2006年02月16日

電池の種類 3

電池は大別すると化学電池と物理電池に分けられる。物理電池は太陽電池がその代表的なもの。化学電池には次の3種類がある。^貅‥澱咾箸いΔい錣罎觧箸ぜ里禿澱咫↓二次電池という充電によりエネルギーを補うもの。蓄電池ともいう。G確租澱咾箸いΣ蹴慂質を連続的に供給するもの。使い勝手から考えると△期待される。,惑儡物の処理が問題。環境問題ばかりでなく資源管理の点でも問題が多い。は燃料となる水素の確保が問題である。水素ガスの携帯などモバイルの点でも△僚偲鼎悩僂爛瓮螢奪箸砲呂なわない。
今。燃料電池がもてはやされているが、専門家の間では疑問視する向きも多い。水素ガスを作るための化石燃料の消費量が大きいこと。風力発電や太陽光発電で水の電気分解で得られる量はまったく量が不足である。新聞やメディアは大局的な議論を報道してもらいたい。二次電池の中でリチウムイオン電池が有望であるが、現時点ではコストなどの問題もあり今後の技術開発が期待されている。
リチウムイオン二次電池の話―ポピュラー・サイエンス


yuji5327 at 05:43 
新技術 
池上技術士事務所の紹介
261-0012
千葉市美浜区
磯辺6丁目1-8-204

池上技術士事務所(代表:池上雄二)の事業内容
以下のテーマの技術コンサルタント
1.公害問題、生活環境、地球環境
2.省エネ・新エネ機器導入
のテーマについて、
・技術コンサルタント
・調査報告書の作成
・アンケート調査・分析
・技術翻訳、特許調査
を承ります。
有償、無償を問わず
お気軽に下記にメールをください。
ke8y-ikgm@asahi-net.or.jp

工学博士、技術士(応用理学)、
公害防止主任管理者、
騒音防止管理者の資格で
お役に立ちたいと思います。

池上湖心 プロフィール
○略歴
大東文化大卒、
在学中 上條信山に師事
書象会に所属、書象会理事
審査会々員
○作品展の開催
・主宰している「さざ波会」
 作品展を毎年8月開催
(於:稲毛ギャラリー)
・土曜会(グループ展)
 作品展を毎年10月開催
(於:銀座大黒屋)
○公募展の受賞、入選
・日展入選
・読売書法展(現在理事)
 読売奨励賞
 読売新聞社賞
・謙慎展(現在理事)
 春興賞の受賞:2回
○書道教室
・学生:月曜日
・一般:火曜日、水曜日





地域別アクセス

ジオターゲティング

ジオターゲティング
livedoor プロフィール

yuji5327

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード