2007年04月30日

受賞者を心から祝福したいが? 3

「鈴木照雄訳:マルクス・アウレリウス「自省録」、講談社、2006年」には、世の中のいやなニュースから自分が逃れたいときに目を通すことにした。いやなニュースの一つにゴールデンウイークの春の褒章のニュース、文化の日の秋の褒章のニュース、国民の血税を無駄にした社会保険庁の元トップも受賞しており、それが取り消されることがない。そんな時にこのような文章を読んでみる。「善良な、慎み深い、正直な、思慮ある、強調的な、精神の高邁な、という名称を与えられたら、別の名称に付け替えられそれらの名称を失うことの内容に心せよ。そして失ったときにには急遽それらのもとに帰れ。また、以下のことを銘記せよ。「思慮ある」とは、個々のものに判断を下す精神の集中と軽率な思考に陥らぬ性質をお前に意味すべきもの。「協調的な」とは共通する「自然」によって与えられるものを納得して受け入れること。「精神の高邁な」とは、肉体の荒々しい運動、片々たる名声、死、等々に対する思慮的部分の超越であることを。」
日本の褒賞制度も国家権力が介在する不透明なものである。霞ヶ関の役人たちが、それを貰う本人や周辺の人に膨大な書類を書かせ、過去に交通違反をしなかったなどチェックする。その結果、大部分の方々はそれに値する人かもしれないが、問題は著名なそのような人たちに隠れて、ちゃっかり名前を連ねている元官僚や政治家、財界人がいることである。毎年、かって時々見られた辞退者が今年こそと期待しているが残念である。ノーベル賞、アカデミー賞、スポーツ界の各種の表彰のように、専門の委員会や記者たちの投票で、率直にその分野の業績だけをを評価するべきである。会員を確保と保持、ボスの自己満足のための日本の学会の表彰制度、大企業の無能な経営者の自分の存在誇示のための表彰などが多い。

マルクス・アウレリウス「自省録」




yuji5327 at 07:26 
共通テーマ 
池上技術士事務所の紹介
261-0012
千葉市美浜区
磯辺6丁目1-8-204

池上技術士事務所(代表:池上雄二)の事業内容
以下のテーマの技術コンサルタント
1.公害問題、生活環境、地球環境
2.省エネ・新エネ機器導入
のテーマについて、
・技術コンサルタント
・調査報告書の作成
・アンケート調査・分析
・技術翻訳、特許調査
を承ります。
有償、無償を問わず
お気軽に下記にメールをください。
ke8y-ikgm@asahi-net.or.jp

工学博士、技術士(応用理学)、
公害防止主任管理者、
騒音防止管理者の資格で
お役に立ちたいと思います。

池上湖心 プロフィール
○略歴
大東文化大卒、
在学中 上條信山に師事
書象会に所属、書象会理事
審査会々員
○作品展の開催
・主宰している「さざ波会」
 作品展を毎年8月開催
(於:稲毛ギャラリー)
・土曜会(グループ展)
 作品展を毎年10月開催
(於:銀座大黒屋)
○公募展の受賞、入選
・日展入選
・読売書法展(現在理事)
 読売奨励賞
 読売新聞社賞
・謙慎展(現在理事)
 春興賞の受賞:2回
○書道教室
・学生:月曜日
・一般:火曜日、水曜日





地域別アクセス

ジオターゲティング

ジオターゲティング
livedoor プロフィール

yuji5327

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード