2014年02月

2014年02月28日

ウクライナ

IMG_20140225_0001
ウクライナで、欧米寄りの暫定政権
ロシア系住民が多い南部
人口の60%以上
自治権の拡大住民投票の実施
ロシアの軍事演習を注視
IMF=国際通貨基金
ウクライナ経済の立て直し調査団
イギリスのキャメロン首相
ドイツのメルケル首相
ロシアをけん制
(NHKニュースより)

yuji5327 at 07:16 

レバノンに住む人は、内戦の殺し合いに飽き飽きし、それぞれの宗教を認め合い尊重しながら共生している。宗教は違っても、努力すれば共生できることをこの国は教えてくれている。


「池上彰著:知らないと恥をかく世界の大問題4、角川マガジンズ、2013年」の「第4章:過激なアラブの夏がやってきた〜中東・アフリカの戦いの現実」は参考になる。印象に残った部分の概要を自分なりに補足して纏めると以下のようになる。
1.レバノンにもシリア難民が多く住んでいる。レバノンは18もの宗派が混在するモザイ
ク国家である。15年にもわたる宗派間による内戦を経て、岐阜県ほどの狭い土地に420万人が暮らしている。イスラエルと長きにわたって紛争を続けてきた。「アメリカに死を〜-・イスラエルに死を〜!」とシーア派の多数の若者が叫びながら行進する光景は異様だった。
2.アシュラという宗教行事がある。ムハンマドの孫にあたるイマーム・フセインの死を悼む、フセインの無念さと苦しみを追体験する行事である。
3.山が多いレバノンは身をひそめるのに絶好の場で、その地形がユダヤ教、イスラム教、キリスト教など、多様な宗教を混在させるモザイク国家をつくった。中東の国なのにキリスト教徒が多いのも特徴である。宗派間の微妙なバランスを保つことで成り立っている。
4.レバノンで一大勢力を築きつつあるのが、イスラム原理主義過激派組織「ヒズボラ」である。レバノンの国軍より実力があるともいわれている。ヒズボラは1982年、イスラエルが侵攻してきたときの抵抗勢力として生まれた。イスラエルに抵抗する「神の党」という意味の組織である。
5.ヒズボラはイスラム教シーア派なので、シーア派国家のイランや、やはりシーア派政権のシリアから支援を受けてきた。当然、イスラエルと蜜月関係のアメリカとは敵対関係にある。実に多様な宗派が、微妙なバランスを維持して共存している。
6.レバノンがモザイク国家になったのは、フランスに大きな歴史的責任がある。第1次世界大戦中、このあたりは広くオスマン帝国が支配していた。オスマン帝国と戦争をしていたイギリスとフランスは、オスマン帝国が崩壊したら、イギリスとフランスでこの辺の土地を山分けする、と密約した。.第1次世界大戦が終わり、オスマン帝国は崩壊し、トルコ共和国として大変小さくなった。残ったイラク、クウェートのあたりをイギリスが、シリアのあたりをフランスが支配することになった。
7.フランスに支配されているシリア南西部あたりのキリスト教マロン派の人たちが独立運動を始めた。独立されると困ると思ったフランスは周辺のイスラム教徒が住んでいるところをまとめて、そこにレバノンとして独立地区をつくった。その後、レバノンは独立し、さまざまな宗派を抱え込むことになった。
8.レバノンに住む人は、内戦の殺し合いに飽き飽きし、それぞれの宗教を認め合い尊重しながら共生している。宗教は違っても、努力すれば共生できるということをこの国は教えてくれている。


yuji5327 at 07:01 
共通テーマ 

2014年02月27日

観梅

IMG_20140225_0004
千葉県の梅の名所
千葉市緑区 昭和の森 300本
千葉市中央区 青葉の森公園 約1000本
館山市 城山公園(梅園) 約200本
野田市 清水公園 約200本
成田市 成田山公園内梅林 約460本
香取市 阿玉台貝塚梅林
横芝光町 坂田城跡梅林 約1200本
長柄町 生命の森リゾート 500本
(www.rurubu.com/season/winter/ume/ より‎)








yuji5327 at 07:11 
池上湖心の書 

日本の開業医で人気があるのは、皮膚科、形成外科、眼科、精神科など。訴訟王国の米国でもほぼ同じでである。


「岡本裕著:9割の病気は自分で治せる、中経出版、2009年」の「第1章:医療現場の今、医者が避けるのは命を救う仕事」は共感するところが多い。印象に残った部分の概要を自分なりに補足して纏めると以下のようになる。
1.今の医者の卵たちがどんな医者になりたいのかを知ることは、今後の日本の医療の行く末をうらなう上で、重要な手がかりとなる。2004年に新臨床研修制度がスタートした。この新しい臨床研修制度は、今まで各大学が主導でやっていた卒後研修とは異なり、厚生労働省の一括管理の下、内科、外科、小児科などを回る2年間の臨床研修を必修化した。2006年、2年間の新研修制度を終えたはじめての医者の卵たちの、その動向に注目が集まった、結果についてはいろいろなメディアが発表しているが、研修前に希望した診療科と、研修後に実際に希望した診療科の比率に注目したい。
2.最も減少率が大きかったのは、脳神経外科(42%減)、次いで外科(33%減)、小児科(28%減)と続いた。一方、逆に増えたのは、形成外科(41%増)、皮膚科(24%増)、麻酔科(23%増)などだった。仕事がきつく、しかも生命に直接かかわる診療科への希望が減っている。脳神経外科などは直接、命にかかわる。一方、形成外科などは、美容整形をはじめとして命のやりとりに直面する場面はほとんどない。報われる度合いが同じであれば楽な方がいいに決まっている。
3.いろいろなアンケート結果を見てみても、共通して挙げられていることは、できるだけ「当直は避けたい」「緊急業務は避けたい」「命にかかわることは避けたい」「訴訟リスクは避けたい」、そして「拘束時間が短いほうがいい」「報酬が多いほうがいい」というものである。
4、医者の卵たちが研修後に嫌った脳神経外科をはじめとして、心臓外科や救急外科など外科系の仕事は激烈を極めるので、若いうちならまだしも、ずっと続けるには確かに大変な仕事である。また、産婦人科や小児科は緊急業務も多ければ、訴訟リスクも非常に高い診療科なので、心労も少なくない。
5.30代も後半にもなれば、勤務医をやめて内科などで開業するケースが多い。こういった医者を"転科組"と言う。街中で「内科、外科」「内科、脳神経外科」「内科、産婦人科」「内科、小児科」などという看板を見かけるが、もともとは外科医、脳神経外科医、産婦人科医、小児科医だったと想像できる。
6.専門分野だけを掲げて開業しても、採算が取れるほど患者は集まらない。できるだけポピュラーな科として内科を掲げている場合が少なくない。それだけ、専門医をやめた転科組が多いということを示している。
7.人気があるのは、皮膚科、形成外科、眼科、精神科などである。原則的には緊急性もなく、比較的自由に時間を使うことができるし、あまり命にかかわることもない。この傾向は米国でもほぼ同じで、やはり皮膚科、精神科が希望のランク上位を占めている。このことは訴訟王国である米国の事情を端的に反映している。
8.米国では昨今、あまりにも医療訴訟が多すぎて、医師への希望者そのものが減る傾向にある。命がけで命を救うことは、まさに命がけなのである。日本も早晩、命をかけて命を救おうという医者はいなくなってしまうのではないかと、心配になる。
9.医者そのものがヒューマニズムの心を失ってしまったということでは決してない。命をかけて命を救うに見合う環境整備が日本にはない。金銭的なことだけに限らない。医療訴訟をめぐる問題や、年齢を経てからのリクルートシステムが整備されていないなど、さまざまな理由がある。





yuji5327 at 06:56 
健康 

2014年02月26日

ウクライナ

IMG_20140225_0001
今年、欧州に革命の喧噪が再び
ウクライナの反乱劇はまだ始まったばかり
欧州の出番の到来
キエフで革命今回が初
ウクライナ:4600万人
民主的な国を期待
汚職にまみれた政治家
経済のメルトダウン寸前
大統領自身の政治的な無能さ
ウクライナとグルジア
米国主導のNATOに引き込み
プーチン大統領は腕力で応じた
(JBpressより)

yuji5327 at 06:59 
池上湖心の書 

イラン製のミサイルがガザ地区に入っていたのは、エジプトから地下トンネルを通ってガザ地区に密輸されていた。モルシ大統領になってからは、密輸が大っびらになった。


「池上彰著:知らないと恥をかく世界の大問題4、角川マガジンズ、2013年」の「第4章:過激なアラブの夏がやってきた〜中東・アフリカの戦いの現実」は参考になる。印象に残った部分の概要を自分なりに補足して纏めると以下のようになる。
1.アラブの春以降、イスラエルとパレスチナのイスラム原理主義過激組織「ハマス」の衝突も激しさを増した。イスラエルに住んでいるのはユダヤ人とイスラエル国籍を持つアラブ人、パレスチナに住んでいるのはアラブ人である。
2.パレスチナの土地にはもともとアラブ人が住んでいた。第2次世界大戦後、流浪の民・ユダヤ人による国「イスラエル」が建国されたことで、アラブ入は難民となり、「パレスチナ難民」として、パレスチナ人と呼ばれるようになった。これが中東問題である。この問題の解決を仲介したノルウェーの尽力により、パレスチナ自治区が認められることになった。「ガザ地区」と「ヨルダン川西岸地区」である。
3.自治区発足当初は、カリスマ指導者アラファト議長がいたため、パレスチナはひとつにまとまっていたが、アラファト議長が亡くなって、パレスチナ自治区は分裂し、ヨルダン川西岸地区は穏健派のファタハが統治、ガザ地区は過激派のハマスが支.配した。
4.2012年11月14日には、パレスチナ自治区のガザ地区を支配しているハマスの軍事部門のトップをイスラエル軍が空爆で殺害した。イスラエルは日常的にハマスの幹部を暗殺してきたが、このときは大物のトップだったのでニュースになった。
5.イスラエルがハマス幹部を暗殺したのは、ハマスが、これまで手製のミサイルを毎日のようにイスラエル側に撃ち込んできたからである。幹部を殺害されたハマスは怒り、新型ミサイルを使用。これが、遠く離れた大都市テルアビブ近郊まで屈いた。これは、イラン製のミサイルだった。ハマスはスンニ派、イランはシーア派だが、同じ「反イスラエル」でつながっている。
6.新型ミサイルの脅威に直面したイスラエルは、連日ガザ地区を空爆した。さらに地上部隊を侵攻させる構えを見せたことで、エジプトのモルシ大統領が仲介に入って、とりあえず停戦となった。
7.ムスリム同胞団は中東各地に影響力を持っていて、中東の主な国にはほとんどムスリム同胞団の支部や、同胞団系の組織がある。ハマスも、昔はムスリム同胞団パレスチナ支部だった。
8.イラン製のミサイルがガザ地区に入っていたのは、エジプトから地下トンネルを通ってガザ地区に密輸されていた。エジプト前大統領のムパラク政権時は、親米だったので、地下トンネルを取り締まっていた。しかしモルシ大統領になってからは、ハマスに同情的になり、密輸が大っびらに行われるようになった。


yuji5327 at 06:40 
共通テーマ 

2014年02月25日

大雪被害

IMG_20140225_0002
関東甲信地方記録的大雪
栃木、群馬、埼玉、東京、山梨、長野
農業被害額が計約621億円
倒壊した農業用ハウス
群馬県キュウリやイチゴなど
農作物の被害は約147億円
農業用ハウスなど施設への被害は約92億円
埼玉県は約229億円
深谷市では全ハウスの約7割、1627棟が倒壊
東京都は約2億8200万円
コマツナやホウレンソウ被害は2500万円
(日経新聞より)

yuji5327 at 07:11 
池上湖心の書 

韓国という国は、大局に立って物事を見ることができない。沈没間近の中国にわざわざ擦り寄るのも、大局観のなさが原因。中韓が生き残る道は、日本といい関係をつくるしかない。


「黄文雄、石平著:中国はもう終わっている、徳間書店、2013年」が面白い。「第3章:日中はこうして激突する」の印象に残った部分の概要を自分なりに補足して纏めると以下のようになる。
1.日本国内の一部メディアでは、まだ「なぜ、中国と首脳会談を開かないのか」といった批判が飛び交っているが、安倍首相のほうから急いで日中会談をする必要はない。領土問題で中国に譲歩してまで会う必要はまったくない。
2.アベノミクスとTPPに力を入れていけば、中国の弱体化が進み、中国のほうから「会ってほしい」と頼んでくるはずである。中国側は日中首脳会談を開く前提条件として、「尖閣問題の棚上げ」を要求しているが、会談開催のために条件をつけるのは、中国外交の常套手段である。台湾の民進党や国民党に対しても、最低限の条件を突きつけて、それを飲むならば会談に応じるというやり方である。
3.中国はそれなりの大国だが、韓国くらいの国が日本に恫喝外交するというのは身分不相応である。李明博前大統領も、「日本の天皇が韓国を訪問したいなら、まず謝罪しろ」と発言したが、それは彼らの願望でしかない。
4.最近の韓国は、ますますおかしな方向に進んでいる。2015年に、韓国軍の統帥権がアメリカから返還される予定だが、韓国軍の統帥権は、朝鮮戦争以来、アメリカに委ねられていたが、盧武鉉政権時代にアメリカに返還要求しのは盧武鋏の国内向けのポーズであって、まさか本当にアメリカがこれを認めるとは思っていなかった。アメリカはこれを認めたので、、戦争時に軍隊を率いたことのない韓国は、2012年に返還される予定を延長してもらい、2015年の期限切れ以降は、朝鮮有事の際には韓国軍が自ら作戦を指揮しなくてはならなくなる。
5.同盟国のアメリカも参戦してくれるが、問題なのは、韓国が日本の「集団的自衛権」の行使に反対していることである。集団的自衛権の行使が可能になれば、仮に北朝鮮がアメリカ軍を攻撃した場合、日本も同盟国として北朝鮮の攻撃に反撃することができる。これは韓国にとっても有益であるはずだが、韓国は日本の集団的自衛権行使について、「軍国主義の復活」として反対している。
6.韓国という国は、大局に立って物事を見ることができない。沈没間近の中国にわざわざ擦り寄るのも、そうした大局観のなさが原因である。中韓が生き残る道は、頭を下げて日本といい関係をつくるしかないのに、変な意地を通している。韓国を待っているのは、中国の属国になって中国と共倒れになるという、哀れな将来である。
7.中国にとって韓国が擦り寄ってくることで都合がいいのは、北朝鮮をうまく制御するためのパワーとなることである。北朝鮮の指導者が賢ければ、急いで日本との関係を修復しようとするはずである。さもないと、中国と韓国の間に挟まれて、生きていく道がない。
8.日本に対して拉致問題を完全に解決し、それから日本との国交正常化を図り、それをステップにして、次はアメリカと関係改善に動く。そこまで踏み切るかどうかはわからないが、2013年5月の飯島勲内閣官房参与の電撃訪朝は、その布石かもしれない。


yuji5327 at 06:47 
共通テーマ 

2014年02月24日

オリンピック健闘

IMG_20140215_0001
ソチ冬季五輪
テロの脅威の異例の五輪
日本選手は、金1、銀4、銅3の計8個のメダル
金5個を含む10個の長野五輪(1998年)に次ぐ
スノーボード女子パラレル大回転で竹内智香選手の銀メダル
フリースタイルスキー女子ハーフパイプで小野塚彩那選手が銅メダル
スキージャンプの葛西紀明選手(41)
高梨沙羅選手次のオリンピックに向け始動
スピードスケートでのオランダの強さ
オランダの技術者が製氷したリンク


yuji5327 at 07:10 
池上湖心の書 

世界の3人に1人がイスラーム教徒と予想される2050年には、パキスタン、インドネシア、ナイジェリア、バングラデシュ……という人口順になる。

「小杉泰著:現代イスラームの宗教文化と政治・社会、学士会報 No.903(2013-)」は参考になる。「イスラーム世界の現在」の印象に残った部分の概要を自分なりに補足して纏めると以下のようになる。
1.現在のイスラーム世界は約17億人、世界人口の23%を占めている。1950年には世界人口の15%だったが、2050年には約33%に増えると予想される。国際戦略の観点からも、イスラーム世界とどう付き合うかは、日本にとって今後重要なテーマとなる。
2.イスラーム協力機構に加盟しているのは57ヶ国である。パレスチナは独立国家ではないので、正確には56ヶ国+1地域だがが、イスラーム世界ではパレスチナは国と認められている。この機構に加盟していない国でも、国内にイスラーム教徒がマイノリティーとして集住している国に、フィリピン南部、中国新彊ウイグル自治区などがある。それらを含めると、約110の国が何らかの形でイスラームに関係している。
3.イスラーム世界は歴史的にアラビア半島から東側の西アジア・中央アジア・南アジア・東南アジアと西側の地中海地域、アフリカに広がっているが、イスラームのいなかった南米にも移民の増加によって徐々に拡大し、現在、スリナムとガイアナの二ヶ国がイスラム協力機構に加盟している。
4.ヨーロッパや北米にもイスラーム世界は広がりつつある。17億人のうち3分の2近くがアジアに、3分の1がアフリカに、その残りが北米や南米にいる。人口順で見ると、インドネシア、南アジア3ヶ国(パキスタン、バングラデシュ、インド)、ナイジェリア、中東3ヶ国(エジプト、トルコ、イラン)である。インドのイスラムは全人口の約15%で、インド国内ではマイノリティーである。12億人強の15%なので、日本の全人口よりも多い。
5.イスラームは中東の宗教というイメージがあるが、人口順には低いので意外に思われるが、なお、世界の3人に1人がイスラーム教徒と予想される2050年には、パキスタン、インドネシア、ナイジェリア、バングラデシュ……という人口順になるだろうと言われている。
6.ヨーロッパが、言語、民族、人種、国が多種多様であるのと同様に、イスラーム世界も本当は多様性に富んでいる。しかし、我々はイスラーム世界を単一であるかのように想像しがちである。イスラーム法の存在が大きいからと思われる。イスラーム法は、「法」と付いているが、いわゆる「法律」とは違う。「法律」と呼ぶには、倫理的な部分や道徳的な部分や宗教的な部分があり、「宗教」と呼ぶには、世俗や政治に関わる部分や、民法や刑法や国際法に関わる部分が含まれる。イスラーム世界はこのイスラーム法を共通の土台とし、共通の戒律があるので、単一に見える。
7.戒律に関して、ラマダーン(断食月)を例にとれば、イスラーム教徒はラマダーンの時期は日の出前から日没までの問、断食する。14時間から16時間、飲み食いができないので、厳しい戒律という印象だが、夜は飲食をして良いので、皆で集まっていつもより豪華なご馳走を食べ、夜通しお茶会をし、毎日がいわばお祭りである。その様子を見ると、厳しい戒律とは思えない。
8.イスラームの戒律は、地域や民族に関係なく同じルールが適用される。戒律の中には、みんなで仲良くご飯を食べよう、というルールもある。イスラームでは、ご飯を食べる時は独り占めせずに分け合わなければならない。イスラーム法は、弱肉強食を否定し、貧しい人を助け、敗者復活を推進する価値体系である。これは既存の国際社会に対する強い異議申し立てと言える。イスラーム協力機構内部でも、豊かな産油国から貧しい非産油国へ水平援助が盛んである。




yuji5327 at 06:48 
共通テーマ 
池上技術士事務所の紹介
261-0012
千葉市美浜区
磯辺6丁目1-8-204

池上技術士事務所(代表:池上雄二)の事業内容
以下のテーマの技術コンサルタント
1.公害問題、生活環境、地球環境
2.省エネ・新エネ機器導入
のテーマについて、
・技術コンサルタント
・調査報告書の作成
・アンケート調査・分析
・技術翻訳、特許調査
を承ります。
有償、無償を問わず
お気軽に下記にメールをください。
ke8y-ikgm@asahi-net.or.jp

工学博士、技術士(応用理学)、
公害防止主任管理者、
騒音防止管理者の資格で
お役に立ちたいと思います。

池上湖心 プロフィール
○略歴
大東文化大卒、
在学中 上條信山に師事
書象会に所属、書象会理事
審査会々員
○作品展の開催
・主宰している「さざ波会」
 作品展を毎年8月開催
(於:稲毛ギャラリー)
・土曜会(グループ展)
 作品展を毎年10月開催
(於:銀座大黒屋)
○公募展の受賞、入選
・日展入選
(平成28年度、国立新美術館にて開催)
・読売書法展(8月開催、現在理事)
 読売奨励賞
 読売新聞社賞
・謙慎展(3月開催、現在理事)
 春興賞の受賞:2回
○書道教室
・学生:月曜日
・一般:火曜日、水曜日





地域別アクセス

ジオターゲティング

ジオターゲティング
livedoor プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード