2009年02月

2009年02月28日

鼓舞 3

bebefd36.jpg士気を鼓舞して
経済を立て直す
消費者心理を
鼓舞して
景気を回復させる


yuji5327 at 07:05トラックバック(0) 
池上湖心の書 

紙媒体の印刷物もパソコンの一部になる 3

2月26日付の技術調査会の『G−マガ』 第310号に「100℃という低温焼成による、紙への銀配線形成に成功」という記事が紹介されている。紙に印刷されている回路が実際に使える配線であれば面白いと思っていたので目を引いた。概要を自分なりに纏めると以下のようになる。
1. 情報管理ソリューションのトッパン・フォームズ株式会社は、大阪大学の菅沼
教授と共同で進めている「印刷配線技術の研究」で、100℃という低温で焼成し、銀配線を紙上に形成することに成功した。これは、同社が進めているプリンテッドエレクトロニクス(PE)技術開発の一環であり、この技術を利用すれば、紙や、熱に弱いフィルムへの電子回路形成も可能になる。
2.回路基板のフレキシブル化・薄型化・軽量化を推進するエレクトロニクス業界、
印刷物のデジタル化を推進する印刷業界の技術発展に貢献することが期待される。
3.印刷配線技術の代表的なものに、ICタグのアンテナ形成がある。これには通常、銅を使用するエッチング方式か、銀ペーストを使用する印刷方式が用いられている。エッチング方式では、配線形成の際に不要部分を有機溶剤で溶かして除去するため、
大量の産業廃棄物を排出するなど、環境への負荷が避けられない。銀ペーストを用いる印刷方式の場合は、電気を通すために高熱で溶剤を蒸発させて銀粒子を接合させる必要があった。一部の溶剤がどうしても溶け残ってしまうため、電気抵抗値が高くなり、電気抵抗を低くするためには厚みを持たせて印刷する必要があった。
4.今回開発した「銀インキ」は、従来の銀ペーストを用いた印刷方式のように銀の
粒子を接合させるのではなく、銀化合物から化学反応によって銀だけを生成する方式であるため、銀ペーストを用いる方式と比べ残留物が少なく、厚さが従来の1/10 程度という薄膜に印刷する場合でも、電気抵抗を低く抑えることが可能である。銀の使用量も大幅に抑制できるため、低コスト化も実現できる。
5.この技術により、これまでスクリーン印刷中心だった印刷が、より汎用的なインクジェットプリンターでも可能となり、用途が格段に拡がる。
6.特長を纏めると以下のようになる。
―祥茲犯罎戞¬麋省の温度(100℃)で銀配線を形成可能:市販の紙やフィルム上で、今回開発した「銀インキ」を使用したインクジェットプリンターによる配線の印刷実験を行った結果、100℃という低温度の焼成で電気が流れることを実証した。
抵抗は10のマイナス5乗Ω・cm というレベルで、現在汎用的に使われている導電性接着剤やはんだと同レベルを実現した。
低コスト化を実現:銀ペーストを用いた場合に比べ、銀の使用量を大幅に削減。低コスト化を実現します。
E纏匆麩の薄型化、フレキシブル化、軽量化に貢献:紙、フィルムなど、被印刷素材の選択肢が増えるため、用途の幅が格段に拡がる。
で儡物を大幅に削減可能:エッチング工法では大量の有機溶剤が廃棄物として排出されるが、この印刷工法では必要な部分にだけ配線を形成するためその工程が不要となり、産業廃棄物が大幅に削減できる。
7.印刷エレクトロニクス技術の発展により、現在電子媒体で行われている、情報の処理・通信機能や温度・湿度を検知する機能、また表示内容が変化するといった機能が紙の上でも実現可能できる。例えば、パソコン上での一部の機能を紙媒体で行い、読む/書く/伝える/記録することができるようになる。


yuji5327 at 07:00トラックバック(0) 
新技術 

2009年02月27日

経済再生 3

65243e7a.jpg追加経済対策
アメリカも
日本も
欠けている基本
消費者の心理の読み

yuji5327 at 21:35トラックバック(0) 
池上湖心の書 

「心理経済学」を学んで有効な経済対策を 3

2009/02/27付けの大前研一さんの「ニュースの視点」では、 政府の追加経済対策について述べているが、いつものように見方が面白い。概要を自分なりに纏めると以下のようになる。
1.16日、政府・与党は追加経済対策に向けた2009年度補正予算案の編成で、多年度にわたる公共事業計画を09年度に集中実施する方向で検討に入っている。光ファイバー網整備や公共施設の耐震化などが浮上しており、08年10―12月期の国内総生産速報値の落ち込みを受けた需要創出や雇用促進に重点をおくとのことである。民主党も独自の追加経済対策を打ち出す姿勢を見せている。
2.米国で100兆円の経済対策を打ち出すというから、日本でも20兆円〜30兆円の経済対策をということなのである。野党も倹約よりも経済対策をするべしという意 見である。著者の意見は与党も野党も経済の現状を全く分かっていないということである。
3.今政府が提案しているような経済対策では全く効果はない。現在、景気が急激に落ち込んでいるのは消費者の心理が「倹約」に傾いているからである。不況に見舞われると、例えば、車の買い替えを3年から5年に、あるいは5年から7年に、というように車検1回分延ばそうと考える人が多くなる。
4.先進国では基本的に耐久消費財はすでに満ち足りている。不況時にこれを刺激するには、消費者心理を刺激することが大切である。いくら公共事業で光ファイバー網を整備しても、北海道で道路を作っても、全く景気刺激にはならない。そんなことをしても、消費者は車を買い換えようとは思わない。
5.日本はGDPの約55%を個人消費が支えている。1500兆円もの個人金融資産がありながら、それがマーケットに出てこないで眠っている。まさに、ここに問題があることを大前氏はこれまで何度も指摘してきたが、政府や役人は全く理解していない。
6.今回経済対策として打ち出された内容は、あらゆる点でポイントがずれている。、実際に消費者の心理を刺激するためにはどうすれば良いか? 例えば「今、車を購入してくれた人には重量税や取得税を免除する」といった対策になる。
7.日本もアメリカも「心理経済学」を理解していない。日本だけでなくアメリカでも、オバマ米大統領をはじめ、ケインズ経済学者は大前氏の言う「心理経済学」を理解していない。今のアメリカ人の消費マインドは、バブル崩壊後の日本人以上である。
8.オバマ大統領が8380億ドルの景気対策を打っても、その経済誘発効果はさほど期待できない。不況や危機において、消費者は身構えている。心理をリラックスさせない限り、それを崩すことはできない。新しい需要を生み出す発想こそ、今、必要な不況対策である。政府にはこの点を理解してもらいたい。 


yuji5327 at 21:31トラックバック(0) 
共通テーマ 

2009年02月26日

入試 3

ab0dc807.jpg人生の僅かな時間
これで人生が決まる
そんな社会はへんだぞ!
社会にでれば毎日が試験
エスカレータ社会
天下り社会は終わり

yuji5327 at 09:15トラックバック(0) 
池上湖心の書 

人生後半の健康づくりの考えかた 3

「日野原重明著:人生百年、私の工夫、幻冬舎、2002年」の第6章人生後半の健康づくり、「怠けず、慌てず、あなどらず」は含蓄のある内容である。病気との付き合い方は「恐れすぎず」「あなどらず」が大切らしい。60歳を過ぎてからの新しい人生は時間的にも精神的にもゆとりのある、いわば、「ほんとうの大人の人生のはじまり」である。そのときの唯一の敵は病気である。ほんとうの人生を有意義にするための「病気との付き合い方」の概要を自分なりに纏めると以下のようになる。
1.アメリカの病院と日本の病院の大きな違いは個室が少ないことである。老人や病人の人間として当然受けるべき文化的処遇がなされていない。聖路加病院は入院患者の部屋をすべて個室にした。差額料金など厚労省は考え直すときである。これが病気を恐れる最大の理由という人もいる。
2.病名がはっきりし、それが特に安静を必要としなければ、普段と同様に行動し、前向きな姿勢で臨むことである。慎重さと大胆さを兼ね備えた姿勢で、決して病院まかせにせず、みずからの強い姿勢で生きることが60歳からの第2の人生を有意義にする病気との付き合い方である。


人生百年私の工夫 (幻冬舎文庫)
人生百年私の工夫 (幻冬舎文庫)
クチコミを見る


yuji5327 at 09:11トラックバック(0) 
健康 

2009年02月25日

仕事 3

a971602c.jpg仕事に追われる年度末
仕事って何だろう
生活の糧を得る
社会奉仕の精神
生きがい
老化防止
何であれ楽しくやる心


yuji5327 at 07:04トラックバック(0) 
池上湖心の書 

221人に一人が裁判員名簿に自分の名前が載る(千葉県) 3

「渡部喬一事務所著:裁判員がこの国のかたちをかえる−裁判員制度のしくみとその心得」は、法律に関して、裁判に関して全くの素人の自分にも、分かりやすく解説されているので、2月19日にも紹介した。豊富な数値データが掲載されており、説得力のある本である。気になるのは、もし自分の番に回ってきたらどうしよう、ということである。そのあたりの概要を自分なりに纏めると以下のようになる。
1.裁判員候補者名簿というのが各地方裁判所ごとに、その管轄区院に居住する有権者から選任されて、前年の秋ごろまでに、翌年1年間に必要な裁判員候補者の員数を算出して、管内の市町村の選挙管理委員会に通知される。選挙管理委員会は、選挙人名簿の中からクジで選んで、裁判員候補者予定者名簿を作成し、地方裁判所に送付する。
2.1年間に裁判員候補者名簿にのる人の数は翌年に予想される裁判対象事件(一定の重大事件)の数できまる。全国で30万から40万人になる。対象となる事件と地域の人口により異なる。確率的に高いのは、\虱佞221人に一人、大阪の245人、三重の251人の順、で確率的に低いのは―田の786人に一人、福井684人、新潟660人、と続く。
3.正当な理由がなく、選任手続きに出頭しないと裁判所から10万円以下の過料(行政処分で刑罰ではない)が言い渡されることがある。正当な理由の事例が参考になる。例えば、・重い病気で裁判所に行くのが困難・同居の親族の介護・事業で自分が抜けると重大な損害が生ずる・親族の結婚式など社会生活上での重要な用務・妊娠中、あるいは出産後8週間を経過していない、などである。(逆に、このような理由で辞退されると通常の人が任命される確率は高くなるかもしれない?)


裁判員がこの国のかたちを変える
裁判員がこの国のかたちを変える
クチコミを見る


yuji5327 at 06:52トラックバック(0) 
共通テーマ 

2009年02月24日

アニメ作品

365269f5.jpg自己表現の形
理想のストーリー
理想の表情と動き
理想の背景
俳優でもできない表現
映画監督にもできない表現
日本人の感性
全世界の人と共感

yuji5327 at 05:48トラックバック(0) 
池上湖心の書 

理想の食生活とは? 3

「新谷弘実著:胃腸は語る−胃相腸相からみた健康・長寿法、弘文堂、平成10年、平成13年22刷」は、健康に関するこれまでの啓蒙書では見られない豊富なデータを基に書かれた本ということで、すでに3回紹介した。「終章:正しい食生活で、抵抗力のあるからだをつくる」では、健康と食事の関係について述べている。この問題に関してはこれまで、断片的に数多く聞かされ、読んできたが、これほどまで徹底的に整理して書かれた内容は初めてである。その概要を自分なりに纏めると以下のようになる。
1.一般食物は植物性と動物性の比率を90:10(85:15と幅があるが、ここではシンプルに厳しい方をとる)とする。
2.植物性の内訳は、穀物(副穀物も含む)を50%、豆類を5%、緑黄色野菜を30%、果実を15%とする。
3.動物性は1日100gとする。魚介類を主とし、鶏肉は週1回、牛、豚肉は月1回、卵は週2回、ミルクはできるだけ飲まない、豆乳はよい、ヨーグルト、チーズは豆乳で作ったものにする。
4.禁止・制限するものは、タバコ、酒類、コーヒー、中国茶、日本茶、紅茶など
5.摂取してよい飲み物は、電解還元水、浄水器の水、そば茶、麦茶、カモミール茶など自分で作ったもの(ペットボトルはダメ)
6.サプリメントは、ビタミン類、消化酵素など。
7.食事は、時間を規則正しくする、30回以上噛む、夕食は寝る前5時間前、水は3時間前、排便は規則正しくする。便秘で出にくいときは腸洗浄(コーヒー・エネマ)を行う。
8.運動は、3kmの歩行、水泳、筋肉運動などを週5回行う。
9.ポジティブな考え(プラス思考)で生活する。
以上であるが、かなり厳しい内容である。注意書きに、「各個人の体質、体調によって異なるので、健康診断で医師と相談すること」と書かれている。しかし、こんなことを身近な医師に相談しても、これほどきちんと説明してくれるように思えない。上記を参考にすることになる。 



胃腸は語る―胃相 腸相からみた健康・長寿法
胃腸は語る―胃相 腸相からみた健康・長寿法
クチコミを見る


yuji5327 at 05:31トラックバック(0) 
健康 
池上技術士事務所の紹介
261-0012
千葉市美浜区
磯辺6丁目1-8-204

池上技術士事務所(代表:池上雄二)の事業内容
以下のテーマの技術コンサルタント
1.公害問題、生活環境、地球環境
2.省エネ・新エネ機器導入
のテーマについて、
・技術コンサルタント
・調査報告書の作成
・アンケート調査・分析
・技術翻訳、特許調査
を承ります。
有償、無償を問わず
お気軽に下記にメールをください。
ke8y-ikgm@asahi-net.or.jp

工学博士、技術士(応用理学)、
公害防止主任管理者、
騒音防止管理者の資格で
お役に立ちたいと思います。

池上湖心 プロフィール
○略歴
大東文化大卒、
在学中 上條信山に師事
書象会に所属、書象会理事
審査会々員
○作品展の開催
・主宰している「さざ波会」
 作品展を毎年8月開催
(於:稲毛ギャラリー)
・土曜会(グループ展)
 作品展を毎年10月開催
(於:銀座大黒屋)
○公募展の受賞、入選
・日展入選
(平成28年度、国立新美術館にて開催)
・読売書法展(8月開催、現在理事)
 読売奨励賞
 読売新聞社賞
・謙慎展(3月開催、現在理事)
 春興賞の受賞:2回
○書道教室
・学生:月曜日
・一般:火曜日、水曜日





地域別アクセス

ジオターゲティング

ジオターゲティング
livedoor プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード