2018年02月

2018年02月28日

野菜まだまだ高騰

IMG_20180115_0004
農畜産産業振興機構
野菜の育ち具合
値段の見通し
30年2月13日版
よく育っていて値段が落ち着く
キャベツ:春キャベツの収穫が始まり、出荷数が増
レタス:2月下旬からは段々と出荷量が増える
トマト:平年よりもお安い
「トマトが赤くなると医者が青くなる」
リコピンは、ビタミンEの100倍以上の抗酸化作用
動脈硬化や糖尿病などの生活習慣病を予防
リコピンは熱を加えても減少しない


yuji5327 at 07:24 

雲と地表温度との関係は、雲は太陽熱を反射するために降温効果をもつが、地表の放熱を遮るために昇温効果ももつ。雲はCO2の効果を増幅する作用をもつ。


モデルの弱点雲の作用」の印象に残った部分の概要を自分なりに補足して纏めると以下のようになる。
1.雲と地表温度との関係は、雲は太陽熱を反射するために降温効果をもつが、地表の放熱を遮るために昇温効果ももつ。雲は全体として地表の気温が上がると雲が増え、それが気温上昇をもたらし、CO2の効果を増幅する作用をもつ。
2.策決定者向け要約では、気候モデルで雲の効果を定量的に正しく表現できているかは確信がもてない。とくに低層雲の昇温効果が不確かなので雲全体のフィードバックが正である可能性は3分の2程度である、と書かれている。雲についての理解は最近、著しく進歩して、IPCCの見解はほぼ完全に否定されている。
3.ステフンスら(2015)は衛星観測のデータを解析して、南北半球から放出される熱量がほぼ同じであることを見出した。これは陸地が北半球に偏在して太陽熱を余計に反射することを考えると非常に不思議なのだが、ステフンスらはこれが雲の生成・消滅.移動の影響によるとして理解できることを示した。雲は大陸上よりも海洋上に多く発生することによって太陽熱の反射を増やす。こうして太陽からの流入熱量分布の不均一と、それによる気温分布の不均一を平滑化する作用をもつことになる。
4.雲はまた、気温の時間変化を平滑化する作用をもつことも知られてきた。南太平洋の島フィジーで暮らしたことのあるウィリス・エッシェンバックは、毎日繰り返される気象変化の中に雲の作用についての重要な鍵が隠されていることに気がついた。朝、太陽が昇り、気温が上がると、10時過ぎから積雲が発達し始めて午後には大きく発達し、夕方には雷雨(スコール)をもたらす。すると、これに伴う下降気流によって気温が一気に下がる。こうして気温上昇が抑えられる。
5.このサイクルが毎日繰り返されるが、平均すると気温はほとんど一定に保たれる。雲は空間的にも時間的にも気温変化を小さくする。雲が温暖化に負の効果をもつことは2001年にリチャード・リンゼンらによって提唱され、アイリス効果と呼ぼれている。それは次のような機構である。
6.熱帯の一部で海水温が上がると、そこでは上昇気流が盛んになって雲が湧き雨が降る。、それに伴い周囲1000勸幣紊砲錣燭辰鴇絛の湿度が下がり雲が減るので、海面からの放熱が増加して気温上昇が抑えられる。結果として高層雲に覆われず放熱が可能な領域が増えることが温暖化に負の作用をもたらして、気温を安定化させる。これは眼の虹彩(アイリス)が光量の増減に応じて開閉するのと似ているので、アイリス効果と呼ぼれる。
7.アイリス効果は、2001年に発表されて以来、真剣に検討されることがなかったが、最近、モーリッツェンとスティーブンスの論文(2015)が発表されたことで、その主張の正しさが確証された。この効果を取り入れることによって、これまでの大循環モデル計算では少な過ぎていた降水量は増加し、大き過ぎていた気候感度は数10%小さくなって、ほぼ実測に合うようになった。これまでの気候モデルに共通の欠陥がようやく見.えてきた。


yuji5327 at 07:09 
環境 

2018年02月27日

報われたオリンピックメダル

IMG_20180219_0002
平昌(ピョンチャン)五輪
冬季史上最多の13個のメダル(金4、銀5、銅4)
手にした選手らが記者会見。
葛西紀明(旗手) メダルを取ることができなかった
メダルを取った皆さんのパワーを背負い
北京五輪でメダルを取りたい
諦めずに頑張りたい。
スピードスケート女子団体追い抜き
菊池彩花さん
チームジャパンの絆
カーリング女子銅・吉田知那美さん
先輩たちがつないでくれたもの

yuji5327 at 06:54 

多額の外貨準備を抱えたままでは、いつ日本にも為替介入国のレッテルが貼られるかわからない。日本は外貨準備高の数値が他の先進国と比べて高く、GDP比で見ると異常に高い。

「高橋洋一著:
日本は世界1位の政府資産大国、講談社新書、2013年」は参考になる。「第8章:100兆円の外為特会はいらない」「終章:役人がの印象に残った部分の概要を自分なりに補足して纏めると以下のようになる狙う年金準備金100兆円」の印象に残った部分の概要を自分なりに補足して纏めると以下のようになる。
1、政府が持つ資産のなかで、年金準備と並ぶほど大きいのが外貨準備である。これは、政府の介入資金を管理する外国為替資金特別会計(外為特会)で運営される。2012年3月末現在で、113.8兆円という額を抱えている。
2.外貨準備とは、政府や中央銀行が保有する外貨のこと。対外債務の返済や、輸入代金の決済、それに自国通貨の為替レートが急激に変化したときに対処できるように保有する。大きな額の外貨準備を抱えている国は、為替レートの変動への対処という役割をとりわけ重視している。
3.先進国のなかで多額の外貨準備を抱えている国は、日本を除いて他にはない。あとは、中国や産油国など、固定相場制を採用しているごく一部の国が大量保有しているだけである。
4.変動相場制を採用している通常の先進国では、「為替相場は市場が決めるものであって、政府が介入するものではない」と考える。このような考えをする国では、外貨準備は輸入代金の決済などにしか使われないため、日本ほど巨額な準備金を抱える必要がない。
5.固定相場制のもとでは、市場の代わりに政府が為替レートを一定に保たなくてはならない。そのため、急激な変動があっても対応できるよう、外貨準備を積み立てる必要がある。国債を外貨建てで発行した場合には、将来の返済に備えて蓄えをしておくという役割も持つ。現代の日本では、原則的に為替レートは市場に任せており、外貨建ての国債もない。保有するにふさわしい理由がそもそもない。
6.日本とそれ以外の先進国は違う状況にある。2010年10月に開かれたG20財務大臣・中央銀行総裁会議の終了後に発表された共同声明は、「経済の基礎的条件を反映し、より市場が決める為替相場制度に移行して、通貨安競争を回避」という文言になった。これは、国内対策の金融政策によって結果的に通貨安になるのはしかたないが、為替介入によって通貨安を導いてはいけない、ということである。
7.変動相場制を採っている先進国の多くで共有されている認識は、為替相場は市場が決めるという原則の下、国内政策として政府が金融緩和を実行し、間接的に為替が変動しても、それは結局は市場で決まった為替相場なのだからかまわない。しかし、政府や通貨当局が直接的に市場に介入してはいけない、ということである。
8.国際金融の理想は「固定相場制」「独立した金融政策」「自由な資本の移動」の3つの要素を満たすことであるが、この3つ全部を満たすことはできない。どれか1つを犠牲にしないと、あとの2つが成り立たない。
9.世界の国々の大多数は固定相場制を捨て、変動相場制を採用し、「独立した金融政
策」と「自由な資本移動」を優先している。その代わり、為替は金融政策で安定をはかるという手法を取っている。だから、国際的に見れば、為替介入は禁じ手である。介入に言及しただけで非難を浴びる。
10.この声明は、中国をイメージして発せられたものだが、多額の外貨準備を抱えたままでは、いつ日本にも為替介入国のレッテルが貼られるかわからない。日本は外貨準備高の数値が他の先進国と比べて高く、GDP比で見ると異常に高い。この外貨準備は、政府による為替介入の結果である。そのため、外貨準備は外為特会のバランスシートの資産側とほぼ同じ規模である。
11.この金額は、政府が為替介人を行うという、実質的な固定相場制を採っている中国に次いで世界2位である。日本は、先進国のなかで、為替介入を唯一行っている国である。長らく続いた円高は、日本が先進国と比較して不十分な金融緩和しか行わなかった結果である。日本政府が行ってきた金融緩和は、せいぜい数兆円レベルで、他の先進国と1桁も2桁も違う。他国が数百倍の費用を金融緩和に割いているなかで、日本は金融緩和という手段はとらず、先進国ではNGとされている政府による為替介人を行ってきた。100兆円にも及ぶ巨額の外貨準備を溜めこんでしまった。
12.この巨額な外貨準備高は、今後、日本のアキレス腱になる。これまで財務省は、国際会議で、ことあるごとに為替介入への理解を求めてきた。そのような背景があったため、ドイツのメルケル首相は、アベノミクスによって日本経済に起きた変化に対し、政府が為替介入をして円安にしたと勘違いした。
13.アベノミクスにおいては、財務省から為替介入を行ったという公表はない。ただし、外為関係者には周知のことだが、財務省は外貨準備の運用で外債への借り換えを行っている。これは一般的にあまり知られていない。外債への借り換えは、財務省の言い分としては、形式的には為替介入ではないことになっている。



yuji5327 at 06:38 
共通テーマ 

2018年02月26日

冬季オリンピック閉幕

IMG_20180226_0001
平昌冬季五輪
平昌五輪スタジアムで閉会式
冬季五輪史上最多の92か国・地域
2900人の選手が参加
7競技102種目で熱戦
2022年の次回大会は北京
総勢269人、選手124人の日本選手団
金4、銀5、銅4の計13個のメダル
総数で冬季最多
主将の小平奈緒(31)(相沢病院)が旗手



yuji5327 at 10:04 
池上湖心の書 

日本のDRAMメーカーは、皆、マイクロン・テクノロジーに買収されたが、そのマイクロン・テクノロジーが業界トップ2のサムスンとSKハイニックスを脅かす存在になる。

昨年、2017/6/9付けの「大前研一 ニュースの視点」は「米エヌビディア/米マイクロン・テクノロジー/アマゾンジャパン/ギンザシックス 〜ギンザシックスが無料ポイントカードを発行しないワケ」と題する記事が参考になる。概要を自分なりに纏めると以下のようになる。
1.デジタル分野の技術や展望を議論する「世界デジタルサミット2017」が都内で開催された。その中で、米半導体大手エヌビディア日本法人の大崎真孝日本代表は、「18年までに、バスなどが特定ルートを走るレベル4の自動運転技術を確立する」
と述べ、この技術により自動車事故が減り、社会的なイノベーションになると強調した。
2.自動運転車の開発は、グーグル、アップル、テスラなどが手掛けていることが報じられてきたが、エヌビディアはこれらの企業に対して、チップ側の技術により問題を解決できるという立場である。
3.エヌビディアGPUという主にゲームで重要な役割を果たすチップの製造を行っている企業で、現在、時価総額は9兆円である。IBM、マイクロソフト、SAPなどもGPUを活用し、トヨタとも自動運転車で協力している。
4.人工知能の方法論では、1950年代の人工知能、1980年代の機械学習、2010年からの深層学習という段階を踏んでいる。深層学習では、新しい経験により知能が高くなる。エヌビディアが開発しているレベル4の自動運転技術を確立するというチップは、まさに深層学習型である。この段階で、完全に自動化の一歩手前まではいくと思われる。あとは緊急時の対応だけである。エヌビディアはチップを製造する企業だから、レベルの高いチップを開発し、自動運転車の開発に取り組んでいるグーグル、アップル、トヨタなどに活用してもらえればいい。
5.米半導体大手のマイクロン・テクノロジーは、広島工場に今後2〜3年で約2200億円を投じて、スマホ向けの次世代半導体を量産する見通しが明らかになった。スマホやデータセンター、自動運転車などに不可欠な半導体の需要は活況で、付加価値の高い前工程を受け持つ広島工場に積極投資し、首位の韓国サムスン電子を追撃する考えである。
6.日本のDRAMメーカーは、皆、マイクロン・テクノロジーに買収されたのは、残念だったが、そのマイクロン・テクノロジーが業界トップ2のサムスンとSKハイニックスを脅かす存在になりつつある。
7.DRAM市場について悲観的な味方をする人もいるが、市場規模の推移を見れば堅調である。最近では、シリコンサイクルがなく、コンスタントに伸びている。スマホによって世界で同時に使われるようになったためである。
8.マイクロン・テクノロジーからすれば、バラバラでうまく機能しなかった日本のDRAM各社を傘下に収められたのは儲けものである。逆に言えば、そこで持ちこたえられなかったのは、日本としては残念である。
9.公正取引委員会は1日、アマゾンジャパンが出品者に最安値を設定するよう求めていた契約条件を撤回すると発表した。こうした手法は、アマゾンに限らず小売業界で一般的に用いられてきたものである。EC市場で急成長を遂げたアマゾンの支配力が強まりすぎるとして、公正取引委員会が独禁法違反の疑いでアマゾンを立入検査して調査を進めてきたものである。
10.今の日本のアマゾンは強すぎる状態になっている。完全に独禁法と正面衝突するしかない状況だったが、ア東日販に対しても日販を通さずに直接取引を希望するなど、強い交渉を進めていた。この強い立場で、価格支配、流通支配をするのはアマゾンの強さに我慢できなくなった誰かが訴えたと思われる。
11.アマゾンとしても、公正取引委員会の怖さは十分に知っているので、すぐに対応している。最恵待遇条項を撤回し、好きな値段での設定を促している対応は、非常に無難である。実際は、アマゾンのボリュームが欲しいと思うところは、最恵待遇条項がなくとも、最安値あるいはそれに近い価格を持っていくと思う。
12.日経新聞は、「ギンザシックス 無料ポイントカードを発行しないワケ」と題する記事を掲載した。ギンザシックスは従来の百貨店事業のCRM(顧客関係管理)を踏襲せず、外国人観光客なども含めた来店回数が年に数回の顧客を重要視していると紹介。ポイントカードを発行する代わりにアプリを充実させるとともに、Bluetoothを活用したビーコンで情報発信やサービス提供を行う取り組みが導入されている。
13.これまでビックカメラやヨドバシカメラが代表するように、
ポイントカードを使ったCRMが一般的だった。今回の仕掛けは、ポイントを発行せずに、ビーコンで管理した情報をもとにする、というものである。ビーコンで管理するとなれば、その人がどこにいるのか、以前はどういうものを買ったのか、ということも詳細にわかる。そうすると、ビーコンで誘導しつつ、大きな買い物をしてくれる可能性が高い。その人に対して個別に値引きに応じるという対応が可能になる。



yuji5327 at 07:23 
共通テーマ 

2018年02月25日

裁量労働制

IMG_20180223_0001
労働基準法の定めるみなし労働時間制
業務遂行の手段や方法
時間配分等を労働者の裁量にゆだねる
厚生労働省が定めた業務に限定
専門業務型
企画業務型
労使双方の合意
厚生労働大臣指定職種
.新商品、新技術の研究開発
.情報処理システムの分析又は設計
新聞記事の取材若しくは編集
.衣服、室内装飾、工業製品、広告等デザイン
.放送番組、映画等のロデューサー又はディレクター
コピーライター
システムコンサルタント
インテリアコーディネーター
.ゲーム用ソフトウェアの創作
.公認会計士、.弁護士、.建築士など


yuji5327 at 10:06 
池上湖心の書 

世界では毎日1万6000人もの子供たちが飢餓などで死んでいく。1つの命は1ドルで救えるのに、37兆ドルものお金をCO2対策に使う。IPCCの科学者集団のやり口が我慢できない。

「深井有著:
地球はもう温暖化していない、科学と政治の大転換へ、平凡社、2015年」は参考になる。CO22削減の国家プロジェクトに参画した自分にとって共感できる記述も多い。「第1章:CO2温暖化論が破綻するまで」の「3.IPCCは何をしてきたのか、隠された根本的欠陥」の印象に残った部分の概要を自分なりに補足して纏めると以下のようになる。
1.報告書では観測結果が省かれて、気候モデルと実測との違いは目立たなくされているだけでなく、2013年9月段階での第5次報告書の原稿では「気候モデルは熱帯での温暖化傾向を過大評価している」と認めた上で気候モデルの問題点をいろいろと考察していたが、2014年1月に公表された最終版では、この考察はすべて削除され、「実測データの不確定さが大きいため実測と気候モデルとの不一致を議論することはでぎない」と書き替えられていた。気候モデルの欠陥を認めることはIPCCそのものの死活に関わるので、何10年にわたって蓄積された気球と衛星の観測データをすべて否定しようとした。
2.パルトリッジ論文の発表に当たっては、さまざまな妨害があった。そして、何とか印刷公表されたあとで、その内容を否定しようとする論文がいくつも現れた。なかにはパルトリッジらが使ったデータはまがいものであると断定し、水蒸気が大きな温暖化効果をもつとして、それを疑うのは非常識と言う表現もあった。これは「科学」ではなく、報告書への疑念を排除しなくてはという、IPCC信奉者の危機感の表れである。
3.フォンデルハールらの論文に至っては、報告書に引用さえもされていない。
またリンゼンらのアイリス効果については、それが発表された直後からIPCC信奉者による激しく批判された。雲が温暖化に負の効果をもつならば温暖化脅威論の根底が覆れり、死活問題になるので反撃した。
4.IPCC報告書は、本来、気候変動についての科学論文を集録し、客観的に評価することを目的としているが、実際にはCO2温暖化論の宣伝文書になってしまった。20年来、水蒸気の問題に取り組んできた専門家のミムスは、これらの問題をきちんと記述すべきだと強く主張したのが無視された。
5.IPCCは国連機関であって、その報告書は世界中の2000人を超える専門家が協力し、数年をかけて、厳密な手続きを経て作られることになっている。その報告書が大きな間違いを含んでいると言われても、にわかに信じがたいと思われるのは無理もない。
6.IPCCが「人間活動による気候変.動がもたらす危険性を評価する」という目的で設立されて以来、それに科学的根拠を与えることを使命とされた専門家集団は、次第に「科学」よりは「大義」に殉ずるようになり、気候科学そのものを変質させてしまった。
7.CO2温暖化の主張に合うように観測データを改竄したのでは、とか、IPCCの主張に合わない論文の発表を妨害したので、等々、年を追うごとに多くの疑惑をもたれてきたが、2009年11月19日、それらの隠微な所業のすべてが白日の下に曝された。IPCCの「科学」のまとめ役だった英国イーストアングリア大学気候研究所(CRU)のコンピュータから1000通以上のメール記録が流出して、世界中に広がった。のちに「クライメートゲート事件」と呼ばれるようになった。
8.その前書きには「気候学がこれだけ重大事になった今、もはや隠してはおけないので公開することにした。気候学の実態と背後にいる人たちを知る助けになることを願っている」とあり、そこには科学者としてあるまじぎ作為や、品性が疑われるような言葉が詰まっていた。この事件は、諸外国では大々的に報道され、それを契機としてIPCCとその主張CO2温暖化論への信頼は一気に落ちたが、日本ではほとんど報道されず、相変わらずCO2温暖化論が広く信奉されている。
9.世界では毎日1万6000人もの子供たちが飢餓などで死んでいく。1つの命は1ドルで救えるのだが、2030年までに37兆ドルものお金をCO2対策に使おうとする。IPCCの科学者集団のやり口を知って我慢がならなかったのだろう。


yuji5327 at 06:47 

2018年02月24日

竹島の日

IMG_20180223_0002
竹島の日
2005年竹島の日を定める条例
島根県隠岐郡隠岐の島町の竹島
1905年1月28日に島根県編入閣議決定
県民、市町村及び県が一体
竹島の領土権の早期確立を目指した運動
国民世論の啓発
韓国の主張
条例を即時に撤廃
竹島は歴史的、地理的、国際法的に明白な韓国固有の領土


yuji5327 at 07:19 
池上湖心の書 

味には5つの基本味がある。甘味、塩味、苦味、酸味、うま味の5つである。これに物理的感覚でもある渋味と辛味が加わり、これら七つを基本味と呼ぷこともある。

「都甲潔著(九州大学大学院システム情報科学研究院主幹教授・同味覚嗅覚センサ研究開発センター長:味を測る、學士會会報No.925(2017-IV)は参考になる。印象に残った部分の概要を自分なりに補足して纏めると以下のようになる。
1.「味」は測ることができるか疑問である。哺乳動物の場合、味覚は化学物質を舌の味蕾の味細胞で受け取って生じる感覚であり、5つの感覚(視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚)の中でも、嗅覚と同様、主観性が強い感覚と思われているが、ある食品の味を記録し他人に伝える手段は存在しない。
2.味とは私たちが心に思い、言葉にする味は、五感が統合された感覚であり、主観そのものである。舌にはブツブツの舌乳頭が存在し、舌乳頭は複数の味蕾から構成され、味蕾もまた複数の味細胞から成る。味細胞の大半は酸味や苦味といった一つの味質に応答する。味細胞は各味質に対応し分化しているので、味細胞から味神経、そして脳へ味情報が伝えられる際に、大きな信号処理はなされない。
3.「脳で感じる味」と「舌で感じる味」は違う。「脳で感じる味」は五感が融合された感覚で主観であるのに対し、「舌で感じる味」は客観である。客観であれば数値化できる。
開発された味覚センサはこの「舌で感じる味」を数値化するものである。
4、味には5つの基本味がある。甘味、塩味、苦味、酸味、うま味の5つである。これに物理的感覚でもある渋味と辛味が加わり、これら七つを基本味と呼ぷこともある。辛味は痛みや温度感覚であり、厳密には味覚ではない。渋味は味覚と触覚の中間の味と考えられており、味覚では苦味に類する味である。
5.塩味はミネラルの供給、甘味はエネルギー源、苦味は毒性の警告、酸味は腐敗のシグナル、そして五番目の味である「うま味」は約百年前に日本人が発見した味であり、タンパク質や核酸類に起因する味である。形容詞の「おいしい」や「うまい」と直接には関係のない。
6.味覚センサは1989年に発明された。脂質と高分子を混合して作った膜(脂質高分子膜)を味物質の受容部分とし、この複数の脂質膜からなる電位出力応答から味を数値化(デジタル化)する。脂質分子は、親水基を水相側に、疎水部を膜内部に配向する。自己組織化能という自分で自分を作り上げる能力をもつ。
7.市販の味覚センサは、各脂質膜電極が各味質(甘味、塩味、酸味、苦味、うま味、渋味)に選択的な応答を示す。センサの応答閾値がヒトと近く、応答強度もヒトと同じく対数的に変化するため、単純な比例計算で、ヒトの感じる基本味の数値化に成功している。
8.味覚センサの各受容膜が各味質に固有に選択的に応答する。この性質は「広域選択性)」と呼ばれる。化学物質を選択的に受容する従来の化学センサと比して、味覚センサは個々の化学物質ではなく、化学物質を甘味や苦味等の味質に分類し、味質に選択性を有する能力を有する。
9.従来の化学センサは「化学物質に選択性」を示す。また生体内における抗原抗体反応も抗原に高い選択特異性を有する。酵素反応もそうである。つまり、化学物質と受容体(レセプター)は一対一結合である。それを利用したのが、血糖値センサに代表されるグルコースセンサである。
10.味覚センサは「化学物質ではなく味質に選択性」を示す。この性質は味覚機構を再現したものであり、生体におけるレセプターも同じ味質の化学物質を同時に受容できる。
11.現在の味認識装置は、多くの食品、例えば、コーヒー、お茶、ビール、日本酒、焼酎、ワイン、だし、スープ、お米、肉類、餃子、牛乳、ミネラルウォーター、味噌、醤油、カボスやミカンなどの果物、野菜、お菓子へ適用され、その味の定量化ならびに新食品の開発に利活用されている。
12.味覚センサの電圧出力は味強度に変換されるが、その際、人の識別能が化学物質濃度の1.2倍以上という性質を利用する。つまり、人は1.2倍より小さな違いを識別できない。味覚センサでは、目盛「1」をその濃度差に設定した。つまり、目盛「1」は人にとって識別のつくギリギリの味の差であり、「5」だと容易に識別可能、「10」だと味が大きく異なる。13.音楽は、視覚で処理できる楽譜が普及したために、私たちは21世紀にあって2百年以上前のモーツァルトやベートーベンの曲を再現し、聴くことができる。食の世界も食譜という共通の言語、伝達手段の確立により、誰にでもわかる共通の尺度をもって味を語り合える時代が来る。目的の味を創り出すことは既に食品や医薬品メーカで行われ、JALの機内で提供されるコーヒーは、味覚センサによる味データベースを元にその味を実現した。14.味覚センサは日本で産まれ、日本で揉まれ成長し、世界に広がりつつある。CPS(Cyber Physical System)またはIoTのグローバル化した社会にあって、これらセンサの作る日本発のデータベースならびに人の官能によるデータベースの共有は、新しい時代の到来を予見させる。





yuji5327 at 07:04 
新技術 
池上技術士事務所の紹介
261-0012
千葉市美浜区
磯辺6丁目1-8-204

池上技術士事務所(代表:池上雄二)の事業内容
以下のテーマの技術コンサルタント
1.公害問題、生活環境、地球環境
2.省エネ・新エネ機器導入
のテーマについて、
・技術コンサルタント
・調査報告書の作成
・アンケート調査・分析
・技術翻訳、特許調査
を承ります。
有償、無償を問わず
お気軽に下記にメールをください。
ke8y-ikgm@asahi-net.or.jp

工学博士、技術士(応用理学)、
公害防止主任管理者、
騒音防止管理者の資格で
お役に立ちたいと思います。

池上湖心 プロフィール
○略歴
大東文化大卒、
在学中 上條信山に師事
書象会に所属、書象会理事
審査会々員
○作品展の開催
・主宰している「さざ波会」
 作品展を毎年8月開催
(於:稲毛ギャラリー)
・土曜会(グループ展)
 作品展を毎年10月開催
(於:銀座大黒屋)
○公募展の受賞、入選
・日展入選
・読売書法展(現在理事)
 読売奨励賞
 読売新聞社賞
・謙慎展(現在理事)
 春興賞の受賞:2回
○書道教室
・学生:月曜日
・一般:火曜日、水曜日





地域別アクセス

ジオターゲティング

ジオターゲティング
livedoor プロフィール

yuji5327

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード