2006年02月

2006年02月10日

春の兆し 3

29bfe826.jpg木の芽
蕗の薹
太陽光線
空の色

yuji5327 at 07:56 
池上湖心の書 

B2Bの世界のこれからの商談 3

大前研一氏の著書「ザ・プロフェッショナル」で、日本のB2B(Business to Business)の世界のマーケット、すなわち、日本の企業間取引について外国から見た印象を述べている。日本の法人の営業担当者は真に顧客に目を配っているプレーは皆無に近い。法人営業担当者は直接の顧客の調達担当者に気に入られることしか考えていないのでライバルが現れようなら卑怯な手段に訴えても商談に勝とうとやっきになる。ゴルフをやって商談を進めるなどコーポレート・ガバナンスで禁止されている行為も平気でやるような人がトップに上りつめる例が今までの日本の企業であった。こういう温床から生まれた悪知恵が「談合」であり、ウイン・ウインな関係、お互いが利益に良くする関係が重要とか、何の疑問もなく口にするマネージャがまだ存在するのが日本の企業社会の現状であるが、これからはそれに代わってプロフェッショナルがマネージャになる時代が来ている。談合が独占禁止法に違反するのは当然だが、今だに、発注者がわの顧客のた中に、新参者に比べれば出入りのベテラン業者のほうが多少のコストを支払ってもリスクは小さいと弁解する経営者や政治家もいる。日本のよき商習慣であるかのように弁護する人も多い。
ザ・プロフェッショナル


yuji5327 at 05:55 
共通テーマ 

2006年02月09日

ヒポクラテスの誓詞 3

大前研一氏の著書「ザ・プロフェッショナル」では、医学の父といわれるヒポクラテスの「ヒポクラテスの誓詞」をプロフェッショナルの定義で引用している。医を「仕事」、患者を「顧客」に置き換えるとプロフェッショナルのイメージが次のようになる。
1. 仕事の実践を許された私は、全生涯を人道に捧げる。
2. 恩師に尊敬と感謝を捧げる。
3. 良心と威厳をもって仕事を実践する。
4. 顧客の健全性と継続を第一とする。
5. 顧客の秘密を厳守する。
6. 顧客の事業の名誉と尊い伝統を保持する。
7. 同僚は兄弟と見なし、人種、宗教、国籍、社会的地位のいかんによって、      顧客を差別しない。
8. 事業の永続性を設立のはじめより至上のものとして尊ぶ。
9. いかなる強圧の遭うとも、法に反してまで、目的のために、            我が知識を悪用しない。
日本の弁護士、会計士、税理士などのいわゆる「士族」という国家資格を持つ人たちのプロフェッショナル観は、明らかに時代と齟齬を来たしはじめている。

ザ・プロフェッショナル


yuji5327 at 06:01 
共通テーマ 

慎重 3

a0258e83.jpg皇室典範改正を
慎重審議
千年の歴史
日本の文化
抽象的反対理由
有識者会議
国民感覚
歴史教育
現実的対応

yuji5327 at 05:47 
池上湖心の書 

2006年02月07日

伝統芸というプロフェッショナル 3

大前研一氏の著書「ザ・プロフェッショナル」には以下のような記述がある「プロフェッショナル・クラスは先天的に決められたクラスではなく、後天的に実力で勝ち取った社会的階級が台頭して、いまなおはびこっている旧世紀の不合理や非効率を排し、二十一世紀の日本を切り開いていく人材が増えてほしい。」 しかし、日本の今の社会を見ると、歌舞伎とか能と世襲制度が残る伝統芸の世界で、役者たちは当然、プロフェッショナルの意識を持っていると思う。大工さんなどの職人の世界で仕事を通じて顧客との信頼感を守って報酬を得て生活していることを尊敬しているが、日本の伝統芸のプロフェッショナルたちが顧客である観客の評価で脱落、廃業、経営破綻したという話はあまり聞かない。日本の伝統芸の世界には日本特有の世襲制度があるが、彼らをプロフェッショナルの仲間にいれてよいのだろうか? 
ザ・プロフェッショナル


yuji5327 at 06:18 
共通テーマ 

正常化 3

3885d245.jpg国交正常化
平和条約
拉致問題の補償
過去の清算
北朝鮮体制
緊張感
正常化の国益

yuji5327 at 06:09 
池上湖心の書 

2006年02月05日

プロフェッショナルとは 3

大前研一氏の著書で、これからの日本はプロフェッショナルが社会を動かすというが
そのプロフェッショナルについての大前氏のイメージは一般人のものよりはより深い意味があるようである。「プロフェッショナルは職業によって定義されるものではない。医師も弁護士はプロフェッショナルといわれている、国家資格を持つだけのアマチュアの医師や弁護士も多い。資格など単なる紙切れで、真のプロフェッショナルにならなければ”足の裏のご飯粒”のようなもの、「取っても食えないもの」である。」の記述があり、それに続けて有資格者の世界でプロフェッショナルとアマチュアをわけるものは「顧客主義」であると言っている。アマチュアが参加している催しでは一円でも入場料を徴収したら、アマチュアの選手も観客を顧客とみなしてプレーしなければならない。
ザ・プロフェッショナル


yuji5327 at 07:08 
共通テーマ 

春遠し 3

304e673d.jpg二月寒波
北国の春
ウインタースポーツ
南国の春
プロ野球キャンプ


yuji5327 at 06:38 
池上湖心の書 

2006年02月04日

予言の自己実現 3

大前研一氏の著書「ザ・プロフェッショナル」の「はじめに」の標題のキーワードである。これからの社会、純度の高い資本主義、健全なる自由競争、真実の実力主義がますます現実化する時代に、著者の定義する「プロフェッショナル」が社会に増殖すると予言している。著者の言う「ザ・プロフェッショナル」を一言で言うのは難しいので、自分なりの理解でこのブログで逐次、紹介させて頂く。
大前研一:ザ・プロフェッショナル、ダイアモンド社、2005年

ザ・プロフェッショナル


yuji5327 at 06:36 
共通テーマ 

談合 3

ce876ef0.jpg近習の人々に
いかがせんずるぞと
常に御談合ありけり
「保元物語」
入札制度
悪知恵
失望公務員奥田発言


yuji5327 at 06:08 
池上湖心の書 
池上技術士事務所の紹介
261-0012
千葉市美浜区
磯辺6丁目1-8-204

池上技術士事務所(代表:池上雄二)の事業内容
以下のテーマの技術コンサルタント
1.公害問題、生活環境、地球環境
2.省エネ・新エネ機器導入
のテーマについて、
・技術コンサルタント
・調査報告書の作成
・アンケート調査・分析
・技術翻訳、特許調査
を承ります。
有償、無償を問わず
お気軽に下記にメールをください。
ke8y-ikgm@asahi-net.or.jp

工学博士、技術士(応用理学)、
公害防止主任管理者、
騒音防止管理者の資格で
お役に立ちたいと思います。

池上湖心 プロフィール
○略歴
大東文化大卒、
在学中 上條信山に師事
書象会に所属、書象会理事
審査会々員
○作品展の開催
・主宰している「さざ波会」
 作品展を毎年8月開催
(於:稲毛ギャラリー)
・土曜会(グループ展)
 作品展を毎年10月開催
(於:銀座大黒屋)
○公募展の受賞、入選
・日展入選
・読売書法展(現在理事)
 読売奨励賞
 読売新聞社賞
・謙慎展(現在理事)
 春興賞の受賞:2回
○書道教室
・学生:月曜日
・一般:火曜日、水曜日





地域別アクセス

ジオターゲティング

ジオターゲティング
livedoor プロフィール

yuji5327

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード