2014年10月

2014年10月31日

拉致日朝会談

IMG_20141029_0005
収穫のない会談
過去の結果にとらわれない
別の角度で調査を
これからやる
が会談の成果だと?
これでは拉致被害者を
全く失望させる
日本の交渉団
しかっりしてください。

yuji5327 at 06:49 
池上湖心の書 

定常型社会を提唱し、すでに人口も利子率も国民総生産も定常化しつつある日本こそ、世界に先駆けて成長なき社会の設計に転じるべきだ。

「山崎正和著:地球を読む、定常型社会、読売新聞。、2014年10月27日」は面白い。概要を自分なりに纏めると以下のようになる。
1.最近、「定常型社会」を提唱する本を、3冊読んだ。広井良典氏の『定常型社会 新しい「豊かさ」の構想』、岸田一隆氏の『3つの循環と文明論の科学』、水野和夫氏の『資本主義の終焉と歴史の危機』である。
2.定常型社会とは、人口と経済の成長が限界に達した社会のことであり、生産の膨張をこれ以上は求めようとしない社会である。定常型社会論は高齢化と人口定常化の観点を加え、一切の成長を断念しようと訴える。
3.3人の著者の問題意識は微妙に違うが、いずれも長い歴史の中に21世紀を位置づけ、現代が過去に例のない崖っぷちに立っていることを指摘する。最も目立つのは資源枯渇と環境破壊だが、人口も最後の爆発を迎えながらその後の高齢化と衰退の予兆を見せている。経済は商品の生産による利潤獲得の道をふさがれ、IT空間の金融に活路を模索しているが、これは富の増大をもたらすことなく、貧富の差の拡大の要因になるばかりである。
4.研究者広井氏は科学史を専門とするが、仮に資源の埋蔵量が現在の推計の倍あるとしても、2040年頃、人口が約95億に達した時点で破局を迎えるという。少なくとも21世紀後半、人口と資源消費は均衡のとれた定常点に向かうほかないと考える。
5.岸田氏は物理学者だが、人類の飛躍はこれまで3回あったという。第1は新生人類が10万年前に言語を持って世界に広がったとき、第2は1万年前に農業と定住を知った文明が始めたとき、第3は18世紀に産業革命を興したときである。近代300年が有史以来の1万年に匹敵するという。無理を重ねた近代社会は環境破壊を極め、自然の再生産や浄化の能力を完全に圧倒してしまった。人為が自然を侵食する「環境占有面積」という指標で見ると、06年の人類は地球10.4個分を消費し、日本人並みの生活なら2.4個分、アメリカ人並みの生活なら5.3個分消費した計算になるという。のである。
6.水野氏は経済を專攻する角度から問題を提起する。着目されるのは利子率、利潤率の低下であり、それを引き起こす原因となる交易条件の悪化である。交易条件とは、輸出する商品と輸入する原材料の価格比のことだが、先進国にとって、商品価格に対する材料費の高騰は不可逆の傾向を見せている。 環境問題は別として、資源問題だけをとりあげても資本主義を支える基本条件が自然の限界にある。史上最初の利子率の低下は17世紀のジェノバで起こったという。主要商品のワイン生産が頭打ちになったからだが、行く先を失った資本はスペインの欧州支配へと流れた。やがてこれも飽和に達すると、資本は英国に移って産業革命と東洋貿易に活路を開いたものの、数百年の曲折を経て結局は米国に集中した。新興国の実物経済の段階では利潤率は上がるが、資本が生産を離れて金融に移ると利潤は下がり、国家そのものも衰退に向かう。今日の米国もIT空間という新しい経済圏で成功しているかに見えるが、国民全体の富は一向に増大していない。BRICS(ブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカの5か国)のような新興国がこれに代わることは、資源枯渇がその前途を阻んでいる。
7.3人は、独自に定常型社会を提唱することになる。水野氏は先鋭的で、すでに人口も利子率も国民総生産も定常化しつつある日本こそ、世界に先駆けて成長なき社会の設計に転じるべきだという。目標への移行過程をどうするか、という点で問題はある。
8.岸田氏が最も現実的であって、科学技術の進歩が変化の痛みを緩和しうると予測する。「つなぎのエネルギー」として原子力の使用を続け、そのために芽生えつつある核廃棄物処理の技術を発展させる。藻類や細菌を使って新資源を創出し、塩害に強い稲を生んで海上で育てる。並行して科学コミユニケーションを強化し、徐々に国民の理解と価値観の変化を誘おうという提案は共感できる。
9.そのためには科学進歩の予測を精密化する科学が必要であり、科学報道を担う人材の飛躍的な育成にも努める。広井氏は、医療、教育、娯楽、文化といった、いわゆる第3次、4次産業の領域に目をつけ、資源や環境を浪費しないこの分野の成長に期待する。物質の消費から「時間の消費」へ転換しようという提案だが、この分野の経済効率についてさらに精密な予測が欠かせない。
10.経済学の世界で定常型社会を説く人が少数派である。「ローマ・クラブ」がかつて『成長の限界』を発表したとき、その警告がどんな怪訝の目で見られた。今では人類は高齢化、自然災害の激増、資源価格の高騰、資本の実体経済からの遊離を目撃している。定常型社会の提唱は、博学で理性的な知者によって学際的に行われている。ジャーナリズムは提唱をまじめに受けとめ、論議を深めるべきである。


yuji5327 at 06:40 
共通テーマ 

2014年10月30日

エボラ出血熱

IMG_20141029_0004
50-80%という死亡率
人類が発見した最も危険なウイルス
発病者が出た地域のエボラ川から命名
80 - 800 nmの細長いRNAウイルス
ひも状、U字型、ぜんまい型など多種多様
初めて発見されたのは1976年
感染者数284人、死亡者数151人
ウマヅラコウモリ等が自然宿主
ハマダラカが、媒介しているという学説
ドアノブやスイッチやハンドルなど
汚れを落とし消毒する必要
手は石鹸を使って洗う必要
緑茶などに含まれるカテキンはエボラ感染予防に効果
犬はエボラウイルスに感染する可能性を否定できない
患者のペットの犬は、安楽死
消毒薬
次亜塩素酸ナトリウム
ジクロルイソシアヌール酸ナトリウム顆粒
加熱消毒では60℃、60分
煮沸消毒でも、5分
富山化学工業が開発したインフルエンザ治療薬『ファビピラビル』
疫病のマウスモデルにおいてエボラウイルスを排除する効果
生態への影響・流行[編集]
ゴリラやチンパンジーも感染ルートの一つ
感染病患者の葬送には火葬が義務付け
(Wikipediaより)


yuji5327 at 07:00 
池上湖心の書 

公的な謝罪、歴史的不正に対する共同責任、家族や同胞がたがいに負う特別な責任、仲間との連帯、村やコミュニティや国への忠誠、愛国心、自国や同胞に感じる誇りと恥。


「マイケル・サンデル著、鬼澤忍訳:これからの「正義」の話をいよう・・・いまを生き延びるための哲学、早川書房、2010年」の著者はハーバード大学教授で専門は政治哲学である。類まれなる抗議の名手として知られているわけがうなづける内容である。「第9章 たがいに負うものは何か? 忠誠のジレンマ」の「兄弟の責任1:バルジャー兄弟」の印象に残った部分の概要を自分なりに補足して纏めると以下のようになる。
1.ビルとホワイティという兄弟は、団地で子供が9人いる家庭に育った。ビルは古典を学ぶ勤勉な学生で、ボストンカレッジで法律の学位を取得した。兄のホワイティは高校を中退し、街をぶらついては窃盗などの犯罪をくり返していた。
2.2人はそれぞれの世界で台頭していった。ビルは政界に入り、マサチューセッツ州上院議長を務め、それからマサチューセッツ大学学長を7年間務めた。ホワイティは銀行強盗に手を染め、連邦刑務所で刑期を務めたあと、ウィンター・ヒル・ギャングという非情な暴力団の首領にのし上がった。19件の殺人容疑で告発されたホワイティは、逮捕を避けるため逃亡した。いまだに捕まっておらず、FBIの「10大重要指名手配犯」のリストに載っている。
3.ビルは逃亡中の兄と電話で話したが、その所在は知らないと言明し、当局の捜査への協力を拒んだ。ウィリアムが大陪審で証言した際、連邦検事は兄についての情報を提供するよう求めたが、無駄だった。彼を捕まえようとする人に協力する義務は私にはないと言った。
4.論説委員や新聞記者は批判的だった。あるコラムニストは「彼は正しい道をとらずに、ギヤングの掟に従った」。兄の捜査への協力を拒んだことで世間の非難にさらされ、ビルはマサチューセッツ大学の学長職を辞した。なすべき正しいことは、殺人事件の容疑者を司法へ引き渡すための協力だが、家族の忠誠はこの義務より優先された。
5.デイヴイッドの兄テッド・カジンスキーはハーヴァード大学卒の数学者だつたが、その後、ユナボマー(爆弾テロ犯)になり隠遁生活に入り、近代産業社会を嫌悪してモンタナ州の山小屋に住んでいた。デイヴイッドはもう10年ほど、兄に会っていなかった。悩みに悩んだすえ、デイヴィッドは自分の兄ではないかとFBIに通報した。
6.連邦捜査員がの小屋を張り込み、テッドを逮捕した。死刑が求刑された。自分が兄を死に追いやるのだと考えると、胸が張り裂けそうだった。検察はテッドが有罪を認めるのと引き換えに、仮釈放なしの終身刑を言い渡した。テッドはデイヴィッドを法廷で弟と認めるのを拒み、獄内で執筆した著書用の原稿のなかで「裏切り者ユダ」と呼んだ。
7.デイヴィッドは兄を死刑から救うため尽力したあと、死刑反対運動団体のスポークスマンになった。彼は司法省からユナボマー逮捕への協力の報酬として100万ドルを受け取ったが、大部分を兄のせいで死んだり負傷したりした被害者の家族に渡した。そして、家族を代表して兄の犯した罪を謝罪した。
8.上記の2例の兄弟への対処のしかたは、家族への忠誠が、犯罪者を司直に委ねる義務より大切だった例と、逆に逃亡中の兄が脅威を与えつづけることで、道徳的な差異が生じた。結論は、彼らが直面したジレンマが道徳的ジレンマとして意味を持つのは、忠誠と連帯の要求が、犯罪者を司直の手に委ねるような道徳的要求と対比できるときだけである。
9.公的な謝罪と補償、歴史的不正に対する共同責任、家族や同胞がたがいに負う特別な責任、仲間との連帯、村やコミュニティや国への忠誠、愛国心、自国や同胞に感じる誇りと恥、兄弟や子としての忠誠。そうした事例に見られる連帯の要求は、われわれの道徳的・政治的体験によく見られる特色である。
(小渕議員の顛末がどうなるか日本版正義が試される)

yuji5327 at 06:31 
共通テーマ 

2014年10月29日

色の無き色を重ねて秋は白

IMG_20141028_0002
谷村和華子句
長谷川櫂解説
四季の色
春は青
夏は朱
秋は白
冬は黒
秋の白の意味
透明という意味
澄みきった秋の空
秋風の色
色の無きの意味
(読売新聞2014.10.29より)

yuji5327 at 07:05 
池上湖心の書 

中国の歴史教科書、「どちらが嘘をついているか」という中国のネット上の討論、「日本の教科書のほうが嘘をついている」2730人、「中国の教科書のほうが嘘つきだ」が3倍以上の8949人。


黄文雄、石平著:中国はもう終わっている、徳間書店、2013年」が面白い。「第2章:習近平体制はまもなく破綻する」の印象に残った部分の続きを自分なりに補足して纏めると以下のようになる。
1.韓国では、李氏朝鮮時代に民主主義の理念はなかった。しかし、李氏朝鮮の伝統を受け継いだ韓国も民主化した。イスラム教とキリスト教はまったく別の教義だが、それでもイスラム国家の大半が民主化のほうに向かっている。社会が産業化して市場経済が発達すると、人々が自分たちの権利を求めるのは、自然に起こってくる。
2.一部の権力者が勝手に決めたことに、みんながおとなしく従うということが不可能になりつつある。毛沢東時代には、毛沢東の一言で、一夜にして何千万人の若者たちが農村に下放されたのは現実です。しかし習近平が同じことを言っても、何千万人の若者が農村に行くということはありえない。言論の自由にしても、中国国内で習近平を批判することは、もう日常茶飯事である。温家宝をバカにしたり、そうしたことが民衆の娯楽にすらなっている。独裁権力の統治が次第に変化してきている。
3.市場経済のなかで、いま、権力とまったく関係のない人々が増えている。多くの人が自由自在に自分たちの生活を楽しんでいる。反政府活動をしないかぎり、誰も何も制限されていない。毛沢東時代ならば、私生活まですべて制限されていた。その後の小平、江沢民、胡錦濤と、時代が下がるにつれて民衆の自由度が広がっている。中国のインター不ットにしても、政府批判のほうが圧倒的に多い。民衆が、自分の意見を表現する手段を手に入れた。
4.2013年8月、「網易」という民間サイトが「日本の歴史教科書と中国の歴史教科書、どちらのほうが嘘をついているのか」というネット上の討論を開始し、一般ユーザーにも意見を求めたが、その結果、「日本の教科書のほうが嘘をついている」と答えた回答者数が2730人であったのに対し、「中国の教科書のほうが嘘つきだ」と答えたのはその3倍以上の8949人に上った。
5.これまで長年行ってきた反日教育ですら、民衆は信じなくなってきている。中国も確実に、徐々に、独裁政権や中央集権体制とは反対の方向へと社会が変わりつつある。つまり、この政治体制自体が崩壊していかざるをえない。ただし、崩壊したあとでちゃんとした民主主義システムをつくれるかどうかは疑問である。
6.中国がどのような形になろうと、民主化した中国であろうと、あるいは現在の延長であろうと、直面している問題が多すぎて、解決できない。人口や資源、環境といった問題は、民主化が実現したとしてもクリアできない。民主化が必ずしも中国にとっていいとは考えていない。さまざまな問題をクリアするために、どのような体制がもっともいいのかわからない。
7.いくら「中華民族の偉大なる復興」などと言っても、毛沢東が1000人出てきても、これら諸問題の解決は無理である。中国には果てしなき混乱と絶望を繰り返すことしか、道は残っていな。
8.習近平のライバルと目されていたのが李克強首相は、胡錦濤と同じ共青団の出身だが、かなりシャープな人物である。。中国には、「能ある人間は早死にする」という諺ある。能力があると思われた人は、早い時期から潰されるので長生きができない。李克強が潰される可能性もある。習近平とは信頼関係があるわけでもない。
9.共産党のトップの人たちはみんな有能である。ただし、大政治家として、時代の流れをちゃんと見て自分の政策を定め、国民をまとめることができたのは、小平が最後である。習近平は中学生時代に父親が失脚し、1人農村に放り出されて、そのなかで生き延びて村の幹部にまでなったので有能かもしれないが、習近平は時代の流れを完全に読み間違っている。習近平本人の問題というより、太子党が国を変えるより、政権を守ることのほうが重要だった。
10.李克強は、胡錦濤が彼を自分の後継者に据えたかったが、そのポストは習近平に奪われた。おそらく李克強には、習近平に取って代わろうという野心はないようだ。おそらく彼は、なんとか首相を5年間務めて、その後の5年問は全国人民代表大会(全人代)の委員長になりたいと思っているようだ。
11.李克強は今後10年問も中国の経済を担当していく自信がない。李克強からすれば、現在の経済問題はすべて温家宝がつくったもので、尻拭いさせられたという感じである。日本では温家宝は人気があるほうだが、本当は非常にずるい人である。いま中国では温家宝は「映画の皇帝」と呼ばれ、要するに、演技だけはうまいとされている。いまの中国国内で、彼が2008年にやった4兆元の景気対策に対する批判がだんだん高まっている。



yuji5327 at 06:55 
共通テーマ 

2014年10月28日

復興加速へ

IMG_20141028_0001
福島県知事選内堀雅雄氏が当選
投票率は約46%の低さ
与野党相乗り選挙
役人上がりの当選間違いなし
福島県民の無言の抵抗
原発の廃炉、除染、帰還
相変わらずの言葉遊びで空回り
課題を解決し、復興を加速
いまだに多数の県民が仮設住宅などで避難生活
新知事の責任もある。
民主など野党も、具体的な政策提言を。


yuji5327 at 06:48 
池上湖心の書 

改革を嫌う人たちが今の日本をダメにしている。既存のシステムにしがみつく老人たちが阻んでいる。大学入試制度の完全廃止が即効性の高い解決法である。


「中村修二著:怒りのブレイクスルー、集英社、2004年」の「はじめに」の「日本の悪いところをどんどん発言していこう」の小節は参考になる。印象に残った部分の概要を自分なりに補足して纏めると以下のようになる。
1.米国の大学へ通い始めて、実感したのは、その雰囲気が日本の大学とあまりにも違うことだった。まず、学生たちの勉強量には驚いた。みんな懸命に自分の研究課題に取り組んでいる。勉強への熱意と試験や卒業の難しさが、彼らにそうさせている。
2.米国では高校まで義務教育。大学へ進む人ばかりではない。また卒業は難しい大学も、日本に比べれば、ずっと入学しやすい。基本的には誰にでも入学資格が与えられる。単に大学へ入ること自体、それほど大したことではない。
3.米国人の価値観は、日本人のように学歴偏重ではない。高校を卒業して手に職をつけたり、カレッジに進んで専門教育を受けたりする子供たちは、大卒でないからといって卑屈になったりはしない。米国の子供たちは、高校までスポーッや好きな趣味などに没頭し、勉強をあまりしないと言われているのも事実である。怠け者も多く、落ちこぼれてしまう者も出ている。大学へ行って出世するのも自由、落ちこぼれて破綻してしまうのも自由である。
4.大学に入っても、進級試験が難しいので中退者も多く、卒業するのは大変である。。有名大学中退という肩書きで威張っている日本とは違う。大学へ行くことも、またその学問をするということも、自分で選んだ道だから、一生懸命になって勉強する。好きな分野なので学問がしっかりと身につく。
5.そしてそのなかから、飛び抜けた天才が突然出現して周囲を驚かせる。日本の場合は正反対で、高校卒業まで好きでもない科目も嫌々詰め込んで勉強し、せっかく入った大学では遊んでしまう。全員が平均レベルで天才は現れない。
6.米国では大学の先生たちも自由闊達で、自分の人生を存分に楽しんでいる。理科系学部の先生たちのほとんどは、自分の会社を持ち、ビジネスの世界で活躍してる。学生たちが必死になって勉強していますから、講義も気が抜けない。いつ鋭い質問が飛んでくるかわからないので、負けないように自分も勉強する。
7.日米のこうした落差が大き過ぎる。日本でも、教育改革が声高に叫ばれている。そのために考えられているのは、学校のクラスの人数を半分にしたり、週休2日制にしたり、根本的な解決方法はない。
8.自分は大学入試に代表される日本の教育制度というものを憎悪してきた。入社試験の面接で「日本の諸悪の根元は大学入試だ」と主張した。日本の大学入試の制度、そのものが問題である。それがわかっているのに、なぜか誰も言わない。大学入試が問題だということは、みんな知っているのに、手をこまねいて改革を実行しようとしないのは不思議である。
9.こうした問題の解決を阻んでいるのは、自分の地位を脅かすような改革を極端に嫌う人たちである。今の日本をダメにしている元凶。既存のシステムにしがみついていたい人間たち、特に老人たち(出生した官僚)がそれを阻んでいる。大学入試が問題なら、それをなくせばいい。大学入試の即時完全廃止。これが、最も効果的で即効性の高い解決法である。



yuji5327 at 06:26 
共通テーマ 

2014年10月27日

火山列島

IMG_20141003_0005
火山列島、
小笠原諸島に属する列島
硫黄列島とも呼ぶ
硫黄島、北硫黄島、南硫黄島からなる
西之島も含めることあり
深海底からそそり立つ海底火山
最高は南硫黄島の海抜916m
北硫黄島及び南硫黄島の噴火記録はない。


yuji5327 at 07:07 
池上湖心の書 

中国の歴史家は朝鮮史は大陸の一地方史で、半島と大陸の主従関係についても、解釈はまったく一致しない。

「黄文雄著:なぜ中国人・韓国人は反日を叫ぶのか、宝島社、2013年」の著者は1938年台湾生まれで。コウ・ブンユウと読む。1964年に来日し早稲田大学を卒業し、評論家として活躍している。「第4章:中国・韓国の反日にどう対応すればよいか」が参考になる。前半部分の印象に残った部分の続きを自分なりに補足して纏めると以下のようになる。
1.中国の反日歴史教育が本格的にはじまったのは「六・四天安門事件」後、李先念、楊尚昆に続く第5代の国家主席となった江沢民の時代からである。平和的手段で社会主義体制を崩壊させる「和平演変」の動きや、「第五の近代化」とされる民主化、蘇東波(ソ連・東欧における体制崩壊の波)に脅かされ、毛沢東思想に代わって「民族主義・愛国主義・中華振興」の3点セットが国策とされた。
2.そんな中で学校での愛国教育も変わった。「共産党がなければ中国もない」という自画自賛から、「反日」へと重点を移したのだ。攻撃の矛先も「日本軍国主義」に変わっている。しかし共産党の歴史認識も、じっさいには一枚岩とはいえない。党創立以来の路線対立や闘争については共通認識がなく、そのときの力関係によって解釈がまったく違ってくる。他国に口を出す前に、まず自国内で史観を統一するべきだ。
3.それができないから、「日本が悪い」という便利な結論に飛びつく。「党内部で足を引っ張り合っていた」という史実を、「一致団結して日本帝国主義に打ち勝った」とするほうがわかりやすいし、人民を鼓舞するのに役立つ。
4.韓国ではもっと早く、朝鮮戦争後の反共の動きの中で、民族育成のための「反日教育」「倭色文化一掃」が国是とされてきた。中国や韓国では、教科書の編集権は党や国にあるので、国家が教育を自在に左右できる。
5.日本側にも厄介な問題がある。戦後は反日日本人による反日教育が主流となり、反伝統文化」「反伝統精神」「反伝統的価値」、さらに「反国家」が蔓延している。これが中国と韓国の反日教育に呼応する傾向もある。
6.歴史教科書問題については外圧だけでなく、内部の反日勢力に屈してしまったのは、日本の失策である。被植民地国でもないのに、教育内容にまで口を出されて黙っている国は日本くらいである。朝貢国だった朝鮮やベトナムも、守るべき歴史観は持っている。
7.日本は、日中韓共同の歴史教科書をつくる試みもあるが、簡単にいくわけがない。それどころか中国と韓国の反日教育が正当化され、捏造された歴史を「正しい歴史認識」として強制認知させられる危険性まである。「アジア共同体構想」と同じで、聞こえはいいが実現するとは思えない。
8.台湾では1997年から、中学一年生の社会科教科書「認識台湾』(歴史、社会、地理)
が採択されたが、このときも史観をめぐって大論争が巻き起こった。史観とは民族や文化のアイデンティティにかかわる問題である。国家としての歴史がごく短く、人口わずか2000万人あまりの台湾でさえ、史観の統一はむずかしい。まして文化も歴史も国民性もまるで異なる日中韓で、歴史観を統一することは不可能である。無理に一本化するなら、中国と韓国の一方的な歴史観を日本が受け入れるしかない。逆は絶対にありえない。
9.中国と韓国でも歴史観は対立している。たとえば、高句麗や渤海は朝鮮では自国の歴史とされているが、中国の歴史家に言わせれば、半島史ではなく大陸の一地方史ということになる。半島と大陸の主従関係についても、解釈はまったく一致しない。そもそも半島内でも、北朝鮮と韓国はまったく違う歴史認識を持っている。



yuji5327 at 06:57 
共通テーマ 
池上技術士事務所の紹介
261-0012
千葉市美浜区
磯辺6丁目1-8-204

池上技術士事務所(代表:池上雄二)の事業内容
以下のテーマの技術コンサルタント
1.公害問題、生活環境、地球環境
2.省エネ・新エネ機器導入
のテーマについて、
・技術コンサルタント
・調査報告書の作成
・アンケート調査・分析
・技術翻訳、特許調査
を承ります。
有償、無償を問わず
お気軽に下記にメールをください。
ke8y-ikgm@asahi-net.or.jp

工学博士、技術士(応用理学)、
公害防止主任管理者、
騒音防止管理者の資格で
お役に立ちたいと思います。

池上湖心 プロフィール
○略歴
大東文化大卒、
在学中 上條信山に師事
書象会に所属、書象会理事
審査会々員
○作品展の開催
・主宰している「さざ波会」
 作品展を毎年8月開催
(於:稲毛ギャラリー)
・土曜会(グループ展)
 作品展を毎年10月開催
(於:銀座大黒屋)
○公募展の受賞、入選
・日展入選
・読売書法展(現在理事)
 読売奨励賞
 読売新聞社賞
・謙慎展(現在理事)
 春興賞の受賞:2回
○書道教室
・学生:月曜日
・一般:火曜日、水曜日





地域別アクセス

ジオターゲティング

ジオターゲティング
livedoor プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード