2013年08月

2013年08月26日

はだしのゲン

IMG_20130823_0001
書物の検閲までする
教育委員会という
愚の骨頂の組織
教育委員会は不要
彼らの高給は
税金の無駄遣い
先生の人事権を握る
彼らはいじめ自殺を
助長しているかもしれない。

yuji5327 at 10:24 
池上湖心の書 

抗ヒスタミン剤は血管を収縮させるので、一時的には頭痛やかゆみがとれて腫れも引く。からだは必要に迫られて血管を広げているの。薬の効き目がなくなったら、また症状が起こる。

「安保徹著:まじめをやめれば病気にならない、PHP研究所、2011年13刷」の「第4章 からだの声を聞く力:病気は生き方の偏りを知らせてくれている」「からだを動かさないといけない理由」は参考になる。印象に残った部分の概要を自分なりに補足して纏めると以下のようになる。
1.健康なうちは、日々の生活だけで精一杯で、健康とは何かを考えることはない。しかし、病気になる仕組み、治るステップがわかれば、病気になったときに立ち直るのも早い。それが、からだの声を聞く力となる。野生動物は、人間のように医学の知識などがなくても、病気になれば本能と感性だけで自然に対処している。
2.人間も本来、よりよく生きるべき道をはずさない感覚が必要である。ところが現代人は、みずからがつくり出した仕組みを過信し、人類が長いあいだ生きてきた世界とは別の世界で暮らすようになった。その結果、からだに負担がかかるようになった。
3.何かの異常が出て、病気になると、病気は悪者ととらえて、すぐに症状を抑えようとする。薬でなんとかなると思い込んでしまう。たとえば、抗ヒスタミン剤は血管を収縮させるので、一時的には頭痛やかゆみがとれて腫れも引く。からだは必要に迫られて血管を広げているのだから、それを抑える薬の効き目がなくなったら、ふたたび症状が起こる。それをさらに薬でごまかしていれば、いつまで経っても治らないどころか、どんどん症状はひどくなる。
4.根本的に治すためには、からだを温めるなどして、いったんは痛みや腫れをもっと進めるようにしないといけない。風邪をひいたとたんに医者に診てもらって、薬を飲んで治そうとすると、結局は風邪を長引かせてしまう。対症療法がリンパ球のはたらきをかえって妨げてしまう。熱を無理やり下げたり、ウイルスを叩いてしまうと、せっかくの免疫力を上げるチャンスをみすみす失うことになる。抗ウイルス剤などを使うと免疫力を刺激する機会がなくなるので、さらに感染を引き起こして、次の病気、また次の病気という悪い流れに陥る。
5.現代人はからだの声を素直に聞けなくなっているので、薬で無理やり病気を抑え込もうとする。風邪をひいたら、多少は熱が出ても解熱剤を使わずに、からだを温めてリンパ球がしっかりはたらくように安静にしていれば、だいたい2〜3日で熱が引いてスッキリと治るの。風邪をひくのは不規則で無理な生活をして免疫力が低下していることを、からだが教えてくれているのである。
6.病気は、その人の生き方の偏りを警告してくれている。まずは生き方を見なおすこと。そして、血流をよくして免疫力を活性化すれば、その症状は自然と収まり、病気が治り、再発を防ぐことができる。


yuji5327 at 10:00 
健康 

2013年08月25日

国内五輪好ましい

IMG_20130823_0003
90%以上の国内支持
IOC委員に伝わるか


yuji5327 at 07:25 

日本には、役人主導の辻褄の合わない政策が多すぎる。帝国データバンクが15日発表した大学発ベンチャー企業の2012年の売上高は、約7割は売上高が1億円を下回った。

8月23日付の 大前研一さんの『 ニュースの視点 』(発行部数175,243部)は『銀行検査・大学発ベンチャー・地下鉄新線計画・信用金庫〜日本の役人が主導する政策の特徴』と題する記事である。日本の弱点は役人と銀行という自分の考えに合致した吉祥寺であう。概要を自分なりに纏めると以下のようになる。
1.金融庁は画一的な銀行検査を見直す方針を明らかにした。1990年代はじめのバブル崩壊後の不良債権処理を目的としてきた検査を転換し、融資先が健全かどうかの判断は銀行に大部分をゆだねる方針である。
2.銀行がリスクをとりやすくなり、技術力はあるのに決算上は赤字になっている中小・ベンチャー企業がお金を借りやすくなるということだが、全く実現性のないウソである。 なぜなら銀行には査定するスキルがない。
3.バブル崩壊以降、金融庁が作成したマニュアルにのみ従ってきた銀行には、「経営者を見て、事業計画を見て」融資を判断することができる人は育っていない。今、銀行は融資の際、必ず「抵当」を前提とする。
4.かつて赤字で苦しんでいた松下幸之助氏に、銀行が「経営者としての松下幸之助を見込んで」融資してくれたという話は有名だが、今では無理である。自ら作成したマニュアルのせいで、融資判断ができない人材を育てておいて、今頃になって銀行にまともな融資判断を求めるのは支離滅裂である。
5.似たような事例を挙げれば、金融庁は3月、各財務局の認可を得た信金に対し、取引先企業が海外に作った現地法人に直接融資できるという政策を打ち出している。愛知県瀬戸市の瀬戸信金や大阪府八尾市の大阪東信金が認可を得た他、およそ20の信金が準備に入が、大丈夫か疑わしい。
6.国内で運用先がないからと言って、そのスキルもないのに海外直接投資を促すというのは、金融庁による規制緩和によってノンバンクに投資して失敗した住専を思い起こさせる。役人が主導することというのは、基本的に同じパターンであり、全く進歩が見られない。
7.日本には、役人主導の辻褄の合わない政策が多すぎる。帝国データバンクが15日発表した大学発ベンチャー企業の2012年の売上高は、約7割は売上高が1億円を下回った。約半数は5000万円未満で、有望技術や特許を強みに設立しても、事業が軌道に乗らず苦戦が目立つとのことである。、
8.これも日本の大学の先生の実態を知っていれば「当たり前」の結果である。小泉元首相が実施した「大学発ベンチャー1000社計画」をピークに、東大発バイオベンチャーなどがいくつか出てきた程度で、ジリ貧になっている。それでも、安倍政権下では、2012年度の補正予算で、産学共同研究や大学発ベンチャーへの出資金などの用途1800億円を割り当てているが、この資金はどこかに消えていく。
9.大学の先生がベンチャーを起業したいなら、自由にやるのは良いことだが、実行するなら、授業料の3分の1は配当金で賄うくらいの気合が必要である。スタンフォードやMITとは異なり、日本の大学の先生には「起業意欲」そのものが低い。また資金を出すのは国ではなく、高齢者がエンジェル(投資家)になるほうが良い。高齢者が抱えている預貯金の流動性も高くなり、意義も大いにある。
10.これも役人主導の「仕掛け」そのものがよろしくない政策の代表例である。東京都江東区は区内を南北に通る豊洲―住吉間の地下鉄新線計画について、70円の加算運賃を設定すれば開業から29年で累積収支を黒字にできるとの試算をまとめた。これは建設費に国の補助を受けるには30年以内の黒字化が義務付けられているため、それに合わせて29年と言っているだけである。実際に黒字になる確率は極めて低い。
11.これまでにも、飛行場を始め、同じような試算をして建設された多くが採算割れしている。「基準ありきで、そこに合わせる政策」が日本の役人が主導する政策にはよく見られる。結果として、不必要なものまで作ってしまう。
12.その虚像のままを報道している新聞にも大いに問題がある。上手く行っていない施策であれば、それは事実としてしっかり書くべきである。役人が発表するままに報道しているだけでは、日本の新聞記事はだれでも書ける。



yuji5327 at 07:21 
共通テーマ 

2013年08月24日

イチロー4000安打達成

IMG_20130823_0002
約8000回の凡打の
失敗の原因の分析と
反省で達成した
偉大な成果

yuji5327 at 07:08 
池上湖心の書 

熟睡できたときは、全身がみずみずしくなる。成長ホルモンのはたらきによるものである。温まってから寝ると成長ホルモンもよく分泌される。


「安保徹著:まじめをやめれば病気にならない、PHP研究所、2011年13刷」の「第3章 いつも笑顔が病気にならない秘訣」の「熟睡がからだによい理由」の小節は参考になる。印象に残った部分の概要を自分なりに補足して纏めると以下のようになる。
1.ホルモンの正体は、主にたんぱく質である。分予量が大きいことが特徴で、分泌量はごく微量でも血液中に放出されると長時間存在し、体内の隅々に行き渡り、さまざまな臓器や器官に影響をおよぼす。
2.私たちの心身の反応は、瞬時に神経を伝わって起こるものと、血液中を流れる生理活性物質によって起こるものの2種類がある。ホルモンは後者の生理活性物質である。
3.このホルモンが、自律神経と密接に関係している。ストレスを受けると交感神経が刺激されて心身が緊張状態に入り、脳やからだのさまざまな臓器からホルモンが血中に放出されて変化をもたらす。逆に、リラックスしたときには副交感神経が刺激されて、同様にリラックス系のホルモンが血中に分泌される。
4.不安や怒りなどで興奮したときには交感神経がはたらくが、そのときに放出されるのは、副腎皮質ホルモンや、副腎髄質から出るアドレナリン、甲状腺ホルモンなどがある。リラックスしたときにはたらく副交感神経支配のホルモンには、成長ホルモン、性ホルモン、インスリンなどがある。交感神経に支配される興奮系のホルモンのほうが副交感神経に支配されるリラックス系のホルモンよりも種類は多い。
5.ストレスなど興奮したときに最初に出るのが副腎皮質ホルモンである。副腎皮質ホルモンのステロイドは、肝臓でたんぱく質の糖化を促進して、血液中に糖を放出するので血糖値を上昇させる。さらに、喉仏の下にある甲状腺からは甲状腺ホルモンが分泌される。甲状腺ホルモンは新陳代謝を活発にする機能があるため、脈が速くなり、やはり血圧や血糖値が上がる。
6.甲状腺ホルモンの異常放出になる病気に、バセドウ氏病がある。動悸や頻拍、汗かき、たくさん食べてもやせる、手の指が震える、疲れやすいなどの症状や、目が飛び出たようになる眼球突出などの症状が出てくる。
7.交感神経が優位になると、血流が悪くなり顔色が青ざめ、唾液が出にくくなって消化吸収が悪くなり、腸の蠕動運動が抑制されて便秘になったりする。ストレス状態が続くと便秘になったり食欲がなくなるのは、こうしたホルモンの作用のためである。
8.興奮状態が続くと、夜眠れなくなったり、疲労が蓄積されて心臓に大きな負担がかかる。糖尿病や高血圧になるリスクも高くなる。その状態が、長く続けば、狭心症、不整脈、さらに心筋梗塞、脳卒中などという重病につながる。
9.健康であれば、これらの興奮系のホルモンがある程度までは心身の活力を高める効果が期待できるが、多く出すぎると免疫力がどんどん弱まる。反対にリラックスした状態にあると、副交感神経がはたらき、血流が促進されて消化活動が活発になる。
10.リラックスしたときに出るホルモンの代表は成長ホルモンである。成長ホルモンは夜寝ているときに分泌され、夜中の1時ごろ分泌量がピークに達する。成長ホルモンは子どもの成長を促進するだけでなく、大人の細胞を活性化させる役目も果たす。
11.熟睡できたときには、肌に艶が出て全身がみずみずしくなるが、これは成長ホルモンのはたらきによるものだが、睡眠不足だと、肌がかさかさになるが、これは成長ホルモンが充分に分泌されていないことによるものである。細胞のみずみずしさを保つのは成長ホルモンです。これは、からだを温めることによって分泌が盛んになるので、風呂に人ってゆっくりと温まってから寝ると成長ホルモンもよく分泌される。


yuji5327 at 07:01 
健康 

2013年08月23日

社会保障負担

IMG_20130806_0003
高齢者負担増
医療負担
70歳から74歳
1割負担から2割負担へ
毎月1回の血圧の通院と薬
薬の必要性に疑問
負担増が再考の機会

yuji5327 at 07:13 
池上湖心の書 

基本的には、最高血圧が150以下であれば問題はない。年齢とともに上がるので、高齢の人は150~160ならば心配はいらない。


「奥村康著:健康常識はウソだらけ、ワック(株)、2012年」の「第2章 薬と医者は遠ざける」の「(1)血圧もコレステロールも高くても大丈夫」は参考になる。印象に残った部分の概要を自分なりに補足して纏めると以下のようになる。
1.コレステロールを下げる薬とともに医者からよく処方されるのは、血圧を下げる薬である。高齢になるにつれて降圧剤を飲む人が多くなる。たしかに、血圧が高いと血管が硬くなりやすく、破れやすくなる。多くの人が最高血圧の数字(収縮期血圧)が高いのを気にする。上が140mmHg、下が90mmHg以上で高血圧とされている。
2.一般の人たちは、この最高血圧の数字ばかりにとらわれている。これは運動をしたり怒ることで興奮したりすれば、たちまち上昇して200mmHgを超えてしまうこともある。
正常血圧の数字は20〜30代の若い人を基準にしている。年をとれば血管は弾力がなくなり、血圧が少しずつ上がっていくのは当たり前のことである。最高血圧にあまり神経質になる必要はない。
3.最高血圧140mmHg以上とすると、2006年の国民健康・栄養調査によれば、日本人の40〜70歳で男性は約6割、女性は約4割が高血圧ということになる。日本人の平均血圧は60〜69歳で男性が140、女性が135、70歳以上で男性、女性ともに141(「高血圧治療ガイドライン2009」)である。これは降下剤を飲んでいるかどうかは関係ないので、飲んでいる人も含まれる。上の数字が150〜160程度ならば平均よりは少し高い程度で、それほど問題はない。
4.最高血圧ばかりに注目しがちですが、最高血圧よりも気をつけなければいけないのは最低血圧である。この下の数字は、血管の柔らかさが大きく反映しているからである。下が100〜110以上ある場合は気をつけたほうがいい。
5.最高血圧については、見直しがあるたびにどんどん下がってきたという経緯がある。以前は150までは正常だった。基準値を低くしておいたほうが安全だということもあるかもしれないが、その裏には血圧降下剤を売りたいという製薬業界などの意図があるという見方もできる。
6.基本的には、最高血圧が150以下であれば問題はない。年齢とともに上がるので、高齢の人は150~160らば心配はいらない。そんなことを心配するから、さらに血圧が上がる。下の数値が100以下ならば、薬などは飲まずに放っておいて大丈夫である。上の数字は180レベルになれば気をつけたほうがいい。



yuji5327 at 06:54 
健康 

2013年08月22日

健康寿命

健康寿命
哺乳類では人間が長寿
年代別死亡率
思春期が最低
2000人に1人
50歳では
100人で1.5人が死亡
8年で、58歳で
死亡率は2倍になる
74歳で8倍、
100人中12人

yuji5327 at 07:20 
池上湖心の書 

人間にとって最も安全な年齢は思春期のころである。10歳から15歳にかけては死亡率は最低で、欧米では2000人の青年のうち1人、すなわち0.05パーセントにすぎない。

老化―加齢メカニズムの生物学
ロバート・E. リックレフズ
日経サイエンス社
1996-06

「ロバート・E・リックレフズ、キャレブ・E・フィンチ著、長野敬、平田肇訳:老化・・・加齢メカニズムの生物学、日経サイエンス社、1996年」の「第1章:老化のパターン:生物種と最長寿命の限界」が面白い。印象に残った部分の概要を自分なりに補足して纏めると以下のようになる。
1.人間にとって最も安全な年齢は思春期のころである。10歳から15歳にかけては死亡率は最低で、北米やヨーロッパでは2000人の青年のうち1人、すなわち0.05パーセントにすぎない。その年齢を過ぎると、世界の地域の違い、またその地域での死亡率の多少にかかわらず、老化と呼ばれる肉体の衰えが始まり、それにつれて死亡率は着実に増大する。100歳に達するまでに病気や怪我に対応する能力は急激に衰え、肉体の摩滅は激しくなり、死の危険率は毎年50パーセントにまで上がる。
2.老化と死は不思議な現象である。どの生物種にも最長寿命というものがあり、それを超えては生き延びられない。人間は、どの哺乳類より長生きする。ギネスブックは、日本人の泉重千代が百二十歳まで生きたことを認めている。寿命に関していえば、人間と最も近いのはオランウータやクジラ、象などで少なくとも70歳まで生きる。他の大型哺乳類は.、20年から30年。小さい哺乳類は、さらに寿命が短く、10年から15年がイヌの標準的な寿命である。
3.鳥類は哺乳類と同じくらいの限界寿命がある。オウムでは90年まで生きたという記録があり、最長では人間の寿命と競い合う。ハエは動物界における最短寿命の記録保持者の仲間で、ショウジョウバエでは寿命は2カ月。ビール醸造やパンの発酵に用いられる酵母はもっと短命で、数日しか生きられない。
4.死に対置して老化というものを考える必要がある。加齢、あるいは老化という言葉は、年齢とともに物質が変化することを意味するが、多くの内容が含まれている。ヒトの皮膚や小腸では、毎日数百万の細胞が死ぬ。細胞の代謝回転は老化の一形式として考えることもできるが、各個人の死の危険にはなんら影響しない。
5.「老化」という語は、成人の期間に各個人の生存率を減少させる段階的な変化を意味する。老化の現れのすべてが悪ではない。たとえば男性は、禿げたり白髪になったりすることは機能喪失ではない。血管は老化するにつれ柔軟性が次第に失われ、動脈硬化症、脳や心臓の細胞は損傷を受け、心臓発作や脳梗塞を引き起こす。
6.前立腺に多く見られるように、生殖系の細胞のある遺伝子に時間経過とともに変異が蓄積し、ガンの発生率を高める要因となる。老化のプロセスが死の危険性を上昇させている。
7.老化の特性を記述する方法の一つは、ある生物の集団における暦年齢に伴う死亡率の上昇を追跡することである。死亡率とは、人間ではある特定年齢において生存している個体が次の誕生日までに死亡する確率である。欧米では15歳の年間死亡率は0.05%、年間2000人に1人の割合。105歳では1000倍の50%になる。50歳では30倍の1.5%。8年間で2倍になる。
8.人間集団においては、15歳に達した人間の65パーセントは50歳まで生存するが、51歳まで生きるのは64パーセントだけである。65パーセントから64パーセントへの低下は15歳人口の1パーセントの欠損に相当するが、50歳年齢人口については約1.5パーセントに相当する。すなわち50歳年齢の死亡率は年間約1.5パーセントとなる。
9.100万人に1人の割合で生存する105歳を過ぎた人たちが、106歳まで生存する可能性は、104歳の人たちが105歳まで到達する可能性より高い。これらの少数の人々は非常に特別の遺伝子を持っているか、あるいはさまざまな生命の危険に対して幸運にも遭遇しなかったと思われる。
10.年齢に対する死亡率の変化が、すべて老化過程と結びついているわけではない。多くの場合、生殖と連関した危険があるので死の危険率は個体が成熟するに従って上昇する。たとえば雄のアカシカはハーレムを維持するために他の雄シカと激しく争い、彼らの死亡率の上昇は老化と無関係である。
11.人間の集団においては死亡率は思春期を過ぎるとすぐ上昇し始め、子孫をもうける年齢の間を通して上昇し続ける。老化が人の生殖可能期間を短縮してはいるが。同じことは他の生物集団についてもいえる。


yuji5327 at 07:02 
健康 
池上技術士事務所の紹介
261-0012
千葉市美浜区
磯辺6丁目1-8-204

池上技術士事務所(代表:池上雄二)の事業内容
以下のテーマの技術コンサルタント
1.公害問題、生活環境、地球環境
2.省エネ・新エネ機器導入
のテーマについて、
・技術コンサルタント
・調査報告書の作成
・アンケート調査・分析
・技術翻訳、特許調査
を承ります。
有償、無償を問わず
お気軽に下記にメールをください。
ke8y-ikgm@asahi-net.or.jp

工学博士、技術士(応用理学)、
公害防止主任管理者、
騒音防止管理者の資格で
お役に立ちたいと思います。

池上湖心 プロフィール
○略歴
大東文化大卒、
在学中 上條信山に師事
書象会に所属、書象会理事
審査会々員
○作品展の開催
・主宰している「さざ波会」
 作品展を毎年8月開催
(於:稲毛ギャラリー)
・土曜会(グループ展)
 作品展を毎年10月開催
(於:銀座大黒屋)
○公募展の受賞、入選
・日展入選
・読売書法展(現在理事)
 読売奨励賞
 読売新聞社賞
・謙慎展(現在理事)
 春興賞の受賞:2回
○書道教室
・学生:月曜日
・一般:火曜日、水曜日





地域別アクセス

ジオターゲティング

ジオターゲティング
livedoor プロフィール

yuji5327

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード