2019年10月

2019年10月31日

難民の人生変えた緒方貞子さん

IMG_20191030_0003
尊敬する大先輩
何事にも真剣だった
日本人初の国連難民高等弁務官
難民支援に貢献
社会貢献の方法は多様化
アフリカへの情熱遺児支援
支援する学生は40カ国以上


yuji5327 at 06:41 
池上湖心の書 

株の世界は「山高ければ谷深し」である。異常に上がったアメリカの株価に上昇理由は乏しく、今は谷に向かう直前の状況にある。


「大前研一著:世界的景気後退は目の前だ、PRESIDENT 2019.10.4」は参考になる。概要を自分なりに纏めると以下のようになる。
1.世界的な株高傾向が続いている。これを強力に牽引しているのはアメリカ市場の株高である。米中首脳会談で膠着していた貿易協議の再開が確認されたことが好感されるなどして、7月にはアメリカの主要株価指数であるNYダウ、S&P500、ナスダックが揃って史上最高値を更新した。8月に入ってl日、トランプ大統領が制裁関税第4弾を9月l日に発動すると表明した。さらに5日、自国の輸出に有利になるように意図的に人民元安に誘導しているとして米財務省は中国を「為替操作国」に認定した。
2.米中貿易摩擦の再燃、激化への懸念と景気の先行き不安から世界の株式市場は急落、NYダウも全面安で2カ月前の水準まで下落した。さらに中国の報復閲税拡大を受けて、米通商代表部が中国に対する制裁閲税の税率を5%引き上げて最大30%にすると発表した23日などにもNY市場は急落した。
3.米中貿易戦争によるリスクオフを繰り返しながら、NYダウは7月に記録した史上最高値の2万7398ドルから8月には2万5000ドル台まで下げ、それ以降も乱高ドを繰り返している。それでもトランプ政権が発足した2017年1月時点ではNYダウは初めて2万ドルの大台に乗せた程度の水準で、チャートを見ればトランプ政権の約2年半、一貰して株高傾向が続いてきたことが一目瞭然である。
4.このように株高を演出してきたトランプマジックは2つある。1つは大規模な減税である。17年12月、トランプ大統領が大統領選中から公約に掲げてきた法人税や所得税の大規模減税を柱とする税制改革法案が米議会で可決・成立した。これはレーガン政権以来の抜本的な税制改革であり、連邦法入税が35%から一気に21%に引き下げられ、所得税も高所得者層ほど恩恵を受ける形で税率が引き下げられた。
5.「金持ち優遇」との批判もあったが、企業や富裕層をターゲットにした減税は景気浮揚効果が大きい。税引き後に残るお金が大きければ、企業は設備投資や研究開発投資を活発化するし、個人消費も拡大する。景気が良くなれば当然株価は上がる。一方で現在のサイパー経済においては、昔の重厚長大型の装置産業が方々にプラントを造るような巨大な設備投資は必要ない。基本的には優秀な人間がいれば成り立つ。従って減税で浮いた余資を配当資金に回しやすい。配当が増えるから、株が買われる。
6.もう1つのトランプマジックは金融政策。アメリカの中央銀行制度であるFRBは、アメリカの好景気が続く中でインフレを警戒して金利を上げてきた。今の時代、世界的に金利が低いから、ドルやユーロ、円など信頼度の高い通貨の金利が高くなると世界中からお金が集まってくる。アメリカの金利が高いと言ってもたかだか2.5%程度だが、それでもゼロ金利の欧州やマイナス金利の日本に資金を置いておくより、安全なドルに替えようという動機付けになる。そうやって世界中から集まってきたお金は米国債に向かわずに、株式をミックスした上場投資信託のような金融商品に向かう。それが株式市場にも流れ込んで、株高につながっている。
7.利上げや利下げを決めるのはFRBの仕事であって、大統領に決定権はない。FRBはきわめて独立性の高い政府機閲だ。しかし、トップであるFRB議長の任命権は大統領にある。つまりFRBの金利政策が気に入らなければ、トランプ大統領は得意の「おまえはクビだ」で議長のクビをすげ替えることも可能である。しかし、トランプ大統領はそれをやる前に現FRB議長のジェローム・パウエル氏を徹底的にいじめ抜いている。これがトランプマジックならぬトリックである。トランプ大統領はFRBが小幅の利下げを決めても「失望した」と不満をぶちまけ、「FRB議長を解任する権限がある」とか「辞任を望むなら止めない」などとパウエル議長に対して常に利下げ圧力をかけ続けている。そうやってパウエル叩きをするたびに、「そろそろFRBは利下げするかも」と市場の期待値は高まる。これがトランプ大統領の言うことを諾々と聞く議長なら、方向性は織り込み済みだから期待値は膨らまない。
8、パウエル議長のようにしっかりした人物が叩かれているから、市場は敏感に反応する。パゥエル叩きはまさにトランプ金融劇場であり、利下げへの期待感を膨らませて株高を演出してきた。パウエル叩きは一般の米国民には、(金融も財政も貿易も何も理解していないのに)やはリトランプが経済を支配している、と錆覚させる選挙トリックである。
9.株高要因は株式市場の動向にもある。近頃は株式を新規発行するケースが非常に少なくなった。アメリカの公開株の時価総額は膨れ上がっているのに、発行済み株式数はこの20年でまったく増えていない。今年6月、ユニコーン企畳の一つである米ビジネス用チャット大手のスラック・テクノロジーズが上場を果たした。この上場では新規株式を発行せずに、既存の株式を取引所に登録する「直接上場」という方法が採られた。大手企業の直接上場によるIPOは18年末の音楽配信サービス、スポティファイ・テクノロジーの上場に続き2社目である。
10.株式を新規発行しない理由は、面倒な手間暇とコストがかかるからである。通常のIPOは手続きを主幹事の金融機関が頼まなければならないが、直接上場はその必要がない。金融機閲に手数料を支払わなくて済むから、上場コストは大幅に下がる。
11.アメリカの株高はどこまで続くかは、20年の大統領選での再選を目指すトランプ大統領としては少しでも引き延ばしたいところである。アメリカの場合、401K〔確定拠出型年金〕を抱えている人が多いから、株高につながる政策は国民にとって大歓迎である。叩けばホコリしか出ないトランプ大統領が支持、あるいは黙認されている最大の理由は、自分の財布を潤してくれるからである。
12.しかし今、株価暴落のトリガーは至る所に転がっている。冒頭の米中貿易戦争もその一つで、貿易戦争がエスカレートすれば世界的な景気後退につながる恐れは強い。秋以降には対中閲税が消費者物価のインフレを誘発する可能性が高く、金利をかなり上げなくてはならなくなる。金利が上がれば、安易な間接金融に浸っている米企業の負担も増すので、株価は下がらざるをえない。一方、中国経済の崩壊も懸念材料で、今、中国の国有企業や地方政府の赤字状態は深刻である。中国政府は必死に金をばらまいて景気対策をしているが、これまたトランプ劇場でアメリカとの激しい制裁合戦が続く中、向こう1年の間に中国経済が決壊する可能性は排除できない。
13.アメリカとイランの衝突もトリガーになる。ホルムズ海峡危機で原油価格が高騰するのは今や資源輸出国のアメリカにとってはむしろプラスだが、実際にイランとのドンパチに突入すれば話は別Dリスクオフによる株耶仙ド落は避けられそうにない。ドイツ銀行の危機がリーマンショック級のインパクトを引き起こす恐れもある。メインバンクのドイツ銀行から巨額の資金をファミリービジネスに引っ張っているトランプ大統領は「優れた銀行だ」などと言っているが、優れているところは残っていない。特に酷いのは投資銀行部門で、救済不能のディールを世界中、特に北欧と旧東欧圏で行っている。そこで生じた不良債権を証券化した金融商品が世界中に出回っている。
14.そのような怪しげな金融商品の絶対額はリーマンショック時を超えた言われている。もちろんマジックを駆使して株価を上げたトランプ大統領がダメージを受けたり、失脚すれば株価に多大な影響を及ぼす。スキャンダルまみれの大統領だから、どこで地雷を蹄むかわからない。また、パウエルFRB議長が自分から辞表を叩きつける事態になれば、これもトリガーになる。株の世界には「山高ければ谷深し」という言葉ある。異常に跳ね上がったアメリカの株価に上昇理由は乏しく、今は谷に向かう直前の状況にある。トランプマジックは剥がれ、市場ではトランプ自信の支離滅裂なッイッター相場がリスクそのものである。


yuji5327 at 06:31 
共通テーマ 

2019年10月30日

老いは何歳から始まるのか?

IMG_20191029_0003
紀元前の賢人ソロン
57ー63歳思考、言論で全盛期に比べて衰えが始まり
64−70歳以降を老年
昨今の人生100年時代
高齢期の生き方
待遇、周囲の期待で遠のく老い
(読売新聞2019.10.28より)

yuji5327 at 07:10 
池上湖心の書 

世界中の経営者は、既存事業を維持しながら、イノベーションをもたらす新たな企業に対処し、自らも事業のイノベーションを図る難題に頭を悩ませている。


「校條浩著:イノベーション型企業参謀、週刊ダイヤモンド、週刊ダイヤモンド、2019.9.14」は参考になる。概要を自分なりに纏めると以下のようになる。
1.「イノベーション型企業参謀」の必要性を提案している。世界中の経営者は、既存事業を維持しながら、破壊的なイノベーションをもたらす新たな企業に対処し、さらに自らも事業のイノベーションを図れるかという難題に、日夜頭を悩ませている。そんな経営トップに、既存事業の経営とは異なるノウハウが必要なイノベーションの経営についてアドバイスし、先導する存在がイノベーション型企業参謀である。
2.イノベーションプロセスにおいて、企業参謀が必要な理由は、企業のイノベーションプロセスは既存事業の予定調和的な事業計画と違い、全く予想がつかない試行錯誤のプロセスであり、既存事業を引っ張っていくことに長けた経営トップや幹部にはなじみがない。既存事業と違った不透明な未来の事業について、具体的なビジョンを語ることは苦手だからである。
3.そのようなイノベーションの素人である経営トップが指揮を執ると、イノベーション活動そのものが目的化してしまう危険がある。よくあるのが「イノベーション推進室」の設置だ。推進室の面々はシリコンバレーに駐在員を派遣し、現地の日本語を話すベンチャーキャビタリストやコンサルタントと交流し、インキュベーション施設の会員となる。だが、自社の本業を超えるほどの事業アイデアについて、真剣に検討・投資している例は意外に少ないのが実情だ。単にシリコンバレーの熱気に触れて手応えを感じ、その気になっても空回りしてしまうのだ。それは、イノベーションプロセスを設計・構築し、そこに魂を入れ、さらに事業化するための規律を課す経験も知恵もないからだ。企業参謀はイノベーションプロセスを立ち上げ、運営を進めるために経営トップを支えるのが仕事だ。「陰の仕掛け人」のような存在なのである。
4.具体的なイノベーション型企業参謀の役割を理解するには、スタンフォード大学経営大学院のチャールズ・オライリー教授が、企業エグゼクティブ向けに指導している内容が参考になる。オライリー教授は、IBM、シスコシステムズ、アマゾン、コーニング、USAトゥデイなどの優良企業が、悪戦苦闘してきたイノベーション活動をつぶさに調査してきた。そこから導き出される教授の話は、企業参謀の在り方を考える上で示唆に富む。
5.オライリー教授は、既存企業が大きなイノベーションを進めるためには3段階のステップを踏む必要があると説く。それは、(1)アイデア出し、(2)アイデアの検証と事業のふ化、そして(3)新事業の成長・拡大である。具体的には(1)のアイデア出しでは、柔軟な発想でオープンにアイデアを求めるのはもちろんだが、そこでは大枠のビジョンと目標規模についての経営トップからの提示が鍵となる。(2)では、出てきたアイデアの中から良いものを選ぶために、事業のふ化プロセスを通して検証していく。ここでは、選択の基準について議論を尽くすことが重要で、経営トップの関与が欠かせない。ただ、今までの経営企画の考え方では既存事業の発想で基準を考えてしまい、イノベーションが阻害されてしまう。基準を未来市場、未来の顧客価値から考え直す必要がある。最後の(3)は、ふ化した新事業のひなを大きく羽ばたかせる段階だ。思い切った人材補強と資金投入が不可欠である。まだ証明されていない市場・事業にリソースを投入するわけだから、新しい顧客価値の指標を具体的に検証する規律が求められる。ここでも、経営トップ自らの関与が不可欠である。
6.企業参謀はこの3段階で経営トップを支援する重要な役割を担う。新事業の立ち上げ、成長までのプロセス設計と実行、実行に関わる規律の設定と適用、企業のビジヨンの設定・共有において、経営トップと二人三脚で議論し、実行支援する。場合によつては遊撃隊として社内外を暗躍することもある。
7.このような人物は幕末の志士.に例えられる。プロセス設計、実行規律の適用には久坂玄瑞、ビジョンづくりには吉田松陰、遊撃隊には坂本龍馬のような人物が当てはまる。このうち幾つかを兼ね備えている人物がいれば素晴らしいが、得意な領域の異なる人物を組み合わせるのもよい。企業参謀は、それぞれ役割やタイプの違いはあっても、幕末の志士.のように若くして国を論じる志と目線の高さが必要である。それは、企業のイノベーション活動で出てくる事業アイデアは、既存事業の改善提案的なものが多い。既存事業を凌駕するレベルまで発想が行き着かないことがほとんどで、ある日本企業では、400のアイデアから実際に立ち上げられた二つの事案が、両方とも既存事業の延長上のものだった。
8.イノベーション型企業参謀は、入社したときから天下国家を語り、経営トップに臆することなく意見を言うような人物が望ましい。まだ若く失うものが少ないので、自社の枠組みの中で自分のキャリアを考えるよりも、自社の目を自分の考えに向けさせようという態度は不遜に見えるかもしれない。いつでもヘッドハントされそうな人物でもある。
9.加えて、さらに重要な資質が、既存企業の領域とは違う外の世界をよく知り、顧客や産業の変化について大きなアンテナを張っていることである。これは、シリコンバレーのようなベンチャーコミュニティーの奥深くで有象無象の情報から確かなトレンドを見いだす、ベンチャーキャピタリストに求められる能力と似ている。忘れてはならないのは、企業参謀を活用する経営トップも意識改革が求められることである。企業参謀を部下のように扱わないこと。「老中」と「志士」が対等に手を取り合うのが、現代企業のイノベーションなのである。


yuji5327 at 06:54 
共通テーマ 

2019年10月29日

大雨死者半数が車内

IMG_20191029_0002
台風21号と低気圧の影響
大雨で、福島、千葉両県で死亡した10人
5人は車で移動中
車が水没したり流されたりした
災害発生前に移動


yuji5327 at 07:10 
池上湖心の書 

量子力学が数学にもたらしたような、大変革をもたらす可能性を秘める。数学は変わり、数学を変革できる学問が、世界を変える。


「加藤文元(東工大教授):世界の"ルール"を探究する数学と物理、二人三脚の発展、週刊ダイヤモンド、2019.09.14」は面白い、概要を自分なりに纏めると以下のようになる。
1.数学は「自然科学の基礎」と呼ばれることがある。だから、数学の発展があって初めて、諸学が発展すると思っている人は多い。しかし、実際の歴史をひもとくと、経緯はかなり異なる。大昔の人類は、月や惑星などの天体がどんな規則で動くのか、あるいは、なぜリンゴは木から落ちるのかという謎を解きたかった。その解明には、17世紀に花開いた微分積分学が不可欠だった。しかし、微分積分学という学問がもともと存在し、天体の運行や物の運動について調べていくうちにそれが応用できると分かり、「使ってみたら解けちゃった!」という感じで解決したわけではない。
2.実際の順番は逆である。ガリレオ以来の天文学や動力学など、当時の物理学の発展という背景があったおかげで、ニユートンやライプニッツによる微分積分学が形成されていったのである。微分積分学のおかげで、物体の運動の法則が、微分方程式で書けるようになった。天体の運行もリンゴの落下も、たった一つの式で記述できる。
3.技術的には、物体の速度や加速度を、物体の位置を表す関数の時間に関する微分で表現できたことが大きい。ただ、「微分」という考え方がもともとあって、それがたまたま「速度」の概念にフィットしたというよりは、物体の速度を表す数学概念が欲しいというモチベーションから、微分というアイデアが生まれたという方が、実際に近い。
4.自然界の物体の成り立ちというのも、人類が長年取り組んできた謎だった。物体が原子という基.本的な要素から構成されていることが分かってくると、原子スケールの世界を説明できる方法を探すようになった。その解明のために、量子力学という物理学の理論が考えられた。ここでもそれまでになかった数多くの新しい数学が必要となったが、そのほとんどは量子力学の発展と同時に成立したか、あるいは量子力学よりも後に数学として完成したものばかりである。
5.20世紀初頭、ディラックという物理学者は量子力学の数学的モデルを提案した。そこには、当時の数学にはなかった新しいアイデアが多く盛り込まれていた。ここから、現在では関数解析と呼ばれている新しい数学の理論体系が誕生.し、線形代数学の無限次元版ともいえる、画期的な視点やテクニックの研究.が始まった。これだけで世界中の多くの数学者たちが飯を食ってきた。
6.ディラックの考案した数学モデルの中には、「ディラックのデルタ関数」という有名な関数が現れる。これは実数上のある特定の場所だけ無限大の値を取り、それ以外の場所では0になるという、ちょっと変わった関数だった。普通の関数は有限の値しか取れないので、この関数はとても型破りなものだった。これを「ちゃんとした」理論にするために、後年、シュワルツという人が「超関数」という新しい理論を立てたが、それは量子力学よりもずっと後の話であ.る。
7.量子力学が数学にもたらした影響は、これだけではない。空間の概念を変えたのである。空間とは、縦・横・高さという3つの次元があ.って、それぞれに連続した延長を持っているというのが直観的な姿である。しかし、原子レベルの小さいスケールでは、空間の見え方は全く異なるかもしれない。少なくともわれわれはそれを見ることができない以上、直観的なモデルに頼ることはできない。となれば、空間が最初にあって、その中で物理や数学が展開されるという、これまでの考え方の順序を逆転しなければいけない。
8.つまり、物理や数学などの構造が最初にあり、そこから空間が決まるという主客転倒が、新しい空間の捉え方ということになる。だから、空間というのは、ただの入れ物ではなくなった。この考え方は、さまざまな現代的数学につながっている。その意味で、量子力学のような20世紀初頭の物理学の刷新は、21世紀の現代数学にも深く根を下ろす、根本的なアイデアの変革だつた。
9.このように、数学と物理学は互いに手を取り合って発展してきた。しかし、現在のように、多くの学問が多種多様に関連し合い、豊かな学際的連携関係を築きつつある状況では、物理学だけが数学に影響を及ぼす中核的存在だというわけにはいかなくなってきた。実際、さまざまな学問が数学とのインダラクションを模索しながら、新しい関係性の構築を始めている。
10.AI(人工知能)を巡る昨今の急速な技術の進歩は、ネットワークの総合的理解やさまざまなセキュリティー理論の構築を通して、数学自体に新しいアイデアをもたらす可能性が高い。さらに、認知科学の世界でも圏論を用いた数学モデルが研究されており、それが数学に新たな影響をもたらすかもしれない。数学と諸科学との関係は、従来はピラミッド式だと思われてきた。しかし、より現代的なモデルでは、さまざまな諸理論が互いに複雑に結び付いたネットワーク状である。そこでは、基礎と応用という一方向的なつながりだけではなく、双方向的な関連性が複雑に絡み合っている。のみならず、その全体像は脱中心的になっていることも、大.きな特徴である。
11.数学のさまざまな側面や理論は、「数学」としての緩やかな一体性を保ちながらも、このネットワークの中の各所に散らばり、学問の連係の中に埋め込まれている。だから、数学はいろいろな学問から影響を受けて変わっていくし、これからはますますその傾向が強まる。昨今のAIブームとそれに関連する数理科学技術の急速な展開は、かつて量子力学が数学にもたらしたような、抜本的で長年にわたる大変革をもたらす可能性を秘める。数学は変わるのである。そして、数学を変革できる学問こそが、世界を変えることができる。


yuji5327 at 06:49 
新技術 

2019年10月28日

海洋プラごみ

IMG_20190315_0001
内閣府、環境問題に関する世論調査
海洋汚染などの原因
プラスチックごみ問題
「関心がある」と答えた人は全体の89.0%
年齢別では60歳代が93.3%と最も高く、
50歳代の93.2%、70歳代の92.1%の順
18〜29歳は74.1%と最も低い
若者の関心の薄さが浮き彫り
弁当で使う使い捨て小分け用容器や飾り
レジ袋、通販などで使用される包装、緩衝材


yuji5327 at 07:07 
池上湖心の書 

高齢社会で心房細動が増えている。不整脈の一つで、心房が小刻みに動き、心房に血栓ができやすくなり、血栓が脳に飛ぶリスクが高まる。カテーテルアブレーション治療によって治る。

「鎌倉 史郎(国立研究開発法人国立循環器病研究センタ)、鎌倉 令(心臓血管内科部門不整脈科元臨床検査部長)著:心房細動といわれたら - その原因と最新の治療法、WEB、2015年7月1日 発行」は参考になる。概要を自分なりに纏めると以下のようになる。
1.高齢社会と共に心房細動という病気が増えている。心房細動とは不整脈の一つで、心房が小刻みに動き、けいれんするような病状を指し、それにより心房に血栓ができやすくなり、その血栓が脳に飛んで脳の血管が詰まるリスクが高まる病気と説明されている。また、カテーテルアブレーション治療によって治る病気ともいわれている。
2.医師からそのような説明を受けても、今一つよくわからない。なぜ心房細動が起こるのか、なぜ発作が起こると苦しくなるのか、どうして治療が必要なのか、「アブレーション」という治療以外に方法はないのか、などの質問をよく受ける。心房細動の治療はこの20年で大きく変わった。心房とは心臓は四つの部屋に分かれ、上の方の2つの部屋を心房、下の2つの部屋を心室という。4つの部屋は外側が筋肉でできており、中は空洞で血液がたまっている。筋肉が収縮すると、中にある血液が心臓の外に出て行くようになっているので、心臓は血液を送り出すポンプである。
3.心臓の血液は心房から心室を通って全身へ出て行く。心房は心室の手前の部屋にすぎないため、仮に心房にけいれんが起き、心房の動きが止まったとしても、心室さえしっかり動いていれば大きな問題は起こらない。心房と心室の筋肉が動くのは、心臓に弱い電気が流れるからである。その電気をつくる猗電所瓩砲△燭訃貊蠅脇況訐瓩噺世辰董右房の上の方にある。洞結節で心臓全体に伝わる電気がつくられる。洞結節でできた電気は心房に伝わるが、心室には房室結節だけを通って伝わる。筋肉の中には目には見えない電線のような組織が網の目状に張り巡らされていて、それを通って電気が伝わる。
4、電気は心房から心室へ直接伝わるのではなく、心房と心室の境界にある房室結節という、猜囘貼雖瓩量鯡椶鬚垢訃貊蠅鯆未辰匿桓爾愿舛錣襦K室七訐瓩脇況訐瓩ゆっくり電気を作る時は、それをそのまま通すが、洞結節や心房から多くの電気が流れてきた時は、それを間引いて通す。
5.心房細動の原因は人間は、胎児としてお母さんのおなかの中にいる頃は、洞結節以外に心臓内の種々の場所に猗電所瓩鬚發辰討い襪、生まれる前に、洞結節以外の猗電所瓩漏犬鬚気譴導萋阿鯆篁澆掘洞結節からだけ電気を送るようになって生まれてくる。しかし、年をとったり、甲状腺機能亢進症などの病気になると、この蓋が外れて変な場所から電気を流すようになる。その変な場所で最も多いのが、左房に直結する肺静脈(肺からきれいな血が戻ってくる血管で4本ある)の付け根にある個所である。ここは胎児の頃、発電所のあった場所で、再び発電を始める。胎児の心拍が速いのと同様に、非常に高い頻度で電気を流す。加えて、年をとると、電線の役もしている心房の筋肉が変質し、一部の電線は電気を伝えにくくなる。網の目状の電線回路の中で、断線したりショートしたりして、電気が旋回する。
6.心房細動のある人は、左房に直結する肺静脈の付け根から異常な電気が起こる。図では肺静脈は左右に2本ずつ計4本ある 。肺静脈から高い頻度で生じる電気だけでも心房が速く動くうえに、この刺激をきっかけに起こる電線回路内のいろんな場所での電気の旋回(これを医学用語でリエントリーといいます)によって、さらに心房が速く興奮し、細かく動きます。これが、心房細動の原因である。つまり心房細動ではこれらの電気的な異常興奮によって、心房が1分間に300〜500回もけいれんするように動く。
7.肺静脈からの電気興奮をきっかけに、心房の中で毎分300回から500回の異常な電気旋回(リエントリー)が生じ、心房細動が起こる。
これは、心房細動の主な原因が肺静脈からの異常な電気興奮であり、それらを起こす大きな原因が加齢であることを意味している。言い換えれば、心房細動は誰にでも起こりうる病気で、一生のうち4人に1人は心房細動になる。
8.心房細動になると、心臓全体も速く動くのではない。心房の電気は心室に伝わりますが、変電所の働きをしている房室結節が、伝わる電気の量を調節してくれるからである。例えば、心房が毎分300〜500回動いていても、心房の電気が5つに1つくらいの割合で伝わると、心室は1分間60回から100回程度動き、正常な心室の動きと変わらず、動悸などの症状は出にくくなる。
9.しかし、2つに1つ、または3つに1つくらいの割合で電気が伝わると、心室は1分間100回から200回ほどの速さで動くことになり、一生懸命に走っているときか、それ以上の心拍数となるので、動悸や息苦しさが起こる。突然そういう状態になると、心臓が送り出す血液量が減って、血圧が下がる。そのため、脳に行く血が少なくなって、ふらついたり、ひどい場合は意識を失ったりする。つまり、心房細動時の症状が出るか出ないかは、この房室結節の調節次第で決まる。
10.一般に3人に1人は、心房細動があっても自覚症状は出ない。その多くは房室結節の変電所としての働き(調節)がうまくいっているからである。房室結節の調節が全く利かず、心房でつくられた電気をそのまま通してしまうことは、ごく一部の特殊な心臓病の人以外では起こらない。心房がけいれんしているのなら、心室もけいれんするのではと心配される方がいるが、そういうことは起こらない。
11.心房細動では、房室結節での電気の伝わり方が不規則になるので、心室の動きも不規則になるので、心室の動きで生じる脈も当然、全くばらばらになり、多くは速くてわかりにくい脈になる。


yuji5327 at 06:44 
健康 

2019年10月27日

公文書ローマ字表記「姓ー名」

IMG_20190908_0001
yuji5327 at 06:54 
池上湖心の書 

心房細動による脳梗塞は、心房細動を持っている人すべてに起こるわけではない。高血圧、糖尿病、心臓の機能低下、75歳以上の高齢などの一つ以上を持っている人の一部に起こる。

「鎌倉 史郎(国立研究開発法人国立循環器病研究センタ)、鎌倉 令(心臓血管内科部門不整脈科元臨床検査部長)著:心房細動といわれたら - その原因と最新の治療法、WEB、2015年7月1日 発行」は参考になる。概要の続きを自分なりに纏めると以下のようになる。
1.心房細動で注意すべき点は2つある。1つは、房室結節の調節機能がうまく働かない人では、心室の動きが速くなって頻脈になることである。もともと心臓病を持っているか、いないかにもよるが、おおよそ1分間140回以上の頻脈が長く続くと、心臓(心室)の働きが悪くなって心不全という状態が起こる可能性がある。
2.人間の心臓は一生のうちに動く回数が決まっているので、早く動いてしまうと、早く弱ってしまう。このため、心房細動では、不整脈自体の治療として、心房から心室に電気を速く通さないように、または頻脈にならないように、薬剤(抗不整脈薬)で房室結節機能を調節するとともに、できれば心房細動を止める必要がある。
3.2つめは、心房細動では心房に血栓(血の塊)ができやすく、それが血流にのって脳などの動脈に流れ込んで、ふさいでしまう塞栓症(脳であれば脳塞栓症)を起こす可能性が高まることである。心房細動では、心房自体が震えるようにしか動かないので、血がよどんで塊ができやすくなる。これは心房細動が時々起こる「発作性心房細動」の人でも、常に起こっている「持続性心房細動」の人でも、その危険性は同じである。だから心房細動では、塞栓症を予防するため、血栓をできにくくする薬剤(抗凝固薬)を飲む必要がある。
4.心房細動によって起こる脳梗塞を心原性脳塞栓症という。これは心房細動を持っている人すべてに起こるわけではない。高血圧、糖尿病、心臓の機能低下、75歳以上の高齢、脳梗塞の既往、僧帽弁狭窄症(これらを脳梗塞のリスク因子といいます)のうち、一つ以上を持っている人の一部に起こるとされている。
5.血栓は発作性心房細動でも48時間以上続くような場合、または持続性心房細動で、できやすくなると言われが、このうち血栓ができるのは一部の人にすぎない。脳梗塞の予防薬は、古くからあるワルファリンのほかに、ダビガトラン(プラザキサ)、リバーロキサバン(イグザレルト)、アピキサバン(エリキュース)、エドキサバン(リクシアナ)の4種の新しい抗凝固薬(NOACという)が発売されている。一般にNOACは、ワルファリンより出血などの副作用が少なく、薬剤や食物との相互作用(薬剤の効果を弱めたり、強めたりする作用)が少なく、脳梗塞予防効果はワルファリンと同じかそれ以上である。どの抗凝固薬を選ぶかは、腎機能、肝機能、年齢、もともと持っていた心臓病などを考えて決める。過去に脳梗塞になったことがなければ、抗凝固薬を正しく服用していれば、どんなに長く心房細動が続いていても、たいていの場合、脳梗塞を予防できると考えてよい。
6.心房細動が長く続けば続くほど、脳梗塞になりやすくなると心配される方も多いが、抗凝固薬を飲んでさえいれば、心房細動発作がすぐに止まらないからといって病院に駆け込む必要はない。一方、アスピリンなどの抗血小板薬は、心房細動による脳梗塞を予防する効果が弱く、テレビや雑誌などで話題になっている血液をさらさらにするという種々の食物なども、ほとんど予防効果のないことが証明されている。
7.心房細動では、心房から心室に伝わる電気の割合が多くなれば、心室が速く動き頻脈となって、動悸や息苦しさといった症状が出てくる。夜間や安静時に突然、胸が苦しくなって、時には胸の痛みなども伴い、心臓の血管が狭くなる狭心症とよく間違われ、ニトログリセリンなどを服用する方がいるが、心房細動には効かない。
8.動悸などの症状は、持続性心房細動よりも、発作性心房細動の人で強く出る。理由は、心房細動が長く続いていると、だんだんその脈に慣れてくるのに対し、正常なリズム(非発作時)と異常なリズム(発作時)の両方を持っている人では、異常なリズムの心房細動になった時に症状の違いを感じやすいからである。
9.心房細動の治療法は、/緩失抛阿糧作を止め、同時に発作を予防する薬が必要になる。そのためには、心筋細胞にナトリウムイオンやカリウムイオンが出入りするのを遮断して不整脈を防ぐ、10種ほどの抗不整脈薬がある。しかし、いったん心房細動が起こるようになると、これらの薬で心房細動を完全に生じなくするのは困難である。心房細動の停止薬・予防薬は、主として心房細動の回数を減らす、症状を軽くする、持続時間を短くする、などの効果を期待して使う。次に⊃看鐃瑤鯆汗瓩垢襦文困蕕后北瑤鰺僂い襦それらにはβ遮断薬という薬を中心に3、4種の薬剤があり、いずれも房室結節の機能を調節(電気を通じにくくする)してくれる。症状のある心房細動には、アブレーション治療の前に/緩失抛阿鯆篁漾ν祝匹垢詭瑤鉢⊃看鐃瑤鯆汗瓩垢詭瑤領省を使い、症状の改善を図る。ただし、脳梗塞を起こすリスク因子のある人は、これらの抗不整脈薬と並行して、抗凝固薬を服用する必要がある。
10.心房細動があっても、症状がないか、あまり動悸を感じない人がいる。一般に安静時の心拍数が1分間80以下だと、運動や仕事は普通にでき、運動時にもひどい頻脈にならない。したがってこのような人は心不全にもならない。これらの人には△凌看鐃瑤鯆汗瓩垢詭剤は不要である。また,凌緩失抛阿鯆篁漾ν祝匹垢詭剤も不要な場合がある。さらにアブレーション治療による根治療法も不要な場合が少なくない。
ただし、脳梗塞のリスク因子がある場合は抗凝固薬が必要である。持続性心房細動の人では、一度は正常なリズムに戻るかどうかを、薬剤または電気ショックを与える方法で試してみるのも良い。
11.頻脈なのに、症状のない、または少ない人がいる。こうした人では、いつの間にか心臓の機能が低下していることがあるので、症状がないからといって安心できず、症状のある場合同様、しっかりとした治療が必要になる。心房細動による動悸がおさまった時に、めまいやふらつき、失神が起きる人がいる。こうした人の多くで、心房細動による頻脈発作が止まったときに、極端に脈が遅くなる徐脈や、一時的な心停止が見られる。このような状態を徐脈頻脈症候群(または洞不全症候群)と呼ぶ。このような人に対して、心房細動が起きているとき、抗不整脈薬によって心房細動を停止させ、心拍数を調節する治療を行うと、頻脈は出なくなるけれど、徐脈がひどくなって、ふらつきや失神が増えることがあります。つまり、すべての抗不整脈薬は、頻脈を抑えることはできる反面、徐脈をもたらす可能性がある。これらの人では.▲屮譟璽轡腑鷦N鼎膿緩失抛絢体を起こさなくする、または△泙坤據璽好瓠璽ーを植え込んで、徐脈を起こさなくしたうえで、薬剤で頻脈を抑え込む治療をする。
12.心房細動がずっと続いていて、止める必要がある場合々撹埓位薬電気ショック(電気的除細動という)アブレーション治療、の3つの方法がある。抗不整脈薬には静脈注射と内服薬があり、この薬剤で心房細動が止まる確率は10〜50%である。電気ショックは、100ジュール前後の直流電流を一瞬、体に流して不整脈を止める治療法で、ほとんどの心房細動を停止させることができる。人が集まる施設で見かけるAED(自動体外式除細動器:心臓救命装置)も電気ショックを起こす装置だが、これは心房細動ではなく、心室細動を止めるために用い、心房細動時の電気ショックの2倍以上の強力な電気を流す。
13.心房細動を止める電気ショックでも強い刺激を与えるので、患者には、静脈注射で数分〜10分ほど眠ってもらい、その間に治療をする。初めてこれを行う場合は、最低1、2日間入院してもらう。ただし、何度も電気ショック治療を受けて慣れている患者さんには、日帰りで行うこともある。電気ショックは、薬剤を試した後に行うが、症状のひどい場合は直ちに行うこともある。ただし、心房細動をなくす根本的な治療法でないため、これで心房細動が止まったとしても、すぐ(数秒〜数時間内に)再発する人がいる。
14.数か月以内に再発した場合、再度電気ショックをしても効果は期待できないので、アブレーションが次の治療の第一選択肢となる。電気ショックでは1%前後の人が脳梗塞を発症する可能性があるので、受ける前と後の3週間以上にわたって抗凝固薬を飲む必要がある。できれば受ける前に、食道に超音波内視鏡を入れる「食道エコー検査」で、心房に血栓のないことを確かめた方がよい。


yuji5327 at 06:39 
健康 
池上技術士事務所の紹介
261-0012
千葉市美浜区
磯辺6丁目1-8-204

池上技術士事務所(代表:池上雄二)の事業内容
以下のテーマの技術コンサルタント
1.公害問題、生活環境、地球環境
2.省エネ・新エネ機器導入
のテーマについて、
・技術コンサルタント
・調査報告書の作成
・アンケート調査・分析
・技術翻訳、特許調査
を承ります。
有償、無償を問わず
お気軽に下記にメールをください。
ke8y-ikgm@asahi-net.or.jp

工学博士、技術士(応用理学)、
公害防止主任管理者、
騒音防止管理者の資格で
お役に立ちたいと思います。

池上湖心 プロフィール
○略歴
大東文化大卒、
在学中 上條信山に師事
書象会に所属、書象会理事
審査会々員
○作品展の開催
・主宰している「さざ波会」
 作品展を毎年8月開催
(於:稲毛ギャラリー)
・土曜会(グループ展)
 作品展を毎年10月開催
(於:銀座大黒屋)
○公募展の受賞、入選
・日展入選
・読売書法展(現在理事)
 読売奨励賞
 読売新聞社賞
・謙慎展(現在理事)
 春興賞の受賞:2回
○書道教室
・学生:月曜日
・一般:火曜日、水曜日





地域別アクセス

ジオターゲティング

ジオターゲティング
livedoor プロフィール

yuji5327

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード