2010年03月

2010年03月31日

義父生きて迎えし百年春の雪 3

84cd7cef.jpg湖心の句
北広島市の男性の最高齢
副市長がお祝いに来て下さった
百年の想い出ばなし
シベリア抑留2年間
森林伐採の重労働
働かざるもの食うべからず
亡くなった仲間の弁当
分け合って食べた
母からの手紙1通だけ届く


yuji5327 at 06:36トラックバック(0) 
池上湖心の書 

今の日本は20年前に予想していた通り衰退し始めている 3

3月24日付けの大前研一さんのメールマガジン「ニュースの視点」特別号は「20年前にみた日本と今の日本。そして今考える20年後の日本〜自分で未来を明るくする努力を」と題する記事である。今の若い人たちや親たちに是非読んでもらいたいと思う。概要を自分なりに纏めると以下のようになる。
1.今の日本の状況は、20年前に想像していた姿と残念ながらあまり変わりなく予想していた通りである。18年前に大前氏は政策市民集団「平成維新の会」を設立し、2005年までの平成維新を目指し活動していた。このままの日本ではダメだと考えて、2005年という目標を設定したが、その理由は当時の日本の人口デモグラフィをもとに考えると、2005年には日本人の平均年齢が50歳を超えることになっていたからである。
2.人口の平均年齢が50歳を超えてしまったら、どんなことが起きるのか想像してみた。まず、何かを改革することは、かなり難しくなる。人口が増加し、若者が多く、適度な移民がある、というような要素が無いと、改革の実現性は低くなる。大前氏はその前に改革を実現しなければと考えていた。20年前の大前氏は、このままでは日本はかつてのスペインやポルトガルのように、その後数百年にわたって衰退する国になってしまうと考えていたが、悲しいことに今の日本は確実にその後を追っている。
3.大前氏は2005年までの改革のため、都知事選に立候補するなど大前氏なりに出来ることはした。しかし当時の都民の皆さんの選択が、大前氏ではなく青島幸男氏であり、その方法での改革はできなかった。その後、「未来を創る人材の育成」を仕事とし、今に至っている。
4.これから20年先の日本はどうなるか? この予想も実は結構簡単なことである。それは同じように人口デモグラフィを見て考えてみればよい。20年後の人口デモグラフィ上のピークは65〜70歳。つまり人口上最も多い年代が65〜70歳の人たちとなる。こうなると日本は、基本的に国家としてやっていけなくなる。生産をする年代が少なくなり、しかも介護対象者が多く介護する若者がいないという深刻な状態が見えてくる。
5.また、工場にも人がいなくなり、自衛隊、消防、警察といった、特に若い男性が必要な仕事に付く人もいない、という活気のない国家の姿が浮かび上がってくる。これらを踏まえて、今と20年後の日本のギャップを考えると、そこには連続的な変化は考え難い。連続的でない変化とは、例えば大量の移民を受け入れ、それがあまりにも“急激”であるがゆえ、これまでにない社会問題に直面する。あるいは、もしかしたら近隣諸国に侵略され属国になっている可能性も考えられる。
6.日本が再び覚醒して世界一の技術力で活躍する、あるいはかつてのイギリスのサッチャー首相のような、飛びぬけたリーダーが現れ、この国を救うなどというのは甘すぎる予想である。 もちろん、何かのきっかけで救世主が現れるということは、今の日本の現状を考えることは難しく日本の未来は暗い。
7.ここまで考えると、自分が、そして自分の企業が何をすべきかが見えてくる。それは自分が明るいところに行くか、自分が明るくするかのどちらかの選択しかない。これからの日本では、先にこれらに気が付いた企業・個人が世界で勝負することを考えるべきである。つまり気が付いた企業、個人が1人ずつ“日本丸”から、逃れていかなければならない時代に突入しているということである。
8.いまさら中国やインドが経済的に伸びており、それに対して悔しいなどと言っていてもダメである。そこにすら至らず、悔しい気持ちさえも持たずに、ずるずると日本丸に乗り続けてしまう人もいるかもしれない。一人ひとりが、マスメディアなどの大きなものに流されず、自分は人とは違う、人とは違う生き方をする、と思わないといけない。
9.日本のビジネスパーソンが3000万人とすれば、300万人位の人がそういう考えをもって欲しいと大前氏は心の底から感じている。300万人の1人になろうという人を、大前氏は自分で設立した大学や大学院などを通して応援し続けている。
(受験偏差値教育を受けて、有名大学を卒業して、官僚や安定した有名企業の社員になるというようなマスメディアの描いている従来の価値基準が全く通じない時代になっていることに早く気が付かなければならない。週刊誌は相変わらず東大合格者数の多い高校ランキングなどを報じている。個人の力で日本丸を脱して生きていくのに東京大学卒業などという肩書きは全く役に立たなくなる。それよりも社会のさまざまな事象を正しく分析して、直面する問題を解決する能力を磨き、実質的な仕事の能力を身に付けることがこれまで以上に必要になっている。そのための投資がこれからの日本の若者には必要である)



yuji5327 at 06:15トラックバック(0) 
共通テーマ 

2010年03月30日

花冷え 3

a589f844.jpg花冷えどころか寒波
開花を躊躇う桜


yuji5327 at 06:06トラックバック(0) 
池上湖心の書 

世界の自動車業界の動向には目を離せない 3

3月26日付の大前研一さんの「ニュースの視点」は「合従連衡の時代突入した世界の自動車業界〜日産や三菱自動車が生き残る道」は、今後の日本経済を占う上でも貴重な情報と思われる。概要を自分なりに纏めると以下のようになる。
1.日産自動車のカルロス・ゴーン社長兼最高経営責任者(CEO)は16日、自身が会長を兼務する仏ルノーが、独ダイムラーと資本提携交渉をしているとの一部報道について「多くの潜在的なパートナーと話し合いをしているが、決まった事実はない」と語り、提携の可能性に含みを持たせている。
2.これについては日本だけでなくドイツでも報じられているので全くの事実無根ということはないだろうと思われる。日産は日本と米国、ダイムラーは中南米と欧州、そしてルノーはルーマニアを中心に東欧などに対してそれぞれ強みを持っている。しかし、これだけでは世界の自動車市場の中でカバーできない領域がまだまだ残っている。世界の自動車メーカーのいず れを見ても、全世界的に市場をカバーするには不十分という状況であり、今後はさらに業界の流動化が促進されると思われる。
3.2008年の主要自動車メーカーの販売台数概算ランキングを見ると、.肇茱897万台、▲璽優薀襦Ε癲璽拭璽此GM)836万台、フォルクスワーゲン(VW)623万台、ぅ侫ード540万台、ジ渋415万台、Ε曠鵐378万台となっている。
4.フォルクスワーゲンによるスズキの100%買収が成立すればトップグループで安泰というところだが、まだ成立していない。もし日産(371万台)・ルノー(238万台)・ダイムラー(207万台)が手を組めば、3社連合で816万台となり、一気に業界3位に躍り出る。
5.世界の自動車業界の特徴は、非常に流動化が激しくなってきていることである。ハイブリッドやクリーン・ディーゼルエンジンなどの技術革新も著しく、かつ新興国のウエイトが大きくなってきている。そのため、どこの企業であっても最早1社のみで対応できる時代でなくなりつつある。今後、世界の自動車業界において激しい合従連衡が相次ぐことは避けられない。
8.かつて英国のローバーに手を出して痛い目にあったホンダや現代は今のまま1社戦略をとると思われる。日産、ルノー、スズキ、ダイムラー、さらにはクライスラーと組んだフィアットなども含め、5〜6社はかなり流動化する可能性が高い。
9.こうした世界の自動車業界において、中国勢は積極的な海外展開を進める動きを見せている。中国自動車大手、浙江・吉利・控股集団は英国名物の「ロンドンタクシー」の製造会社を傘下に持つ英マンガニーズ・ブロンズ・ホールディングス(MBH)の経営権を、18日取得した。
10.吉利は米フォード・モーターから高級車ブランド「ボルボ」(スウェーデン)を買収する交渉を進めており、海外での相次ぐ買収でブランドイメージ向上と事業拡大を目指す考えのようである。しかし、その目的・意味が見出せない買収である。ロンドンの古いタクシー会社を買収して、どれだけの買収効果があるのか、ブランドイメージの向上につながるのか疑問である。
11.80年代のバブル期、三菱地所がロックフェラーセンターを買収して話題になったが、当時の日本企業と同じで、今回の買収はお金があるから買っただけ、という感じで単なる話題を提供しただけである。
12.日本勢の中で特に難しい立場にあるのが、三菱自動車である。今月初め、三菱自動車と仏プジョー・シトロエングループは業務提携を拡大する方針を確認し合ったが、注目されていた資本提携は見送られている。三菱自動車は2000年のリコール隠し問題以来、業績が悪化、財務状況は脆弱である。そのため、三菱東京UFJ銀行や三菱商事、三菱重工業など三菱グループが支援した結果、グループ各社が総額4000億円以上の優先株を保有しているが、これを処理することは難しく、三菱グループとしても現状では打つ手がない状況である。大前氏はロシア企業による買収が良いと考えているが、中国勢も盛んな動きを見せている。世界の自動車業界の流動化の中で、三菱自動車が生き残る策をどのよう見出していくかが注目される。



yuji5327 at 06:00トラックバック(0) 
共通テーマ 

2010年03月29日

高齢者医療 3

eec3ead0.jpg70歳以上74歳の一般人
医療費負担は1割
70歳の誕生日のプレゼント
新しい国民健康保険証

yuji5327 at 06:18トラックバック(0) 
池上湖心の書 

金属中の電子でなくても絶縁体中のスピン(磁気)で電気信号を伝えることができる 3

3月11日付の科学技術振興機構(JST)のプレス発表で「絶縁体に電気信号を流すことに成功--省エネデバイスに新展開」という標題の記事が報道されており目を引いた。概要を自分なりに纏めると以下のようになる。
1.JSTの目的・基礎研究事業の一環として、東北大学金属材料研究所の齊藤英治教授らは、電子の自転を用いることで絶縁体に電気信号を流す方法を発見した。通常、絶縁体には電気が流れないが、齊藤教授らの研究では電気信号をスピンに変換して磁性ガーネット結晶と呼ばれる絶縁体へ注入し、絶縁体中を「スピンの波」として伝送し、再び電気に変換することによって、絶縁体中も電気信号を伝送できることを発見した。この電気信号伝送は、省エネルギー技術にも応用できる。
2.通常の金属や半導体を流れる電流は、ジュール熱と呼ばれるエネルギー損失を伴う。これを回避するためには、摂氏マイナス百度以下の低温で起きる超伝導現象を用いるしかなかった。今回発見された絶縁体中での電気伝導ではジュール熱の発生がなく、室温でも動作することから、新しい省エネルギー情報伝送手法としても注目される。
3.この成果は、齊藤教授がこれまでに培ってきた固体中の相対論効果(スピンホール効果、逆スピンホール効果)の開拓など、スピンをエレクトロニクスに結び付けるための要素技術の研究が実を結んだものである。
4.この研究は、慶應義塾大学大学院理工学研究科修士課程2年の梶原瑛祐氏、東北大学金属材料研究所の前川禎通教授と高梨弘毅教授、FDK社との共同で行われた。研究成果は、2010年3月11日発行の英国科学雑誌「Nature」に掲載される。
5.この研究領域は、CMOSに代表される既存のシリコンデバイスを超える革新的な次世代デバイスを創成することを目標として、環境やエネルギー消費に配慮しつつ高速・大容量かつ高度な情報処理・情報蓄積・情報伝達を可能とする新しい材料の開拓およびプロセスの開発を図る挑戦的な研究を対象とするものである。
6.電流を流さない絶縁体は多く知られている。これまで、絶縁体は電流も電気信号も流さないと信じられていたので、電気伝送用としてはエレクトロニクスでは全く利用されてこなかった。今回、電子が持つ「電荷」と「スピン」の2つの性質のうち、これまでのエレクトロニクスで注目されてきた電荷ではなく、もう1つの性質であるスピンを使うことで絶縁体にも電気信号を流す(スピン流)ことができ、しかも絶縁体の中をジュール熱の発生なしに信号を流せることを発見した。
7.今回の研究では、絶縁体である磁性ガーネット薄膜の高品質表面に2つの白金(Pt)電極薄膜を付けて精密な電気測定を行い、一方の白金電極に流した電流が絶縁体を介して離れたもう一方の白金電極に電圧を発生させることを発見した。この電気信号伝送は、磁場を加えることで容易にスイッチオン・オフすることを見いだした。
8.上記の現象は、白金電極中の電流が「スピンホール効果」と呼ばれる固体中の相対論効果によって電子スピン(電子の自転)の流れを生み出し、これが磁性ガーネット中をスピンの波として伝わり、このスピンの波がもう一方の白金電極中でスピンホール効果により電圧に変換されたものと考えられる。磁性ガーネットなどの磁性を持った絶縁体は、電流は通さないがスピンの波は通す物質であることがポイントである。
9.現在のIT社会を支えているコンピュータや通信技術に利用されている素子は、いずれも金属や半導体を用いているため、ジュール熱によって多大なエネルギー損失を生じている。このエネルギーロスは素子の小型化・高性能化に対する大きな問題であり、素子開発は発熱との戦いと言ってもよい。
10.本研究で初めて発見された絶縁体を使った電気信号伝送方法は、従来の素子が抱えていた発熱によるエネルギー損失の問題を根本的に解決できるものである。当然、省エネルギーへの貢献が期待できる。


yuji5327 at 06:04トラックバック(0) 
新技術 | 新エネルギー・省エネルギー

2010年03月28日

寒風 3

4f6172ea.jpg札幌はまだ寒風
襟を立てて歩く
桜の開花は5月連休か?
千葉の風は温かい
桜は2分咲きさ
花冷えの花見

yuji5327 at 07:23トラックバック(0) 
池上湖心の書 

LED照明の性能も進歩している 3

3月24日の「環境メディア」で「LEDの発光、世界最高効率で取り出し――産総研が成功」が紹介されており目をひいた。LED照明については昨日の当ブログでも紹介したが、さらに性能が改善されるという朗報である。概要を自分なりに纏めると以下のようになる。
1.産業技術総合研究所は、LEDの内部で発生した光を、従来の1.5倍以上という世界最高効率で空気中に取り出せることを発見し、そのメカニズムを解明した。LEDをはじめ、様々な半導体光デバイスの高効率化に結び付く可能性がある。表面にリッジ(うねり)構造を作製し、さらに酸化シリコン薄膜をコーティングすることで実現する。LEDをはじめ、様々な半導体光デバイスの高効率化に結び付く可能性がある。
2.次世代型省エネ照明として注目されるLEDの普及により、今後20年、世界で消費されている電気エネルギーの10%以上が削減でき、1200億ドル相当の省エネ効果があると予測されている。
3.半導体材料の屈折率は一般に空気より大きく、半導体と空気との界面では、光の全反射現象が起こることが多いため、半導体の中で発生した光を高い効率で空気中に取り出すことが極めて難しい。例えば、平坦な基板上に形成した半導体発光材料では、全発光量の数%しか空気中に取り出せない。これが、LEDの実質的な発光効率の向上を妨げる要因の1つとなっている。LEDの本格的普及のため、高効率で低コストな光取り出し技術の開発が強く望まれていた。
4.これまで、表面に微小なリッジ構造を作製することで光の取り出し効率が向上することを見出していた。今回さらに、表面上に半導体より屈折率の小さい酸化シリコンなどの薄膜を堆積させるという簡単な方法で、発光を従来比で1.5倍以上の効率で外部に取り出せることを発見した。
5.今回作製した試料は、微小なV字型の溝を持つヒ化ガリウム基板上に、有機金属気相成長法を用いてヒ化アルミニウム・ガリウム系のナノ構造を形成したものである。隣接する2つのV字型溝の間に、1つの平坦面と2つの傾斜面によって構成される微小なリッジ構造が形成されている。この試料の表面に厚さ約150ナノメートルの酸化シリコン膜をプラズマCVD法によって成膜した。東海大学湘南キャンパスで3月20日に開催された応用物理学関係連合講演会で発表された。
6.今後、可視光LEDに使われる材料で同様な現象を発現させ、それを利用した光取り出し効率の極めて高い超高効率LEDの開発が進められている。


yuji5327 at 07:08トラックバック(0) 
新技術 | ものづくり

2010年03月27日

感謝 3

f4c5c1ce.jpg3月27日は
親父の百歳の誕生日
シベリア抑留生活を
生き抜いた幸運に感謝

yuji5327 at 07:41トラックバック(0) 
池上湖心の書 

考えることと感じることの違い


「茂木健一郎著:脳と仮想、新潮社、2005年、第11刷」の「第3章生きること、仮想すること」の「冒頭の考えることと感じること」の小節は面白い。印象に残った部分の概要を自分なりに補足して纏めると以下のようになる。
1.すでにある知見に基づき論理的に考えることだけを大切にするのではなく、その場、そのときに感じることを大切にしたい。考えることと感じることは原理的に対立するわけではない。精密分子機械である脳にクオリアを感じる意識を考えると納得できる。
2.音楽会で心を動かされるときに、論理の積み重ねよりも無限の何かを感じて、論理の積み重ねよりも緻密である。ただそれを科学が解明していないだけのように思われる。
3.日常の生活の中で、自分が感じるものの中に世界全体が現われてくるが、そのような仮想を感じさせてくれるのが芸術である。
4.18世紀のイギリスの首相ロバート・ウオルホールの言葉「感じるものにとってこの世界は悲劇であるうが、考えるものにとっては喜劇である」は、人間の意識を漠然と表している。
5.わたしたちは、生きなければならない。生きた上で、感じなければならない。

脳と仮想 (新潮文庫)
脳と仮想 (新潮文庫)
クチコミを見る



yuji5327 at 06:59 
共通テーマ 
池上技術士事務所の紹介
261-0012
千葉市美浜区
磯辺6丁目1-8-204

池上技術士事務所(代表:池上雄二)の事業内容
以下のテーマの技術コンサルタント
1.公害問題、生活環境、地球環境
2.省エネ・新エネ機器導入
のテーマについて、
・技術コンサルタント
・調査報告書の作成
・アンケート調査・分析
・技術翻訳、特許調査
を承ります。
有償、無償を問わず
お気軽に下記にメールをください。
ke8y-ikgm@asahi-net.or.jp

工学博士、技術士(応用理学)、
公害防止主任管理者、
騒音防止管理者の資格で
お役に立ちたいと思います。

池上湖心 プロフィール
○略歴
大東文化大卒、
在学中 上條信山に師事
書象会に所属、書象会理事
審査会々員
○作品展の開催
・主宰している「さざ波会」
 作品展を毎年8月開催
(於:稲毛ギャラリー)
・土曜会(グループ展)
 作品展を毎年10月開催
(於:銀座大黒屋)
○公募展の受賞、入選
・日展入選
・読売書法展(現在理事)
 読売奨励賞
 読売新聞社賞
・謙慎展(現在理事)
 春興賞の受賞:2回
○書道教室
・学生:月曜日
・一般:火曜日、水曜日





地域別アクセス

ジオターゲティング

ジオターゲティング
livedoor プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード