2012年06月

2012年06月30日

義を見てせざるは勇無きなり 3

義を見てせざるは勇無きなり
論語:為政
見義不為、無勇也
正しいとを知っていながら、
実行しないのは、
勇気のない、
臆病者である。
正しいと思っても、
自分の保身のために、
声を挙げない
周囲の圧力に屈して、
大勢につこうとする
民主党の大半の議員
官僚の大部分

yuji5327 at 06:52 

東芝・米ウエスチングハウス連合の新型炉「AP1000」は、仮に福島第一原発と同じ状況になっても最後まで自力で冷却できる. 3

6月29日付けの大前研一さんのニュースの視点は『原発と電力問題 〜話題の見方を考える』と題する記事である。原発と電力問題を高所からの考察であり、参考になる。世代間にわたる、より長期的な、人類全体への科学技術の恩恵、地球温暖化対策についてのご見解も伺いたい。概要を自分なりに纏めると以下のようになる。
1.リトアニア政府は6月21日、日立と交渉中だった原発の建設事業権契約について、議会の承認を賛成多数で得たと発表した。原発から送電するラトビアなど周辺国から合意を得た後、正式契約する。
2.福島第1原子力発電所事故で国内での原発新設が難しい中、事故後の日本の原発プラント輸出の第1弾となる予定である。日立・米GE連合、東芝・米ウエスチングハウス連合、三菱重工のそれぞれの原発建設の受注状況を見ると、様々な地域の国から引き合いがある。 
3.日本国内では、福島第一原発事故の影響のため日本の原発建設メーカーは敬遠されると言う人もいるが、実際には日本企業は非常に優秀である。世界的に見ても原発建設産業では、日本勢に匹敵しうるのは、フランスのアレヴァ社くらいしか見当たらない。この市場に対しては、韓国や中国も参入を虎視眈々と狙っているが、日本の実績とは比べ物にならない。
4.福島第一原発事故の後、日本メーカーの原発は安全性が格段に上昇している。大前氏もレビューに参加しているが、東芝・米ウエスチングハウス連合の新型炉である「AP1000」は、仮に福島第一原発と同じ状況になっても最後まで自力で冷却できるという設計になっている。
5.今は日本国内で新しい原子炉を建設することは難しいが、20〜30年先、再生可能エネルギーの限界が見えてきたときに再度カムバックする機会がある。今は外国からの需要に応え、実績と経験を数多く積んでいてもらいたい。
6.日本国内の原発に対する姿勢を見ていると、特にマスコミ報道が少し過剰に反応している側面がある。例えば、経済産業省原子力安全・保安院は3つの原子力発電所のストレステスト(耐性調査)結果の審査を8月までに終える方針を固め、関西電力大飯原発の次に再稼働させる具体的な作業を進めているが、「住民からの反対」を容易に想像できる。
7.「福島第一原発事故の反省をしていない」「政府の説明が下手」という点が根本的な問題であるが、大飯原発の再稼働においても住民からの反発が強くなってしまったのは、小さな問題が発生するたびにマスコミが大きく取り上げて騒いでいたからである。
8.原発の稼働にあたって、小さな問題が発生することは日常茶飯事である。だからこそスタートアップする際には3週間〜4週間の時間を確保するのである。原発という巨大なプラントにおいて、いちいち小さな問題まで全て発表して騒ぐのは改めるべきである。「放射線量が多い地域を発見した」といって除染するなど、体内被曝の問題も大きく取り上げられることが多いが、これについても同じような側面がある。
9.被曝量が絶対量として多いか少ないかはここではここでは議論しないが、「医療被曝」による被曝量と比較して見たとき、医療被曝について大騒ぎしないが疑問である。日本医学放射線学会など12学会・団体は、CT検査などの普及で医療の検査、治療による被曝が増えていることを受けて、患者ごとに医療被曝の総線量を把握する仕組み作りに乗り出している。
10.がんによる死亡率が0.5%増すと言われている被曝量(年間)が100ミリシーベルト、職業被曝の年間限度が、50ミリシーベルトである。CT検査は1回で5〜30ミリシーベルトである。CT検査を複数回受けたときの被曝量は恐ろしい数値になる。日本では複数の病院でそれぞれCT検査を受けることは珍しくないが、その危険性も、福島第一原発事故の影響と同時に心配するべきである。
11.原発や放射能に過敏に反応しすぎる反面、計画停電による経済的な影響については鈍感過ぎると思う。政府は22日、電力需給の関係閣僚会議を開き、今夏の計画停電の手順と 節電目標の見直しを決め、北海道、関西、四国、九州の4電力管内で需給が逼迫した場合に計画停電する方針で、1回2時間、1日1回が原則と定める予定である。今年の夏がどういう気候になるのか分からないが、計画停電は絶対に避けなければならない。
12.計画停電は病院や工場にとって恐ろしく大変な事態を引き起こし、レストランやホテルなどの営業活動にも甚大な被害がある。1回2時間だろうが1日1回だろうが、断じて許可するべきではない。
13.国民は電力消費量が95%を超えたらテレビや冷房を使わないという形で協力すれば良い。工場は操業時間を早めたり休日をずらすことを計画するべきである。それぞれの立場で協力できることを行い、計画停電を避けることが何より重要である。


yuji5327 at 06:39トラックバック(0) 

2012年06月29日

ロンドン歓迎ムード 3

ロンドン歓迎ムード
オリンピックまであと1か月
ロンドンの歓迎ムード
会場へのケーブルカー

yuji5327 at 09:45トラックバック(0) 

農業は新しい農的価値として蘇らせるべきである。新しい農的価値とは、生きる、働く、暮らすを統合する力の基盤になるものである。 3

もうひとつの日本は可能だ
もうひとつの日本は可能だ
クチコミを見る

「内橋克人著:もうひとつの日本は可能だ、光文社、2003年」の「2章:幻だった約束の大地」の「「一喜一憂資本主義」を超えて」は未来の日本の姿を示唆する興味深い内容である。印象に残った部分の概要を自分なりに補足して纏めると以下のようになる。
1.日本の農業は、非効率的で衰退産業であるかのような位置づけられているが、農業を衰退させてしまっては、生存条件の最大の基盤である「食」の自給権を失ってしまい、結果は他国への従属的ともいえる依存になる。
2.農業は新しい農的価値として蘇らせるべきである。新しい農的価値とは、生きる、働く、暮らすを統合する力の基盤になるものである。働く条件、暮らす条件がよくなって、初めて生きる条件がよくなる。それらを統合した存在として人間は存在できる。
3.給料が上がって働く条件がよくなっても、とんでもないインフレになると、暮らしの条件は悪くなり、生きる条件も悪くなる。あらゆるものの価格が、下がって暮らしやすくなると喜んでいたら、いつの間にか実質賃金も下がって、働く条件は悪化していたというのがここ数年の現象である。この10年、物価が下がれば、消費者の利益だと、過剰にそれを強調してきた。その結果、いまや単なる賃下げどころでなく、賃金体系の総入替え時代が到来している。
4.あらためて人は、人生とは「生きる」「働く」「暮らす」の統合だ、という認識を強くもつようになってきた。消費側面だけよくなっても、あるいは物価だけ下がっても、幸せにはなれない。賃金はそれ以上に下がる。そういうことを実感として体得しているのは、都市生活者より農村祉会に生きる人びとに多い。
5.農業では、農業を営むという行為が即、「働く」行為であり、「暮らす」行為であり「生きる」行為であり、それらが一体となった生業である。豊穣な実りの前でにこやかに笑っている生業農家の人たちは、人々にF(食料)とE(エネルギー)とC(ケア)の統合された人の生き方の大切さを教えてくれる。そういう意味で、大規模資本による農業でなく、自営農業の日本的な再生をこそ「新しい田舎づくり」だと考える。
6.アメリカ型の大規模農業に憧れる人びとには意外と映るかもしれないが、日本国内での日本型農業は成長産業である。アメリカ農業に対抗しようと農家は国の指導に従って規模拡大にしのぎを削ってきたが、大規模化してみると、トラクターなどの機具の購入、土地の購入などで借り人れたお金が嵩んで、その金利がバカにならない。金利負担に耐えかねた農家がつぶれ、そこへ大企業が進出してくれば、それはまさしくアメリカ型企業農業(アグリビジネス)への転換である。
7.北海道には酪農家は一軒もいない。あるのは搾乳業だけである。牛の乳を絞って雪印などの大企業に納入するだけの仕事である。それはもはや酪農とはいわない。酪農家とは、我が家で搾乳した牛乳を原料として自家秘伝のチーズをつくる、バターをつくる、など自慢の乳製品に仕上げて、それを消費者に供するのが酪農家である。
8.北海道の農家は国の指導に従って大規模化してきたけれども、個々の作業は逆に細分化、歯車化されてしまって、まるで都市における下請け企業のようになってしまった。もともと日本の農業は、生きる、働く、暮らすの統合としての生業であったはずである。それがこの30年ほどでいつの間にか崩壊してしまった。


yuji5327 at 06:53 
共通テーマ 

2012年06月28日

薄氷の政権 3

薄氷の政権
消費税増税法案採決
民主党57名造反
大シロアリ集団(官僚、大新聞、テレビも含む)と
一般庶民との戦い
一般庶民に知らされない正しい情報
インターネットが頼り
大メディアを利用する政治
財務官僚に操られる
首相、財務大臣、厚労大臣たち
自民党執行部の面々
みんなの党と中川秀直氏が頼り


yuji5327 at 07:07トラックバック(0) 

イスラエル人の神は厳格で、下手をすると人間を全滅させかねないのは、日本人にとって驚異である。日本の神々は寛大である。 3

論理の方法―社会科学のためのモデル
論理の方法―社会科学のためのモデル
クチコミを見る
「小室直樹著:論理の方法、東洋経済新報社、2003年」の「第5章:第3章マクス・ウェーバーにみる宗教モデル」の「ユダヤ人の歴史観と中国人の歴史観」の世界の宗教についての分析が面白い。印象に残った部分の概要を自分なりに補足して纏めると以下のようになる。1.ユダヤ人の世界観、世界歴史の見方は中国人と正反対である。中国人は歴史を非常に重んじる。中国人は「天地開闢(開闢:はじまり)のときから今に至るまで全く同じ法則が貫徹している」とする。だから歴史を重んじて歴史を貫く法則を発見すればよい政治ができる、と考える。
2.ユダヤ人の場合には神との契約を更改することによって歴史の法則は全然違ってしまう。ユダヤ人の歴史観はマルキシズムの歴史観と似ている。マルキシズムでは資本主義と社会主義では全く違った経済法則が働くという。さらに原始共産制と奴隷制、封建制と資本制では違った法則が働く。社会が変われば法則も変わる。中国人のように昔から今日まで、また将来にわたっても歴史法則は絶対に変わらないというのとは対極的である。このように、ユダヤ人の歴史観は中国人のそれと全く正反対である。このことをウェーバーはインドのヒンドゥー教と比較することによって発見した。
3.ウェーバーは徹底して比較宗教社会学的方法を用いて、実験をしたと同じ結果を出した。モデルとしての歴史観は、ユダヤ人と中国人は正反対であり、そのことはヒンドゥー教とユダヤ教を比較することによってわかる。
4.神との契約を宗教の根本に持ってきたというのは古代ユダヤ教の特色である。イギリスの政治思想家ジョン・ロックは「憲法は主権者と人民の契約である」という社会契約説を説いている。キリスト教の国々のみならず、ユダヤ教やさらにイスラム教の国々においても、契約という考え方が根本にある。
5.古代ユダヤ教の契約を守れば、神は「奇跡を起こしても汝らユダヤ人を救いたもう」と言う。契約を守らなかったらどうなるかというと、ユダヤ教、キリスト教では、神は「汝らを罰し、皆殺しにする」と書いてある。
6.神が奇跡によっても救いたもうと言うことの例として、『出エジプト記』の紅海の奇跡である。エジプトを脱出したイスラエルの民をエジプト王(ファラオ)の家来どもが馬に乗って追いかけてきたけれども、それを神は紅海で海の藻屑と全部殺してしまい、奇跡によってイスラエルの民を救いたもうた。
7.ユダヤ教、キリスト教、イスラム教には、それぞれヤハウェ、天なる神、アッラーというそれぞれに一人ずつの呼び名の違う神がいるが、これら3つの宗教の神様は全て同じ神である。ただし、性質は少し違っている。『旧約聖書』の神は物凄く峻厳な神である。『コーラン』に書いてあるイスラム教におけるアッラーの神は情け深く、寛大な神である。シナイ山で禁止していた偶像をつくっていても、神は民を皆殺しにはしなかった。イスラエル人の神は峻厳な神だから、下手をすると人間を全滅させかねない。このような性質を持った神がいるということは、日本人にとっては驚異である。日本の神々は、自分が寛大な神であるなどと言わないのは、初めから寛大だからである。


yuji5327 at 06:32トラックバック(0) 
共通テーマ 

2012年06月27日

中国手動ドッキング成功 3

中国手動ドッキング成功
中国の宇宙ステーション
あなどれない
中国の科学技術
使用目的が不透明
日本メディアの取材怠慢
高速鉄道
バイオテクノロジー
理論物理
負けられない日本

yuji5327 at 06:28 
池上湖心の書 

平和にとって、アメリカ合衆国はイランより危険である、イスラムの言い分。 3

文明の接近 〔「イスラームvs西洋」の虚構〕
文明の接近 〔「イスラームvs西洋」の虚構〕
クチコミを見る

「エマニエル・トッド、エセフ・クルバージュ著、石崎晴己訳:文明の接近:イスラームVS西洋の虚構、藤原書店、2008年」は非常にわかりにくい翻訳だが、よく読むと著者の考えがくみ取れる。イザベル・フランドロワ女史による本書の著者へのインタビュー「〈附〉「平和にとって、アメリカ合衆国はイランより危険である。」が面白い。印象に残った部分の概要を自分なりに補足して纏めると以下のようになる。
1.イスラエル人が安全に対する懸念を抱くのは正当なことである。ヨーロッパ人は、世界政治についてイスラエル中心的な見方を改めるべきだ。レバノンへの攻撃は、アメリカが相変わらず攻撃的で、同盟国を戦争に引き入れようとしている姿を示している。アメリカ合衆国は世界平和にとってイランより危険となっている。
2.イランは近代化の軌道の上にある。フランス革命とロシア革命がイランを理解する上で参考になる。この、2つのケースでは、識字率の上昇がイデォロギー的・政治的危機を生み出し、君主制の打倒につながり、続いて暴力的な時期が到来したが、その後、緊張が緩み、厳しいイデオロギー主義が終わったが、それはイランも同じである。
3.政治的危機は、男性の半数が読み書きができるようになった時に起こり、それに次いで女性の識字化が出生率の低下につながった。イスラーム革命の直後、出生率の急速な下落が起こり、出生率は2.1に達し、アメリカ合衆国に等しく、トルコの出生率、2.4よりはるかに少ない数値になった。イランはすでにトルコより近代的ということになる。
4.イランは完壁な民主主義国でないとしても、国内の政治的論争、選挙は、トルコより明らかに民主主義的である。トルコの民主制はいまだに軍部の統制下にある。イスラームの一派であるシーア主義は、反抗と論争という価値観を持っているが、それはアメリカ民主主義の源泉となったプロテスタント教と同じ役回りを果たすことになる。
5.ヨーロッパ人が犯した罪に責任があると感じるのは正当である。ヨーロッパ人が自分の経済力を利用してイスラエルにパレスチナ国家の創設を阻止させることなしに、アフマディネジャドを告発するのは受人れ難い。イスラエルがアメリカ合衆国に対して自律性を失ったことが問題である。
6.従来型の反ユダヤ主義ではユダヤ人の比重を過大に評価した。今日の反ユダヤ主義は、人口6百万の国が3億の人口を数える国を操っていることである。イスラエルは、イランの大統領の反シオニズム的主張より、アメリカ合衆国の衛星国化に脅かされている。
7.イランは核兵器を所有した方が良い。日本についても同様である。核兵器に関する歴史の唯一の教訓は、根本的な危険要因は不均衡である。1945年、アメリカだけが原爆を所有していたので、アメリカはそれを使用した。逆に冷戦は熱い戦争にならなかった。パキスタンとインドは、両国が核武装してから、話し合いをするようになった。
8.現在、国際的緊張の地帯は2つある。その1つは東アジアで、ここでは核兵器を持たない日本が、核兵器を持つ中国と対面している。もう一つは中東で、ここではイスラエルだけが核兵器を持っている。
9.ある国が民主主義国だという理由で、その国の市民が議論した結果なら、他国の市民たちを爆撃しても、それは正当だという考えは、民主制そのものを否定する考えである。もっと進歩した独自の民主主義のイスラームの強国が出現することは良いことである。曖昧な無干渉政策は危険である。


yuji5327 at 06:16 

2012年06月26日

一体改革

一体改革
一体改革採決
一体改革の名を借りた
骨抜き行政改革
聞こえてくるのは
総合職と名を変えた
高給天下りを狙う
擬鏨盈修旅眈个
日本の腐朽した
エリート官僚制度の撤廃を
先送りしたら
この国はもたない


yuji5327 at 07:02 
共通テーマ 

近代資本主義や近代デモクラシーとの関連において、古代ユダヤ人の思想で一番大事なことは契約という概念である。 3

論理の方法―社会科学のためのモデル
論理の方法―社会科学のためのモデル
クチコミを見る
「小室直樹著:論理の方法、東洋経済新報社、2003年」は何度か紹介しているが、「第5章:第3章マクス・ウェーバーにみる宗教モデル」の世界の宗教についての分析が面白い。印象に残った部分の概要を自分なりに補足して纏めると以下のようになる。
1.パウロは「旧約聖書」から原罪の思想を呼び醒ましたが、どうも変である。原罪を犯したのはアダムとイブである。彼らの子孫であるすべての人類がその原罪の責務を負わされて死ぬことになった。本来、罪を犯したのはアダムとイブなのだから、彼らが楽園から追放されて死ねばよいはずで、その予孫は自分が罪を犯したわけではないから、死ななくてもよいはずだが、そこに、連帯責任という考え方が出てきた。
2.近代資本主義や近代デモクラシーとの関連において、古代ユダヤ人の思想で一番大事なことは契約という概念である。神はイスラエルの民を特に可愛いがりたもうた。何故かというと、神とイスラエルの民とは契約を結んだからである。契約のことは英訳するとプロミスである。
3.神と人間とは契約を結んだ。この契約は絶対であって、宗教の根本規範である。神との契約を守れば神は永遠にイスラエルを守りたまい、奇跡によってもイスラエルを救いたもう。ところが、「旧約聖書」を読んでみると、古代イスラエルの民は恐るべき民族であって、神との契約など守らない。だから、「旧約聖書」は、裏から読めば人間というのは神に背くものであることの記録でもある。
4.神との契約を守らないから凄く悲惨な目に遭う。奴隷にされてバビロンに連れ去られる(バビロン捕囚)。そこでイスラエルの民はバビロンにおいて猛反省して、「こんな酷い目に遭うのは神との契約を破ったからである。今後は神との契約を思い出して、これを絶対に守る」と大反省したというユダヤ教がイスラエルの民の間に広まった。今のユダヤ人は大変よく規律を守るというが、それは昔大反省したからである。
5.ムハンマド(マホメット570〜632年頃)は、「それでも神様は寛大だ」と言っている。神の言いつけを守らなかったのだから、本来ならユダヤ人は皆殺しにされてもよいのに神はそうしなかったというわけである。
6.ウェーバーが書いた『古代ユダヤ教』という本の冒頭に、ユダヤ教というのは賎民(パリア)宗教であると書いてある。ダビデ王(前962年頃)、ソロモン王(前10世紀)のころにはユダヤ教は未だ出来ていなかった。ユダヤ教は、ユダヤの民がバビロンに捕囚されてさんざん虐められたころに出来た。だから、ユダヤ教というのは賎民の宗教であるというわけである。
7.マクス・ウェーバーは、ユダヤ教の本質を暴き出すために、ヒンドゥー教の比較から始めた。ヒンドゥー教もまた賎民宗教である。賎民とは社会のなかの最下層民であるが、ヒンドゥー教の賎民とユダヤ教の賎民とは正反対である。正反対の意味は、以下の通りである。
8.ヒンドゥー教では、一番上は僧侶階級で、それから武士階級、平民、奴隷と四大階級がある。これは厳重で、階級間の結婚もできなければ、一緒の生活さえ禁止している徹底した階級差別である。ヒンドゥー教では、この世において厳格なヒンドゥー教の規範をきちんと守っていれば、今度生まれてくるときはより高い階層に生まれてくることになっている。奴隷は平民に、平民なら武上になって生まれてくる。ということは現世においては、社会の階層そのものは絶対に変わらない。ヒンドゥー教を信じていると、極端に伝統主義的な行動様式に限定される。
9.ユダヤ教の賎民では、我々は神との契約を破ったから社会の外に放り出されて、民族全体が賎民(パリア民族)になってしまった。社会の中心にはエジプト人やバビロニァ人がいる。「今度こそ神の言いつけをきちんと守ろう。そうすれば、神は指導者を遣わしたもうて、われわれを世界の主人にする」と言われる。神は契約を更改し契約を結び直してくれる。そして神との契約を結び直せば、全く違う世界ができ上がると考えている。


yuji5327 at 06:31 
共通テーマ 
池上技術士事務所の紹介
261-0012
千葉市美浜区
磯辺6丁目1-8-204

池上技術士事務所(代表:池上雄二)の事業内容
以下のテーマの技術コンサルタント
1.公害問題、生活環境、地球環境
2.省エネ・新エネ機器導入
のテーマについて、
・技術コンサルタント
・調査報告書の作成
・アンケート調査・分析
・技術翻訳、特許調査
を承ります。
有償、無償を問わず
お気軽に下記にメールをください。
ke8y-ikgm@asahi-net.or.jp

工学博士、技術士(応用理学)、
公害防止主任管理者、
騒音防止管理者の資格で
お役に立ちたいと思います。

池上湖心 プロフィール
○略歴
大東文化大卒、
在学中 上條信山に師事
書象会に所属、書象会理事
審査会々員
○作品展の開催
・主宰している「さざ波会」
 作品展を毎年8月開催
(於:稲毛ギャラリー)
・土曜会(グループ展)
 作品展を毎年10月開催
(於:銀座大黒屋)
○公募展の受賞、入選
・日展入選
(平成28年度、国立新美術館にて開催)
・読売書法展(8月開催、現在理事)
 読売奨励賞
 読売新聞社賞
・謙慎展(3月開催、現在理事)
 春興賞の受賞:2回
○書道教室
・学生:月曜日
・一般:火曜日、水曜日





地域別アクセス

ジオターゲティング

ジオターゲティング
livedoor プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード