2009年07月

2009年07月31日

夢の実現 3

552f8276.jpg補助金という嫌な響き
財務官僚の好きそうな言葉
日本をダメにしてきた
主体性のない
乞食根性の自治体
夢のある地方自治
独立国の夢
EU諸国の固有の文化


yuji5327 at 07:55トラックバック(0) 
池上湖心の書 

なぜ地方分権が必要なのか? 3

「竹中平蔵著:闘う経済学−未来をつくる”公共政策論”入門、集英社、2008年」の「第5章役人と闘う:地方財政改革」では、なぜ今「地方分権」なのか、がわかりやすく解説されている。概要を自分なりに纏めると以下のようになる。
1.日本は明治以降、地方分権が進まなかった理由は、憲法25条にもあるように、全ての国民は健康的で文化的な最低限の生活を営む権利を有するということで、日本国内で同一のサービスが行われることを目指していた。明治時代には宅急便のようなシステムを民間企業で行うことができなかったので郵便あ国営であった。
2.社会の資本蓄積が進み、国が集中的に資源を管理して地方に配分するやり方のデメリットが目だってきた。地域の実情に合わせたきめ細かな行政サービスが求められてきた。
3.行政で重要なことは受益と負担の関係を明確にすることである。私たちは所得税や住民税、法人税を支払っているが6割は国に支払い4割を地方に支払っている。行政サービスの中身を見ると6割は地方が行っている。受益と負担を一致させることが基本にあるべきである。
4.国のお金を地方へ移転させるかたちで補助金と言うかたちで行政が行われてきた。それをコントロールする国の役人たちが大きな権限を持つようになったので国民の不満が高まった。
5.国税を直接地方税にするという考えが当然でてくるが、地方間でばらつきがあることも問題である。補助金の削減、税源の移譲、地方交付税(全ての国民に一定のサービスを維持するためのもの)を一体的行うことの「三位一体」の改革が求められてきた。
6.中央官庁のう役人は、こも改革を進めると自らの仕事がなくなるので反対している。義務教育に関する補助金も文科省の役人は反対する。これがなくなれば文科省の多くの仕事がなくなる。税源移譲も財務省が反対する。配分することが財務官僚の大きな権限の源であった。
7.地方交付税の見直しには地方は当然反対する。総論賛成、各論反対が地方分権の問題を難しくしている。地方自治でもお金の使い方がずさんな自治体が多く見られる。そのチェック機構も見直す必要がある。ずさんな自治体の赤字を他の自治体が穴埋めするというよう国の行政も問題である。
8.総合的に考えると、道州制の規模で行うことが有効と考えるが、今の都道府県の銀行、新聞、テレビ、大学などは当然自分たちの職を失うので反対する。結局、国と地方の役割分担を明確にして地方分権一括法の議論を先に行い、それに目処がついたら道州制という行政単位を議論するべきである。(今の国と地方の二重行政も大問題である。国の出先機関の若ぞうの官僚が黒塗りハイヤーで通勤しているような無駄を今すぐでも改める自浄作用も必要である)

(大前研一氏は20年前から道州制への移行を提言しているが、メディアも含めて大きく取り上げてこなかった。大前氏の考えは竹中氏よりもさらに深い。地方の役人も、企業人も独立国の意識をもって、地方独自の産業、文化を構築することこそ今後の日本国全体の発展に結びつくと主張している)

闘う経済学―未来をつくる「公共政策論」入門
闘う経済学―未来をつくる「公共政策論」入門
クチコミを見る


yuji5327 at 07:49トラックバック(0) 
共通テーマ 

2009年07月30日

天候不順 3

788e2da4.jpg集中豪雨
ゲリラ豪雨
定義の目安
直径10kmから数十kmの範囲
時間雨量50ミリ以上
予測が困難
石流・地すべり・崖崩れ
市街地の排水能力
時間雨量50ミリ前後を想定
(Wikipediaより)


yuji5327 at 06:35トラックバック(0) 
池上湖心の書 

革新的な政策の実現を妨げている官僚と族議員の癒着 3

「竹中平蔵著:闘う経済学−未来をつくる”公共政策論”入門、集英社、2008年」は大臣を実際に経験した経済学者だから書けるという内容が盛り沢山で、昨日も当ブログで紹介した。自民党内の党三役(幹事長、総務会長、政調会長)が重要と言われるわけを解説している。概要を自分なりに纏めると以下のようになる。
1.自民党のトップは総裁であるが、党の総裁は行政府の長(内閣総理大臣)でもあるので総裁室にいりことはほとんどない。幹事長が留守を預かるので幹事長が自民党のナンバー2と言われる。政府・与党一体ということから言えば、自民党幹事長が日本政治のナンバー2でもある。
2.政調会長と総務会長は、閣議に諮る前に与党の了承を得る役割を持っている、政務調査会にはいくつも部会があり、それぞれが各省庁に対応している。例えば経済産業省には経済産業部会がある。各部会の幹部がいわゆる族議員で占められていることが多い。自民党議員であればどの部会にも顔をだすことができるので、特定の利害関係を持った人がある部会に現れて圧力をかけるということも起こりうる。
3.行政府の官僚は部会の幹部と相談しながら政策を立案していくが、悪く言えばそこで官僚と族議員との癒着が起こる。多くの場合、部会長ないしは部会幹部は通常、関係する業界と深い関わりを持っている。したがって、今、力を持っている人(既得権者)の利益を守るという守旧派、あるいは抵抗勢力的な発想を持つので、既得権益に切り込むような改革は進まない。そういう状況を打開するには党の部会も敵に回すことになる。竹中氏も郵政民営化のときには政調会や総務会に何度も呼び出されてつるし上げられている。
4.政調会や総務会は報道関係者をシャットアウトされて行われるので、記者たちはドアに耳を当ててかすかに聞こえる断片的な言葉を組み合わせて、メディアで報道される。
5.郵政民営化の場合、部会の既得権益団体の族議員が郵政民営化に賛成するはずがないので、小泉総理は55年体制から数十年間、引き継がれたこのプロセスを無視して、党の了承なしで法案提出を行ったが、これは前代未聞のことであった。
(民主党政権になれば、このような族議員の抵抗のプロセスが完全になくなるともいえない。官僚とそのOBもいつの間にか既得権を得ており、その周辺にいる多くの族議員や一部のメディアも古き悪しき慣習を守る側になると思われる。とくに官僚は表面に出ないように世論を形成することが巧みである。いよいよ日本の民主主義が試される時期になってきたのかもしれない)


闘う経済学―未来をつくる「公共政策論」入門
闘う経済学―未来をつくる「公共政策論」入門
クチコミを見る


yuji5327 at 06:28トラックバック(0) 
共通テーマ 

2009年07月29日

政権選択 3

2b7c0d7e.jpg政権が変わると
悪しき慣習は変わるか?
政権を変えなくても
無駄な天下り組織を
全廃できないか?
今、駆け込み天下りが
盛んに行われている?



yuji5327 at 06:51トラックバック(0) 
池上湖心の書 

国の政策の最高意思決定の場である閣議は15分間の「お習字の時間」みたい 3

「竹中平蔵著:闘う経済学−未来をつくる”公共政策論”入門、集英社、2008年」は大臣を実際に経験した経済学者だから書けるという内容が盛りだくさんで、面白い。政策の決定プロセスなど改善するべき点なども書かれている。第8章:千変万化の政治と闘う「政策決定プロセス」で印象に残った部分の概要を自分なりに補足して纏めると以下のようになる。
1.2001年の省庁再編で内閣府が設置されたが、設置された理由は縦割り行政の弊害を避けるために、横割りで総括的に内閣総理大臣のリーダシップを発揮できるように「重要政策に関する会議(経済財政指紋会議や総合科学技術会議など)」を設置できるようになった。
2.日本の閣僚の人数は総理大臣も含めて18人で構成されるが、主要国と比較するとアメリカの12人より多いが、カナダの27人、イタリアの25人、ロシアの22人、イギリスの22人、韓国の21人、ドイツの16人、フランスの15人、と比べて特に多いというわけではない。
3.予算を作成する権限は内閣が持っているが、実務は財務省がやるので実質的にその権限を持っており、財務官僚の力が強くなる。予算案を国会に提出する権限を持っているのは内閣であり、国会議員には修正案を提出する権限がある。
4.大臣には縦割り大臣と横割り大臣があり、前者には総務大臣、国土交通大臣などがありスタッフ数は5000人程度いるのに対して、後者には経済財政政策担当大臣とか行政改革担当大臣がいるがスタッフ数は100人から300人くらいである。
5.日本の政策決定は官僚主導だといわれるが、閣議が最高意思決定機関であり、そこで決定したものが国会に提出される。閣議は毎週火曜日と金曜日の午前中に行われる。進行役は内閣官房長官である。確かに多くの会議に官僚が出席して大臣たちの発言のための原稿を作成する。したがって内閣官房副長官にはほとんど官僚OBがなっている。
6.よくテレビに映し出されるコの字型の応接室の奥に閣議室がある。内閣官房長官が議事の項目を読み上げている間に決済の条文が回覧される。官房副長官は決裁書を閣僚の席を回り、各閣僚は毛筆でサインするが20数本の法律を決済するときには閣議はあたかも「お習字の時間」になる。それでも全体で15分くらいで終わるので、閣議は形式的という批判がでる。この会議にいたる以前に各大臣がいつ実体のある議論に参加していたのか分からない。
(事務局という名の官僚たちがいて、法案の決裁書の文書を作成しているので、自分たちが不利になるような文言を修正して、骨抜きにしてしまうことは彼らが得意とするところである。事務方はクセ者である)

闘う経済学―未来をつくる「公共政策論」入門
闘う経済学―未来をつくる「公共政策論」入門
クチコミを見る


yuji5327 at 06:36トラックバック(0) 
共通テーマ 

2009年07月28日

対北制裁 3

887b244d.jpg貧しい飢えた庶民の
人権を守り
優雅な生活を楽しむ
上層部の人間に
制裁を加える有効な手段
誰が考えているの?
日本の外務省の優雅な
上層部の人間の考えは?




yuji5327 at 07:13トラックバック(0) 
池上湖心の書 

北朝鮮のテポドンはアメリカがつけた仮称で正式名称は白頭山号 3

統一評論5月号523号に北朝鮮の人工衛星に関する以下の3件の記事が掲載されている。
「歎長顱А峺明星2号」打ち上げの意味と今後の情勢展望」
⇒東埼:朝鮮の人工衛星打ち上げ、経済強国への大きな歩み
B臈豸Φ羹蝓Э郵衛星「光明星2号」打ち上げと「ミサイル騒動」
著者はジャーナリストとして紹介されている。それぞれの論文の印象に残る部分を自分なりに纏めると以下のようになる。
1.北朝鮮中央通信は2009年4月5日、午前11時20分に東海衛星発射場(咸鏡北道花台郡)から人工衛星「光明星2号」を「銀河2号」ロケットに搭載して打ち上げ、11時29分に軌道に正確に進入させた。衛星は40.6度の軌道傾斜角で地球から近地点で490km、遠地点で1426kmの楕円軌道を周回し、周期は104分12秒である。
2.人工衛星の打ち上げ技術はICBM(大陸間弾道ミサイル)技術に通じるものがあるので、軍事的にも大きな意味を持つ。韓米日は北朝鮮の長距離ミサイル発射実験を政治的軍事的意味に狭めて平和を脅かす行為と規定し制裁を叫ぶ論理に組み込んでいる。今回の人工衛星は科学技術の画期的な発展をとおして経済発展の新たな飛躍台を準備する北朝鮮の構想を実際化したものである。
3.現在、人工衛星の打ち上げに成功した国はイランを含め10カ国だけである。北朝鮮の人工衛星打ち上げは、市場規模が4000億ドル航空宇宙市場への参入を可能にする。しかるに、オバマ大統領は北朝鮮の人工衛星打ち上げを「実質的脅威」と規定していることは、オバマ政権が対北朝鮮政策の根本的転換という政治的決断を下せないことを示す。
4.過去50年あまりの間に6000基(約300基の失敗を含む)の人工衛星が打ち上げられたが落下物の事故があったという話は聞かない。2006年末の時点で人工衛星個数は累計で5830基、そのうち88%は米国、ロシアであり、日本は120基で世界3位である。毎年平均120基(3日に1基)が打ち上げられている。
5.それほど多数打ち上げるのは経済発展に寄与するからである。通信用衛星、資源探査用衛星、災害予防・国土管理衛星のほかにも、宇宙太陽光発電、多元系化合物半導体、アモルファス半導体、光通信用ファイバー、大出力レーザ発振子、純粋生体試料の分離・精製培養による医薬品などの開発が期待される。
6.宇宙条約第1条で「宇宙空間の探査および利用は、すべての国の利益のために、その経済的、科学的発展の程度にかかわりなく行われるものであり、全人類に認められる活動分野である」と明記されているのに、韓米日政府は北朝鮮の打ち上げる衛星をミサイルと決め付けている。
7.日本では今でも北朝鮮が打ち上げたのは「テポドン」としているが、テポドンなる名称はアメリカが勝手につけたものである。米国CIA局長のジェームス・ウールジーが内部会議の場で呼んだ名称である。北朝鮮の人工衛星「光明星1号」を打ち上げたロケットの名称は「白頭山号」である。
8.前駐韓オーストラリア大使のリチャード・ブロイノフスキー教授は「北朝鮮のロケット発射が全世界的な非難を受けているという言及は客観的事実ではない。韓国、日本、アメリカ、イギリス、オーストラリアが非難に熱を上げているにすぎない」と発言している。
(日本のメディアから流れる情報との違いに驚いた。政治的な宣伝のための論文だと頭から決め付けるのは簡単だが、その内容が事実でないことを証明する説得力ある根拠も見当たらない。日本のメディアも純粋に科学技術の客観的な情報を入手して報道してもらいたい)


yuji5327 at 06:45トラックバック(0) 
共通テーマ 

2009年07月27日

太陽光 3

cca5582b.jpg太陽光の恵み
植物の光合成
太陽光発電
太陽熱利用
健康に必要なビタミンD
90パーセント以上
太陽の紫外線B波のエネルギー
皮膚が吸収して生成
肝臓と腎臓で活性型のビタミンD
癌予防および癌からの回復



yuji5327 at 06:52トラックバック(0) 
池上湖心の書 

海外でも注目されている藻類によるバイオ燃料生産技術 3

7月16日付けビジネスワイヤ提供の7月14日付けEastern Daylight Time の記事「エクソンモービルが藻類を利用したバイオ燃料開発へ」が目をひいた。概要を自分なりに纏めると以下のようになる。
1. 米石油大手エクソンモービルは、次世代バイオ燃料研究開発の米シンセティック・ジェノミクス(SGI)と、光合成藻類を利用したバイオ燃料の研究開発で提携したと発表した。両社の技術と専門知識を生かし、ガソリンやディーゼル燃料と代替可能なバイオ燃料の開発、大量生産、実用化のための技術開発を目指す。
SGI社はゲノム技術における一流のイノベーターである
2.エクソンモービルは、目標達成時にSGIに支払う3憶ドルを含め、同研究開発に6億ドル以上の投資を行う計画。同社では、「淡水や農地を必要としない藻類光合成起源のバイオ燃料を実用化することで、世界的なエネルギー需要増への対応と、温室効果ガスの排出削減に寄与できる」としている。
3.エクソンモービル・リサーチ&エンジニアリング社研究開発担当副社長Emil Jacobs博士は、「この投資は、数年間に及ぶ計画と調査を経て実現するもので、世界的なエネルギー課題の解決に役立つ画期的技術を前進させるエクソンモービルの継続的な取り組みに加わる重要な要素となる」と述べている。
4.「増大する世界的なエネルギー需要を賄うためには、多くのテクノロジーとエネルギー資源が必要となる。エクソンモービルらの取り組みの結果、純炭素排出量が少ない実用性のある輸送燃料を得ることが可能になれば、藻類から生成されるバイオ燃料が、将来のエネルギー問題のソリューションの一部になりうる」
5.SGI社は、ゲノム分野のパイオニアであるJ. Craig Venter博士が設立し、ゲノムを主体とするソリューションの開発に重点を置く非公開企業で、光合成藻類から現在のガソリンおよびディーゼル燃料にも適用できるバイオ燃料を開発することを目指している。
6.エクソンモービルの上級副社長Michael Dolan氏は、「多年にわたる研究開発は完了していないが、藻類ベースの燃料は、成功すれば、温室効果ガスの排出を削減しながら世界の増大する輸送燃料需要を賄う上で役立つ」と述べている。
7.エクソンモービルは、過去5年間で、エネルギー効率を改善し、温室効果ガス排出量を削減するために15億ドル以上を投資している。そうした投資には、タイヤ圧をより長時間維持するためのタイヤ内張り、先進型の燃費効率に優れたエンジン・オイル、自動車用軽量プラスチックなどの技術が含まれる。さらに、ハイブリッド電気自動車向けの改良型リチウム電池セパレーター・フィルムの開発、太陽エネルギー、バイオ燃料、炭素の捕捉・貯蔵を改善する研究を支援している。
8.SGI最高経営責任者(CEO)のVenter氏は、「バイオ燃料の大きな課題はその大量生産技術であり、科学と工学の面で革新的な進歩が必要になる。SGIとエクソンモービルとの提携で、藻類を原料としたバイオ燃料の大規模生産につながる革新的な解決策が可能になる」と述べている。
9.Jacobs氏は、藻類を原料とするバイオ燃料のメリットを3つ挙げている、
仝合成藻類の栽培に必要な太陽光と二酸化炭素は使うことで、温室効果ガスの緩和できる。
∩類の栽培には、食糧生産に利用されるべき淡水や耕作地を必要としない。
K楡瀏で生産されて藻類や製品の輸送や製造加工設備にも使える燃料を大量に生成できる。
(自分も(財)地球環境産業技術研究機構(RITE)の技術部長時代に「細菌・微細藻類等利用二酸化炭素固定化・有効利用技術研究開発」を担当し、2000年のプロジェクト終了後には燃料油以外にも有用物質の生産の可能性を実証した。海外でもこの技術が注目されていることは喜ばしいことである)

yuji5327 at 06:33トラックバック(0) 
新エネルギー・省エネルギー | 新技術
池上技術士事務所の紹介
261-0012
千葉市美浜区
磯辺6丁目1-8-204

池上技術士事務所(代表:池上雄二)の事業内容
以下のテーマの技術コンサルタント
1.公害問題、生活環境、地球環境
2.省エネ・新エネ機器導入
のテーマについて、
・技術コンサルタント
・調査報告書の作成
・アンケート調査・分析
・技術翻訳、特許調査
を承ります。
有償、無償を問わず
お気軽に下記にメールをください。
ke8y-ikgm@asahi-net.or.jp

工学博士、技術士(応用理学)、
公害防止主任管理者、
騒音防止管理者の資格で
お役に立ちたいと思います。

池上湖心 プロフィール
○略歴
大東文化大卒、
在学中 上條信山に師事
書象会に所属、書象会理事
審査会々員
○作品展の開催
・主宰している「さざ波会」
 作品展を毎年8月開催
(於:稲毛ギャラリー)
・土曜会(グループ展)
 作品展を毎年10月開催
(於:銀座大黒屋)
○公募展の受賞、入選
・日展入選
・読売書法展(現在理事)
 読売奨励賞
 読売新聞社賞
・謙慎展(現在理事)
 春興賞の受賞:2回
○書道教室
・学生:月曜日
・一般:火曜日、水曜日





地域別アクセス

ジオターゲティング

ジオターゲティング
livedoor プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード