2006年02月28日

詭弁と論理の違い 3

大前研一氏の著書「ザ・プロフェッショナル」に詭弁と論理の違いについて分かりやすく解説されている。議論が白熱すると、さも自分が正しいかのごとき態度で熱弁を振るう人は自分の利益を図る詭弁家であるが、油断すると屈服させられる。ソフィストケートされている表現が欧米にあるが本来はよい意味ではない。中国では弁が立つだけの人が周囲を巧みに言いくるめて国の舵取りを誤って国の破滅に繋がったことが多くあった。古代ギリシャで詭弁家が一世を風靡した時期があり、ソフィストが活躍した。その後、ソクラテスが登場して、それに続いてプラントンやアリストテレスがソフィスト的詭弁を駆逐した。詭弁には論理の展開に誤謬と不公正をはらみ、先入観を巧みに使っている。例として
「わが社ではそのようなことはうまういったためしがない」
「日本人にはそうした発想はなじまない」
「中国の領海侵犯をゆるすと図に乗ってくる」
「家族は一緒に住むのが本来の姿」
など、一見、説得されてしまいそうであるが、証拠や論理でなく感情や情緒に基づいている。
「何々氏が言うには」と言った枕詞のついた意見を鵜呑みにする議論は詭弁に近い。


ザ・プロフェッショナル


yuji5327 at 05:52 
共通テーマ 
池上技術士事務所の紹介
261-0012
千葉市美浜区
磯辺6丁目1-8-204

池上技術士事務所(代表:池上雄二)の事業内容
以下のテーマの技術コンサルタント
1.公害問題、生活環境、地球環境
2.省エネ・新エネ機器導入
のテーマについて、
・技術コンサルタント
・調査報告書の作成
・アンケート調査・分析
・技術翻訳、特許調査
を承ります。
有償、無償を問わず
お気軽に下記にメールをください。
ke8y-ikgm@asahi-net.or.jp

工学博士、技術士(応用理学)、
公害防止主任管理者、
騒音防止管理者の資格で
お役に立ちたいと思います。

池上湖心 プロフィール
○略歴
大東文化大卒、
在学中 上條信山に師事
書象会に所属、書象会理事
審査会々員
○作品展の開催
・主宰している「さざ波会」
 作品展を毎年8月開催
(於:稲毛ギャラリー)
・土曜会(グループ展)
 作品展を毎年10月開催
(於:銀座大黒屋)
○公募展の受賞、入選
・日展入選
・読売書法展(現在理事)
 読売奨励賞
 読売新聞社賞
・謙慎展(現在理事)
 春興賞の受賞:2回
○書道教室
・学生:月曜日
・一般:火曜日、水曜日





地域別アクセス

ジオターゲティング

ジオターゲティング
livedoor プロフィール

yuji5327

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード