2006年08月29日

大前研一氏のデフレ観 3

大前研一氏の著書「ザ・プロフェッショナル」ダイヤモンド社:2005年、には、日本の政治家、官僚、マスコミ、企業人の日本の旧態依然としたデフレ観に対して、別の見方を紹介している。欧米では常識的な彼の考え方が日本社会に受け入れられない理由も考えみる必要がある。日本の既得権をもつ人たちが過去の成功体験にしがみついているという考え方は説得力がある。土地担保の銀行経営などに絶対戻してはならないし、日本の国のためにもならない。公共投資の予算がほとんど土地所有者の懐に入るような社会がフエアーであるはずがない。社会インフラが予算のわりに貧弱な日本の国はこのことが根源にあると思われる。彼のデフレ観は自分がかねて疑問に思っていたことに、少し光明を与えてくれたので、その1節を紹介したい。
「政治家も学者もマスコミも声を揃えてワンパターンでデフレの進行を恐れている。冷静に考えれば当然の現象であるのに今までの思考パターンを崩すことのできない自称専門家が多い。一定の品質のものがより安く、より多く流入し、消費者がそれを選べばデフレになるのが当然であり、それを可能にするのはボーダレス経済の恩恵である。それに気がついていても、自分の既得権に守る論理を展開する政治家、経営者、学者たちのご都合主義は嘆かわしい。日本では毎年60万人が定年退職し、GDPへの貢献から離れているが、それは日本経済に年率1%のデフレ効果に作用している。人口統計に基づいて計算すれば、今後20年間はデフレの収束はない。」
ザ・プロフェッショナル


yuji5327 at 06:37 
共通テーマ 

デフレ脱却 3

84cd53ce.jpg
来月デフレ脱却宣言
消費者物価指数
1998年以来8年ぶり
歓迎する資産家・経営者
心配する年金生活者
誰のための景気回復
グローバル経済のデフレは当然


yuji5327 at 05:53 
池上湖心の書 

2006年08月28日

景気回復に公共投資を繰り返す愚

大前研一氏の著書「ザ・プロフェッショナル」にマンネリ化した成熟産業を成長産業に変革した事例を紹介している。重厚長大企業経営者も発想転換が必要である。大組織となると自社の業容を変えるには勇断がいる。経営者の度量も問われる。大前氏は21世紀の経済空間を「見えない大陸」と表現する分析は参考になる。その見えない3つの理由として、1つ目は、価値の源泉が変化し、そのスケールとスピードが把握できないこと、就労人口の分布で見ると、アメリカでは既に就労人口の約70%、日本では65%が第3次産業従事者が占めている事実を深く洞察する必要がある。景気回復のカンフルと称して公共投資を唱えるゼネコンの経営者や一部の政治家が現実にいるから不思議である。政府は農業補助基金とか意味不明な土地改良事業とかにこの10年間に42兆円もつぎ込んでいるのに、若い企業家の支援・育成には一兆円にも満たない額しか投資していない。2つ目は、サイバー経済という、ボーダレス経済、マルチプル経済の複雑さである。ケインズの経済学はマクロの視点を取り入れたところまでは良いけれど経済空間を4次元でみることをしなかった。サイバー、ボーダレス、マルチプル、実体経済の4次元の思考を論理的に取り入れている経済学者が見あたらない。3つ目は常識を打ち破る先見性が見えないことである。政治家も学者もマスコミも声を揃えてワパターンでデフレの進行を恐れている。冷静に考えれば当然の現象であるのに今までの思考パターンを崩すことのできない自称専門家が多い。一定の品質のものがより安く、より多く流入し、消費者がそれを選べばデフレになるのが当然であり、それを可能にするのはボーダレス経済の恩恵である。それに気がついていても、自分の既得権に守る論理を展開する政治家、経営者、学者たちのご都合主義は嘆かわしい。日本では毎年60万人が定年退職し、GDPへの貢献から離れているが、それは日本経済に年率1%のデフレ効果に作用している。人口統計に基づいて計算すれば、今後20年間はデフレの収束はない。このことを認識し、自社を成長させようとする経営者ならば、従来と異なる新たな事業領域、未開のジャングルに分け入るはずである。それには勇気とエネルギーが必要である。
ザ・プロフェッショナル


yuji5327 at 06:34 
共通テーマ 

量から質 3

6a821665.jpg
日本の海外評価
信じられないGDP2位の国
質のわるいウサギ小屋住宅
家畜なみの通勤客
座席の奪い合い電車
30分待つ開かずの踏み切り
幹線道路の醜い看板
景観無視の街づくり行政


yuji5327 at 05:56 
池上湖心の書 

2006年08月27日

「におい」を表す言葉と物理的意味 3

パリティ編集委員会(大槻義彦責任編集)「色とにおいの科学」丸善、平成13年は数人の専門家が分担して執筆しているが、「においの科学」は南戸秀仁金沢工業大学教授が担当である。匂い、香り、薫り、臭いなどの用語は英語では、Odor、Fragrance,Scent,Aroma,Smell、Malodorなどが対応する。香りは快感を与える匂い、薫りは焚く、臭いは不快を表している。嗅覚というのは人間にも動物にも大切な器官であるが科学的に分からないことも多いらしい。また、植物について本書では触れてないが、りんごやバナナなどの果物がエチレンガス中で早く熟することも気体を介して影響する一種の匂いの効果に入れてもよさそうである。イヌの鼻には人間の持つ嗅覚細胞数の約40倍に相当する嗅覚細胞(約2億個)があり、災害時の救援活動で活躍している。どんなガスでも匂いを感ずるわけでなく、水素、窒素、ヘリウム、アルゴン、一酸化炭素、メタン、エタンのような水や有機溶媒に溶けにくいガスはにおいがしないことが、中毒やガス爆発の原因にもなることもあり、嗅覚で全て解決するわけではない。
色とにおいの科学


yuji5327 at 08:49 
共通テーマ 

北方領土 3

c67be36e.jpg
択捉島、国後島、色丹島、歯舞諸島
太平洋戦争後ソ連・ロシア実効支配
千島列島全体の返還を主張日本共産党
1945年8月8日ソ連日ソ中立条約破棄宣戦布告
8月9日より戦争状態に突入
日本ポツダム宣言受諾
1945年8月28日から9月5日ソ連軍北方領土侵攻
1855年日露和親条約(下田条約)択捉島とウルップ島の間を国境線
1869年蝦夷地を北海道改称国後島・択捉島の行政区分「千島国」
1875年樺太・千島交換条約
締結後、ウルップ島以北を編入し、国後島からシュムシュ島まで千島国
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より


yuji5327 at 06:39 
池上湖心の書 

2006年08月26日

充電式電気自動車(EV)は燃料電池車(FCV)より有望 3

8月24日の本ブログで「経済産業省が8月23日、電気自動車の本格的普及に向けて充電式自動車用電池を産学官共同で研究開発する」という読売新聞記事を紹介し、以前に本ブログで記載した燃費の概算を再掲した。
電気でモータを駆動して走らせる自動車には、電気自動車(EV)と燃料電池車(FCV)があるが、両者を一緒にして従来のガソリン車と対比させて、将来の自動車の進む方向とするあいまいにしている。GM・トヨタの燃料電池自動車共同研究打ち切り(3月4日の読売新聞)も燃料電池不利の判断が影響していると思われる。
トヨタのプリウスのようにガソリンエンジンとバッテリーを併用(ハイブリッド)方式にしてすでに世界で10万台以上が普及している。自転車にもバッテリーを搭載し人力と電動モータを併用し、登りの坂道では電動モーターのアシストで比較的楽に登ることができる。価格も10万円を割って普及している。自動車の場合、1回の充電での走行距離が200km程度で、米国などの広大な国では不向きと言われているが、日本では通常1日200kmの走行で実用には充分である。燃料電池自動車(FCV)でも水素を積載するタンクが、走行距離を300km以上にするためには数百キログラムのタンク(大人4人分の重量)になることを考慮すれば欠点にはならない。燃料電池車の最大の水素の確保である。実際の必要量を確保するとなると化石燃料の改質になり、地球温暖化対策へのマイナスかもしれない。
家庭用のコンセントがあればどこでも充電できるEV車こそまず取り組むべきテーマである。
佐藤員暢著、EV・電気自動車、山海堂、平成14年
船瀬俊介:疾れ!電気自動車、築地書館、2004年


EV・電気自動車―色々な方向に走り出します


yuji5327 at 07:09 
新技術 

小さい秋

3a68de5c.jpgサトーハチロー作詞
1) だれかさんが だれかさんが
  だれかさんが 見つけた
  小さい秋 小さい秋
  小さい秋 見つけた
   目隠し 鬼さん 手の鳴る方へ
   澄ました お耳に かすかに沁みた
   呼んでる口笛 百舌(モズ)の声
   小さい秋 小さい秋
   小さい秋 見つけた

(2) だれかさんが だれかさんが
  だれかさんが 見つけた
  小さい秋 小さい秋
  小さい秋 見つけた
   お部屋は 北向き 曇りのガラス
   うつろな目の色 溶かしたミルク
   わずかな 隙から 秋の風
   小さい秋 小さい秋
   小さい秋 見つけた
(3) だれかさんが だれかさんが
  だれかさんが 見つけた
  小さい秋 小さい秋
  小さい秋 見つけた
   昔の 昔の 風見の鳥の
   ぼやけた 鶏冠(トサカ)に はぜの葉一つ
   はぜの葉 赤くて 入日(イリヒ)色
   小さい秋 小さい秋
   小さい秋 見つけた

yuji5327 at 06:26 
池上湖心の書 

2006年08月25日

日の丸検索エンジンとは? 3

経済産業省が官民共同でインターネットの検索エンジン開発に乗り出すという記事が25日付け読売新聞で報道されている。貴重な税金を使って既にある米国の「グーグル」「マイクロソフトネットワーク」、「ヤフー」に対抗するという話である。これらが独占しているというが、こんなもの独占でも何でもない。この他に「goo」とか「excite」など、あるいは専門分野ごとに検索するサイトもある。今の時流に乗ってまたまた霞ヶ関が出てきたのかとうんざりする。またまた無駄な特殊法人**とか**研究開発機構などができないことを祈るばかりである。国が予算を付けるととなると、それに群がり、便乗しようと賛成に回る大学教授や団体や個人が出ててくるのは当然とは思うが、霞ヶ関には「無駄なことをしない」という判断力がないことを、かねてから疑問に思っている。米国のグーグルの創立者のような若者が現れて、彼らが働きやすくするような、広い意味での教育も含めた環境を日本にもつくることが重要である。これらの若者たちは国の***委員会のもとで働かされるようなことを最も嫌う人たちであることを、霞ヶ関の役人たちも気がついてほしい。わずかばかりの国の研究開発予算を使うために、就業時間報告書とかいう書類を毎日書いて、それを国の外郭団体の職員たちが寄ってたかって多くの時間をさいてチェックするといシステムは合理的な若者たちは直感的に拒絶するだろう。貴重な税金をつかうのだから当然と金科玉条のように唱える役人たちが多いが、貴重な税金をこんな無駄なプロジェクトに莫大な予算をつけて、その管理費だけでも膨大な税金が使われている実態をチェックする人は誰なのだろうか?



yuji5327 at 07:21 
共通テーマ 

打ち水 3

0e60107a.jpg打ち水の効果
道路の埃を抑える
水の蒸発熱で気温を下げる効果
気化熱:水1gの蒸発で約0.58kcal
朝・夕の時間帯が効果的
都市部のヒートアイランド対策
数十万人の都民が同時打ち水計画
政府も地球温暖化対策打ち水奨励
NPOや市町村の打ち水計画・実行
水道水を使わず風呂などの残り水の二次利用
保水効果を高める道路舗装
日本の風習:来客への心遣い



yuji5327 at 05:53 
池上湖心の書 

2006年08月24日

電気自動車の本格的普及に向けて 3

「経済産業省が8月23日、電気自動車の本格的普及に向けて充電式自動車用電池を産学官共同で研究開発する」という記事が8月24日付読売新聞で報道されている。燃料電池自動車などに比べて力の入れ方が足りないことに国も漸く気がついたらしい。その内容は3段階あり、第1段階では現時点での最高性能のリチウム電池の価格を半分に下げる、第2段階で電池の性能を1.5倍、価格を7分の1にする、第3段階でリチウムイオン電池に代わる革新的電池として性能を7倍、価格を40分の1にする、というものである。第2段階でも軽自動車クラスなら充分実用化できる。自転車ですでに実用化している。集合住宅でもカセット式の電池部分を取り外して夜間自宅の充電器にセットしておけば翌日1日分の充分は可能である。
本ブログでもこれまで、下記の記事で充電式電気自動車は燃料電池自動車より有望という提案をしている。
・電気自動車の燃費はガソリン車の10分の1以下
原油を一次エネルギーとする場合、ガソリンエンジン自動車の総合効率は定速時は14%、加速時9%に対して、電気自動車の場合は、定速時は21%、加速時は16%となる。比率にして約1.5倍の効率である。ガソリンエンジンの場合、原油をガソリンに精製し輸送するときに10%のエネルギーを損失し90%になり、ガソリンエンジンの効率は定速時、15%、全体で0.9×0.15=0.14となる。電気自動車の場合、原油で火力発電所で発電するときの効率は39%、それを送電するときに95%、充電するときに70%、駆動モータの効率は80%であり、全体で0.39×0.95×0.7×0.8=0.21となる。燃料費を比較するとガソリンエンジン車では約100円/L÷10km/L=10円/km、すなわち1km走行するのに10円掛かる。電気自動車の場合、深夜電力で充電するとして、約6円/kWh÷7km/kWh=0.9円/km、すなわち、1km走行するのに1円掛からず、0.9円で済み、ガソリンエンジンの10分の1以下となる。
ガソリン1リットル(L)の価格100円、電気代1kWh15円として、走行距離100km当たりの燃費を金額で比較するとガソリンエンジン車では100km÷8km/L×100円/L=1250円、電気自動車では100km÷7km/kWh×15円/kWh=214円、すなわち、電気自動車の燃費は1250円÷214円=47km/L(ガソリン換算)になる。
船瀬俊介:疾れ!電気自動車、築地書館、2004年、

疾(はし)れ!電気自動車―電気自動車〈EV〉vs燃料電池車〈FCV〉


yuji5327 at 06:30 
新技術 

統合 3

f006d44a.jpg経営統合
相乗効果 
1+1=3

yuji5327 at 05:53 
池上湖心の書 

2006年08月23日

ウイーンのゴミ焼却場 3

8afa9bc6.jpg須貝典子、片野優著:ウイーン「小さな街物語」、JTBパブリッシング、2005年は単なる旅行ガイドブックとは少し違って面白い。ウイーンの町の壮麗でセンスのよい歴史的な建物は多くのガイドブックで紹介されているが、19世紀末以降の比較的新しい建物にも目を見晴らさせるものが多い。オットー・ワーグナーとフリーデンスライヒ・ファンデルトヴァッサーという二人の建築家の存在を抜きにしては語れない。後者のファンデルトヴァッサーは20世紀現代建築で異才を発揮しており「人間はすべての創造物と共生しなければならない」という思想を唱えている。上図はウイーンの地下鉄シュビッテラウ駅の前に建っている。もちろん、ダイオキシンなどの対策も十分配慮してあり、周辺の環境を損なう設備ではないそうである。大阪市のゴミ焼却場(舞州工場)も彼の手がけたものだそうである。
ウィーン 小さな街物語


yuji5327 at 06:38 
環境 

残暑 3

f4b62b1b.jpg
暑さ寒さも彼岸まで
残暑の定義
立秋から秋分まで
8月8日から9月20日までの暑さ
気温の定義はない




yuji5327 at 06:05 
池上湖心の書 

2006年08月22日

ポータルで重要なこと 3

大前研一氏の著書「ザ・プロフェッショナル」:ダイヤモンド社、2005年にマンネリ化した成熟産業を成長産業に変革するためのヒントが分かりやすく解説されている。現在、ウエブ上に5億超のサイト(約100億ページ)があると言われる。このサイバー世界に地図も標識もない。無尽蔵のなかから唯一無二の目的地を探すのに、その存在すら知りえないサイトへのガイドをするのがポータルである。ポータルがひとたび成功すればユーザのアクセス数が桁違いに伸びていく。現在、一人勝ちしているポータルは「グーグル」で「ヤフー」のディレクトリー方式に対してグーグルはパラレル・プロセッシング方式で、ロボット型検索エンジンに自社コンピュータで検索要求に応えるものである。トップページで上位3位までに目的のサイトがあることが理想である。重要なことは中立性で、作為的な検索が少しでも疑われると瞬時にそのポータルは廃れていく。
ザ・プロフェッショナル


yuji5327 at 07:22 
共通テーマ 

心技 3

ad9e6b1a.jpg高校野球
高校生の心技
冷静さ
自信
判断力
粘り強さ
猛練習で鍛えた技

yuji5327 at 06:18 
池上湖心の書 

2006年08月21日

しつこく試行錯誤する 3

大前研一氏の著書「ザ・プロフェッショナル」:ダイヤモンド社、2005年にマンネリ化した成熟産業を成長産業に変革した事例を紹介している。重厚長大企業OBとしても参考になる発想転換がある。大組織となると自社んぽ業容を変えるとなると勇断がいる。経営者の度量も問われる。
「ジャングルを怖がるだけで、身を投じなければ、いつまで経ってもジャングルの掟を学ぶことはできず、生存能力も身につかない」「未踏の領域に我さきに足を踏み入れ逆境や数々の失敗を歓迎する勇気を持つ人間だけが自らの手で道を拓き、手垢のついていない答えを見つけることが可能」という大前氏らしい勇ましい言葉につい引き込まれてしまう。開拓者精神こそが最強の武器だが、やみくもにただ歩き回るのでは変化の本質を見極めることはできない。想定した仮説を軸にしつこく試行錯誤する姿勢、執着力こそ一つの護身術になる。「知的に怠惰」な人間は間違いに気づいたときに失敗を恐れ自分の間違いを認めようとしない人間である。
ザ・プロフェッショナル


yuji5327 at 06:46 
共通テーマ 

喝采

423d2889.jpg拍手喝采
高校野球
駒大苫小牧
早稲田実業
延長15回引き分け
再試合
37年ぶり


yuji5327 at 06:19 
池上湖心の書 

2006年08月20日

知的怠慢とは自らの成長を放棄すること 3

大前研一氏の著書「ザ・プロフェッショナル」:ダイヤモンド社、2005年にマンネリ化した成熟産業を成長産業に変革した事例を紹介している。重厚長大企業OBとしても参考になる発想転換がある。大組織となると自社の業容を変えるとなると勇断がいる。経営者の度量も問われる。出資者への説得には論理的な裏づけも必要。それこそ社内会議の連続で無駄なエネルギーも使い果たす。
そのような状況のなかで必要なのがスーパ・ゼネラリストとしてのプロフェッショナル(スペシャリスト)らしい。役割を変えても通用する万能薬のようなスキルを有する人。経理をやらせても、購買をやらせても、人事を任せても、技術的な業務もこなす能力人のこと。専門分野の知識はある程度勉強すれば身につく。大切なのは組織を動かし、業務の流れと意思決定のプロセスを熟知し、ボトルネックを次々に解決していく力を持つ。組織に関する「ピータの法則」に、「大半の人は自分の得意分野で能力が頭打ちになり陳腐化する」というのがある。、スーパ・ゼネラリストはどこまで昇進しても新しいスキルを身につけ、問題解決の能力に衰えを見せない人である。
しかし、そのスーパ・ゼネラリストにも大敵がでてきた。サイバー社会で育ってきた世代の人たちである。ビルゲイツ以外に、スタンフォード大学の二人の学生のグーグルの経営者、少し以前のホリエモンなどが例で、これらのサイバー社会の新人類への挑戦を避けている知的怠慢な経営者は去らなければならない。
「ものづくりが大切」「技術は奥が深い」を理解した上で新しい経営に挑戦する知的好奇心の衰えていない経営者が求められている。

ザ・プロフェッショナル


yuji5327 at 07:13 
共通テーマ 

枝豆 3

1d63534b.jpg
未熟な大豆を食用
枝付き豆
平安時代から
豆名月の行事
枝豆の効能
ストレスを解消、精神安定のカリウム
骨や歯を丈夫に肩こり解消のカルシウム
疲労回復や免疫力の強化ビタミンB1
アレルギーや肝機能低下改善メチオニン
EDAMAMEが世界で評価
ベッカムビクトリア夫人が枝豆を大好物
枝豆を全世界へ
枝豆ホームページより



yuji5327 at 05:59 
池上湖心の書 
池上技術士事務所の紹介
261-0012
千葉市美浜区
磯辺6丁目1-8-204

池上技術士事務所(代表:池上雄二)の事業内容
以下のテーマの技術コンサルタント
1.公害問題、生活環境、地球環境
2.省エネ・新エネ機器導入
のテーマについて、
・技術コンサルタント
・調査報告書の作成
・アンケート調査・分析
・技術翻訳、特許調査
を承ります。
有償、無償を問わず
お気軽に下記にメールをください。
ke8y-ikgm@asahi-net.or.jp

工学博士、技術士(応用理学)、
公害防止主任管理者、
騒音防止管理者の資格で
お役に立ちたいと思います。

池上湖心 プロフィール
○略歴
大東文化大卒、
在学中 上條信山に師事
書象会に所属、書象会理事
審査会々員
○作品展の開催
・主宰している「さざ波会」
 作品展を毎年8月開催
(於:稲毛ギャラリー)
・土曜会(グループ展)
 作品展を毎年10月開催
(於:銀座大黒屋)
○公募展の受賞、入選
・日展入選
・読売書法展(現在理事)
 読売奨励賞
 読売新聞社賞
・謙慎展(現在理事)
 春興賞の受賞:2回
○書道教室
・学生:月曜日
・一般:火曜日、水曜日





地域別アクセス

ジオターゲティング

ジオターゲティング
livedoor プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード