2017年07月14日

激甚指定

IMG_20170714_0001
安倍晋三首相
九州北部豪雨災害
激甚災害指定
一刻も早く
指定自治体復旧費用
国の補助率がかさ上げ
早期の復旧・復興


yuji5327 at 07:19 
池上湖心の書 

中国は電力量の伸びが急減しており、電力供給が過剰気味となっている。火力発電、風力発電や太陽光発電が減少する状況にある。

「富岡浩司(アジア株アナリスト)著:中国長江電力、三峡ダムを持つ水力発電会社、
エコノミスト、2016.9.6」は参考になる。印象に残った部分の概要を自分なりに補足して纏めると以下のようになる。
1.中国長江電力は中国最大の水力発電会社で、三峡ダム発電所の運営会社として2002年9月に設立された。国有企業の親会社、長江三峡ダム集団が72・01%の株式を保有している。保有発電能力は15年末時点で2528万kWで、ほとんどが世界最大の水力発電設備である三峡ダム発電所で2250万kWを占める。日本最大規模の水力発電所が奥只見発電所の56万kWであるから、三峡ダム発電所が巨大であるか分かる。
2.同社は、湖南省の原子力発電所にも出資しているが、当面は試験や経験を積むという段階で、積極的に拡大する方針にはない。発電規模が巨人なだけに、電力供給している地域も非常に広く、華中、華東、広東省や雲南省など、ほぼ中国の東部、南部全域をカバーしている。
3.同社は今年4月、親会社の長江三峡ダム集団などが保有していた世界3位のダムである渓洛渡発電所〔1260万kW)と向家壩発電所(600万kWkW.}の買収を完了し、発電能力は4388万kWと74%も増加した。買収費用は(約1・2兆円で非常に大きい買い物となっており、財務面での負拠が非常に大きい。水力で起こした電力は価格が安くて、上海地域など地元火力発電所の20ー30%も安い。他の水力労発電所に比べても圧倒的な価格競争力を保有している。
4.中国は鉄鋼などで過剰設備の削減が進められ、16年1〜6月の電力量の伸びが前年比2.7%まで急減しており、電力供給が過剰気味となっている。火力発電、風力発電や太陽光発電の平均稼働時間が減少する状況にある。そんな電力業界の逆風の中、同社は電力価格が安いという強みから、ライバルからすれば理想酌な状況が続いている。
5.リスクは、業績が天候に左右されやすい点で、雨がたくさん降れば流水量が増加して発電量が大きくなが、雨が少なければ売上が減少する。15年決算で売上高が9.9%減、純利益が2.6%減と減収減益になったのは、年聞を通じた降雨量が少なかったためである。
6.中国水力発電の雄として長江電力の発展の余地はまだ非常に大きい。親会社の長江三峡ダム集団は渓洛渡ダムの上流に、2カ所の大型水力発電所の建設を計画している。20年から21年の完成が見込まれており、稼働後問題がなければ長江電力への譲渡手続きに入る。完成すれば同社は発電量世界ランキング・トップ10に入る水力発電所を4カ所も保有することになる。
7.長江三峡ダム集団は政府が進める海外進出にも積極的に関与しており、既に欧州や中南米、アフリカなど45力国・地域の水力発電プロジェクトを運営したり、出資したりしている。
8.中国の景気の更なる下振れは脅威だ。電力需要がマイナス成長に沈むような状況が続けば、同社も雨さえ降ればそれだけ電力が売れるという状況に甘んずるわけにはいかない。稼働率が低下するだけではなく、新たに買収した2水力発姫掲所は電力価格が比較的高いことから、値下げ圧力が強まる可能性もある。




yuji5327 at 06:55 
エネルギー問題 

2017年07月13日

空回り景気

IMG_20170617_0004
内閣府、今の景気
バブル期を超えて戦後3番目
息の長い回復
いざなぎ景気
神武景気
オリンピック景気
それに、バブル景気
日経平均株価
史上最高値の3万8915円
地価は高騰
都心に億ション
今から30年前
4年3か月続いたバブル景気
実感とぼしい景気回復
バブルを超える指標
有効求人倍率が1.48倍
賃金の伸
バブル景気の頃は1.5%の上昇
今回0.6%減少
勢い不足


yuji5327 at 07:14 
池上湖心の書 

農林水産省の官僚や自民党の政治家は、日本が世界中を敵に回した時、というが、いざという時に最も困るのはコメではなく石油である。

「大前研一著:
「0から1」の発想術
大前 研一
小学館
2016-04-06

0から1の発想術、小学館、2016年」は面白い。「10章:すべてが意味することは何?」の印象に残った部分の概要を自分なりに補足して纏めると以下のようになる。
1.TPP承認以降、日本の農業は"成長産業〃になり得るのか考える。TPP合意により、日本の関税は農産物と工業生産品を合わせた全9018品目の95%にあたる8575品目で撤廃される。うち農産物は日本が重要5項目と位置づける、コメ、麦、牛・豚肉、乳製品、砂糖を含め、全2328品目の81%にあたる1885品目の関税が撤廃されることになった。そのうちコメは、現行の1341円の高関税を維持する代償として、アメリカとオーストラリアからの無関税輸入枠を新設し、年間5万6000t(13年目以降は7万8400t)を無関税で輸入する。
2.牛肉は現行の関税38.5%を27.5%に引き下げ16年目以降は9%に、豚肉は高価格品の関税4.3%を10年目に撤廃し、ソーセージなどに使う低価格品も1482円の関税を10年目に50円にする。
3.こうした合意内容の発表に、日本の農家から不安の声が高まった。安い輸入食品が増えれば、国内農業にとっては打撃となる。農村部の選挙区を地盤とする議員を中心に与党内部にも反対は渦巻いている。
4.「日本の農家が大変だ」という感情に流されては、全体が見えなくなる。日本の農業の危機は今回だけではなく、1990年代、かつてのGATT(関税貿易の一般協定)ウルグアイ・ラウンドで日本はコメの市場開放を迫られた。そして日本は778%というコメの関税を維持する代わりに毎年一定量の外国産米を無税で輸入するミニマムアクセスを義務づけられた。さらに関税も毎年100%ずつ下げて最終的にゼロにすることになった。しかし、実際にはコメの関税はまったく下がっておらず、購入した外国産米をどう有効利用するかも決まっていない。
5.この時、危機に陥った農家に当時の自民党政権がしたことは、お金をバラまくことだけだった。ウルグアイ・ラウンド対策として20年間で42兆円もかけて農業基盤整備事業を行ったが、農業の生産性や国際競争力は高まらず、むしろ、国際競争力は年々低下している。コメという農産物は完全にコモディティ化し、「トン単位」で取引されている。1圓△燭蠅了挫浪然覆40円程度である。一方、日本ではその5倍くらいの価格で生産されている。つまり、日本のコメは高額な関税でなんとか守られてきたにすぎない。日本の農業は危機ではなく、とっくに崩壊している。
6.日本がコメ偏重を続けているのは、「食料自給率」の問題が絡む。コメは「自給率100%」であり、それがあるから全体で「約4割」の自給率をなんとか保っている。コメを作ることが日本の食料自給政策である。
7.食料自給率を中心に考えてしまうと、グローバル社会での競争力はつかない。グローバル経済とは、最適地で生産して最適地で売ることである。コメは最適地で生産し、輸入すればよい。
8.農林水産省はいざという時のための「食料安全保障」を主張しているが、「いざという時」がどういう時なのか、農林水産省の官僚や自民党の政治家に聞くと、「日本が世界中を敵に回した時」という答える。一番の問題は「いざという時」に最も困るのはコメではなく石油である。
9.いくら農業を守っても、石油がなくなれば、耕運機もトラクターも動かせない。「自給率」だけ問題にしても、意味がない。日本の農業がすでに崩壊し、食料自給率を守ることも意味がないとすれば、攻めの農業に転じるほかない。コメから高付加価値産品への転換である。海外で人気がある和牛、イチゴ、リンゴ、モモ、サクランボ、柑橘類などである。コメを残すとしたら、一部の高付加価値産品ブランド米だけだろう。
10.重要なのは、これを日本全国一律でやらないことである。JAの問題もそこにある。横並びで一律にやろうとするから発展しない。特定のエリアに集中し、そこに資本も技術も投下する。農民から「農場経営者」へと脱皮できる仕組みを整えることこそ、政府がやるべきことである。「貿易自由化=予算のバラまき」では、日本の農業が決して再生できない。


yuji5327 at 06:55 
共通テーマ 

2017年07月12日

高気温

IMG_20170709_0003
昨日の最高気温が高い順
猛暑日(最高気温35℃以上)となった地点数:60 地点
真夏日(最高気温30℃以上)となった地点数:652 地点
1 富山県 富山 37.3 12:56
2 石川県 小松 36.8 14:39
3 富山県 秋ヶ島 36.7 12:37
4 兵庫県 豊岡 36.6 14:37
5 富山県 伏木 36.5 14:47
6 富山県 泊 36.4 13:38
7 山形県 山形 36.3 15:19
8 大分県 大分 36.2 13:48
8 新潟県 新津 36.2 14:23
10 富山県 南砺高宮 36.0 15:43
10 群馬県 館林 36.0 13:25


yuji5327 at 06:47 
池上湖心の書 

がんに対する低侵襲治療として注目される高濃度ビタミンC点滴療法は、国内でも臨床導入する医療機関が増えている。

「柳澤厚生著:高濃度ビタミンC点滴を中心とした注目のがん治療とは? 
Newsweek54, 2016/09/06」は面白い。点滴療法研究会会長で杏林大学元教授の柳澤厚生医師。印象に残った部分の概要を自分なりに補足して纏めると以下のようになる。
1.現代医療が追求する最大のテーマは「低侵襲」である。患肴の体に及ぶダメージを最小限にしつつ.治療効果を最大限に発揮させるもの。特に、がん治療における低侵襲治療の進化は顕著である。内視鏡や腹腔鏡による手術、陽子線やサイバーナイフなど最新の放射線治療は.病変だけを狙い撃ちすることで.周囲の正常組織の損傷を小さくする。
2.化学療法も、特定のがん細胞のみを攻撃する分子標的薬が登場した。アメリカで普及が進む、低侵襲がん治療が話題になっているのが「超高濃度ビタミンC点滴療法」で、濃度の高いビタミンC(アスコルビン酸〕を配合した輸液を点滴で静脈に注射する。
3.手術のように皮膚を切ることもなければ.抗がん剤のような副作用もない。約1時間ベッドかリクライニングチエアに休みながら、点滴を受けるだけでがん治療ができる低侵襲治療である。。
4.この治療に使うビタミンCは、1回あたり50〜100グラムという超高濃度。 .レモン2500〜5000個分にも柑当する量のビタミンCを、口からではなく直接点滴で静脈に投与することで、血中濃度を大幅に高めることができる。ビタミンCの血中濃度が高まると、その成分は血管の外に沁み出し.過酸化水素という活性酸素を作り出し、過酸化水素ががん細胞に取り込まれると、がん細胞死に向かう。
5.がんが見つかった段階ですぐにスタートするのが理想的で、アメリカでは、手術に至る前の術前療法の段階で、化学療法と高濃度ビタミンC点滴療法を組み合わせるケースが増えている。この治療法は、併用する他の治療法をアシストする効果が高く、また長期にわたって治療を続けても耐性が生じない。手術に先立って高濃度ビタミンC点滴療法を行うことで、その後の転移のリスクが低減するという報告がある。放射線治療との併用においては.放射線が照射された正常組織の修復に、ビタミンCが効果的に作用する。.
6.高濃度ビタミンC点滴療法の有効性が示されているものにQOLの改善がある。がんによって引き起こされる痛みは日常生活には大きな支障が出るが、高濃度ビタミンC点滴療法は.痛みの緩和にも効果的な働きを示す。これらは高濃度ビタミンCの持つ急性の抗酸化作用によるものと考えられる。
7.効果と安全性に優れた高濃度ビタミンC点滴療法だが、治療である以上、注意すべき点はある。がんに対する低侵襲治療として注目される高濃度ビタミンC点滴療法は、国内でも臨床導入する医療機関が増えている。がんが「身近な病気」である今、この療法がより「身近な治療」になる日も近い。.



yuji5327 at 06:35 
健康 

2017年07月11日

加計問題の激しい論戦

IMG_20170607_0003
学校法人加計学園
獣医学部新設計画
文部科学・内閣両委員会合同の閉会中審査
前川喜平・前文科事務次官招致
首相官邸の関与がある
山本幸三地方創生担当相
一点の曇りもない。首相の意見は入らなかった
文科省職員
無理が通れば道理が引っ込む
萩生田氏
平成30年4月開学
常盤氏あいまいな説明


yuji5327 at 06:55 
池上湖心の書 

担当者たちは過去の延長線上でしか考えられない。トップはタコツボ人間の個々の瞬間芸を見て判断するので方針が毎年コロコロと変わるのが問題である。

「大前研一著:
「0から1」の発想術
大前 研一
小学館
2016-04-06

0から1の発想術、小学館、2016年」は面白い。「5章:デジタル大陸時代の発想」の印象に残った部分の概要を自分なりに補足して纏めると以下のようになる。
1.ビル・ゲイツは、個人で世界を変革した人物で、ゲイツ後(AG)の世界は、個人の発想力・イノベーション力が必要とされる時代である。大前研一氏が使用したプラットフォームとは、鉄道の駅のホームを意味するが、コンピュータ用語に持ち込んだもの。非常にシンプルで、多くの人々に受け入れられている。いわばプラットフォームは「共通の場」を形成するスタンダード(標準)のことである。
2.言語ならばプラットフォームは「英語」。パソコンのOS(基本ソフト)はマイクロソフトのウインドウズ、検索エンジンはグーグルが世界のプラットフォームである。それに加えて今は、クラウドコンピューティングやSNSを含めたネットワークがある。
3.かつてソニーのべータマックスと、JVCケンウッドとパナソニックが中心となって推進したVHSは、プラットフォームとしては、勝者はVHSだった。LDとVHDが覇権を争いも、DVDに一気に駆逐された。DVD自体も、今やブルーレイディスクに凌駕された。
4.プラットフォームの支配力は永久に保証されない。現在のビジネスでは、単体としてのハードウエアがプラットフォームたり得ない。ビジネスのトレンドは根本的に変わり、もはや単体としてのハードウエアが富を生む時代は終わった。日本企業が磨いてきたデジタルカメラやポータブルオーディオレコーダーといった単体のハードウエア技術は、すべてスマートフオンやタフレット端末の画面上のアイコンになってしまった。
5.デジタル大陸の変化スピードについていくためには、デジタル大陸の近未来の姿を頭に思い浮かべ、自分なりに予測し、準備する。デジタル関連産業がネットワーク化(大陸化)することで、プロダクトからの発想ではなく、全体像から考える。すべてのデジタル機器がインターネットによって融合する。デジタルコンテンツは大容量HDD、またはクラウド上のスペースに集約され、無線LANですべてのハード機器がつながる。プロダクト発想の問題点は「発想がその商品の域を出ない」という点である。アップルは、電気自動車にタブレット端末を取りつけて操作することを可能にする特許も取得した。
6.アメリカでは、スマートフォンによって高校生のテストのやり方が変わってしまった。現在、スマホでグーグルやヤフーの検索は実にたやすくなった。わからないことがあったら、すぐにスマホで検索するのがスタンダードとなると、知識を持っているかどうか、ということは、問題ではなくなってくる。そこでアメリカの高校の一部では、「カンニングOK」にしてしまった。試験中にスマホで検索してもよいことにした。知識を問うのではなく、レポートや論文を書かせる。ネット上の知識を駆使して、どれだけオリジナルの論を展開できるかに評価軸を変えた。
7.試験にはスマホ持ち込み禁止、と杓子定規にやるのが今の日本である。その日本では、大学の卒論や博士論文で、平然とコピペが横行している。「カンニングOK」と「スマホ持ち込み禁止」、のどちらがデジタル大陸を生き残るか考えるべきである。
8.デジタル大陸で生き残るには、若い人間の発想を利用するという手段もある。スマホを使いこなせていない人間にスマホの5年後を予測させても無理である。バラバラの島だったデジタル機器が、ネットワークやコンセプトやアプリケーションによって1つにつながり、デジタル大陸化してしまったのが現代である。
9.デジタル大陸を開拓するには、優秀なナビゲーターが必要で、自分がそれになれなければ、別の人間を使えばよい。何でも自分たちでやろうとするから、歴史ある大企業が新興のIT企業にひっくり返されてしまう。必要なのは企業、世代、性別、国籍、宗教などを越えたコラボレーションである。社内からは、新しい人材を受け入れることに拒否反応が出てくるが、それを恐れていては、いずれデジタル大陸で迷子になってしまう。
10.デジタル、ネット、スマホが当たり前だと考えているが、ビジネスの発想となると、なぜか抵抗感が強い。今の時代は、会社の中でデジタルの本質が何なのか、徹底的に議論する必要がある。
11.ゲーム業界の先頭を走ってきた任天堂は、長らくスマホを遠ざけていた。スーパーマリオやドンキーコングなど同社のわかりやすいコンテンツはスマホ向きのはずなのに、コンソールマシンにしがみついてきた。その結果、ゲーム機「Wii」が最盛期を迎えていた2009年3月期に5000億円以上の営業利益をあげていたが、その後、業績は急激に悪化し、3年連続で営業赤字を計上した。
11.スマホ向けなどのモバイルゲーム(ソーシャルゲーム)は、2015年に世界全体の売上高がコンソールマシン向けゲームの売上高を上回るだろう。日本ではすでにスマホゲームがコンソールマシン向けゲームを凌駕し、2014年のモバイルゲームの売上高は5622億円に達しているが、コンソールマシン向けゲームの売上高は3733億円にすぎない。
12.任天堂は、2016年に発表を控えている次世代ゲーム機「NX」に賭けているが、それは、かつての成功体験に引きずられている。モバイルゲームの売上高がコンソールマシン向けゲームの売上高をはるかに上回っている現状で、「NX」が今後のゲーム業界の「プラットフォーム」となることは、もはやあり得ない。5年後、10年後の「生活」を発想しないばかりに、混迷を深めている。
13.ソニーもまた、デジタル大陸時代を想像できていない会社である。デジタル化において世界を先導してきたのはソニーだが、皮肉なことに、本格的なデジタル時代になってひっくり返ったのもソニーである。デジタル化の際立った特徴のーつは、商品の「コモディティ化」である。同じチップを使っているのだから、先発でも後発でも商品の基本性能に変わらない。先発優位のアナログ時代と比べれば、デジタル時代は、決して後発劣位ではない。
14.ソニーもまた「デジタル大陸時代を生きる」という発想がない。これからの時代、コンソールマシンがプラットフォーム化することはあり得ない。リストラや事業売却などの固定費削減の効果で判断してはいけない。実際に儲かっているのはソニー生命やソニー銀行などを傘下に持つソニーフィナンシャルであり、アップルなどのスマホ向けに提供しているCMOSイメージセンサーというデジカメ用モジュールである。つまり金融と部品で復活したのである。
15.ソニーのような大きな会社がつまずくのは、過去の成功体験に引きずられるからである。もともとソニーの特色は、「世の中にないもの」を作り出すことだった。「世の中にないもの」だったからこそ人々を魅了し、優秀な人材が集まってプラットフォームを生.み出せた。過去の延長線上で、足し算・引き算の意見しか出なかったと想像される。
16.担当者たちは過去の延長線上でしか考えられない。トップはタコツボ人間の個々の瞬間芸を見て判断するので「方針」が毎年コロコロと変わるのが大きな問題である。新たなサバイバル・ルールに順応して生き残るポイントは、仝帖垢離妊献織覽ヾ錣インターネットなどによってつながり、「デジタルアイランド」が、「デジタル大陸」になりつつあるという現実を認識する。△修両紊如5年後の生活・ライフスタイル」を想像し、そこからサービスや商品に落とし込む。


yuji5327 at 06:39 
新技術 

2017年07月10日

電柱の影一本の暑さかな

IMG_20170628_0009
森川光郎句
長谷川櫂解説
片影
真夏の昼間
太陽が真上から
電柱の真下のある
電柱の影
暑さの象徴
(読売新聞2017.6.27より)

yuji5327 at 06:42 
池上湖心の書 

マイナス金利導入の目的は、銀行貸出を増加させること。その効果はない。円安誘導の効果もない。マイナス金利撤廃以外に現状を抜け出す方策はない。

「野口悠紀雄著:マイナス金利の撤廃が日本銀行の最重要課題、週刊
ダイヤモンド、2016/09/
03」は説得力がある。印象に残った部分の概要を自分なりに補足して纏めると以下のようになる。
1.日本銀行は、9月に金融政策の見直しをするとし、第1にインフレ目標、第2にマイナス金利、第3に国債購入額を検討している。第1のインフレ目標については、その達成時期を不明確にする可能性がある。必要とされるのは、細部の見直しでなく、インフレターゲットそのものの放棄である。第2のマイナス金利は、現在、適用しているのは日銀当座預金の一部なので、この範囲を鉱大することはあり得る。また、現在はマイナス0.1%である付利のマイナス幅を広げることも考えられる。マイナス金利政策を強化すれば、銀行の収益がさらに悪化する。
2.金融庁は日銀のマイナス金利政策が、3メガ銀行グループの2017年3月期決算で、少なくとも3000億円程度の減益要因になるとの調査結果をまとめた。三菱UFJフィナンシャル・グループでは1550億円、三井住友フィナンシャルグループ(FG)では750億〜760億円、みずほFGでは610億円の減益要因になる。
3.マイナス金利幅の拡大は、銀行の収益を悪化させるだけではない。日銀による国債の購入、あるいは、国債の発行そのものにも影響する。た第2と第3の問題は、密接に関連している。
4.マイナス利回りの国債を購入するのは合理的とはいえない。そもそも国債を保有したくないから、国債ビジネスからの撤退に繋がる。そうなると、国債の発行が困難になり、国債価格が下落する。つまり金.利の上昇につながる。実際、8月には国債入札の不調が懸念された。こうした状況が続くと、円滑な国債発行ができなくなる。国債の発行利回りがマイナスとは、国が国債を発行して利益を得ることを意味するが、そうしたことが円滑に運ぶわけがなく、どこかでブレーキがかかって、そのような資金調達ができなくなる。今後さらにマイナス金利幅を拡大することは難しい。
5.マイナス金利を拡大しないにしても、これから銀行が日銀に国債を売却して日銀当座預金が増えれば、マイナスの付利がなされ、銀行の収益は今より悪化する。従って、銀行が日銀に売却したくないという問題が存在している。当座預金にマイナスの付利がなされることを前提としてこれに対処する方法は、マイナス付利を補填できるだけ高い価格で日銀が国債を買うことである。
6.日銀が償還まで保有した場合に発生する損失がさらに拡大する。高値の購人を続ければ、将来損失が発生する国債が日銀に蓄積されていく。すでに、日銀の資産中で長期国債は75%という大きな比率を占めている。その多くが将来損失を生む不良資産になっているのは重大な問題である。
7.現在の日本は、異常な低金利によって支えられている。仮に金利が高騰すれば、日銀、銀行が保有している国債に巨額の含み損が発生する。また、一般会計予算の国債利払い費が急増する。これらさまざまな問題が一挙に表面化し、日本経済は大混乱に陥る。
8.マイナス金利導入の目的は、銀行貸出を増加させることとされていた。しかし、その効果は明らかでない。また、日銀は円安誘導を狙った可能性もあるが、その効果もない。こうした事情を老えると、マイナス金利撤廃以外に現在の八方ふさがりから抜け出る方策はない。



yuji5327 at 06:34 
共通テーマ 

2017年07月09日

高気温

IMG_20170709_0003
今日の気温ランキング
1 群馬県 館林 34.6 11:17
1 群馬県 桐生 34.6 11:48
1 茨城県 笠間 34.6 11:54
4 埼玉県 熊谷 34.5 11:58
4 茨城県 大子 34.5 11:56
4 福島県 福島 34.5 11:41
4 福島県 梁川 34.5 12:00
8 埼玉県 秩父 34.3 11:44
9 群馬県 伊勢崎 34.2 11:39
12時現在



yuji5327 at 13:20 
環境 

ローソンがやってはいけないのは、成城石井のノウハウを導入した商品を大量生産してローソンで安く売り、成城石井の高級イメージを崩すことである。

「大前研一著:
「0から1」の発想術
大前 研一
小学館
2016-04-06

0から1の発想術、小学館、2016年」は面白い。「3章:ニュー・コンビネーション」の印象に残った部分の概要を自分なりに補足して纏めると以下のようになる。
1.オーストラリアのゴールドコーストでは、「アクアダック」と呼ばれる水陸両用バスが観光客に人気となっている。街中はバスとして走り、素晴らしい景観で有名な内海のブロードウォーターに到着すると、大きな水しぶきを上げながらクルーズを開始する。ゴールドコーストでは、こうした水陸両用バスがいたるところで走っている。
2.ニュー・コンビネーションという概念は、ヨーゼフ・シュンペーターというドイツのボン大学の経済学者が唱えたもので、大半の発明は、古くからあるものの新しいコンビネーションである、シュンペーターは新しいとされるものを観察し、それが古いものの組み合わせであると主張した。ゼロから何か新しいものが生まれるのではない。既存のものが結合することで、新しいものが誕生し、イノベーションになる。
3.学生の論文でウィキペディアのコピペが問題になっており、使い勝手がいい。正確性は怪しい部分も多々あるが、物事の概要ならウィキペディアでつかめるケースが多い。調べものは、ウィキペディアの登場で格段に楽になった。ウィキペディアを支えているのは、無数の人聞だ。世界中の人間が、その物事について説明してくれる。個人の知識の組み合わせによって成り立つ。1人の知識ではなく、無数の人間の知識が掛け合わさり、ニユー・コンビネーションの一種と言える。
4. 現在、日本には「Suica(スイカ)」(JR東日本)など数十種類のICカード乗車券が発行されている。こうしたICカード乗車券のほとんどは、ソニーが開発した非接触型ICカード「FeliCa(フェリカ)」が基になっている。ICカード乗車券は、1992年にフィンランドのバス会社が導入したのが世界初である。ソニーの「FeliCa」は1988年から研究が開始されている。当時のソニーには「ニュー・コンビネーション」の発想がなかった。せっかく材料がそろい、香港に進出するという条件も整っていながら、最初から「Suica」と「Edy」をコンビネーションさせるような試みがなかった。もし、ソニーが大きな視点を持って展開していたならば、「FeliCa」は共通化されて世界標準を取っていたはずである。
5.ニュー・コンビネーションの発想方法で忘れてならないのは、個別の価値提供に留まらず、ユーザーのニーズをトータルで考え、グローバル化を前提とした仕様・方式を仕込んでおくことが必要である。
6.今後は、ユーザーの立場に立って、交通系ICカード、電子マネー、クレジットカード、キャッシュカード、ETC、社員証(学生証)、各種会員力ードなど、すべてが結合したカードが登場し、世界はいわゆるキャッシュレス・ソサエティに向かう。世界はすでにキャッシュレス・ソサエティになりつつあるが、コンビネーションが十分になされていないために財布がカードだらけの時代になっている。
7.DeNAの創業者であり、現在、横浜DeNAベイスターズのオーナーを務めている南場智子氏は、大前研一氏のマッキンゼー・アンド・カンパニー時代の後輩だが、1999年にDeNAを立ち上げた時は、インターネットオークションのサービスを収益の柱にしていたが、日本では「ヤフオク」が絶大なシェアを誇っており、新規参入のオークションサイトに勝ち目はなかった。
8.窮地の南場氏が目をつけたのが、デジタルカメラつき携帯電話で、2004年からサービスを始めた「モバオク」である。その仕組みは、オークションでモノを売りたい人は、自分の携帯電話のデジカメで品物を撮影し、その画像をそのままモバオクのプラットフォームに送る。オークションに出品している人間がその場で撮った写真がすぐにサイトにアップされるので、利用者の信頼性が高く、DeNAは息を吹き返した。モバオクは、ヤフオクや楽天オークションと並ぶ日本最大級のインターネットオークションサイトへと成長、定着した。デジタルカメラつき携帯電話×オークションというニュー・コンビネーションが、モバオクを成功に導いた。現在、DeNAの時価総額は約2600億円で、プロ野球球団を有するまでになった。
8.ストックホルムにはセブン・イレブンのお馴染みの看板がある。セブン・イレブンのヨーロッパ進出は、北欧に偏っていて、デンマークー89店舗、スウェーデンー85店舗、ノルウェー156店舗である。ストックホルムのセブンー・イレブンは街並みに溶け込んでいたが、店内に入って驚いたのは、レジ周りにはカフェを展開している。「コンビニエンスストア×ファストフードショップ(カフェ)」が、スウェーデンにおけるセブン・イレブンである。オーストラリアでは、セブン・イレブンはガソリンスタンドと組み合せである。
9.コンビニの実力を示す1店舗あたりの平均日販は、セブン・イレブンは約67万円なのに対し、ローソン:約55万円、ファミマ:約52万円である。全店売上高(2015年2月期)はセブン・イレブンは4兆0082億円、ローソンは1兆9619億円である。その差は、セブンカフェの客による全商品への売り上げである。
10.ローソンの「ニュー・コンビネーション」の格好の材料は、2014年に550億円で買収した高級スーパーマーケットの「成城石井」である。ここには、ワイン、ハム、ソーセージ、弁当、惣菜などにユニークな商品がたくさんある。成城石井舗前に、中国人観光客を乗せたバスが停車している。旅行会社や観光ガイドが「成城石井の弁当や惣菜はおいしい」ということを知っているから、わざわざ連れてくる。ローソンがやってはいけないのは、成城石井のノウハウを導入した商品を大量生産してローソンで安く売り、成城石井の高級イメージを崩してしまうことである。


yuji5327 at 11:14 
共通テーマ 

2017年07月08日

都議選自民党歴史的惨敗

IMG_20170704_0003
都議選
小池都知事率いる都民ファーストの会
予想以上の圧勝
投票率前回を上回る
51・27%
安倍政権の驕りと緩み
THIS IS 敗因
Tは豊田
Hは萩生田、
Iは稲田、
Sは下村
一番の元凶安倍首相


yuji5327 at 08:27 
池上湖心の書 

質感情報の脳による処理に関する研究は現在、神経科学、心理学.、画像工学の分野で活発になされている。産業界からの関心も高い。

「藤田一郎著:脳科学、もふもふはなぜ柔らかい?研究進む質感の認知システム。
週刊ダイヤモンド 2016/09/03」は参考になる。印象に残った部分の概要を自分なりに補足して纏めると以下のようになる。
1.「もふもふ」を、しばしば耳にする。ふんわりした毛や羽を持つ動物の形容に使われる。もぐもぐ、もじゃもじゃ、ふさふさ、ふにゃふにゃ、ふわふわなど、柔らかい物を表す日本語には、「も」や「ふ」が付くものが多い。「もふもふ」はその2つを合わせたもの。
2.「ブーバ・キキ効果」と呼ばれる現象がある。丸みを帯びた図形がブーバ、とがった図形がキキだと答える人が多い。性別、年齢、使用言語、文化的背景によらずに生じる。「ぶ」「ば」や「ぎ」に言葉として特別な意味があるのではなく、音そのものが丸みやとんがりなどの形に直結している。
3.物の名前やその状態を示す擬態語というのは、言語の形成プロセスで恣意的に決まったのではなく、脳の感覚特性の影響を受けて、材質感や手触り感を反映する。脳が質感情報を抽出するのは困難である。物体から目に入る光は、物体への照射光、物体の立体的形、物体表面の反射特性によって決まる。脳が物体の材質を知るためには、目への入射光に関する情報から照射光、形、反射特性を推定する。脳は巧みな手段と複雑な計算によってこの推定を実現するというのが、従来の主流の考えである。
4.複雑な情報処理を介さない単純な情報が、質感の認知過程に直接貢献するという考えを支持する証拠は多くある。霊長類の大脳皮質の視覚経路は、一次視覚野を出発.点とする2つの経路に大別でき、一つは頭のてっぺんにある頭頂葉皮質に向かう「背側経路」で、刺激の動き、位置の処理などの空聞視に関わる。もう一つは、耳の奥辺りにある側頭葉皮質に向かう「腹側経路」で、色や形、模様の処理など物体の認識に関わる。
5.質感情報の脳による処理に関する研究は現在、神経科学、心理学.、画像工学の分野で活発になされている。産業界からの関心も高い。神経科学の重要な基本的問題であり、商業デザイン、CG技術、工芸などさまざまな産業応用へ結び付いている。


yuji5327 at 08:17 
新技術 

2017年07月07日

都議選

IMG_20170627_0001
浮動票は都民ファースト
自民党に逆風
森友学園や加計学園
豊田真由子衆議院議員の暴力・暴言事件
メディア露出は小池知事
メディアに出た者勝ち
現職有利は限定的


yuji5327 at 07:11 
池上湖心の書 

日本の小売業1位のイオンの年商が約8兆2000億円、2位のセブン&アイ・ホールディングスの年商が約6兆円だから、アリパパの売り上げはケタ違いである。

「大前研一著:日米市場をも呑み込む中国アリババの野望、週刊ポスト、2016年8月5日」は参考になる。印象に残った部分の概要を自分なりに補足して纏めると以下のようになる。
1.中国のeコマース市場の急拡大が世界を激変させている。その中核は、中国のネット通販最大手アリババグループで、同社は6月、中国の家電量販最大手蘇寧雲商集団との協業の具体策を発表し、「王者連盟」とも報じられたが、アリババが蘇寧を救済したという見方もある。
2.蘇寧は中国国内で2700の店舗を展開し、実店舗の小売企業としては売上高トップで、サッカー日本代表DFの長友佑都選手が所属するイタリア・セリエA「インテル・ミラノ」の買収でも話題になった中国を代表する巨人企業である。しかし、近年はアリババをはじめとするネット通販の台頭で営業赤字に陥っている。
3.中国では今、日本やアメリカと同じように、実店舗を全国展開している量販店が伸び悩み、スマホ1つで何でも買えるeコマースが急成長している。その代表格が、中国国内のネット通販で6割のシェアを占め、物流と決済機能を押さえているアリババである。昨年11月11日の「光棍節」セールの総取引額が1日で約1兆7600億円に達した。日本の小売業1位のイオンの年商が約8兆2000億円、2位のセブン&アイ・ホールディングスの年商が約6兆円だから、アリパパの売り上げはケタ違いである。
4.アリババは蘇寧との提携によってネットと実店舗を組み合わせて相乗効果を生み出すことで、さらなる成長を目指している。だが、アリババが国境を越えて世界に広がることはない。eコマースが国境を越えて成功した企業は少ない。その国の言語に非常に依存するし、国ごとに消費者の嗜好や購買行動が大きく異なるからである。
5.日本の楽天も海外では大苦戦し、次々と撤退している。楽天が約920億円で買った無料通話アプリのViberという会社も、楽天は買収しただけで経営らしいことはできていない。ネット企業が国境を越えるのは難しい。
6.アメリカ企業でありながら日本で成功しているアマゾンは例外的である。アリババと蘇寧の「王者連盟」も、基本的には中国国内に限定される。しかし、アリババとヤフー連合は、すでに日本のヤフー(ヤフージャパン)とアリババはeコマースで提携しているので、中国人は日本のヤフーで売っている商品をアリババから直接購入できる。訪日中国人観光客の「爆買い」が減っているのは、アリババで日本の商品が簡単に買えるようになったことが影響している。中国で苦労して販売網を構築してきた日本企業では、アリババで日本の商品が手軽に買えるようになって以来、現地の代理店の売り上げが急減している。たと7.今後のアリババとヤフーの協業の行方のカギを握るのは、日本のヤフーの親会社ソフトバンクグループの孫正義社長とアリパパのジャック・マー(馬雲)会長である。孫社長とマー会長は、孫社長が創業間もないアリババに20億円を出資して以来の親密な関係で、ソフトバンクが約32%のアリババ株を保有する筆頭株主となり、アリババのアメリカ株式市場上場によって、ソフトバンクの含み益は一時10兆円を超えた。
8.アリババが米ヤフーを買えば、日本ヤフーも支配できるから、アリババは中国人が欲しがっているアメリカの商品や日本の商品を好きなように売ることができる。そうすれば一気に中国市場を制覇することができる。マー会長と孫社長は友達だし、非常に面白い戦略である。孫社長とマー会長はお互いに株を持ち合うことになり、この2人で日・米・中のeコマースを支配する可能性もある。孫正義とジャック・マーの2人の野望がどこまで膨らみ、何を仕掛けるのか見ものである。


yuji5327 at 06:51 
共通テーマ 

2017年07月06日

香港返還20年

IMG_20170704_0001
⾹港返還20年⽬
7⽉1⽇の返還記念⽇
恒例の⺠主化要求デモ
昨年の 11万⼈から⼈数を減らし
主催者発表で約6万⼈
警察発表で1.45万⼈
18歳から29歳までの若者
自分は中国人はわずか3.1%
自分は広義の香港人93.7%
中国を否定する青年は過去最多
理由香港全警官の3分の1
厳戒態勢


yuji5327 at 07:18 
池上湖心の書 

通信大手のソフトバンクグループが約3・3兆円で買収に合意した英ARMは、半導体の心臓部のCPUや周辺技術の知的財産をライセンス販売する世界最人の半導体設計会社である。

「永井知美著:ARM Holdings スマホ向け半導体設計の覇者、
エコノミスト、2016.8.23」は参考になる。印象に残った部分の概要を自分なりに補足して纏めると以下のようになる。
1.2016年7月18日、通信大手のソフトバンクグループが約3・3兆円で買収に合意した買収相手の英ARMは、半導体の心臓部であるCPU〔中央演算処理.装置)やその周辺技術のIP〔知的財産)を半導体、セットメーカーにライセンス販売する世界最人の半導体設計会社である。半導体の製造は行わず、基本設計の提供に特化。その技術は米アップルのiPhone,、韓国・サムスン電子のギャラクシー、任天堂のゲーム機、ルネサスエレクトロニクスの車載用半導体など幅広い分野で使用されている。iPhoneを例にとると、アップルはARMのIPをベースに、通信、画像処理などの独白技術を加えて半導体を設計する。
2.CPUといえば世界最大の半導体メーカー・米インテルのパソコン向けマイクロプロセッサーが有名だが、ARMの技術の特徴は小型・省電力にある。高性能・高価格のインテル製品がパソコン市場を席巻したのに対して、ARMの技術は小型・省電刀が必須の携帯電話等モバイルでまず普及したスマホは約95%がARM仕様である。パソコンでは圧倒的地位を占めるインテルだが、モバイルではARMに歯が立たない。
3.ARMの技術は,モバイルだけでなく家電、IoT、車載など組み込み機器向けマイコン(CPU、メモリー、入出力回路など電子機器の制御などに必要な機能を1チップに搭載したもの)でも採用の動きが広がっている。ARM仕様の半導体にモバイルが占める比率は.既に半分以ドである。
4.ARM仕様の半導体は5億個にも満たなかった00年ごろから爆発的とも言うべき伸びを見せている。15年度は、、425社に累計1348件のライセンスを供与、ARM仕様の半導体の出荷量は前年比23%増の148億個(市場全体の伸びは同7%)と絶好調である。
5.ARMの収益源はライセンス料〔16年1-3月期の売上高構成比36%)とロイヤルティー(同55%)である。ライセンスを受けた企業は、ARM仕様の半導体が売れるたびに1個当たり数円〜数十円のロイヤルティーをARMに支払う。毎年120件以上〔15年は173件)新規契約されるライセンス料も重要だが、大黒柱は長期問支払われるロイヤルティーである。25年以上ロイヤルティーを生み出すライセンスもある。
6.ARMは、1990年設立の若い企業である。母体は教育用コンビューターを手掛けていた英エイコーン。パソコンの台頭で苦境に陥っていた同社の省電力CPU設計部門に目を付けたアップルなどが出資、分離独立する形で誕生した。当初はアップルのPDA(携帯情報端末)に使用される程度だったが、97年、フィンランド・ノキアの携帯電話に採用されたことを契機に本格成長が始まった。
7.ARM躍進の背景には、半導体業界の地殻変.動がある。70年代には設計から製造まで一貰して行う垂直統合型が主流だったが、90年代にはファブレス(開発設計に特化する企業)とファウンドリー(半導体受託生産会社}が台頭、設計と製造の分業化が鮮明となった。半導体技術が高度化、設備投資費も巨額化して、負担の重さに耐えられるメーカーがインテル、サムスン電子等ごく一部になったためである。
8.設計に限っても、回路設計する際、すべてのIPを自社開発すると膨大な数のエンジニアと時間が必要となる。90年代までは自社開発が主流だったマイコンも、00年ごろ、CPUが一定の処理能力に達し、省電力や周辺機能が差別化の要因になると、ARMのIPを採用する企業が増えていった。ARMから買った方が安上がりであり、ARMが構築したエコシステム〔ARM仕様に最適化されたソフトを書けるソフト技術者、半導体設計者等を擁する企業群。参加企業なんと1300社〕を利用すれば半導体設計やソフト作製のサポートを得られるためである。
9.ARMの売上高は、07年度以降顕著な伸びを見.せている。15年度の売上高は06年度比で3.7倍、営業利益は6.0倍、売上高営業利益率に至っては51.6%という驚異的な高さである。金のかかる製造設備も在庫もないこと、モバイルに加えマイコン向けも急増したことが高収益の理由である。15年から20年にかけても、ARM仕様の半導体出荷量の年平均成長率は9%と、市場を上回る伸びを達成する見通しである。モバイルでは1台の端末に搭載されるCPU数が増えていること、モバイル以外でのシェア拡大による。
10.モバイル市場はスマホをはじめ頭打ちの感がある、そこでARMが近年注力しているのが企業向けインフラ(ネットワーク・インフラ、サーバー等}、車載、IoT等である。こうした領域におけるARMのシェアはネットワーク・インフラ15%、車載10%、サーバー1%未満などにとどまっている。中でも、インテルとの激突が予想されるのがIoTとサーバーである。IoTは安価な半導体が主流になると見られ、小型・省電力が必須である。インテルもIoT向け半導体を投入、ARMに主導権を握られたモバイルでの失敗を繰り返すまいとしているが、ARMはエコシステムを生かしてシェア拡大を目指す。
11.現在、インテルが圧倒的存在感を示しているサーバー向けでも、ARMは省電力を武器に切り込む構えである。サーバーを多用するデータセンターでは電力が最大のコストとなっている。決済サービス会社・米ペイパルが不正利用検知システムにARM仕様のサーバーを利用したところ、従来のデータセンター比で設備投資半額、ランニングコスト7分の1、スペース10分の1という結果が出た。
12.最大のライバルはインテルだが、IoT向けは参入障壁が低いので思わぬ伏兵が出てくる可能性もある。だが、ARMには小型・省電力、エコシステム作りのうまさという大きな強みがある。ソフトバンクは、ARMの経営陣は変えないと表明しているので、経営方針が大きく変わることはないだろう。株価は買収発表を受けて急騰している。数力月後と見られるソフトバンクによる完全子会社化後は上場廃止の予定である.一方、ソフトバンクの株価は急落。動きの激しい半導体業界でいつまでARMが安泰なのか等が懸念されており、今後も変動が予想される。



yuji5327 at 06:59 
新技術 

2017年07月05日

将棋藤井四段30連勝ならず

IMG_20170704_0002
将棋最多連勝記録
30年ぶりに更新
中学3年生の藤井聡太四段
連勝は29で止まる。
佐々木勇気五段(22)に負ける。
佐々木五段
これだけ連勝できたのは、
連勝記録よりも、もっと上の目標や志があるから
加藤一二三 九段
感動を与える棋譜を紡いで
藤井四段の母
経験を糧に目標に向かって進んで


yuji5327 at 06:50 
池上湖心の書 

銀行は、未だに担保を重視し、手数料で稼ぐビジネスに執着している。このまま銀行が自己改革できなければ、フィンテック企業に淘汰される。

「大前研一著:日本の銀行を淘汰していくフィンテック革命の本質、週刊ポスト、2016.8.12」は参考になる。印象に残った部分の概要を自分なりに補足して纏めると以下のようになる。
1.金融とIT(情報技術)を組み合わせた「フィンテック」の普及のための改正銀行法と、ビットコインなどの仮想通貨を規制する改正資金決済法が成立した。金融機関側でも三菱東京UFJ銀行が独自の仮想通貨を開発中など、フィンテックを駆使した新たな金融サービスが身近になりつつある。
2.「フィンテック」はファイナンスとテクノロジーを合わせた造語だが、単に金融分野にITを活用するのではなく、その本質は、送金、投資、決済、融資、預金、経理・会計といった従来のファイナンスのあらゆる領域をテクノロジーで見直し、これまで金融機関がやっていたことを金融機関ではない企業が奪うということである。
3.既存の金融機関にとって恐ろしい話で、アメリカでは、フィンテックは巨大な産業になり、金融業界におけるウーパーとも形容されている。たとえば、ビットコインに代表される仮想通貨の基盤技術である「ブロックチェーン」は、取引を、コンピユーターが記録することで人間の指紋のように複製や偽造ができなくなり、取引の正当性を保証する仕組みである。
4.そもそも、通貨も新しい技術とセットだった。石を通貨にした時代は丸くする技術。金貨や銀貨や銅貨は同じ大きさと重さと形で大量に作る技術。紙幣は偽札防止技術、が進化し、その価値を国家が保証することで決済のための交換媒体となった。
5.今度の仮想通貨は、ブロックチェーンという新技術によって紙幣よりも便利な)通貨の交換.・決済ができるようになった。例えば、クレジットカードは3〜4%の手数料を取られるが、クレジットカード利用者の中に支払い不能になる人がいるため、その回収コストや.不良債権になった時のコストが発生するからである。 また、店舗の端末からNTTデータのカード決済サービスと全国銀行デーダ通信システムを経由した個人口座へのアクセスにも高い手数料が必要になる。
6.ブロックチエーンで取引の証明ができて、複製や偽造が不可能な仮想通貨なら、全国銀行デーダ通信システムを経由せず、スマホやPCからのわずかなパケット料金だけで済むので、決済コストが著しく安くなる上、第三者ではなく個人個人が自分で自分の信用を証明できる。
7.要するに、国家や金融機関に頼ることなく、本人が信用を持ち歩ける。すでに海外では様々な金融分野でフィンテック企業が勃興している。たとえば、スマホを活用した手軽な決済支援・小口送金ができる「ペイパル」や「スクエア」などがある。
8.日本はまだ現金社会だが、海外では決済や送金などの電子化が拡大している。たとえばアフリカでは、ケニアで働いている息子がルワンダの母親に送金する場合、「バルティ・エアテル」という会社のモバイル決済サービスを使うと、携帯電話からプリペイドカードの金額分を簡単に送ることができる。
9.アメリカでは、電子家計簿を使い、サラリーマンは年度末に確定申告する時は会計士を使わずに電子決済で納税できる。さらに、資産運用分野では、ロボットアドバイザーによるデジタル資産運用サービスが急成長している。これまでは基本的に金持ちしか銀行や証券会社の資産運用サービスを利用できなかったが、今や資産が少ない人でもロボットアドバイザーを活用すれば、かなり的確なファイナンシャル・マネジメントが可能になった。
10.個人で信用創造をし、フィンテック商社ができたら、日本人のライフスタイルは変わる。銀行などの金融機関が、古いシステムに縛られて、ネット時代、デジタル時代になっても大半の業務で紙に印鑑を捺すペーパー中心のアナログ時代のやり方を続けている。顧客データベースから信用度を正確に把握できるはずなのに未だに担保を重視し、手数料で稼ぐビジネスに執着している。このまま銀行が自己改革できなければ、フィンテック企業に淘汰される。



yuji5327 at 06:33 
共通テーマ 
池上技術士事務所の紹介
261-0012
千葉市美浜区
磯辺6丁目1-8-204

池上技術士事務所(代表:池上雄二)の事業内容
以下のテーマの技術コンサルタント
1.公害問題、生活環境、地球環境
2.省エネ・新エネ機器導入
のテーマについて、
・技術コンサルタント
・調査報告書の作成
・アンケート調査・分析
・技術翻訳、特許調査
を承ります。
有償、無償を問わず
お気軽に下記にメールをください。
ke8y-ikgm@asahi-net.or.jp

工学博士、技術士(応用理学)、
公害防止主任管理者、
騒音防止管理者の資格で
お役に立ちたいと思います。

池上湖心 プロフィール
○略歴
大東文化大卒、
在学中 上條信山に師事
書象会に所属、書象会理事
審査会々員
○作品展の開催
・主宰している「さざ波会」
 作品展を毎年8月開催
(於:稲毛ギャラリー)
・土曜会(グループ展)
 作品展を毎年10月開催
(於:銀座大黒屋)
○公募展の受賞、入選
・日展入選
(平成28年度、国立新美術館にて開催)
・読売書法展(8月開催、現在理事)
 読売奨励賞
 読売新聞社賞
・謙慎展(3月開催、現在理事)
 春興賞の受賞:2回
○書道教室
・学生:月曜日
・一般:火曜日、水曜日





地域別アクセス

ジオターゲティング

ジオターゲティング
livedoor プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード