚きである。9.居酒屋などに勤務していてコロナの影響で失業してしまった人など、新たな利用者が
増えていると思われる。日本の転職市場も新しい局面に入ってきている。インディードは
リクルートグループにとって非常に有望な会社として成長しつつある。
10.日経新聞は15日、「人材育成『ドラクエ』方式で」と題する記事を掲載した。米国のIT大手トゥイリオが企業などのIT技術者を育てるため、ロールプレイングゲームを模したトレーニングソフトの日本語版の提供を開始した。このサービスを日本で上手に展開できて、日本国内にDX人材を増やすことにつながるなら、ありがたいサービスである。日本では、ホワイトカラーの職種は文系出身者が多数派である。世界的にDX化が進む中、自分たちはDXとは畑違いとは思いつつも、もし今の自分でもこれから学習できるなら、DX人材を目指したい、と思っている人も多い。そういった人たちに対して、例えば50代〜60代の前半ぐらいまでを対象にこのサービスを展開できれば面白い。
11.実際にゲーム感覚で学習できるのかどうかは、日本国内で100人ぐらいのモニターを募って効果検証をしてみると良い。効果が見込めるならそれこそ補助金対象として国を挙げて取り組むべきサービスである。
12.旅行需要は回復と言っても、まだまだ安心はできない。日経新聞は17日、「旅行需要、足元で回復」と題する記事を掲載した。国内航空2社の国内線の旅客数は前年同月比で4〜6割増加するほか、JR旅客6社の年末年始の新幹線などの予約席数も8割増加する見通しである。
13.JRの年末年始予約数は昨年に比べると確かに回復しているが、コロナ以前の一昨年に比べるとまだ半分程度に過ぎない。今のうちに消費という可能性も高いし、ぬか喜びせずに見守る必要がある。この期に及んで、小池都知事が「オミクロン株」に関する入国者の検疫体制強化を要望する発言をしている。確定事項ではない思いつきのような発言で、さらに混乱を招くだけである。



yuji5327 at 06:36 
共通テーマ 

2022年01月10日

世界秩序の変動

IMG_20220104_0002
世界、冷戦終結時に匹敵する変動期
米国が主導する民主主義
中国が拡張する強権主義
長期化の様相
法の支配や人権尊重
普遍的価値に基づく国際秩序
民主国家が結束し、
経済、技術、軍事面での優位を保つ
各国が役割を果たし、
激動の時代を乗り切る。
中国は、2月の北京冬季五輪と秋の共産党大会
習氏が国内外に自らの力を誇示
権威を高める機会
トップダウンによる決定と国民の監視
新型コロナウイルスの感染拡大防止
一定の効果
中国の感染者数や死者数は欧米よりも格段に少ない。
中国の軍事拠点化が進む南シナ海
表現の自由も公正な選挙も奪われた香港
中台統一の目標を堅持
台湾周辺で軍事的威嚇
バイデン大統領が目指す国民の融和は道半ば
決められない政治
相手を拒絶し、排除し合う現状
健全な民主主義とは言えない。
メディアの偏向やSNSでのフェイクニュースの横行が拍車
米中対立のほかにも、
北朝鮮の核・ミサイル開発
イラン核問題
ロシアのウクライナに対する軍事的威嚇
アフガニスタンやミャンマーの人道危機
警察官不在の世界
日本をはじめ、米国の同盟国と友好国が防衛力
地域の安全保障体制を強化
アジア太平洋では、日米豪印の「クアッド」
米英豪による新たな枠組み「オーカス」


yuji5327 at 10:54 
池上湖心の書 

日本のハイブリッドカーはプラグインで充電する必要がない点もいい。低速のときは電気で走り、高速になるとエンジンで走りながらバッテリーに充電していく。


「大前研一著:信用できない「脱炭素」よりも現実的な「日本モデル」を実行せよ PRESIDENT 2022.1.14」は参考になる。概要を自分なりに纏めると以下のようになる。1.原油価格高騰の影響で、ガソリンの高値が続いている。11月下旬、岸田文雄政権は原油高対策として初めて石油の国家備蓄の一部を放出する方針を固めた。産油国と消費国がせめぎ合うなか、米国や英国、インドと足並みをそろえた格好である。原油価格は、産油国が過剰生産すれば下落し、生産を控えれば1バレル80ドルを超えるぐらいの高値となる。2020年秋には40ドル前後だったのが、現在はおよそ2倍である。
2.世界の原油市場は、それぞれ事情が異なる産油国の意向が混ざり合って価格が決まっていく。サウジアラビアなどは、井戸元価格(ウェルヘッド・プライス)が1バレル2ドル租度と極端に安い。10ドルで売っても儲かるのに、80ドルでは笑いが止まらない。
3.OPEC(石油輸出国機構)でいつもでかい顔のサゥジは、本音では、原油価格があまり気にならない。ただリーダーシップを示すめに「みんな生産段を絞ろう」と言うにすぎない。イランやイラクは.できるだけ多く稼ぎたいほうである。中東に比べて、他の地域は生産コストが高い。ブラジルの海洋掘削は、深さ800〜1000mぐらいに油田があり、60ドル前後が損益分岐点になる。ベネズエラはマラカイボ湖に油田があり、低コストといっても、サウジに比べれば5倍ほどである。米国のシェールガス.シェールオイルも掘削コストが高く、経済原則から40ドル以上なら参入が増え、40ドル以下なら経営が立ち行かない。
4.ロシアのような全体主義国家は、損益分岐点がいくらだろうと、石油や天然ガスを採掘する。独裁体制を維持するには売り続けるしかない。少し前まで弱っていたプーチン大統領も、原油高騰で自信満々になっている。
5.原油価格は各国の思惑で決まるとはいえ、今後は化石燃料への投資が絞られ、原油などの生産量は減っていくことは間違いない。脱炭素化の流れである。10月末から約2週聞にわたって英国で開かれたCOP26では、日本を含む120以上の国と地域が、50年までにカーボンニュートラルを達成することに合意した。CO2などの温室効果ガスの排出量と吸収量を均衡させるというものである。
6.著者はあまり信用していない。各国のリーダーは、30年後には全員が入れ替わっているからである。責任を追及されない目標は信用できない。英国に集まった世界中の政治家と役人は約束を守れないだろう。CO2排出量が世界一の中国はマイペースだから、カーボンニユートラルは60年に達成すると10年延長した。彼らは、自分がやることは世界で最も正しいと思っている。しかも本気で取り組むとは思えない。習近平は永久皇帝になったとはいえ、任期はせいぜいあと2期10年くらである。
7.世界の政治家がカーボンニュートラルを目指すのは正しいが、政策が実現しないことはいくらでもある。日本のインフレ政策が、9年たっても2%を達成できないのを見てもわかる。COP26で途上国は、カーボンニュートラルの50年達成に反発した。先進国からの資金援助がないと進まない。先進国ほ09年に、途上国に対して20年までに年1000億ドルを支援すると約衷したが、守っていない。途上国はCOP26で資金援助の増額を訴えた。先進国は支援強化を表明し、岸田首相も追加支援すると演説した。
8.例えばインドも、中国と同じ60年達成を目標としている。収入が1日200円以下の人が多い国や地域は、先進国の助けがないとカーボンニュートラルの達成は困難だろう。大きな見方でいえば、米国と中国がCO2排出量を激減させ、インドが排出量を増やさないだけでも、世界はカーボンニュートラルに近づくはずである。
9.温暖化で心配されることの一つに海面の上昇がある。何も対策しなければ、今世紀中に2mほど上昇するとの予測もある。海抜が低い地域は、水没への対策を打たなくてはならない。世界一海抜が低いモルディブでいえば、人々が住む島の数を減らし、オランダの干拓や治水の技術を導入する方法が考えられる。国土の約27%が海面下のオランダは、土木工事、浚渫工事の技術が高く、ドバイなどはオランダ企業に工事を発注することが多い。
10.世界の政治家たちは、心の中でオランダの技術に期待しているだろう。カーボンニュートラルを達成するよりも、海面が2m高くなった場合の防衛策を準備するほうが安くつくとわかっているからである。
11.COP26では、35年までに主要市場で、40年までに全世界で販売する新車はすべてCO2などを出さないゼロエミッション車にすると共同声明を出した。しかし、新車がすべてEVになっても、その前に販売したガソリン車やディーゼル社は、30年ぐらいは走り続ける。全国〔あるいは全世界〕のガソリンスタンド(SS〕はなくせない。
12.日本の場合、寒い地域のSSは冬になると暖房用の灯油がよく売れる。地域の燃料供給拠点である。また、都市ガスがない地域は、プロパンガス{LNG}を使っている。著者は長野県の蓼科に拠点があって、冬はマイナス20度になるから、農協がLNGのシリンダー〔ボンベ}を配達してくれないと生活できない。
13.脱炭素の話には、全国で必要とされる灯油やLNGへの具体的な対策がない。軽井沢や蓼科に拠点がある身としては、「あっしはどう生活すればいいんでしょう」と尋ねたい。したがって、日本の脱炭素は省エネで進めるのが一番だろう。1970年代のオイルショック以来、得意技としてきた技術である。日本の1人当たりエネルギー消費量が、世界トップクラスで少ないのも省エネのおかげである。ただし.現状ではまだ足りない。電気でいえば、商業施設、工場、家庭などに分けて考えれば、改善点はいくつもある。
14.商業施設では、コンビニやスーパーマーケットなどにあるショーケースの電力消費が大きい。ショーケースは外気温が低いときに冷えすぎるなどのムダがあり、センサーによって解決できる。現在より2倍ほど効率がいいコンデンサは、開発の見通しが立つている。コンデンサを交換するだけで、エアコンやショーケースの電力消費はかなり減る。
15.工場ではモーターの電力消費が大きいが、効率が2倍ほどになる製品が開発されている。大型モーターの交換は企業の負担が大きく、補助金を出すなどの支援策も必要である。格段に効零が良いコンデンサとモーターの開発は重要課題である。政府が補助金を出して完成を早めるべきである。
16.岸山政権が進める脱炭素・再生可能エネルギーの拡大政策より、よほど現実的かつ効果的である。ビルやマンションのエレベータも、スピードを遅くするだけで省エネ効果が大きい。電力消費が激しい高速エレベータを休止するなど規制による省エネもある。店舗、工場、家庭の照明をすべてLED化するのも効果か高い。LEDへの交換に補助金を出し、期日までに交換しなければ罰金をとるなど普及促進の方法もある。飲食店が新型コロナ対策に対応しているかを検査するように。LED警察が調べてまわればいい。実際、アメリカなどではLED警察が機能している自治体もある。また、日本の家屋は熱の漏れが大きく、冷暖房の効率が悪い。特に窓ガラスから逃げる熱量が多いので、ドイツで普及している遮熱フィルムを貼るようにする。エアコンの消費電力は半分ほどになる。現在の日本は成長国家でなく、人口減少も進んでいるから、国全体のエネルギー消費は減らしやすい。さらに省エネ技術で一人当たりのエネルギー消費量とCO2排出量を減らせば、間違いく世界の優等生にる。たとえカーボンニュートラルが達成できなくても、文句を言われる筋合いはない。
17.問題が残るとしたら、自動車とトラックぐらいである。著者か為政者なら、ここはできるだけ長くハイブリッドカーでいく。日本のハイブリッド技術はずば抜けている。トヨタを筆頭に日本メーカーのハイブリッドカーは、外国車に比べたら別次元の効率である。世界最強である。日本のハイブリッドカーはプラグインで充電する必要がない点もいい。低速のときは電気で走り、高速になるとエンジンで走りながらバッテリーに充電していく。ガソリンを燃やすのは確かだが、プラグインで充電するダイプでも、おそらく半分ぐらいは化石燃料で発電した電気を使うことになる。CO2を出す発電所を使うという点では完全EV化でも同じである。途上国には、この「日本モデル」を日本の負担で提供してもいい。2040年くらいになれば省エネとハイブリッドの技術で、日本は低炭素の優等生として世界から尊敬を集めるはずである。


yuji5327 at 07:29 
エネルギー問題 

2022年01月09日

世界感染者三億人超

IMG_20220108_0001
新型コロナウイルスの感染
世界全体で3億9万5000人余り
アメリカのジョンズ・ホプキンス大学のまとめ
変異ウイルス、オミクロン株の感染が世界で急速に拡大
アメリカが最も多くおよそ5800万人、
インドがおよそ3500万人
ブラジルがおよそ2200万人
1億人を超えたのは1年後
2億人を超えたのは半年後
3億人を超えたのは5か月後
感染は加速度的に拡大
先月からオミクロン株の感染が急速に広がっている


yuji5327 at 07:37 
池上湖心の書 

人類の歴史は、その繰り返しでもある。コロナで悲惨な状況を経験した21世紀の世界からも、ルネサンスのような新しい文化が生まれることを期待したい。


「池上彰、増田ユリヤ著:ルネサンスの舞台 フィレンツエ  PRESIDENT 2022.1.14.」は興味ふかい。何度か観光したところだが新たな見方が参考になった。概要を自分なりに纏めると以下のようになる。
1.2021年も世界は新型コロナウイルスに翻弄された。中国の武漢で発生が確認されてから、ちょうど2年。世界に広がり始めた当初は、イランとイタリアで感染者が増えた。イランには中国人労働者が多く、イタリアは現代版シルクロード「一帯一路」の拠点である。
2.過去最悪のパンデミックは、14世紀半ばのペストだった。内出血によって遺体に黒い斑点が浮かぶことから、黒死病と恐れられた。100年前のスペイン風邪では5000万人が亡くなったが、黒死病は7500万人。人口が少なかったことを考えると、大変.な犠牲である。ヨーロッパだけで、全人口の4分の1に当たる2500万人もの死若が出た。
3.このときのペスト菌も、中国から広まったと推測されている。当時の遺骨から菌が発見されてDNAを調べたところ、中国雲南省あたりの現在のベスト菌と一致したからである。
4.モンゴル帝国によって、シルクロードを通ってヨーロッパへもたらされたという説がある。ハンガリーやポーランド、トルコあたりまで領土を広げていたからである。中国大陸では1331年に流行が始まって、人口が半減した。ちなみに鎌倉時代の元寇は、1274年と1281年である。仮に日本が負けて半世紀後もモンゴルの支配下にあったら、ベストを持ち込まれていたかもしれない。モンゴル軍は1346年に、黒海に面したクリミア半島の港湾都市カッファ〔現在のフェオドシ〕を包囲した。その陣中でペストによる死著が続出したので、投石機で遺体を城壁の中へ投げ飛ばして退却した。
5.ヨーロッパでペストが大流行するのは、その翌年からである。カッファは.都市国家ジェノヴア共和国の植民都市だった。ベストを恐れて本国へ逃げ帰った商入たちが、イタリアへ感染を広げてしまった。フィレンツェでは、人口9万人のうち4万人が犠牲になった。
6.当時の人々は、カトリックの厳しい戒律の下で暮らしていた。ところが、どんなに教会で祈ったりしても感染は防げない。結果として教会に対する幻滅が生まれ、カトリックの権威は失墜した。このことが、ルネサンスの文化が花開くきっかけになった。どうせ命が助からないなら、人生を楽しもうという気運が芽生えた。
7.ルネサンスというフランス語は、「再生」や「復活」を意味する。生や死を改めて見直そうとしたとき、古代ギリシアやローマ時代の自由な空気に手がかりを求めた。絵画でルネサンスを代表するボッティチェリの「ヴィーナスの誕生」や[プリマヴェーラ〔春〕]には、神話に登場する神々か描かれている。一神教のキリスト教から見れば、異教の題材である。またボッカチオの小説「デカメロン」は、まさにベスト禍のフ{レンツェを舞台にしている。
8.フィレンッェを象徴する「サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂」は、日本語に訳すと「花の聖母マリァ」である。1296年に起工されて、献堂式が行われたのが1461年であり、建築の最中にペストの大流行を経験している。ドームが世界.の大きさなので、「ドゥオーモ」という愛称である。そのてっぺんの「クーポラ」と呼ばれる赤い丸屋根の天蓋にあるのがフレスコ画「最後の審判」である。ミケランジェロの弟子であるジョルジョ・ヴァザーリと、後を継いだフェデリコ・ツッカリによって描かれた。
9.その後、16〜17世糺にかけてフィレンツェで活躍したのが天文学著であり、物理学者で数学者のガリレオ・ガリレイ。その当時のヨーロッパも、何度目かのペスト流行の最中であった。
10.ガリレオは、イタリア北西部の町ピサに生また。有名な「ピサの斜塔」の町である。正確にはピサ大聖堂の鐘楼で、建てられたのはやはり14世紀。建設の途中から、地盤沈下によって傾き始めた。ガリレオはここで、有名な実験をした。鉄製の球と木製の球を上から落として、同時に落ちることを確かめ、アリストテレスが唱えた「物体は、重さに比例した速度で落下する」という説の反証に成功した。ただし、この実験は伝承にすぎないという話もある。弟子が書いた伝記に出てくるが、ガリレオ自身はまったく言及していない。
11.シェイクスピアの名作、「ロミオとジュリエット」にも、ベストが絡んでいる。薬を飲んで仮死状態を装うジュリエットからロミオへの手紙を託された修道士が、道中でベスト患者と一緒に隔離されてしまう。手紙は届かず、早合点したロミオは自殺、覚醒したジュリエットも絶望して後を追う、悲劇の結末を迎えることになる。
12.舞台はイタリアで、ヴェローナという町。イギリスでの初演は1595年だが、シェイクスピアが暮らしていたロンドンでも直前までペストが流行いていた。観客たちは、さぞリアリティを感じて、若い2人の死に同情の涙を流したと思う。
13.文学作品ひとつとってみても、古来、感染症と人々の生活が切っても切れない関係にあることがわかる。さらに言うと、ルネサンスが宗教改革の素地をつくったためにプロテスタントが生まれた。するとカトリック側に危機感が高まり、海外で布教するために大航海時代が始まった。感染症が流行るとその時代の権威が揺さぶられ、新しい価値観が生まれる。人類の歴史は、その繰り返しでもある。コロナで悲惨な状況を経験した21世紀の世界からも、ルネサンスのような新しい文化が生まれることを期待したい。



yuji5327 at 07:12 
共通テーマ 
池上技術士事務所の紹介
261-0012
千葉市美浜区
磯辺6丁目1-8-204

池上技術士事務所(代表:池上雄二)の事業内容
以下のテーマの技術コンサルタント
1.公害問題、生活環境、地球環境
2.省エネ・新エネ機器導入
のテーマについて、
・技術コンサルタント
・調査報告書の作成
・アンケート調査・分析
・技術翻訳、特許調査
を承ります。
有償、無償を問わず
お気軽に下記にメールをください。
ke8y-ikgm@asahi-net.or.jp

工学博士、技術士(応用理学)、
公害防止主任管理者、
騒音防止管理者の資格で
お役に立ちたいと思います。

池上湖心 プロフィール
○略歴
大東文化大卒、
在学中 上條信山に師事
書象会に所属、書象会理事
審査会々員
○作品展の開催
・主宰している「さざ波会」
 作品展を毎年8月開催
(於:稲毛ギャラリー)
○公募展の受賞、入選
・日展入選
・読売書法展(現在理事)
 読売奨励賞
 読売新聞社賞
・謙慎展(常務理事)
 青山賞、春興賞の受賞:2回
○書道教室
・学生:月曜日
・一般:火曜日、水曜日





livedoor プロフィール

yuji5327

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード