2015年04月

2015年04月30日

日米世界平和に協力

IMG_20150429_0003
(読売新聞社説より)
戦後70年の節目
日米両国が世界の平和と繁栄の維持
に向け主導的な役割を果たす意志を明示
歴史的な会談
安倍首相とオバマ米大統領
日本は戦前・戦中への反省を踏まえ
未来志向で国際社会に関与
新たな日米防衛協力の指針(ガイドライン)の策定
中国・韓国の反応は?

yuji5327 at 07:06 
池上湖心の書 

2010年に共産党公安部から軟禁された過去を持つ世界的な芸術家・艾未未(がいみみ)氏は独紙の取材に答え、「中国の夢なんて簡単なこと。国民が投票権を得ることだ」と回答した。


「日本人なら知っておきたい「反日中国」100のウソ、別冊宝島2193号、2014年」の「7割の中国人が拒否したスローガン、アメリカンドリームを超越する中国の夢」がは面白い。
概要を自分なりに纏めると以下のようになる。
1.2013年の全人代で国家主席へ就任した習近平氏は、演説の中で「中国の夢」という言葉を9回も繰り返し、「国民の幸福の実現」を強調した。習主席は「中国の夢は人民の夢、人民によって実現されるもので、人民の福祉でならなければならない」「国民が平等に参加でき、平等に発展できる権利を保障する」と語りながら、「夢の実現には国民の団結が必要」と人民に訴えた。
2.共産党の機関紙「人民日報」は、「中国の夢とアメリカンドリームには共通点があり、またそれぞれに魅力がある」と題する社説を掲載した。「アメリカンドリームは個人が頑張れば自分の夢を実現できるが、多くが貧富の差に虚しさを感じている」としたうえで、「中国の夢は出発点が人民の幸せ。中国の夢は人民の夢。アメリカンドリームを超越している」と述べ、習主席の演説を補足した。
中央政府がここまで「人民の幸福」をアピールする背景には、拡大する格差社会や党幹部の汚職、領土問題に伴う周辺諸国との摩擦、環境問題、悪化する経済など、山積する諸問題に対し、国民の不満がピークに達している現状への強い危機感があるとも言われている。
3.英タイムズ紙は「習近平主席の声に世論調査では7割の中国人がNOの回答。対中感情は世界規模で悪化し、BBCの調査では世界の39%が嫌中意識」とするコラムを掲載した。
「中華の夢と言いながら、共産党幹部は資産を海外へ持ち出し、予弟を米国へ留学させる」として矛盾点を指摘した。
4.2010年に共産党公安部から軟禁された過去を持つ世界的な芸術家・艾未未(がいみみ)氏は独紙の取材に答え、「中国の夢なんて簡単なこと。国民が投票権を得ることだ」と回答した。米国に亡命中の人権活動家・魏京生氏も、「中国の夢とは言論の自由、投票の自由を保障すること。一部の特権階級だけが富む現状は異様」と中国の政治体制を痛烈に批判し、習主席のスローガンを言外に否定した。
5.中国国内でも冷めた声が多く、大手検索サイト「百度」の掲示板には「党幹部の夢の間違いか」「抽象的で意味不明」といった否定的な書き込みが多く、党幹部からは「情報化社会では党の宣伝も国民には簡単に刺さらない」(英タイムズ)との苦悩の声も聞かれる。


yuji5327 at 06:54 
共通テーマ 

2015年04月29日

真昼日のひかり青きに燃えさかる炎か哀しわが若き燃ゆ

IMG_20150429_0001
若山牧水句
長谷川櫂解説
若き日の牧水
明るい真昼の光
陽の光の中の炎
虚しい激しさ
虚しさに追われて
旅を続けて
生涯を送った
歌集「海の声」から
(読売新聞2015.4.28より)

yuji5327 at 07:07 
池上湖心の書 

高所得国の、1人当たりGDPはおよそ3万7000ドルである。これは世界の平均から見るとかなり大きな数字だが、これらの国の経済にも問題はある。失業や財政赤字、高齢化などである。


「ティモシー・テイラー著、池上彰監訳、高橋璃子訳:スタンフォード大学で一番人気の経済学入門マクロ編、かんき出版、2013年」がは面白い。「18章:世界経済をどう見るか、未来を切りひらく視点」の印象に残った部分の概要を自分なりに補足して纏めると以下のようになる。
1.経済のグローバル化が進み、世界は1つにまとまろうとしている。世界貿易機関などの活動によって、ものやお金の流れを阻む壁はますます低くなっている。コミュニケーションが安く手軽になってきたので、世界的な生産体制をつくることも容易になった。物流のコストは下がり、インターネットを介したサービスのやりとりも気軽にできるようになった。世界の経済は国ごとの閉じた環境から、よりグローバルな形へと変化しつつある。
2.世界経済の状況を知るために、世界全体のGDPと人口を見て、それを地域ごとのGDPおよび人口と比較する。地域の分け方として、高所得国(アメリカ、カナダ、EU、日本など)を1つのグループにまとめ、残りの国を地域で大きく分ける(東アジア・太平洋地域、E豌ぁγ羆アジア、っ翔酳董↓ッ翅・北アフリカ、ζ逎▲献◆↓Д汽魯薜米遒離▲侫螢)とする。
3. 2009年時点で世界のGDPはおよそ58兆ドル、世界の人口は68億人だから、世界全体での1人当たりGDPは、およそ8500ドルになる。そのうち高所得国の人口は世界の16%で、GDPは世界の72%を占める。
4.高所得国の、1人当たりGDPはおよそ3万7000ドルである。これは世界の平均から見るとかなり大きな数字だが、これらの国の経済にも問題はある。失業や財政赤字、高齢化などである。それでも平均的には、年間2〜3%程度の成長を長年にわたってつづけている。2007年から2009年の世界的な金融危機でダメージを受けたとはいえ、これらの国の経済は途上国とはくらべものにならないほどの体力がある。人びとの教育水準も高いし、高度な技術もあり、市場のしくみも整っている。
5.東アジア・太平洋地域には、中国をはじめ、インドネシァ、韓国、タイなどが含まれる。中国の人口は世界の20%を占めており、この地域の国々をあわせると世界の人口の29%になる。これらの国のGDPは、世界のおよそ11%、1人当たりGDPはおよそ3300ドルで、高所得国にくらべると12分の1程度である。数字だけを見るとあまり豊かではないが、この地域の経済発展には目を見張るものがあす。1970年代から1980年代にかけての急速な経済発展につづき、ここ30年ほどで中国の経済がめざましい伸びを見せた。
6.この地域の経済がこれほど発展した理由は、やはり基盤がしっかりしていることです。
貯蓄率がとても高く、国内投資が非常に盛んで、人材を育てるための教育にも力が入っている。新たな技術を海外からどんどんとり入れて、それをうまく応用することもできる。市場経済にもうまく適応し、世界で戦うための体制を積極的に整えている。中央集権的な計画経済だった中国でさえ、市場経済に大きくシフトしている。
7.東欧・中央アジアでもっとも経済規模の大きい国は、ロシアである。ポーランドやトルコも健闘している。この地域の人口は世界のおよそ6%で、GDPは世界の4.5%程度である。1人当たりGDPはおよそ6400ドルになる。東欧・中央アジアはかなり広い範囲にわたっており、西はポーランドやチェコ共和国から、中央に位置するロシアやトルコ、そして東はカザフスタンやタジキスタン、キルギスなど、実に多様な国が含まれている。ひとくくりにして語るのは不可能に近い。
8.中南米のブラジル、メキシコ、アルゼンチンなどの国々は、地域の人口は世界8.5%、GDPは世界の7.2%である。1人当たりGDPはおよそ7200ドルになる。1970年代から1980年代にかけて、この地域の多くの国では経済に深刻な問題を抱えていた。政府の巨額の借金や、財政破綻、閉鎖的な保護貿易による経済成長の鈍化、ひどいインフレ、ハイパーインフレになりかけたこともある。
9.21世紀に入って、これらの国のマクロ経済政策は、それなりに洗練されてきた。政府はまずハイパーインフレを制圧することに成功した。未成熟産業の保護を大幅に減らし、国営企業を民営化した。価格統制も徐々に廃止し、この地域の経済は順調に回復してきている。残された課題は、まず教育や医療の格差を減らすことである。こうした格差が存在すると、腐敗や汚職が増え、経済成長の足を引っぱることになる。グローバル経済に対してもっと真剣に向きあうことも必要である。これらの国では貿易に高い障壁を設けており、地域のなかでの交流もあまり進んでいない。
10.中東・北アフリカのおもな国は、サウジアラビア、イラン、エジプトである。イスラエルやクウェート、アラブ首長国連邦は中東グループではなく、高所得国のグループに分類される。中東・北アフリカの人口は世界の約5%、GDPは約2%、1人当たりGDPはおよそ3200ドルである。石油が出る地域であるが、意外な小さな数字である。石油がなかったら、この地域の経済はほとんど存在感がない。長期的に見て、この地域の経済がうまく成長できるかどうかは不確かである。昔から人材への投資が少なく、とくに女性の教育が非常に遅れている。、石油産業を除
けば、設備投資も盛んではない。市場経済を支えるための基盤もなく、政治的自由も認められていない。人口の伸びから考えると、やがて教育水準の低い若者が大量に仕事を求めることになるが、雇用があるかどうかは疑わしい。石油産業はそれほど多くの労働力を必要せず、政府も財政赤字に苦しんでいるので、彼らを公務員として雇う余裕はない。民間企業の雇用も、あまり伸びていない。
11.南アジア地域でもっとも経済規模が大きいのは、インドである。そのほかにパキスタンや
バングラデシュなどの国が南アジアに含まれる。この地域の人口は世界の23%を占めるが、GDPは世界のたった3%しかない。1人当たりGDPは1000ドル程度、とても貧しい地域だが。将来的には希望が持てるかもしれない。なかでもインドでは大幅な規制緩和がおこなわれ、市場競争とグローバル化をとり入れる動きが進んでいる。現在のインドは、極端に格差が広がっており、シリコンバレーのような勢いのある都市と、アフリカのような貧しい地域が共存している。平均で見ればインドはまだ低所得国の部類に入るが、一部の産業、とくに先端技術やサービス分野の輸出額は、めざましい伸びを見せている。
12.サハラ以南のアフリカの地域は48の国からなり、もっとも経済規模が大きいのが南アフリカ共和国、もっとも人口が多いのはナイジェリアである。この地域の人口は世界の12%だが、GDPは2%にも満たない。1人当たりGDPは1100ドルで、南アジアとさほど変わりない。しかし近年のアフリカでは、かなり期待の持てる動きが出てきている。ここ数十年で、アフリカの教育と健康水準は大きく改善された。1960年頃にくらべると、子どもの死亡率は半分以下になっています。また、1960年時点で中等教育を受けていたのは人口の1〜2%程度だったが、現在では30〜40%になっている。一部の国は大きな経済成長を遂げ、とくに南アフリカ共和国は世界のなかでも中程度の所得レベルになっている。ただし、そのほかの多くの国はいまだに治安が悪く、生活水準はかなり低いままで、内戦に苦しんでいる地域もある。
13.中国とインドは、世界でもっとも人口の多い国で、中国の人口はおよそ13億人、イン
ドも11億入を超えている。両国だけで、世界の人口の3分の1を占めるほどで、どちらの国も、生活水準は高くない。中国の1人当たりGDPは2009年でおよそ3700ドル、そしてインドはその3分の1程度しかない。とはいえ中国もインドも、近年めきめきと力をつけてきており、中国の実質GDPは、1980年代から現在まで年間およそ9%というめざましい成長をつづけている。インドの実質GDPも、ここ10年ほど年間6〜8%の勢いで伸びている。



yuji5327 at 06:52 
共通テーマ 

2015年04月28日

ネパール地震

IMG_20150428_0001
日本時間25日午後、ネパール中部で発生
マグニチュード7.8
4000人を超える死亡
7000人以上がけが
エベレスト周辺で雪崩
日本人の男性が死亡
女性がけが
インドで72人、
中国のチベット自治区で20人、
バングラデシュで2人が死亡
都市部以外でも壊滅的被害


yuji5327 at 07:06 
池上湖心の書 

中国経済の先行きが不透明な今、日本からの資金と技術の導入は、現体制が生き残るための絶対不可欠条件である。


「日本人なら知っておきたい「反日中国」100のウソ、別冊宝島2193号、2014年」の「国民向けのポーズはやめて、本音は関係改善、日本に対して強硬姿勢を取り続ける」は参考になる。概要を自分なりに纏めると以下のようになる。
1.執拗なまでの日本叩きを繰り返す中国政府、習近平主席は2013年にドイツの講演で旧日本軍を批判し、王毅外相も、アラブ紙のインタビューに答えて安倍首相の靖国神社参拝を批判した。黒龍江省で予定されている行事では、伊藤博文を暗殺した韓国の安重根を称えるミユージカルを上演すると発表。ボイス・オブ・ロシアは「日本の神経を逆なである。る政治的行為」と批判している。
2.強硬姿勢は国民向けのポーズで、本音では日本との関係を改善したがっているとの指摘もある。中国政府は共産党の一党独裁体制だが一枚岩ではなく、小平時代からの「改革開放路線」と毛沢東時代への回帰を求める「文革路線」の二つに分かれ、これがさらに8〜10の派閥に分かれている。
3.経済格差が生んだ社会の歪みの是正を目指す文革グループに対し、逆に経済発展による改革路線を進めている習主席とすれば、対立派閥を抑えながら独裁体制を維持するには、国情の安定が何よりも求められる。中国では年間約30万件の暴動が起きており、原因の筆頭は民族問題で、二番目は都市部と農村部の経済格差である。
4.習主席とすれば、体制維持のためには国内経済の活性化が不可欠で、それには対日関係の悪化は防ぐ必要がある。2013年の「外交工作座談会」で、習主席は対日関係の議論に長時間を割き、「今の状態が続くことは双方にとって不利益だ」と発言した。「経済や文化交流を拡大させるべき」と関係改善を示唆している。
5.同年に突然発表した南シナ海における強引な防空識別圏の設定も、「国民に対日の強硬姿勢を見せながら、これ以上反日感情を加熱させたくないという国内向けの政策」と見られている。
6.中国経済の先行きが極めて不透明な今、日本からの資金と技術の導入は、現体制が生き残るためには絶対不可欠であり、英タイムズなどは「習近平主席は日本との関係を改善せざるを得ない状況にすでに追い込まれている」と分析している。



yuji5327 at 06:46 
共通テーマ 

2015年04月27日

亡き母や海見る度に見る度に

IMG_20150427_0001
一茶句
長谷川櫂解説
3歳で母を亡くした一茶
幼いころの母の思い出
顔も姿も温かみや匂い
思い出せない
もどかしさ
無季の句
七番日記から
(読売新聞2015.4.26より)

yuji5327 at 06:55 
池上湖心の書 

不要なものの整理は早いほどよい。死に対するこころの準備をし、身辺整理によって、未練を残さないで、こころ安らかな人生の幕引きを迎えられるように生きる。


「斎藤茂太著:老いへの身辺整理、新講社、2011年」は参考になる。「プロローグ;心の身辺整理で人生のハッピーエンドをめざす」の印象に残った部分の概要を自分なりに補足して纏めると以下のようになる。
1.人生には、出発点もあれば終点もある。人生の終点である死をおそれる。死がこわいのは、体験していないからではないか。人生のすべてを死の準備にふり向けるわけにはいかない。凡人としては、生きている限りやることが多い。全部は超越できないが、ある程度ならできる。不安やこわさを少なくすることはできる。死がこわいのは、そして不安なのは、「生への未練」があるからである。やらざるを得ないこと、やりたいことがたくさんあるということである。
2.死を超越することができない以上、ある年齢に達したら、じょじょに死と折り合いをつける生活をするべきである。つまり「老い」への「身辺整理」である。それは、以下のような段取りになるのではないか。生きるということは、欲を持つということである。生きる意欲をはじめとして、自分はこうありたいとか、こうあればいいなという気持ちである。できないことが未練となる。
3.オカネがたくさん欲しいとは誰もが思う。ある年齢に達したら、後いくら自分と家族には必要なのか、生きる上での必要経費を算出する。十分足りていれば、残すものを残して、後はいかに使うかを考える。足りていなければ、欲を下方修正することで必要経費の額を引き下げる。生への未練をだんだん少なくしていく。未練が少なくなれば、なんとか死と折り合いがつく。
4.家、財産、ローン。保険、貯蓄、趣味、コレクション、愛用の品。人間関係、とくに夫婦の関係、今まで付き合いのあった人、ケンカした人。自分の葬式はどうするか、戒名はどうするか。入院した場合に考えておくべきことたとえば、尊厳死の問題、延命治療の問題、インフォームド・コンセントなど。
5.われわれのやるべきことは、日常生活を構成するひとつひとつに、自分なりの「ケジメ」をつける。身辺のあれこれを、少しずつ整理してゆく。それがいつか死にゆく人としての「小さなケジメ」である。それが、人生のハッピーエンドを迎えるための大きな条件になる。りの身辺整理がつけられれば、案外、それがふつうの人なりの「死の超越」となるの。
6.「身辺整理」には、こころの整理とモノの整理がある。モノを中心とした身辺整理が必要な理由は2つある。1つは残された人にできるだけ迷惑をかけないようにすること。もう1つは、この世に未練を残さず、人生の幕を下ろすという生き方の問題である。この世に未練を残さないなどというのは、そんなにかんたんにできないが、それを減らしていくように行動するとことである。
7.デスクの上を山のようにして仕事をしている人がいる。生への未練を少なくするためには、日常生活の仕方をそのようにしていけばよい。明日やる予定の仕事などが雑然としたデスクを見ると、頭の中もデスクと同じようになっている。50歳も半ばを過ぎたら、自分が退職した後どうしなければいけないかを考えておくべきである。そのためには、仕事を抱え過ぎないということである。
8.不要なものの整理は、早ければ早いほどよい。人間は環境に慣れやすい生きものでもある。老いや死に対するこころの準備を「悟り」というが、「悟り」とまでいかなくても、日常生活の中での身辺整理によって、なるべく未練を残さないで、こころ安らかな人生の幕引きを迎えられるように生きるということでもある。
9.私たちの世代は、モノを大切にしなさいとしつけられて、大きくなった。押し入れには、使わないモノであふれかえる。一方、若い人たちはかんたんにモノを買い込み、かんたんに捨てる。モノには思いが詰まっている。その思いは死んだ当人だけのものである。この思いを生前に整理することが、未練を少なくするコツとなる。
10.モノに対する未練を少なくするということは、アイデンティティをモノで感じるのではないような、別の生きがいを見つけることである。たとえば、旅をするとか、絵を描くとか、そういう「行為」によって自分の存在感を感じるような生活を実現する。旅に行ったらなるべく土産モノは買わない。思い出だけが財産となるような、そういう旅行を心がける。
11.いくらモノがあっても、それを眺めて、いい人生だったと感じることはないが、たくさんの思い出を残せば、いい人生だったと納得する。いずれにしろ、残すモノは少ないほうがいい。いつも、おいていく荷物は少なくしていたほうがいい。使わないモノは思い切りよく捨ててしまえば、残された人も整理が楽になるし、モノに対する未練も少なくなる。
12、本は、ほんとうに好きな本だけを買って、後は図書館を利用する。部屋に本棚は1つと決めて、はみ出してしまった本は思い切りよく捨てる。


yuji5327 at 06:39 
健康 

2015年04月26日

ドローン

IMG_20150426_0001
別名:無人航空機
英語:Drone
遠隔操作やコンピュータ制御によって飛行
軍事の分野10メートルを超える大型機
遠方の偵察や爆撃などに使用
商用分野では荷物の配送システム
中東地域の国
ドローンの無力化や捕獲
ドローン狩り

yuji5327 at 07:00 
池上湖心の書 

中国では地方役人が自分の成績のために表向きのGDPを上げてきた。需要がない大規模プロジェクトの原資は土地の売却益で、地元民から取り上げた土地の転売で得たものである。


「日本人なら知っておきたい「反日中国」100のウソ、別冊宝島2193号、2014年」の「勝手に金を振り込み「了解を得た」ことに、農地補償金を出し収用し、開発を進める」が面白い。概要を自分なりに纏めると以下のようになる。
1.中国で地方政府の腐敗が深刻化している。広東省梅県余江鎮の紅星村で2011年、地元政府の土地収用をめぐり、役人と村民が衝突する事件が発生した。600人あまりの警察や機動隊等に激しく殴打された村民からは多数の負傷者が出たほか、4人の逮捕者が出た。地元紙の報道によれば、地方政府が同年、紅星村の171戸に対し、開発を理由に農地などの土地を収用すると通達した。約80戸が当局の提案した補償条件を「あまりに安すぎる」として拒否したところ、地元裁判所が、明け渡しを拒否した住民に対して強制収用執行の決定を下した。
2.当局が提示した補償条件は1屬△燭55元(約895円)で、10坪の畑を持つ農夫は、「農地を全部売っても1カ月で使ってしまう金額である。取り上げられたら餓死するしかない」と嘆いた。
3.その後の調べで、当局が極めて低い補償価格で強引に収用した土地を高値で転売し、暴利を得ていた事実が発覚した。地元役人が銀行幹部を言いくるめ、勝手に村民の口座を開かせ、一方的に補償金を振り込んで「村民から了解を得た」とでっちあげた。暴力団まがいの地方政府のやり方に非難の声があがっている。
4.同類の事件は中国全土で起こっており、中国の国土資源省は14年、土地の接収や農民への不十分な補償といった農地の不正使用をめぐり、安徽省、河南省、内モンゴル自治区などの地方政府による強引な土地使用を是正するように勧告した。さらに河南省永城市と湖北省鄂州市、広東省茂名市が、農民に対して補償金を払っていないと指摘した。これらの都市での未払い総額は1億8780万元(約30億5863円)に達するとしている。
5.背景に中国の構造的な問題が指摘されている。中国では地方政府の役人が表向きのGDPを上げて自分の成績に反映させるため、まったく需要がない大規模プロジェクトやインフラ開発を次々と進めてきたが、その重要な原資が土地の売却益である。国土資源省によれば、13年における地方政府全体の土地売却収入は、前年比45%増の4兆元(約65兆円)で、大部分が、地元民から強引に取り上げた土地の転売で得たものである。


yuji5327 at 06:40 
共通テーマ 
池上技術士事務所の紹介
261-0012
千葉市美浜区
磯辺6丁目1-8-204

池上技術士事務所(代表:池上雄二)の事業内容
以下のテーマの技術コンサルタント
1.公害問題、生活環境、地球環境
2.省エネ・新エネ機器導入
のテーマについて、
・技術コンサルタント
・調査報告書の作成
・アンケート調査・分析
・技術翻訳、特許調査
を承ります。
有償、無償を問わず
お気軽に下記にメールをください。
ke8y-ikgm@asahi-net.or.jp

工学博士、技術士(応用理学)、
公害防止主任管理者、
騒音防止管理者の資格で
お役に立ちたいと思います。

池上湖心 プロフィール
○略歴
大東文化大卒、
在学中 上條信山に師事
書象会に所属、書象会理事
審査会々員
○作品展の開催
・主宰している「さざ波会」
 作品展を毎年8月開催
(於:稲毛ギャラリー)
・土曜会(グループ展)
 作品展を毎年10月開催
(於:銀座大黒屋)
○公募展の受賞、入選
・日展入選
(平成28年度、国立新美術館にて開催)
・読売書法展(8月開催、現在理事)
 読売奨励賞
 読売新聞社賞
・謙慎展(3月開催、現在理事)
 春興賞の受賞:2回
○書道教室
・学生:月曜日
・一般:火曜日、水曜日





地域別アクセス

ジオターゲティング

ジオターゲティング
livedoor プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード