2019年02月

2019年02月28日

うぐひすに踏まれてうくや竹柄杓

IMG_20190225_0001

鳳朗句
長谷川櫂解説
手水鉢
柄杓の柄
あわてものの鶯
小鳥の重み
傾く柄杓
些細なこと
世界は細部でできている
(読売新聞2019.2.25より)


yuji5327 at 06:58 
池上湖心の書 

2017年の自治体一人当たり所得を見ると、港区、千代田区といった都心の自治体に交じって、全国3位に入ったのが北海道の猿払村である。


「福井純著:港区、千代田区に次ぐ高所得、北海道の猿払村がすごい理由、週刊東洋経済、2019.2.23」は参考になる。概要を自分なりに纏めると以下のようになる。
1.人口減少が避けられない中、地方経済を成長させ、地域を活性化させるためには、生産性の向上、つまり1人当たり所得の引き上げが欠かせない。2017年の自治体一人当たり所得を見ると、港区、千代田区といった都心の自治体に交じって、全国3位に入ったのが北海道の猿払村である。どんな村なのかは以下の通りである。。
2.猿払村は北海道の北端・稚内市から南東側に約60km行ったところにある日本最北の村である。猿払の名前は、アイヌ語の「サロプト」や「サラプツ」から転訛したもので「葦原の河口」といった意味がある。人口約2700人で、中心産業は漁業と酪農。とりわけ年4万トン台と日本最大級の水揚げを誇るホタテの栽培漁業が中軸になっている。国内への出荷だけでなく、香港などアジア向けを中心とした輸出も多い。
3.漁業を牽引するのは、約250人いる猿払村漁業協同組合を主体とした漁師たちである。同村の漁業関係者は年問所得が1000万円を超える人も珍しくない。ホタテは全国漁獲量の大半を北海道が占める。猿払村を含むオホーツク海沿岸の各地はそのほぼ半分を占める一大産地である。水深が浅い場所が沖合まで延々と続くことや、流氷がもたらす栄養分がホタテの生育に適しているからとされる。
4.村はかつて「貧乏見たけりゃ猿払へ行きな」と言われるほど貧しかった。戦前からホタテやニシン、鮭、マス漁などが盛んだったが、無秩序な濫獲が資源の減少を招いた。ニシンが途絶え、1955年にはホタテの漁獲量も1000トンを割り込み、60年代には生業としても成り立たなくなった。55年に8871人いた村の人口は、70年には4818人に激減した。漁協の組合員も60年代初頭は170人いたがその後10年で60人余りに減った。同時期に周辺にあった主要な炭鉱の閉鎖も相次ぎ、村から活気が失われた。村の財政は逼迫し、財政再建団体に指定されるなど、かなり厳しい状況に陥った。
5.だが同村はここから奮起した。それが「育てて獲る」栽培漁業への一大転換だった。当時、道内で徐々にホタテの種苗の大量生産技術が確立されてきていた。そこで同村漁協の「中興の祖」といわれる太田金一組合長(当時)が中心となり、「4輪採制」を採用した。これはホタテの漁場を4つに分け、1年ごとに区画を変えて稚貝を放流する方法。4年かけて育ったホタテのいる漁場から収穫した後、そこに稚貝を放流する、というローテーションを繰り返す。翌年の漁獲量や放流稚貝の数量が予想しやすいため、計画的な水揚げができるのだ。
6.当時漁協は一定量以上が必要との認識から1000万粒単位の大量の稚貝放流を実施した。総事業費は約4・6億円に上る。組合員は貧しいながらも増殖準備金として水揚げ額の5%、凶漁に備えるための資金3%、組合手数料3%を5年間積み立てることを決定し、事業に臨んだ。実験を繰り返して手応えがあったとはいえ、本当に歩留まりよく育つのか、不安を抱えながらの一大決断だった。
7.これに笠井勝雄村長(同)や議会が応えた。村の年間税収入が5000万円に満たなかった時代に、基幹産業のために3年間で4300万円の助成をしたのだ。自治体として全国にも前例がなかった。結果は大成功だった。生産量は劇的に回復に向かい、ホタテの生産は不安定な大自然と向き合いながらも14年には5・7万トンもの水揚げとなった。漁協は村への感謝を忘れない。毎年の財政への寄付や、76年から毎年恒例となった10月下旬の村民全戸へのホタテ無料配布は、苦しかった時期に助けてくれた恩返しである。村の財政は決して盤石ではないが、17年度の村税は7・4億円と前年度比で約16%増加した。
8.人口もホタテの栽培漁業が軌道に乗った70年代半ばから減少スピードが緩やかになっている。合計特殊出生率は、変動はあるものの2・0を超えることが多い。後継者がしっかり育ち、3世代で漁業を営む世帯が多ければこそである。と木村幸榮・猿払村漁協専務理事は言う。
9.漁業復活で上がった税収はどう使われているのかは、伊藤浩一村長は「誰にでも優しいまちづくり」を掲げている。17年には誰もが気軽に交流でき、通所・宿泊・訪問介護の3つのサービスを行う小規模多機能型居宅介護施設「楽楽心(ららはーと)を建設した。村が直接運営しており、村民に好評を得ている。
10.地域の交通に関しても、11年にバスの一部路線が廃止されたことを受けて、高齢者や障害者などを対象に、村内限定の「福祉タクシー」を運行したり、スクールバスに無料で乗れる制度を試験的に実施したりするなど、知恵を絞る。教育の分野では村独自の奨学金貸付制度を創設した。着実に増える村外からの移住者なども安心して子育てができるように、今年からは子どもの通院支援サービスも実施する予定だ。公営の合同葬儀場を造る計画もある。
11.一方で、猿払村は「ほかの自治体と同じように昭和40.〜50年代に造った公共施設の老朽化問題などを抱える。東京23区に匹敵する面積を持つ村は、10地区に分かれており、それぞれに老朽化施設がある。今は住民の協力を得ながら統廃合を進めている。高所得を稼ぐ猿払村の漁業だが、課題もある。冬のオホーツク地域は場所によって一定期間幹線道路が封鎖されるなど、ただでさえ気候環境が厳しい。しかも14年に北海道を襲った爆弾低気圧のように、昨今は自然の脅威が増し、肉厚で大きなホタテは以前よりも育ちにくくなっている。
12.慢性的な人手不足の問題もある。ホタテ漁師に関しては高所得なこもあり、後継者問題は起こっていないが、殻むきや干し貝柱の製造といった加工については、高齢化の影響でベトナムなどからの外国人実習生に依存しているのが実態である。自動殻むき機の導入を検討するが、猿払産のホタテは殻が厚くて機械ではむきにくく、簡単ではない。競争力のある1次産品を持つ猿払村がどう発展していくのか。地方の未来を考えるうえで、参考になる。



yuji5327 at 06:42 
新技術 

2019年02月27日

在位30年記念式典陛下国民に深い謝意

IMG_20190225_0003
天皇陛下の在位30年を祝う政府主催の記念式典
千代田区の国立劇場で行われた。
天皇陛下は、国民への感謝の思い
日本は国民の平和を希求する強い意志に支えられ
近現代において初めて戦争を経験せぬ時代を持った
象徴としての天皇像を模索する道
出席者が本人かどうかを確認
最新の顔認証システムを導入
99%以上の確率で、瞬時に本人確認ができる


yuji5327 at 06:50 
池上湖心の書 

気象予報士制度ができた1993年以降、年間売り上げは300億円前後で停滞。気象データの経済効果は年間1800億円と見積もられ、開拓の余地がある。


「木本昌秀(東京大学大気海洋研究所・教授)著:先に行くほど不確実な気象予測、ビジネス活用の伸びしろと注意、週刊ダイヤモンド、2019.2.23.」は参考になる。概要を自分なりに纏めると以下のようになる。
1.気象に関わって40年、この間天気予報の精度は着実に上がってきた。特に、2009年からは台風の進路予報が5日先まで延ばされ、「南海上で迷走中の台風は来週○曜日ごろに首都圏を襲う見込み」のような予報を利用できるようになったのは大変ありがたい。
2.気象予測が可能なのは、古典力学に従って気象現象が生じているからである。ニュートンの運動方程式は、物体の加速度(=速度の時問変化率)が物体に作用する力に比例することを述べているが、これは現時刻の力(と速度)が分かっていれば、次の時刻の速度が分かることを意味する。天気予報は、この原理を地球上の空気(=1大気)に当てはめて、現在の気象状況から将来の空気の動き(=1風)や温度の変化を高速コンピュータで計算して行われている。
3.予測の対象となる大気は、流体(連続体)なので、現在の状況はなるべく空間的に細かく把握しておかないと計算がうまくいかない。これが原理的には簡単でも実践が難しいゆえんの一つだ。そこで現在では有人の観測所はもちろん、人工衛星からのリモートセンシングも多数活用して、地球大気の状況を、天気予報に支障のない程度には細かく把握できる体制になっている。
4.ゲリラ豪雨のような時空問的に細かい現象の予報が難しいのは、そもそも実況が観測で把握できていないからである。実際、最新レーダーのデータを使ってスーパーコンピユータで計算すれば、急速に発達する局地豪雨の予測も不可能ではない。観測もさることながら、積乱雲の中での乱流の様子や、さまざまな大きさの雲や雨、あられ粒子の衝突、成長といった、陽に計算できないが、その効果は考慮する必要のある細かい現象の実態が科学的によく分かっていない、という事情もある。連続体なので、どこまで計算メッシュを細かくしてもそれより細かい現象は存在し、その効果を考慮する必要が出てくる。
5.これらの課題を克服すべく開発や研究が続けられているのだが、実際の予報を使うに当たっては、多くのユーザーが求めるピンポイ,ント情報と粗い計算メッシュの間のミスマッチに如凡て、「先に行けば行くほど予測が不確実になる」ことに留意せねばならない。初期値が誤差分だけわずかに異なる多数の「アンサンブル予報」で台風の進路予報が広がる。初期誤差が成長するため、ある町のある"の天気予報は2週問までが限界である。それでもその先の長期予報が発表されているのは、週や月、ある稚度以上の広さで平均した「天候」の傾向なら、つまり予測対象を限定すれば、ゆつくりと変化する海水温の影響などを考慮して、ある程度有用な予測ができるからである。
6.天気予報の精度が十分かといえば、決してそうではないが、同時に、ある程度の精度に達し、データも格段に容易に手に入るようになった現在、特にビジネス界における気象データ活用については相当に伸びしろがあるように思う。農業や交通、損害保険といった分野で気象の影響が大きいことは分かるが、小売りやサービス業でも売り上げや売れ筋商品の変化などに気象は大.きく影響するという。
7.全国清涼飲料連合会の協力を得た気象庁の調査によると、平均気温22℃以上では屋外自動販売機のホットのコーヒー飲料等の販売数はほぽゼロで、気温の低下に伴い急激に増加する。自販機をコールドからホットに切り替えるタイミングを決めるのに、2週間先までの気温予報を使うか使わないかで、売り上げに1台当たり100本程度の差が生じる。同様の気象影響は、アパレルや家電、コンビニでも確認される。
8.さまざまな業界でこのような気象データの利用は進んでいるものと思うが、気象予報士制度ができた1993年以降の20年ほどで見ると、民間気象事業者の年間売り上げは300億円前後で停滞している。その一方で、気象データによる需要予測の経済効果は年間1800億円と見積もられると、まだまだ開拓の余地がある。膨大な数値予報や衛星.データと、他のビッグデータとを掛け合わせれば大きな可能性を生む。
9.気象データのビジネス利用を考える際に、幾つかの課題に思い当たる。ほとんどのビジネスは気象だけに影響されるわけではない。判断の一助にしたいとは思っても、何をどう調べたらよいのか分からない。気象コンサルティングも、多様なデータから相関関係を抽出してくれるAI等の利用も有用である。気象に詳しくなくてもPOS〔販売時点情報管理)などの自社システムに気象情報を警入れることができるシステムにも需要がある。
10.数値天気予報や衛星など、気象のデータ量は半端ではない。本格利用には過去のデータも必要になる。緊縮財政の役所がユーザーに十分親切な大容量データサービスを用意できないのが問題である。特に予測データの場合、不確実性の収り扱いに注意が必要である。気象庁は今年6月をめどに2週問先までの気温予測を毎日発表する予定だが、誤差情報も加味した発表となる。
11.東京の90日先までの毎日の天気予報を掲載するウェプサイトもあるが、3カ月先を明日や明後日と同じように予測することは原理的にも無理である。何もかも気象庁が作成し、保証した形式でしか手に入らないでは、ビジネスチャンスを逃すことにもなる。人命に関わる防災情報は官の管理が必要だが、差し支えない部分は民に開放して可能性を広げるべきである。



yuji5327 at 06:26 
新技術 | 環境

2019年02月26日

辺野古埋め立て「反対」最多

IMG_20190225_0006
名護市辺野古の新基地建設
埋め立ての賛否を問う県民投票
「反対」が4分の1を上回る43万票
玉城デニー知事
安倍晋三首相とトランプ米大統領に
結果を通知
政府は工事を続行
現在の県政と政府は法廷闘争


yuji5327 at 06:53 
池上湖心の書 

男女のがん罹患率のトップは長崎県で、人口10万人当たり454・9、次いで秋田県が446・3、香川県436・7だった。最も低いのは沖縄県で356・3、次いで愛知県の367・5、長野県が367・6。


「井手ゆきえ(医学ライター)著:全国がん登録、初の報告、週刊ダイヤモンド、2019.2.23」は参考になる。概要を自分なりに纏めると以下のようになる。14時昼寝語
1.1月16日、厚生労働省から2016年の「全国がん登録」の結果が報告された。同年に施行された「がん登録推
進法」に基づき、国主導でがん患者をデータベース化したもので、初の集計結果となる。16年に新たにがんと診断された患者は99万5132例(男性56万6575例、女性42万8499例)だった。
2.臓器別の男性1位は、胃(16・4%)、前立腺(15・8%)、大腸(15・8%)、肺(14・8%)、肝臓(5・0%)が続いた。女性は乳房(22・1%)、大腸(16・0%)、胃(9・8%)、肺(9・7%)、子宮(6・6%)だった。
3.興味深いのは、同じ日本国内でも罹患率(がんになる割合)に地域差があることである。男女の年齢調整罹患率のトップは長崎県で、人口10万人当たり454・9、次いで秋田県が446・3、香川県436・7だった。最も低い都道府県は沖縄県で356・3、次いで愛知県の367・5、長野県が367・6だった。
4.部位別でも地域差がある。たとえば胃がんの罹患率は、全国で人口10万人当たり48・2に対し、新潟県74・7、秋田県70・3など寒さが厳しい日本海側の地域が上位を占めた。一方、肝臓がんは全国の14・7に対し、佐賀県が21・6、愛媛県20・7、福岡県20・6など、近畿以西から四国・九州地方に多い傾向が認められている。
5.胃がんリスクである塩分過多の食生活や、肝炎ウイルス感染者が多い地域など、以前から指摘されてきた危険因子の影響が如実に表れた。今後は各地の実情に沿った対策が求められる。
6.国立がん研究センター・予防研究グループによる「日本人のためのがん予防法」では、ゞ惘(受動喫煙を含む)、∪疆戮△覦酒、食塩は最小限に、野菜や果物を食べ、熱い飲食物を避ける、1日60分以上の身体活動、ヅ正な体格指数(BMI)の維持、Υ留螢Εぅ襯后胃がんの予防につながるピロリ菌感染の有無を知り、適切な処置をとる、の6点を推奨している。


yuji5327 at 06:41 
健康 

2019年02月25日

体調管理

IMG_20181231_0004
拍動の源は、心臓内の洞結節
電気刺激
健康な成人安静時の脈は1分間に50〜100回程度
個人差はあるが、70回前後
不整脈の原因
年齢に伴うもの
体質的なもの
つまり心臓病には関係しない
中年以上ではほとんどの人
だれにでも起こりうる
病気とは関係のない不整脈がほとんど。
ほとんどの不整脈
運動や精神的に興奮した状態
落ち着きを取り戻す事でほとんど解消
血液を送り出す心臓のポンプ機能を悪化させる事もない。

yuji5327 at 07:02 
池上湖心の書 

社名が「パン・パシフィック・インターナショナルホールディングス」より「ドン・キホーテ」という名称のほうが畏敬の念を持ってもらえる。

2019/2/22付けの 大前研一 さんの「ニュースの視点」(発行部数 163,575部)は「日本マクドナルドHD/ニューロ/ドン・キホーテ〜データが語る深刻な現状」と題する記事である。概要を自分なりに纏めると以下のようになる。
1.日本マクドナルドホールディングスが12日発表した2018年12月期連結決算は、営業利益が前期比約32%増の250億円だった。夕食の時間帯の新サービス「夜マック」が好調だったほか、既存店の改装などでファミリー層が増えたことなどが寄与した。カサノバ氏が社長に就任したとき、マクドナルドは簡単に上手くいかないだろうと思っていた。日本の中食マーケットは、コンビニ、牛丼チェーン店などの競合が多く、厳しい市場だからである。
2.マクドナルドの業績をV字回復させたのは十分な功績だが、過去の話であり、現状はすでに純利益は減少傾向にある。マクドナルド全店で業績の好調さをアピールしているが、ちょっと違う。売上高は約10年前の売上高4000億円から2000億円に半減している。夜マックのヒットなどがあり、一部利益が回復しているものがあっても、売上が低迷しているのは深刻である。日本の中食マーケットは、うどん、そば、牛丼チェーンを始め、相変わらず厳しい状況が続いている。
3.自動運転技術を開発する米新興企業のニューロは11日、ソフトバンクグループから約1040億円の出資を受けたと発表した。ニューロは米国内で自動運転車を使った食料品などの宅配サービスを始めており、調達した資金をサービス提供地域の拡大などに使う計画である。
4.孫正義会長は”人の金でリスクを取る”のが上手いと言われるが、今回もその事例である。今回ソフトバンクグループが出資したニューロが手がける宅配サービスというのは非常に難しいものである。生鮮食品の宅配事業を15年間経験し、最終的に黒字の事業に成長させたが、苦労も多くあった。
5.特に「再配達」の問題には悩まされた。いまだに革新的な良い解決方法はない。施錠ができる限定された場所があれば良いが、新しいマンションにある宅配ボックスなども圧倒的に数が不足している。現実には再配達を避けるために荷物を玄関先などに置いておく、という方法が取られるが、非常に危険である。悪意を持った人が「毒物」を入れることさえあり得る。そこまで危険ではなくても、第三者が荷物を持って行ってしまう可能性がある。
6.米国では置かれた荷物の約1割はそうなっている。確実に安全に荷物を置いておくための場所として、ガソリンスタンドやコンビニなどを活用することなども、考えたことはあるが、都心の店舗は狭く、荷物を置く場所を確保しきれないなど問題があった。結局、再配達の問題を解決する唯一の方法は、「再配達しない」ことである。配達をする前に確実に本人と連絡を取って手渡すことである。
7.今回ソフトバンクが出資をした配車サービスも、自動運転車で配達に行く前に、スマホで本人に連絡を取ると思われる。そもそも、受け取る人がいないのに、自動運転車で配達に行ってしまったらせっかく自動運転車を利用するメリットもない。再配達という問題にどのように対処できるサービスになっているのかが、重要なポイントである。
8.日経ビジネスは12日、「ドンキ社名変更、創業者復帰のワケ」と題する記事を掲載した。ドン・キホーテホールディングスが1日、社名を「パン・パシフィック・インターナショナルホールディングス」に変更するとともに、2015年にCEOを退任した創業者の安田隆夫氏が取締役に復帰した。
9.安田氏は近年、シンガポールなどの海外事業を統括し、同社の店舗は現地でも知名度を上げてきているとのことで、大企業病や管理職の慢心が懸念される中、今回の動きは「異端児」としての気風を取り戻すための大転換と見る関係者が多い。安田氏が復帰し、社名が「パン・パシフィック・インターナショナルホールディングス」になるということだが、社名にしっくりこない。「ドン・キホーテ」という名称のほうが業界の人には畏敬の念を持ってもらえる。
10.ユニー・ファミリーマートホールディングスが、ユニーの経営をドン・キホーテに託したのも、「ドン・キホーテ」という“名前が持つ力”にも期待していたはずである。「パンパシフィック」という名前は、かつて東急ホテルが展開していたもので、この名前が、ドン・キホーテが目指すものと相容れるのかどうか疑問である。そもそも、異端児の気風を取り戻す「大転換」の必要性は感じない。



yuji5327 at 06:34 
共通テーマ 

2019年02月24日

亥年と災厄

IMG_20190223_0001

草木が枯れ落ちて、種の内部に草木の生命力がこもっている状態
1923年に関東大震災が起きたように
亥年には災厄が多い


yuji5327 at 07:11 
池上湖心の書 

中国では、ブロファイリングの結果は、警察・公安活動に利用されている。群衆の中から目的の人物を発見することに使われて、成果を挙げている。


「野口悠紀雄著:写真の蓄積で可能となる詳細のプロファイリング、週刊ダイヤモンド、2019.02.23」は参考になる。概要を自分なりに纏めると以下のようになる。
1.グーグルが提供するサービスであるGoogleフォトにはアルバムという機能があり、保存した写真を自動的にグループ分けしてくれる。「人物」というグループでは、個人ごとのサブグループがつくられる。そこに、その人物が写っている写真がまとめられている(1枚の写真が複数のサブグループに入っていることもある)。「被写体」というグループでは、写真が「山」「公園」「湖」「花」などのサブグループに分類されている。
2.写真の画像を人工知能(AI)が認識して、グループ分けしている。人物については、異なる写真に写っているのが同一人物か否かの認識ができている。幼児の場合、数年間で外見はかなり変わるが、そうであっても、同一の人物であると正しく認識する。ただし、その人物の名前を特定することはできない。
3.名前は、利用者が入力する。Googleフォトは無料の大容量保存サービスなので、これを使っていると、大量の写真を撮るようになる。このため、「アルバム」の機能を用いないと収拾がつかなくなってしまう。多くの利用者は、家族や友人について、個人別のサブグループをつくって、その人の名前を入力していることだろう。
4.グーグルは、「Googleレンズ」というサービスも提供している。これは、スマートフォンのカメラで写した画像を認識する機能である。花の写真を撮れば、その名を教えてくれる。腕時計やワインボトルの写真を撮れば、それらの商品のウェブサイトを開いて、詳細情報を教えてくれる。正しい答えを示さない場合もあるが、商品などについては、かなり正確である。印刷物の写真を撮れば、それをテキストに変換してくれる。名刺の写真を撮ると、名刺に印刷されているさまざまな情報を別々に認識してくれる。例えば、メールアドレスはメールアドレスとして認識し、そのアドレス宛てのメール送信画面をシームレスに開いてくれる。
5.Googleレンズは、印刷物やウェブサイトにある人間の顔も認識し、それが誰であるかを同定する。欧米の映凹俳優なら、あまり有名でない俳優も含めて、かなり正確に認識する。ある人の顔写真を見せた場合に、その人が他の写真に写っている人と同一人物か否かを識別する能力と、その人が誰であるかを同定する能力は、別のものだ。Googleフォトは(利用者が名前を入力しない限り)前者しかできないが、Googleレンズは後者もできる。
6.写真に写っている人物が誰かを同定するためには、人物の画像データベースが必要である。Googleレンズは、カメラで写した人物を人物画像データベースにある画像と照合し、どれと同一人物かを検出している。従って、人物画像データベースに収録されていない人は、誰なのかを同定できない。このため、全ての人を認識できるわけではない。私が試した限り、日本の俳優では、三船敏郎は認識したが、その他の俳優は認識できなかった。
7.政治家の写真は、洋の東西を問わず、認識率が低い。歴史の教科書に出てくるような人物は何とか認識するが、完全ではない。例えば、毛沢東やチャーチルは認識したが、スターリンはできなかった。現代の政治家は、トランプ大統領でさえ認識できない。では、Googleレンズは、どのような人物画像データを参照しているのか?それについては公表されていないのだが、認識の仕方に奇妙なバイアスがあることから、ある程度の推測ができる。
8.俳優については、その実名ではなく、映画の登場人物として認識する場合が多い。例えば、イギリスの女優、エマ・ワトソンを、実名ではなく、映画「ハリー・ポッター」の登場人物であるハーマイオニーだと認識する。こうなるのは、映画を紹介する書籍をデータベースとして参照しているからだろうか? 政治家に限らず、印刷物やウェブサイトで顔と名前のデータが得られる人については、今後、人物画像データベースが作成され、Googleレンズによつて名前が分かるようになっていく。
9.Googleフォトの利用者が、家族や友人などの一人一人について名前を明記したアルバムを作れば、膨大な人々をカパーする人物画像データベースが構築されることになる。いや、「すでにかなりの程度、構築されている」というべきである。フェイスブックやツイッターなどのSNSも顔の画像データを持っているが、Googleフォトが収集できる顔データは桁違いに多い。場合によつては、1人当たり数千枚の写真が集まるだろう。「顔は覚えているけれど、名前を忘れてしまった」という状況に対して、グーグルは答えを出せるようになる。
10.GoogleフォトやGoogleレンズによつて得られる画像データを、グーグルはどのように利用するのであろうか? AIの機械学習データとして用いられることは疑いない。Googleレンズでは、識別結果が正しいかどうか(例えば、パラの花を写したのに、梅の花だという結果を示していないか?)を、利用者がフィードバックできるようになっている。また、Googleフォトでは、ある写真の人物がアルバムの人物と同一か否かをフィードバックできる。こうした情報を用いて、機械学習の精度を上げることができる。
11.さらに、Googleフォトに蓄積された画像データを用いて、プロファイリングを行うことが考えられる。写真には、どんな家に住んで、どんな家具を持っているか。どんな衣服を着ているか。どんな自動車に乗っているか、それはいつごろに買い替えの時期を迎えそうか? 家族とどんな場所に旅行しているか、等の情報が入っている。
12.それをAIが読んで分析すれば、利用者の年齢、所得、家族の状況、趣味などを正確に把握することが可能になる。検索やメールで得られた情報よりはるかに詳細で直接的な情報が得られる。こうして得た情報を用いれば、極めて効率のよいターゲット広告を行うことができる。問題は、利用が広告だけにとどまるかどうかである。それが分からない。
13.中国では、ブロファイリングの結果は、警察・公安活動に利用されている。群衆の中から目的の人物を発見することに使われて、成果を挙げている。こうしたことは、中国に限られた問題だと考えていた。なぜなら、中国では、公権力で個人データを集められるという特殊事情がある。中国では身分証によって顔データが集められる。犯罪者などについては、さらに詳しいデータがある。
14.しかし、以上で述べたように、グーグルも中国の公安が持っているのと同じように詳しい個人データを持っていると考えることができる。それを考えると、AIがもたらし得る管理社会は、中国に限定された問題だと言い切れない。


yuji5327 at 06:42 
新技術 
池上技術士事務所の紹介
261-0012
千葉市美浜区
磯辺6丁目1-8-204

池上技術士事務所(代表:池上雄二)の事業内容
以下のテーマの技術コンサルタント
1.公害問題、生活環境、地球環境
2.省エネ・新エネ機器導入
のテーマについて、
・技術コンサルタント
・調査報告書の作成
・アンケート調査・分析
・技術翻訳、特許調査
を承ります。
有償、無償を問わず
お気軽に下記にメールをください。
ke8y-ikgm@asahi-net.or.jp

工学博士、技術士(応用理学)、
公害防止主任管理者、
騒音防止管理者の資格で
お役に立ちたいと思います。

池上湖心 プロフィール
○略歴
大東文化大卒、
在学中 上條信山に師事
書象会に所属、書象会理事
審査会々員
○作品展の開催
・主宰している「さざ波会」
 作品展を毎年8月開催
(於:稲毛ギャラリー)
・土曜会(グループ展)
 作品展を毎年10月開催
(於:銀座大黒屋)
○公募展の受賞、入選
・日展入選
・読売書法展(現在理事)
 読売奨励賞
 読売新聞社賞
・謙慎展(現在理事)
 春興賞の受賞:2回
○書道教室
・学生:月曜日
・一般:火曜日、水曜日





地域別アクセス

ジオターゲティング

ジオターゲティング
livedoor プロフィール

yuji5327

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード