2006年05月

2006年05月30日

第四の波

大前研一訳のダニエル・ピンクの著書「A Whole New Mind」(ハイコンセプト:「新しいこと」を考え出す人の時代)は訳者の解説も含めて面白い。米国社会は顧客の注文を海外にまでアウトソーシングしている。米国で心臓手術をすると5万ドル(500万円)かかるが、インドでやれば5千ドル(50万円)ですみ、しかもその成功確率は99.7%という時代に世界は入っている。知的労働者といえども安泰ではない時代ということになる。人類の歴史をみると、第一の波は「農耕社会」、日本のように農作物を輸入を規制している国では農民も何とか食べているが、それは納税者の犠牲のうえで成り立つ話で早晩持ちこたえられなくなる。アルゼンチンやオーストラリヤには全くかなわない。第二の波は「産業社会」であるが、現在は、世界の生産基地となった中国が持っていった。中国でも介護ロボットまで作り始めている。
第三の波は「情報化社会」であるが、現在はインドが世界のメイン舞台になっている。米国や日本の知的労働者といわれる人たちも、インドやコンピュータの脅威にさらされている。そこで著者たちは第四の波「コンセプチュアル社会」という概念を導入している。既製概念にとらわれない新しい視点から物事をとらえ、新しい意味付けを与えていくという流れである。自分は共感するが、分かりにくい人もいるらしい。国家や自治体、企業などの組織維持の論理ではなく個人が富を生み出す時代と解説している。そのような「突出した個人」は「六つの感性」(次回に述べる)を磨いた人である。前回このブログで述べた「カンニングOK」の社会も相通ずる話である。音楽で表現するならベートベン型よりもモーツアルト型というと直感できるひとも多いと思う。ベートーベンの理屈っぽい左脳型よりもモーツアルトの右脳型を評価する時代が社会のどの分野にも到来している。そのような社会にもリーダは必要であるが、その育成にはは現在の偏差値教育とは全く異質な方法が必要であり、欧米先進国では既に導入され始めている。日本の社会では既製概念を壊すのは非常に難しい。

ハイ・コンセプト「新しいこと」を考え出す人の時代


yuji5327 at 06:43 
共通テーマ 

薔薇の香り

e9b940a6.jpg薔薇の香り(ローズオットー)
古代エジプトのクレオパトラ
ローマの皇帝ネロが愛用
1gの香料を得るのに1400個の花
花弁の重量で5kgが必要
水蒸気蒸留法で抽出
3〜5gで18000円
Webネット上で1CCの小瓶が5000円で買える
ダマスクローズとケンティフォリアローズが代表的
ブルガリア産が世界最高の品質
 

yuji5327 at 05:48 
池上湖心の書 

2006年05月28日

新しいことを考え出す人 4

大前研一氏が最近翻訳出版したダニエル・ピンク氏著:ハイコンセプト「新しいこと」を考え出す人の時代、原著:A Whole New Mind, には原著者と翻訳者の意気がぴったり合い、原著者の意向を十分に汲み取った翻訳は見事である。それは、大前氏の冒頭の訳者解説にも示されている。例えば、「格差社会を勝ち抜くための三条件」として、,茲修旅顱特に途上国にできることは避ける、▲灰鵐團紂璽燭筌蹈椒奪箸砲任るこてゃ避ける、H辛性のあることは避ける、を挙げている。例えば、カンニングOKの社会への転換である。アメリカの高校では「カンニング」を容認するようになっている。これまでの偏差値教育で詰め込んできた教育内容はメモリチップに収めたら100円分の価値すらない。その教育の固定化した勝ち組である日本の高級官僚たちの創造力や熱意は民間企業の経営者たちの足元にも及ばない。会合での知識をひけらかすような挨拶、他人の作成した文書のてにおはへの文句、ぐらいしかできない官僚たちの仕事は、パソコンとネットの検索エンジンのグーグルなどがもっとしっかりやってくれる。「答えのない時代」のいま、世の中に出たら、知識を持っているよりも自分の考えを持ち、壁にぶつかったらそれを突破するアイデアと勇気を持った人が貴重である。この基準で組織のはリーダを決め、淘汰していく社会が真に活力のある社会である。
ハイ・コンセプト「新しいこと」を考え出す人の時代


yuji5327 at 06:46 

内臓脂肪症候群

347d27da.jpg
厚生労働省の最近の発表
中高年男性の2人に1人
内臓脂肪症候群(メタボリック・シンドローム)
脳卒中や心筋梗塞の恐れ
ウエストが男性は85センチ以上、女性は90センチ以上
血圧、血中脂質、血糖の3項目のうち2項目の数値が高い人
40〜74歳の中高年世代では2000万人
女性は5人に1人
肥満度指数(BMI)
体重を身長(メートル)で2回割った数値
25以上なら「肥満」


yuji5327 at 05:52 
池上湖心の書 

2006年05月26日

音楽は生産性を高める 3

「モーツアルトで癒す」で記述されている音楽の労働生産性への影響についての事例を紹介する。労働環境における健康と記憶の研究は、職場での音楽の使い方を大きく変える。ワシントン大学は90人に原稿を整理させる実験を行い、軽いクラシック音楽を90分間聴いたグループでは、正確性が21.3%も高まったと報告した。一方、大衆的な商業ラジオ放送を聴いたグループの作業能力は、わずか2.4%しか伸びなかった。また、音のない中での同じ作業の正確性は通常の職場のノイズの中に比べて8.3%低かった。この研究結果は企業にも影響し、AT&T社とデユポン社は創造的な音楽プログラムを導入して訓練時間を半分に短縮することに成功した。エクイタブル保険会社は音楽をオフィスに導入してから6週間で謄写の作業量を17%高めることに成功、ミシシッピ・パワー・アンド・ライト社はオフィス・リスニングプログラムを導入して9ヶ月間で請求書作成部門の能率を18.6%高めることに成功している。

モーツァルトで癒す―音と音楽による驚くべき療法のすべて


yuji5327 at 06:42 
健康 

総裁選 3

a4c3f17d.jpg総裁選
首相選
議院内閣制:行政権と立法権の交錯
内閣:議会に連帯責任
首相(総理大臣):国家の指導者で一議員
大統領制:行政権と立法権が完全に独立
アメリカ大統領:議席なし、議会の解散権なし、法案の拒否権あり
フランス大統領:国家元首、首相任命権


yuji5327 at 06:16 
池上湖心の書 

2006年05月25日

みどりの香りの正体 3

アンデルセンの童話の一節も引用している畑中あきかず氏の著書「みどりの香り:植物の偉大なる知恵」、丸善、平成17年はかなり専門的な内容にもかかわらず読者に優しく語りかける名著である。童話の一節とはあひるの親子の話である。
はじめて世の中をみせるために子供をつれて散歩でかける。行く手にこんもりとした森がみえた。あひるの子は立ち止まって尋ねた。「ママ、向こうに見えるみどりはなあに?」「あれは森だよ。木がいっぱい生えていて、とても涼しいよ。行ってみましょう」「森はなぜみどりなど?」
・・・まあ理屈っぽい子だこと、きっとこの子は頭がいいんだよ。でも感心しているところじゃない。どう答えようか?・・・「みどりは目のくすりだよ。そしてこころのくすりだよ」・・・とっさの出まかせで答えた。
アンデルセンこそ本当の科学者ではないかと著者は感心している。著者は科学者の宿命で、みどりの香りの正体を突き止めることに生涯を捧げた。要点は以下のようなものである。
・緑の香りは8つ化合物のおのおのが異なった香りをもつ複合の香りである。
・炭素数が6個で揮発性のアルコール(青葉アルコール)である。お酒のアルコールは炭素数が2個である。
・青葉アルコール100グラムを植物から抽出するには、約1.4トンの緑葉が必要。
・人工的には、アセチレンガスから合成する方法が開発されている。
・現在の日本の工業的合成法の生産量は約700トン、メーカは日本ゼオン、信越化学工業、などである。
・植物が生成している方法を生合成というが、その合成経路には植物のもつ酵素の働きによっており、その複雑さ、見事さには専門家も感心し多くの研究者の研究テーマになっている。
・緑の香りの役割は人間ばかりでなく昆虫や植物同士のコミュニケーションも果たしている。
・人間や昆虫への効果として、フィトンチッド、アロマコロジー、フェロモンなどが知られている。
・植物は人間を快適にするためにそのような物質を生成しているのではなく、害虫やかびや細菌から自分の身を守るためにその種の物質を葉などに蓄えている。
・植物間のコミュニケーションはアレロパシーとして知られている。本ブログの右のカラムに紹介されている北海道恵庭市にある(社)植物情報物質研究センターの理事長の角田氏はアレロパシーの専門家である。興味のある方はそこをクリックして頂きたい。
畑中あきかず氏の著書「みどりの香り:植物の偉大なる知恵」、丸善、平成17年


みどりの香り―植物の偉大なる知恵


yuji5327 at 06:26 
環境 

日照不足 3

670f80aa.jpg日照不足の影響
野菜の値上がり
稲の発育不良
太陽光発電量の低下

yuji5327 at 06:19 
池上湖心の書 

2006年05月21日

音楽の免疫機能への効果 3

身体が病気に抵抗できるのは組織の調和がとれていて、血液、リンパ液などの体液が正常に循環し、肝臓、脾臓、腎臓が全体的に正常さを保っているからである。現在の免疫学では血液中の酸素不足が免疫不全症や疾患の主要な原因とされている。モーツアルトの音楽や歌唱などの発声は細胞に酸素を供給する。米国アリゾナ州レークモンデスマの音声学者ブッダ・ジェレースはリンパ液の循環を平常時の3倍まで高める発声練習法を開発している。俳優のヘンリー・フォンダがブロードウエーでの「ミスター・ロバーツ」の上演中、喉が不調になったときに、その発声法で免疫機能を高めて不調から回復したという有名な話もある。ミシガン大学の研究者は、血液中のインターロイキンという有益な成分を15分間の音楽で12.5%から14%高めたと報告している。
モーツァルトで癒す―音と音楽による驚くべき療法のすべて


yuji5327 at 05:55 
健康 

景気 3

ae049a62.jpg
景気回復
神武(1955〜1957)鳩山
岩戸(1959・1960・1961)岸→池田
いざなぎ(1965〜1970)佐藤
平成?小泉

yuji5327 at 05:41 
池上湖心の書 
池上技術士事務所の紹介
261-0012
千葉市美浜区
磯辺6丁目1-8-204

池上技術士事務所(代表:池上雄二)の事業内容
以下のテーマの技術コンサルタント
1.公害問題、生活環境、地球環境
2.省エネ・新エネ機器導入
のテーマについて、
・技術コンサルタント
・調査報告書の作成
・アンケート調査・分析
・技術翻訳、特許調査
を承ります。
有償、無償を問わず
お気軽に下記にメールをください。
ke8y-ikgm@asahi-net.or.jp

工学博士、技術士(応用理学)、
公害防止主任管理者、
騒音防止管理者の資格で
お役に立ちたいと思います。

池上湖心 プロフィール
○略歴
大東文化大卒、
在学中 上條信山に師事
書象会に所属、書象会理事
審査会々員
○作品展の開催
・主宰している「さざ波会」
 作品展を毎年8月開催
(於:稲毛ギャラリー)
・土曜会(グループ展)
 作品展を毎年10月開催
(於:銀座大黒屋)
○公募展の受賞、入選
・日展入選
・読売書法展(現在理事)
 読売奨励賞
 読売新聞社賞
・謙慎展(現在理事)
 春興賞の受賞:2回
○書道教室
・学生:月曜日
・一般:火曜日、水曜日





地域別アクセス

ジオターゲティング

ジオターゲティング
livedoor プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード