2013年09月

2013年09月30日

草の香の秋の昼寝となりにけり

IMG_20130928_0002
星野繭句
長谷川櫂解説
秋は
草の実が結ぶころの香り
昼寝をしていると
爽やかな香り
忘れていたものを
思い出す
(読売新聞2013.9.27より)

yuji5327 at 07:06 
池上湖心の書 

漢方薬のふるさと、中医薬のお膝元の中国でも、昨今は、西洋薬のほうが人気が高い。いまや中国は日本を追い抜いて、世界第2位の薬の大量消費国となっている。

「岡本裕著:薬をやめれば病気は治る、幻冬舎、2013年」の「第2章:なぜ医者は薬たくさん出すのか」の「医者は金儲けのために薬を出すのか」「医者は免罪符として薬を出している」「自信がない医者ほど薬を出したがる」「西洋薬の歴史はたったの110年あまり」
は参考になる。印象に残った部分の概要を自分なりに補足して纏めると以下のようになる。
1.日本で普及しているのは西洋薬である。西洋薬と従来の薬、つまり生薬の組み合わせ(漢方薬とか中医薬とか民間薬)との違いを、理解しておく必要がある。
2.薬食同源の考え方に出てくる薬とか、昔から伝わる、たとえば「良薬は口に苦し」などのことわざや言い伝えに出てくる薬は、生薬の組み合わせであって、西洋薬のことではない。昔からの薬と、いまの西洋薬は、同じ「薬」と呼ばれているとはいえ、まったく違う代物である。
3.西洋薬は有効成分が単一つまり1種類の化学物質で、感染症の原因細菌を殺したり、熱や痛みをとったり、血圧を下げたりなど、1つの症状に対して強い効果がある。一方、漢方薬や中医薬などは、複数の生薬を組み合わせた薬で、それぞれの生薬が多くの有効成分を含んでいるので、1つの処方でもさまざまな作用を持っている。したがって、食の延長ととらえることもできる。
4.西洋薬の歴史は意外に短く、人類はこの西洋薬に出会ってまだl10年くらいしか経っていない。西洋薬の第1号は、消炎鎮痛剤として知られているアスピリンです。アスピリンはアセチルサリチル酸という単一の化学物質で、世界ではじめて人工合成された医薬品である。1899年3月にバイエルというドイツの製薬会社で誕生した。
5.医療の歴史のなかでも、西洋薬ははなはだ新参者なのにもかかわらず、西洋薬の人気は絶大である。あっという間に現代医療の主役になった。理由の1つは、即効性にある。不快な症状をたちどころに解消してくれ、血圧、血糖値、コレステロールの値をいっきに下げてくれるので、人が惹きつけられてしまう。、麻酔薬などけ手術にはなくてはならないもので、瞬時に意識や痛みをなくしてくれるから、現代医療の象徴としてもてはやされる。
6.人工的に合成されて次々につくられる西洋薬は、科学技術の粋を集めた人知の結晶である。病気の原因を分子レベルで解明し、分子レベルで病気を治す。それには西洋薬が治療手段となっている。
7.漢方薬のふるさとであり、中医薬のお膝元である中国でも、昨今は、西洋薬のほうが人気が高い。いまや中国は日本を追い抜いて、世界第2位の薬の大量消費国となっている。文明が進むにつれて、西洋薬の消費は増えていく。しかし、西洋薬に対する認識が、その消費の速さに追いついていない。



yuji5327 at 06:58 
健康 

2013年09月29日

Buy My アベノミクス

IMG_20130929_0001
安倍首相
NY証券取引所で演説
世界経済回復のけん引役に
3語で十分
BUY MY ABENOMICS!
日本の防衛費の伸び
中国の10分の1以下
わたしを右翼の軍国主義者と呼びたいならば、どうぞ
中国の矛盾を指摘
集団的自衛権の行使容認
積極的平和主義?


yuji5327 at 07:02 
池上湖心の書 

電化製品に関しては、サムスン、LGが圧倒的である。これがミャンマーの若者たちに大人気。ドラマの中にはサムスンやLGの商品が出てくるので、ここから韓国製品がブームになった。


「池上彰著:知らないと恥をかく世界の大問題4、角川マガジンズ、2013年」の「第5章:一触即発の東アジア〜危険な大国の内と外〜」は参考になる。印象に残った部分の概要を自分なりに補足して纏めると以下のようになる。
1.陸上のほうでも、中国の東南アジア支配は進んでいる。中国の昆明からベトナムのハノイ、ラオスの首都ビエンチャンを結ぶ全長418劼旅眤鉄道が着工。工事費の全額を中国が負担し、ラオスは代わりに2020年まで年間約500万トンの鉱物資源を中国に提供する。今後、中国はこの高速鉄道を、バンコク、マレーシアのクアラルンプール、シンガポールまで延伸することを計画している。
2.中国と陸続きの東南アジアは、やがて中国の圧倒的な資金力にのみ込まれてしまう。一方、中国から戦略的にのみ込まれそうだったミャンマーは「脱中国」の動きで注目されている。ミャンマーは長い間、西側諸国から経済制裁を受けていた。軍部が政権を握り、民主化運動を徹底的に弾圧してきたためである。西側と付き合えなくなったミャンマーに接近したのが中国でした。
3.2011年、テイン・セイン大統領が反旗を翻した。中国はミャンマーのためにダムの建設を計画していたが、この計画を撤回した。このダムが完成した場合、発電される電力の9割は中国へ持っていかれてしまうからである。ダム建設予定地の住民の反対運動もあり、テイン・セイン大統領は、中国ベッタリの姿勢を修正した。
4.長年の軍事政権から民政移管したミャンマーは、軍人だったテイン・セイン大統領が民間から選挙に出て当選したが、国際社会は、かたちを変えた軍事政権の継続だろう、と見ていた。ところが、大統領になると、民主化運動の指導者として自宅軟禁されていたアウン・サン・スー・チー氏に選挙に出るように要請した。共にミャンマーのために働きましょう、と呼びかけ、スー・チー氏との信頼関係を築いた。
5.国際社会は民主化を進めるテイン・セイン政権を支持し、ミャンマーに投資を始めた。2013年1月、約1年ぶりにミャンマーを訪れたが、1年前とは大きく変わっていた。1年前は、スー・チー氏の政治活動が認められたばかりのときで、新聞各紙にはスー・チー氏の写真が氾濫していた。スー・チー氏の写真が出ていれば、飛ぶように売れたが、1年後、スー・チー氏の写真は目立たなくなった。スー・チー氏の登場はごく当たり前のことになり、わざわざ大きく写真を掲載する必要がなくなった。軍事政権国家から、普通の東南アジアの国になっていました。
6.走っている自動車は、そのほとんどが日本車である。自動車は右側通行なので、左ハンドルのほうが都合がいいはずだが、右ハンドルの日本車を乗り回している。問題は路線バスです。日本の中古バスを使っているので、乗降口が逆サイドです。日本のバスは進行方向左側にドアがついているので、ミャンマーでは反対側の右側に無理やりドアをつけて利用している。バスには、日本語がそのまま残っている。「自動扉」など日本語が残っていると、日本製であることがわかり、高く売れる。
7.電化製品に関しては、サムスン、LGが圧倒的である。これがミャンマーの若者たちに大人気。ドラマの中にはサムスンやLGの商品が出てくるので、ここから韓国製品がブームになった。品質は日本のほうがいいが、ソフト面の戦略で韓国に負ける。世界のあちらこちらで起きていることが、ここでも起きている。


yuji5327 at 06:49 
共通テーマ 

2013年09月28日

楽天初V

IMG_20130928_0001
田中投手
初V請負人
甲子園で北海道が初V
駒大苫小牧高校に初優勝
甲子園初2連覇

yuji5327 at 07:02 
池上湖心の書 

韓国は、済州島を豊かにするために、約50万ドルのお金を持ち込めば永住権を与えるなどの政策を打ち出している。

9月27日付の 大前研一さんの「 ニュースの視点」 発行部数176,409部)は『 集団的自衛権・尖閣諸島・韓国済州島〜集団的自衛権における安倍政権の方針を紐解く 』と題する記事である。概要を自分なりに纏めると以下のようになる。
1.9月19日に、自民党の安全保障合同部会が開かれた。政府が集団的自衛権の行使を認める場合、「自衛隊は地球の裏側に行って戦争をするのか」と問われた高見沢官房副長官補は、「『絶対、地球の裏側に行きません』という性格のものではない」との見解を示した。
2.集団的自衛権については、次の3つの質問に答えることで、安倍政権の方針が分かる。 1つ目は、「中近東について米国に従うのかどうか」に対して、中近東は米国が紛争に巻き込まれやすい地域である。「地球の裏側」はイラクやシリアのことで、このケースに当てはまる。2つ目は、「中国に対して米国に従うのかどうか」に対して、中国が武力行使をしてきた場合には、沖縄の米軍が狙われる。その際、日本の領海に侵入してくる前に、米軍に同調して中国に先制攻撃をするかどうかである。3つ目は、「オーストラリア・米国に従い、インドネシアへの攻撃を許可するのかどうか」に対して、日本はオーストラリア・インドネシアのいずれとも良好な関係を維持している。オーストラリアとインドネシアは伝統的に仲がよくない。米国はオーストラリアと軍事同盟を締結している。万一争いが起きた場合、日本は米国に従い、オーストラリアに与するのかどうかである。
3.日本とインドネシアの関係を考えると、おそらく答えは「ノー」である。集団的自衛権については、この3つの質問に「イエス」「ノー」で回答すれば解決する。実際には、米国に依頼されるまでは何とも言えない、というのが日本政府の態度である。
4.ドイツのように、「イラクはノーだが、アフガニスタンはイエス」と、自分たち自身で答えを出せれば良いのだが、今の日本は、米国との関係性がこじれるのを恐れてしまい、 自分たちで判断する力がない。
5.中国の王毅外相は20日、尖閣諸島について、「日本が41年前の日中合意を否定して国有化したため、中国としても対抗措置をとらなければならない」と述べ、日本政府の姿勢を批判した。王毅外相は口が滑ったと思われる。
6.41年前の周恩来氏と田中角栄氏による日中合意というのは、いわゆる2者間で交わされた「密約」である。正式な文書にもなっていない。それを反故にしたと言われても、安倍総理としては「どこにそんな文書があるのか?」と言うだけである。当時の田中派以外は「そんなものは知らない」で済ませることが可能である。
7.こうした背景も理解した上で、大前氏の提案は、密約ベースのものを国と国の約束にするのではなく、もう1度やり直すこと。周恩来氏と田中角栄氏はそれぞれ非常に優秀な政治家だが、ボスの政治家同士で決めたことは、ボスが変わると上手く機能しなくなってしまう、ということである。
8.中国国営新華社通信の情報サイトは、21日、中国の無人偵察機の開発スピードは世界最速、日本を無限に混乱させることも可能と報じた。これに対し日本側も撃ち落とす研究を早速開始した。無人偵察機とは言え、攻撃力を有しているから当然の対応である。これにより、今後、日中間では偶発事故が起こる可能性は非常に高くなった。
9.これは米国が懸念していることの1つである。また中国の元大連市長の薄熙来氏に対して、公金横領や職権乱用などの罪で無期懲役の判決が下った。一方ニューヨーク・タイムズ紙で、莫大な隠し財産を報じられた温家宝首相についてはお咎めなしということで、この中国の対応については世界から批難の声が上がってくる。
10.中国は政治優先の社会であり、司法と行政・立法が独立してはいない。昔から中国の権力闘争というのは、大抵がこのようなパターンである。今後、世界の批判を受けながら、中国はますます信頼を失うことになる。
11.そんな中、中国国営新華社通信は、「韓国人が懸念、『済州島が中国人に乗っ取られる!』」 と題する記事を掲載した。韓国の済州島では中国資本が大規模な不動産開発を行っている。韓国政府に対し、中国人の投資移民の受け入れを再考するよう求める声もあがってきている。
12.これは韓国が済州島を豊かにするために、約50万ドルのお金を持ち込めば永住権を与えるなどの政策を打ち出しているので、致し方ないことである。これまでは済州島に訪れる観光客のトップは日本人だったが、今は完全に中国人である。中国人がお金を落としてくれているので、これを否定するのはおかしな話である。もし、韓国政府がそれを望まないのなら、済州島に対する優遇政策をやめれば良いだけである。


yuji5327 at 06:35 
共通テーマ 

2013年09月27日

シェールガス

IMG_20130925_0002
シェールガス(shale gas)
頁岩(シェール)層から採取される天然ガス
アメリカ合衆国では1990年代から
新しい天然ガス資源として重要視
カナダ、ヨーロッパ、アジア、オーストラリア
潜在的シェールガス資源
2020年までに北米の天然ガス生産量のおよそ半分
世界のエネルギー供給量が大きく拡大
(Wikipediaより)


yuji5327 at 07:14 
池上湖心の書 

血糖値が引っ掛かっても、運動を心がけ食事に注意すれば、たいていは薬に頼らなくても血糖値は下がる。70歳を過ぎたら、やってもやらなくても関係ない。


「奥村康著:健康常識はウソだらけ、ワック(株)、2012年」の「第2章 薬と医者は遠ざける」の「(3)薬も医者もできるだけやめる」「薬を飲むほど病気が治りにくく、危険が高くなる」は参考になる。著者は1942年生まれの順天堂大学医学教授で医学関連の数々の受賞歴のある医師である。大胆な結論にもそれなりの説得力がある。印象に残った部分の概要を自分なりに補足して纏めると以下のようになる。
1.同じ免疫学者の安保徹さんもその著作で、「薬はできるだけ飲むな」ということを主張しているが、安保さんや著者のような考え方は別に特殊なわけではなく、正論である。
2.『ドクターズルール425』(クリフトン・K・ミーダー編、福井次矢訳、南江堂)という1994年に出版された医師のための心得を集めた本がある。アメリカの大学で医学部長などを歴任した編者が、医師のための心得として教育や診療の場で試し、実際に臨床上役立つものを425のルールとしてまとめてある。そのなかで、薬についての次のような記述がある。_椎修覆蕕垢戮討量瑤鮹羯澆擦茵投与する薬の数は最小限にせよ。8果のない薬は中止せよ。て団蠅梁ヾ錣貌丹枩のある薬は存在しない。すべての薬の効力は全身に及ぶ。ハ型佑里曚箸鵑匹蓮服用している薬を中止すると体調がよくなる。
3.日本人の多くは、病気になって医者にかかると、何か薬をもらわないと不安になる。もらった薬を飲んでいれば、病気が治るかのように思っている。その薬が効果があるということは、それだけ強い作用があるわけだから副作用もある。逆に効果がない薬は、短期間であれば体の負担になるほどの副作用はないかもしれないが、長い間飲み続ければ体に負担をかける。高齢になればなるほど、1種類の薬であっても体の負担になる。いろいろな種類の薬を飲み続けたら相当の負担になる。
4.さらに『ドクターズルール425』には、次のような記載もある。”賊,牢躙韻幣貊蠅任△襦8明な方法で、しかもできるだけ短期間利用すること。医者が診ようが診まいが、ほとんどの外来患者の病気は治るものである。
5.通院して、ある症状が出ていればその症状を止める薬を出され、その薬を飲むことによって胃痛などの症状が出れば、またそのための薬を処方される。そのようにどんどん多くの薬が出されるようになる。それが日本の医療の現状である。
6.高齢になれば多少、血圧も高くなるし、疲れやすくなるのも当然である。いまの症状を止めることばかりに気をとられて薬を飲み続けると、かえって病気をつくることにもなる。
7.症状の根源はストレスや疲れがあって、それが病気を引き起こしている。ほとんどの患者は自分が病気になった理由を知っている。いまの医療では薬をどんどん使う。当面の症状を抑えるために薬を処方し、当面の症状は軽くなるが、かえって体に悪い影響を与えている。
8.製薬会社や病院などが、薬を出さなければ利益が上がらなくなり困るということもあるが、患者側も病院や医院に行って、とりあえず薬を出してもらわないと安心しないという心理も大きい。高齢者が頻繁に医者にかかり、たくさんの薬を処方されることによって医療費はどんどん膨らみ、医療保険が危機にさらされることにもなる。
9.健康で長生きしたいと医者にかかり薬をたくさんもらうが、それで逆に健康を損ねることになる。長生きできたとしても、寝たきりになったり、認知症になっては、何のために長生きか疑問になる。
10.定期健診や人間ドックなどの検査で、何かの数値で引っかかることがある。血圧では、正常値とは20〜30代の人が基準になる。60歳以上の正常値ではない。多少注意しなければいけないのは血糖値である。糖尿病が強く疑われる人が890万人、糖尿病の可能性がある人が1320万人で、合わせて全国に2210万人いる(平成19年の国民健康・栄養調査による)と推定されている。
11.歳をとればインシュリンの分泌が悪くなるので、糖尿病も多くなる。日本のように高齢者が多くなれば、必然的に糖尿病患者も多くなる。がんが増えているのと同様である。す。血糖値についてはヘモグロビンAlcは七が基準だが、それ以上の人は注意が必要ということになります。40代、50代でその数値にひっかかったら気をつける必要はある。
12.糖尿病には1型と2型がある。1型糖尿病は、自己免疫の異常が要因の一つと考えられているが、発症の原因はまだわかっていない。膵臓のβ細胞(インスリンを分泌する)が破壊されて、インスリンがほとんど分泌されなくなり、高血糖になり、さまざまな合併症を引き起こす。1型糖尿病は子どもの頃からはじまることが多く、インスリンを投与するインスリン療法が行われる。日本では10万人に1.5人の発症率と数は少なく、糖尿病患者の5%以下である。遺伝の影響が大きい。
13.一般に糖尿病と言われるのは、2型糖尿病である。日本では糖尿病患者の95%を占めている。インスリンの分泌量が少なくなり、筋肉などの細胞がブドウ糖をうまく取り入れることができなくなり、高血糖が起こる。2型の原因も詳しくはわかっていないが、食事、運動、ストレスなどの重複した影響によって起こると考えられている。
14.糖尿病が怖いのは、症状が出ないまま放っておくと合併症を.起こすことである。
糖尿病がひどくなると免疫力も下がる。三大合併症と言われているのは、糖尿病神経障害、糖尿病網膜症、糖尿病腎症である。糖尿病神経障害とは、手足などの末梢神経の障害と心臓、血圧や胃腸の動きを司る自律神経の障害が起こる。糖尿病網膜症とは、目の底にある網膜の血管が悪くなって視力が低下し、悪化すると失明する危険もある。60代までは糖尿の検査数値については、きちんと見ておいたほうがいい。血糖値が引っ掛かっても、運動を心がけ食事に注意すれば、たいていは薬に頼らなくても血糖値は下がる。70歳を過ぎたら、やってもやらなくても関係ない。60歳以上になれば、いろいろな検査数値が健康の範囲から外れて当たり前である。その歳になったら外れていたほうが長生きする。
15.PSAという前立腺がんの指標の検査を医者から勧められるかもしれないが、やってもやらなくても寿命は変わらない。


yuji5327 at 06:55 
健康 

2013年09月26日

芋を食べ秋水を飲み清浄身

IMG_20130925_0001
山影石楠句
長谷川櫂解説
高野山の終戦の秋
半僧半俗の人
(読売新聞2013.9.25より)

yuji5327 at 07:13 
池上湖心の書 

腸は健康を左右する重要な器官であり、体内のリンパ球の約60%が集中してい。神経ネットワークによって全身に情報を伝達する重要な役割を担っている。


「松生恒夫著:腸を温めると体の不調が消える、青春新書、2013年2月」の「第1章:朝食抜きは腸に大きなストレス」「日本人の腸に合った健康法がある」「腸を病気から守るファイトケミカル」は参考になる。印象に残った部分の概要を自分なりに補足して纏めると以下のようになる。
1.腸は体全体の健康を左右している重要な器官であり、口から入った食べ物を、消化・吸収・排泄する唯一の器官であるばかりか、体内のリンパ球の約60%が集中しているうえ、「第2の脳」ともいわれ、脳に次いで神経細胞が集中する器官でもある。生命活動を支える栄養素を吸収し、独自の神経ネットワークによって全身にさまざまな情報を伝達する重要な役割を担っている。
2.重要な器官である腸が、過度のストレスにさらされ、腸の基本的な運動が低下してしまい、本来の機能を果たせなくなっている状態を「停滞腸」と名づけている。停滞腸であるかどうかは、内視鏡で見れば一目瞭然で、健康な腸は美しいピンク色をして弾力があるが、停滞腸は色がくすみ、形は張りが失われたように見える。さらに黒いシミ(大腸メラノーシス)のようなものができていることも多い。
3.見た目にも美しい健康な腸を取り戻すために、食生活の改善が重要である。とくに偏った食生活と、脂肪過多の食事(動物性脂肪)を改めることが重要である。また、食事の内容ばかりではなく、朝食抜きの食習慣、あるいは睡眠時間の減少や慢性的な運動不足、住環境や労働環境の悪化などによる精神的ストレスの増大なども、すべて腸のストレスになっている。
4.日常のさまざまな活動によって活性酸素は発生する。活性酸素は、細菌やウイルスを殺すという免疫機能に欠かせないが、過剰な活性酸素は体をサビつかせ、悪影響を与える。そのため、人体には活性酸素を消去する抗酸化システムがある。このシステムにおいて、重要な役割をはたしてくれるのがファイトケミカルのなかの抗酸化物質である。
5.ファイトケミカルは、ギリシャ語で植物を意味するファイトと、英語で化学を意味するケミカルからなる言葉であり、植物に含まれる化学成分の総称である。この物質は、動物のようには動けない植物が、紫外線や雨、外敵などから身を守るために作りだした天然成分で、その約90%は野菜や果物など、人が日常的に食べている食品に含まれている。
6.その種類は約1500種類である。ファイトケミカルが豊富に含まれている植物や野菜は、強い雨にさらされても簡単には腐らない。また、動物に食べられないために、独特な臭いや苦味の成分を持っている。
7.ファイトケミカルは、植物だけが作れる成分であり、人間や動物が作りだせるものではない。これまでの栄養学では定義することができない7番目の栄養素である。6番目までは、炭水化物、たんぱく質、脂質、ビタミン、ミネラルと、食物繊維である。
8.ファイトケミカルは、以下のように6種類に大別できる。
.櫂螢侫Д痢璽襦А/∧の色素や灰汁の成分などで、抗酸化力が強い。エキストラバージンオリーブオイル(以下、EXVオリーブオイルと表記)のオレウロペイン、赤ワインのレスベラトロールなど。
含硫化合物(硫黄化合物): ニンニクやタマネギなどの香りのもとで、ブロッコリーや白菜などのアブラナ科の野菜のイソチアネート類、ワサビやカラシのアリルイソチアネート、ニンニクやネギなどのシステインスルポキシド類などがある。
脂質関連物質:ニンジンのβーカロテン、トマトやスイカのリコピン、ホウレンソウのルチン、ミカンのβークリプトキサンチンなどがある。
ぅ▲潺了栖慙∧質:アスパラガスのグルタチオンなど。
ァ々甬だ分:バナナなどの香気成分であるオイゲノール、柑橘類のリモネンなど。
ε質関連物質: キノコ、大麦のβーグルカン、海藻のフコダイン、リンゴのペクチンなどがある。
9.ファイトケミカルを含む食品を効能別に見ると、以下のように分類される。
々鎧晴什醉僂鮖つもの: オリーブオイル、赤ワイン、赤じそ、クランベリー、緑茶、トマト、スイカ、タマネギ、ニンニクなど。
発がん物質を抑制するもの: ブロッコリー、キャベツ、白菜(以上アブラナ科の野菜)、ワサビ、カラシ、マスタード、ニンニク、ネギ、大豆、スイカ、トマト、キノコ類など。
L髪嵶呂鮃發瓩襪發痢А.ャベツ、ニンジン、ニンニク、ネギ類、クランベリー、キノコ類、バナナ、海藻類、白菜など。
10.ファイトケミカルが多く含まれる果物にはそのほかに、キウイ、グレープフルーツ、マンゴー、ブドウ、オレンジ、リンゴ、スイカ、モモ、ナシなどがある。これらの食材とはたらきを覚えておき、腸を酸化ストレスから守るためにも、毎日の食卓に意識して取り入れたい。



yuji5327 at 06:59 
健康 
池上技術士事務所の紹介
261-0012
千葉市美浜区
磯辺6丁目1-8-204

池上技術士事務所(代表:池上雄二)の事業内容
以下のテーマの技術コンサルタント
1.公害問題、生活環境、地球環境
2.省エネ・新エネ機器導入
のテーマについて、
・技術コンサルタント
・調査報告書の作成
・アンケート調査・分析
・技術翻訳、特許調査
を承ります。
有償、無償を問わず
お気軽に下記にメールをください。
ke8y-ikgm@asahi-net.or.jp

工学博士、技術士(応用理学)、
公害防止主任管理者、
騒音防止管理者の資格で
お役に立ちたいと思います。

池上湖心 プロフィール
○略歴
大東文化大卒、
在学中 上條信山に師事
書象会に所属、書象会理事
審査会々員
○作品展の開催
・主宰している「さざ波会」
 作品展を毎年8月開催
(於:稲毛ギャラリー)
・土曜会(グループ展)
 作品展を毎年10月開催
(於:銀座大黒屋)
○公募展の受賞、入選
・日展入選
(平成28年度、国立新美術館にて開催)
・読売書法展(8月開催、現在理事)
 読売奨励賞
 読売新聞社賞
・謙慎展(3月開催、現在理事)
 春興賞の受賞:2回
○書道教室
・学生:月曜日
・一般:火曜日、水曜日





地域別アクセス

ジオターゲティング

ジオターゲティング
livedoor プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード