2020年08月

2020年08月31日

枝豆の塩うつくしき日本かな

IMG_20200828_0003
浪江啓子句
長谷川櫂解説
産地自慢の枝豆
一袋2分湯がき
さっと塩を振る
これほど簡単でうまい料理はない
枝豆の莢についた塩の結晶
日本に生まれた実感
(読売新聞2020.8.28より)

yuji5327 at 06:41 

2019年、ノーベル平和賞がエチオピアのアビイ・アハメド・アリ首相に贈られた。20年も続いたエチオピアとエリトリアの和平を実現した。


「池上彰著:知らないと恥をかく世界の大問題11、KADOKAWA 2020.6.10」
は参考になる。「エピローグ 2020年の風をどう読むか」の印象に残った部分の概要の続きを自分なりに補足して自分のコメントもカッコ内に付記して纏めると以下のようになる。
1.2019年10月11日、ノーベル平和賞がアフリカ東部にあるエチオピアのアビイ・アハメド・アリ首相に贈られることが決まった。20年も対立が続いていたエチオピアとエリトリアの和平を実現したことが授賞理由である。社会主義国だったエチオピアの一部のエリトリアが独立を求めてエチオピア政府との間で戦争になったのは1961年からである。1991年まで実に30年間にわたって独立戦争が続いた。実に悲惨な戦争だった。
2.しかし、エチオピアの後ろ盾になっていたソ連が崩壊したことで、エチオピアの社会主義政権も崩壊。1993年にエリトリアは独立を達成した。現在は国際NGOヒューマン・ライツ・ウォッチ日本代表に就任している土井香苗さんが、当時エリトリアの新しい法制度をつくるため応援に入り、エリトリアの建国に力を尽くした。最初は民主的な国ができると思ったが、あっという間に北朝鮮並みの極度に厳しい統制国家になった。一切自由がなく「アフリカの北朝鮮」と呼ばれている。
3.エリトリアは独立を果たしたが、国境沿いにあるバドメという都市周辺の国境線が確定しないまま、両国の紛争が続いた。そこで新たに首相に就任したエチオピアのアビィ首相が、大胆にも「エリトリアのものでいいじゃないか」と妥協。和平を実現した。
4.和平を実現したといっても、エチオピアの人にしてみれば「自分たちの領上をエリトリアに引き渡した」と非難したくなった。たとえば日露関係をよくするために「北方領ヒをロシアに引き渡す」とでも首相が言い出したら、大騒ぎになるであろう。でも彼は、反対派を抑え込んでそれを実行した。
5.もうひとつ、エチオピアにはいろいろな民族がいる。2代前の首相は少数民族ティグレ人で、首相として自分と同じ民族ばかり優遇していた。アビィ首相は最大民族オロモ人でオロモ出身初の首相です。オロモ人にしてみたら、今度は自分たちの民族から首相が出たのだから自分たちの民族を優遇するだろうと思っていたら、首相はそれをしなかった。どの民族も平等に扱い、民族間の融和に動いた。
6.オロモ人には「あんなやつにノーベル平和賞なんてとんでもない」と反発する人もいて、国内で「ノーベル賞受賞反対」の運動まで起きたが、多くの抵抗を乗り越えて改革を推し進めた功績は大きいと評価された。

続きを読む

yuji5327 at 06:31 
共通テーマ 

2020年08月30日

安倍首相辞任表明

IMG_20200829_0005
7年半におよぶ長期政権
安倍晋三首相の突然の決断
力抜けた感じの会見
沈黙し、声はかすれた。「反省する」
無念さがにじむ会見
負の遺産

yuji5327 at 07:21 
池上湖心の書 

九州は今、地球科学の視点では「九州島分裂」の真っ最中である。100万年後には北島と南島に分裂する。

「巽好幸(神戸大字高等研究院海共生研究アライアンス長)著:熊本地震は九州島分裂の序章・100万年後は北島と南島に、週刊ダイヤモンド、2020.08.29」は参考になる。概要を自分なりに纏めると以下のようになる。
1.3年前に続いて今年もまた九州を豪雨災害が襲った。同じ場所に長時問豪雨をもたらす線状降水帯が九州で頻発するのは、山地と火山性高地が南北に並び、水分量を増したモンスーン由来の西風がこの壁に衝突するためである。また九州は2016年に最大.震度7の揺れを2度も起こした熊本地震にも見舞われた。
2.雄大な山々や変化に富んだ海岸の景観。あちこちに湧き出る温泉に豊富な湧水。そしてこれらに育まれる滋味あふれる食材。自然に恵まれた九州は、同時に厳しい試練を与えられてきた地域でもある。
3.九州は今、地球科学の視点では「九州島分裂」という一大事件の真っ最中である。30億年を超える日本列島史からするとごく近未来、100万年後には九州は幅10数キロメートルの海峡に隔たれた北島と南島に分裂する。
4.かつて大分県別府市市民だった頃、私の最大の楽しみは、マンション最上階の展望温泉から別府湾に昇る朝日を眺めることだった。北は国東半島、南を佐賀関半島に囲まれたこの20kmほど奥まつた湾は、陸近くまで水深が深く湧水も豊富なために、「魚が湧く」ともいわれるほど豊かな海であ.る。こうした別府湾の構造の成因は、地下の岩石の密度分布や断層の特性などの調査によつて明らかになっている。
5.瀬戸内海から別府湾、その延長線上の中部九州までの地帯には、「基盤岩」と呼ばれる古く硬い、密度の高い岩石が周囲より深い所に分布している。このため相対的に重力が小さくなる「負の重力異常」が認められる。さらにこの地帯には、地盤が南北方向に引っ張られてずれが生じる「正断層」が密集する。この断層の特性は、すぐ南側に存在しフィリピン海プレートの斜め沈み込みで生じる「中央構造線」の横ずれ断層とは明らかに異なる。
6.つまり別府湾は、南北方向に働く引張力が原因で地盤が陥没してできたのである。陸上では、陥没した凹地に火山活動の噴出物が堆積したため、陥没地形を見ることはできない。しかし地下構造や正断層の分布などから、少なくともこの陥没構造は数百万年煎から形成され始めたようである。
7.この九州を東西に横断する陥没地帯は「別府島原地溝帯」と呼ばれる。地溝帯とは大.地が引き裂かれて形成された陥没帯で、アフリカ大陸では6000km以上の長さを幅数10kmで切り裂く「アフリカ大地溝帯」が有名である。明治時代から国家事業として行われるようになった測量データに基.づき、1980年代後半には、別府島原地溝帯が年間1〜2cmの割合で南北方向に拡大していることが知られるようになった。
8.最近では、国土地理院が稠密かつ高精度のGPS網を整備したことで、九州の地盤の動きはより鮮明に示されるようになった。福岡県八女市を基準点とした各観測点の過去5年間の水平変位量観測されている。特に西部で顕著だが、別府島原地溝帯を境にして、南九州は北九州に対して南へ分裂移動していることが分かる。
9.日本列島周辺には、別府島原地溝帯の他にも地盤が陥没、分裂そして拡人している場所があり、最も大規模なものが「沖縄トラフ」である。トラフとは海溝に比べて浅い海底の線状の凹地地形を指す。沖縄トラフの拡大はおよそ1000万年前に南部域で始まり、現在では九州西方の天草沖にまで達しているとされている。沖縄トラフのほぼ延長上に別府島原地溝帯が存在し、同様に断裂活動が起きていることから、両者はひとつながりの地溝帯だと考える研究者は多い。このように地溝帯が形成され、大地が分裂移動ずる理由は、日本列島が大陸から分裂して現在の形になったか、さらにはなぜプレートが移動するのかという地球科学の根本間題にも通じる大命題の一つである。
10.従って、まだ完全に解決したわけではないが、一つの仮説は、私たちが日本海の拡大.の原因として提唱したメカニズムを、九州島分裂に適応して紹介することができ、キーワードは「マントル上昇流」である。九州島には大分県から熊本・宮崎・鹿児島県にかけて10の活火山が並び、日本でも活火山が密集する地域の一つである。南北に並ぶ火山は、やや西側の雲仙の普賢岳とともに、フィリピン海プレートが九州の下へ潜り込むことで造られる「沈み込み帯火山」である。
11.一方、九州西方沖に浮かぶ長崎県五島列島の福江島にもポツンと活火山が分布する。しかしこの火山の噴火様式やマグマの性質は、沈み込み帯火山とは明らかに異なる。つまり、プレートの沈み込みとは無関係に誕生した火山である。このような特異な火山活動は、およそ800万年前から九州北東部で大規模に続いている。噴出した玄武岩質の溶岩は流動性が高いために、いわゆる円錐状の火山体を造らずに、広大な溶岩台地を形成している場合が多い。
12.海岸沿いでは、浸食によって溶岩台地の内部が露出して、佐賀県唐津市七ツ釜のように、六角形の玄武岩の柱が林立する見事な「柱状節理」を見ることができる。最近の研究で、これらの特異な玄武岩火山は地球深部、おそらく上部マントルと下部マントルの境界付近(深さ約670km)に起源を持つ「マントル上昇流」が引き起こしたことが分かってきた。
13.このマントル上昇流は、九州を造るユーラシアプレートの底まで上昇して火山活動を起こした後、水平方向に広がり、その一部である南東方向へのマントル流は、沈み込むフィリピン海プレートにぶつかって下降流となる。つまりマントル流が、プレートやプレートの一部として振る舞う「剛体コーナー」を押し、フィリピン海プレートや海溝を後退させる。その結果、ユーラシアプレート内には引張力が働き、大地が裂けて地溝帯となる。熊本地震の震源域はまさに別府島原地溝帯の南縁に位置し、この地震はある意味で、九州畠分裂の序章ともいえる。九州でさまざまな変動を起こしているのは、フィリピン海プレートによる圧縮だけではなく、マントルの大きな流れもその一因である。


yuji5327 at 07:09 
共通テーマ 

2020年08月29日

ワクチン全国民分確保へ

IMG_20200828_0001
新型コロナウイルスへの新たな対策
2021年前半までに国民全員分のワクチンを確保
インフルエンザとの同時流行に備えて検査体制も拡充
必要な経費は予備費から拠出
米ファイザー、英アストラゼネカ
ワクチン供給で合意済み
抗原簡易キットで1日平均で20万件
軽症者や無症状者は宿泊施設や自宅での療養
保健所や医療機関の負担軽減


yuji5327 at 06:53 
池上湖心の書 

クルーズ船業界は約15兆円という巨大な産業で、雇用人数は120万人にのぼる。顧客の数と同じぐらいスタッフの数も多いという労働集約型の業界である。

2020/8/28付けの大前研一さんの「ニュースの視点」(発行部数 156,820部)は「日本郵政/世界クルーズ船大手/世界航空大手/国内旅行業界〜事業の多角化を進めた鉄道会社がとるべき道とは?」と題する記事である。概要を自分なりに纏めると以下のようになる。
1.日本郵政が傘下のトールHDの事業を売却する検討に入ったことがわかった。トールは日本郵便が2015年に約6200億円で買収したが、業績不振が続き、2017年には
4000億円の減損処理を強いられた。減損処理までしたのに、最終的には売却することになったのに情けない限りである。
2.日本郵便のセグメント別業績を見ると、郵便・物流事業と金融窓口事業はある程度利益を出しているが、トールが担っていた事業である国際物流事業が大きく足を引っ張っている。トールの買収は、元東芝の西室氏が日本郵政で展開した施策である。西室氏が自身の存在感を示すために、離れ業として打ち出した施策だったと思う。それが全くうまく機能せずに終わってしまった。
3.同じように官僚が民営化した事例でも、JTは日本郵政ほど傷つくことはなかった。JTの場合には財務省からの天下りなど人材も豊かで、ある程度国際化に成功できたし、M&Aもいくつか成功させている。日本郵政は、途中で経営陣も変わり、上手くいかない典型的な事例になった。
4.国際情報サイト・ニュースフィアは14日、「クルーズ船の悪夢再び」と題する記事を掲載した。約3ヶ月の休業期間を経てようやく営業を再開した世界のクルーズ船大手ですが、またもや乗客や乗組員から新型コロナウイルスの感染者が発生して立ち往生している。万全の感染対策をとっているにも関わらず発生しているもので、今後は寄港地の確保なども課題としている。
5.クルーズ船事業が置かれた状況は非常に厳しい。クルーズ船の有力国として有名な英国では、クルーズ船が稼働していない為、今は海岸にずらりとクルーズ船が並んでいる状態である。一部の観光客は、めったに見られない一列に並んだクルーズ船の様子を撮影するなど楽しんでいるようだが、皮肉な話である。
6.クルーズ船業界は約15兆円という巨大な産業で、雇用人数は120万人にのぼる。顧客の数と同じぐらいスタッフの数も多いという労働集約型の業界である。世界シェアを見ると、カーニバル:47.4%、ロイヤルカリビアン:23%、ノルウェージャン:9.5%となっていてほぼ寡占化している業界である。
7.世界のクルーズ船の客数は近年伸びていて、「ようやく時代が来た」と思われるタイミングだったが、今回の新型コロナウイルスの影響で一気に下がった。ダイヤモンドプリンセス号のような悪夢を2度と起こしてはならないと思うと、どれほど完璧な対策をとっていると言われても、誰も積極的に利用できないのは当然と言える。120万人の雇用が失われ、転職もままならないとしたら、悲劇としか言いようがない。
8.日経新聞は8日、「航空需要蒸発、主要36社赤字2.3兆円」という記事を掲載した。夏場になったが、当初の予想を覆し需要は回復せず、有利子負債の合計金額は23兆円にのぼると警鐘を鳴らしている。航空業界も、クルーズ船業界と同様、ほぼ死に体のような状況である。
9.関連して、国内旅行業界も壊滅的な状況である。5月から若干上向いたとは言え、6月の主要48社の取扱額は、前年同月比で92.9%減である。GoToトラベルキャンペーンによって回復を目指したが、岩手県など一部の地域で都心からの観光客を敬遠する動きも出てきてしまい、手も足も出ない状況である。
10.こうした状況を見ていると、事業の多角化においても「どのようなリスクを想定するのか?」という点は重要である。例えば、事業の多角化を進めた鉄道会社の多くが、ホテルやターミナルビルのデパート事業などに手を出しているが、今回の新型コロナウイルスの影響を受けて、多角化した事業も全て共倒れになっていて上手にリスクヘッジができているとは言えない。これこそ新型コロナウイルスの恐ろしさとも言えるが、今回の事態は100年に1度と言えるような状況だから、多角化そのものが全く無駄だと結論づけるのも違う。
11.今は社会インフラでもある鉄道事業を中心に生き残ることを考え、その上で今後に備えて従来と違うやり方を模索するべきである。例えば、一部の鉄道会社はすでに手を出しているが、病院や学校など少し異なった事業を経営するのも良い。あるいは、鉄道と自動車は相性が良いので、その組み合わせで事業を捉え直すと大きなチャンスになる。
12.鉄道と車を上手に連携させることで、二酸化炭素の発生量を少なくするような移動手段を実現することもできる。そのような発想を持っていると、突破口をいくつも考えることができる。



yuji5327 at 06:37 
共通テーマ 

2020年08月28日

情報システム官民共通化

IMG_20200827_0001
業務・システムの最適化
簡素で効率的な政府の実現
.業務の制度面・運用面からの見直し、
.事務処理の電子化・共通化、
.システムの一元化・集中化等
政府情報システムの統合・集約化
データ連携の基盤となる共通プラットフォームの整備
世界最先端IT国家創造宣言
官民データ活用推進基本計画


yuji5327 at 07:06 

全分野に共通する重要スキルが英諸である。AIのようにデータの蓄積量と分析量が多いほど価値が高まる。日本語だけではデータ量が圧倒的に少ない。


「校條浩著:シリコンバレーの流儀、AI人材育成は中高時代が鍵、週刊ダイヤモンド2020.08.29」 は参考になる。』概要を自分なりに纏めると以下のようになる。
1.AI(人工知能)の応用が爆発的に進んだことで、AIやデータ技術、デジタルトランスフォーメーション〔DX)など、「AI+データ+DX」に関連する人材の不足が心配されている。米IBMの調査によれば、データサイエンティストだけでも、現在必要とされる人数は270万人程度であり、さらに毎年70万人ずつ増加する。足元では既に人材不足だともいわれている。
2.AIの応用以前に、デジタルデータの生成と利用で世界の趨勢に大きく遅れ、AI開発や利用、展開という序盤戦で敗北した日本は、人材教育について世界のどの国よりも危機感を持って取り組まなければならない。これから日本がリターンマッチで生き残るには、AI+データ+DXの人材教育が一丁目一番地の課題である。AI+データ+DX人材と言われてもイメージがつかみにくい。このような人材に求められる知識やスキルを整理すると以下の通りである。
3.(1)機械学習やデータ分析ソフトウエアのプログラム作成能力。(2)機械学習のプログラムを実行できる能力。(3)いろいろな視点からデータを分析し、データを可視化、整理し、意味付けを行うことにより示唆を得る能力。(4)データから得られた示唆とビジネスモデルの関係性を探り、ビジネス上の課題設定をし、問題解決を図る能力。
4.こうして見てみると、求められる能力は多岐にわたっている。AIのプログラミングのみならず、Aーツールを使ったデータの分析、データを見て「ストーリー」を想像すること、さらにそのような分析から、ビジネスモデルを探ることにまで広がる。言い換えれば、デジタルビジネスの創造から既存事業のDXにまでまたがる、非常に広い範囲の素養や訓練が必要である。
5.これだけ幅の広い素養や専門性をどう教育していくのかは、「AI教育」という一つのくくりだけでは、とても育成はできない。そこで、ロールモデルとして、世界中から注日されている米スタンフォード大学の教授を紹介する。「人間中心AI研究所」所長のフェイフェイ・リ教授である。
6.リ教授は画像データを集めた「ImageNet」というデータベースを作り、公開したことで名を上げた。これは、ロボットが視覚による判断を学習するために、1500万枚以上の画像データを分析、2万2000のカテゴリーに分類したものである。リ教授はAI教育を受けたわけではないが、機械学習させるために天文学的な数のデータベースを作るという発想を自ら思い立った。
7.リ教授は、16歳のときに両親に連れられて中国の成都から米国に渡った移民である。その後、アインシュタインに憧れてプリンストン大学で物理を学んだ後、カリフォルニア工科大学〔カルテック)の大学院に進んだ。もともと「生命」の神秘に魅せられていたが、それが「人間の知能はどう機能しているのか」という疑問となり、カルテックでは神経科学とコンピュータ科学を専攻。そして、それが「機械に知能を持たせるにはどうしたらいいか」という興味に転換したのだ。
8.特に視覚による判断に注目し、それが機械学習させるための画像のデータベース作りにつながった。前述した(1)〜(4)にまたがるスキルを、リ教授は自ら満遍なく獲得した。中核となる専門知識は機械学習だが、周辺のデータに関する多様な知識を吸収している。データは、単なるデジタル情報としてのデータだけではなく、人間が営むビジネスや社会生活の中身をデーダとして表現することとの関係性が重要となる。例えば、米マサチューセッツ工科大.学(MIT)コンピュータ科学科のAIカレッジでは、AIそのものの知識のみならず、哲学、文化人類学、歴史学、社会科学まで扱っている。ここでは文系・理.系という区分けは全く意味がなくなっている。
9.日本の状況を見ると、〔1)のプログラミングと(2)のプログラム実行については、大学から学ぶのでは遅過ぎる。さらに(3)〔4)のような、データからビジネスに思いをはせるような能力は、特定の専攻で学ぶようなスキルではなく、若い頃からの実践教育が鍵となるので、受験勉強偏重の現状を打破する必要がある。
10.大人と変わらない頭脳に成長し、なおかつ大人の社会通念にまだ染まっていない時期は、だいたい中学2年生から高校2年生.の間である。ここで一貫した実践教育が継続できるように、高校受験がない中高一貫教育が望ましい。例えば、都立富士高校は、2010年に附属中学校が併設され中高一貫校となった。
11.STEM教育にさらにロボットと芸術、スポーツを加えたSTREAMS〔Science.Technology.Robotics.Engineering.Art.Mathmatics.Sports〕を標榜し、それをAIにつなげようとしている。STREAMSは富士高校が自校の特徴を反映して独自に考えられたビジョンだが、一般的には、新STEMを提案したい。Sはコンピュータ科学とデータ科学を、Tはテクノロジーを、Eは英語を、Mは数学に加えて「人と機械の関係」(Man-MachineReration)を意識する点が、従来のSTEMとは少し違う。
12.人と機械の関係は、特に人間個人や社会などに関しての考察であり、先ほどのMITのAIカレッジでの人文科学はこれに当たる。スタンフォード大学のリ教授が、「人間の知能」から「知能を機械へ」に興味の軸が移ったのは、まさに「人と機械の関係」に関する洞察が根底にあったからである。そして、全分野に共通する重要スキルが英諸である。AIのようにデータの蓄積量と分析量が多いほど価値が高まる場合、日本語だけではデータ量が圧倒的に少ないし、世界中の人材との意見交換もおぼつかない。日本語は足し算、英語は掛け算のスピードで、知見が蓄積していくと言ってもいい。これからの時代を引っ張っていくAI+データ+DXの人材育成は、中学生くらいから本格的に始める必要がある。新STEMのビジョンの下、教室を飛び出し、実践教育を進める。さらにオンラインで世界中の専門家と接し、刺激を与える。そうすれば、日本にもAI+データ+DX人材が多く育つ。-



yuji5327 at 06:44 
新技術 

2020年08月27日

イベント5000人参加人数制限

IMG_20200825_0002
新型コロナウイルス対策
政府の分科会
イベントの開催制限
参加人数5000人を上限
来月末まで継続
感染状況が減少傾向にあることを確認
医療体制のひっ迫状況
重症者の数
なども見ながら判断


yuji5327 at 06:49 
池上湖心の書 

米大統領選はまだ3カ月先だが、一部のトレーダーは政局不透明感が長引き株式市場に波乱をもたらす可能性に備えている。


「ウオール・ストリート・ジャーナル著:大統領選の波乱に身構える市場、オプション取引活況、週刊ダイヤモンド 2020.08.29」は参考になる。概要を自分なりに纏めると以下のようになる。
1.米大統領選はまだ3カ月先だが、一部のトレーダーは政局不透明感が長引き株式市場に波乱をもたらす可能性に備えている。投資家は政権交代の可能性を前に、通常のヘッジを上回る取引をしている。年内の変動性の高まりや、相場急落の可能性に懸けている。
2.ドナルド・トランプ大統領が選挙を遅らせたり、郵便投票を妨害したりしかねず、投票終了後に何週間も選挙結果が分からない状態が続くかもしれないと懸念されている。選挙を巡る不安は、弱い経済や秋にかけての新型コロナウイルスの感染第2波、高値圏にある市場に対し、既に浮上している懸念を増幅させている。
3.気温の低下に伴い感染者が増えると同時に、選挙前後の混乱が既にぜい弱な経済に打撃となり、回復を織り込んでいる株式市場に影響が及ぶと弱気筋は見込んでいる。S&P500種指数は8月14日、3372・85で引け、年初来4・4%高となっている。3月につけた安値から持ち直し、100日問の実績は1933年以来の好調ぶりである。
4.スパイダーロック・アドバイザーズのエリック・メッツ最高投資責任者(C10)は顧客のために、S&P500種が米年初めまでに現行水準から最大25%下落すれば利益が得られる株式オプションを活用している。S&P500種に連動する弱気のプットオプションを買い、別のオプションを売つてヘッジを掛けている。
5.経済情勢や株式市場の最近の上昇を巡る懸念も、そうした取引への関心を高めている。メッツ氏は「われわれは1月に注目している」と語る。「少し時間の余裕を持つ方が起こり得る予測不能あるいは未知の物事全てに対し、より堅実な一手となる」。キャッブストーン・インベストメント・アドバイザーズの創業者、ボール・ブリットン氏によると、同社は戦略の一環として、年末までの市場変動を見越してシカゴ・オプション取引所(CBOE)の人気の変動指数(VIX指数〕に連動する金融派生商品を活用している。
6.寄付基金や年金基金を含む顧客が、相場下落に備える保険のような取引きを求めている。「選挙の前にはいつもこうした引き合いがある」とブリットン氏は言う。運用資産およそ約7400億円のキャップストーンは、変動性絡みの取引を専門とする大手の一つである。不確実性が強まっているために、一段と関心が高まっている。
7.1400億ドルの資産を運用する巨大ヘッジファンドのプリツジウォーター・アソシエーツは先月、顧客に対し、大統領選で明確な勝者が出ないリスクがあると伝えた。同社は顧客へ向け、「投資家が直面しかねない本当の不確実性とは、当選者を決定するプロセスの合法性を巡り、重大な懸念が出た場合だ」と指摘する。「ドナルド・トランプ大統領の人格や、不正行為の可能性に関する発言、解明までのプロセスが比較的未検証で不透明であることを踏まえると、当社はその可能性があると考えている」と述べた。
8.ブリッジウォーターの広報担当者はそれ以上のコメントを避けた。大荒れの大統領選を利するため、RBCキャピタル・マーケッツは先日、1月に期日を迎える金連動大型ETF〔上場投資信託)の強気オプションを購人することを投資家に推奨した。ゴールドマン・サックス・グループのアナリストは7月の顧客向けリポートで、選挙の決着が遅れる可能性を理由に、12月までを期間とするヘツジを掛けることが好ましいと記した。また、民主党のアル・ゴア氏と共和党のジョージ・W・ブッシュ氏が競った2000年の大統領選は、12月まで判断がもつれ込んだと指摘した。
9.選挙前の市場は不安定になることが多い上、10月と11月はもともと年間でも乱高下しやすい月である。VIX指数は算出開始以降これまで7回の大統領選で、投票日前に平均約4ポイント上昇している。一方、世界経済に不安を抱える投資家が買いを膨らませ、このところ金相場が急騰している。トレード・アラートのデータによると、780億ドル規模のSPDRゴールドトラストに連動する大型のオプションには1月期限のコールオプションがあり、ETFが200〜235ドルへ向けさらに10%上昇するとの予想が背景にある。


yuji5327 at 06:32 
共通テーマ 
池上技術士事務所の紹介
261-0012
千葉市美浜区
磯辺6丁目1-8-204

池上技術士事務所(代表:池上雄二)の事業内容
以下のテーマの技術コンサルタント
1.公害問題、生活環境、地球環境
2.省エネ・新エネ機器導入
のテーマについて、
・技術コンサルタント
・調査報告書の作成
・アンケート調査・分析
・技術翻訳、特許調査
を承ります。
有償、無償を問わず
お気軽に下記にメールをください。
ke8y-ikgm@asahi-net.or.jp

工学博士、技術士(応用理学)、
公害防止主任管理者、
騒音防止管理者の資格で
お役に立ちたいと思います。

池上湖心 プロフィール
○略歴
大東文化大卒、
在学中 上條信山に師事
書象会に所属、書象会理事
審査会々員
○作品展の開催
・主宰している「さざ波会」
 作品展を毎年8月開催
(於:稲毛ギャラリー)
○公募展の受賞、入選
・日展入選
・読売書法展(現在理事)
 読売奨励賞
 読売新聞社賞
・謙慎展(常務理事)
 青山賞、春興賞の受賞:2回
○書道教室
・学生:月曜日
・一般:火曜日、水曜日





地域別アクセス

ジオターゲティング

ジオターゲティング
livedoor プロフィール

yuji5327

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード