2007年05月31日

分散型発電設備のデメリットを補うマイクログリッドという方法 3

井熊均著:分散型エネルギー、日刊工業新聞社、2004年」は図解式のよくわかるシリーズであるが内容は濃いものがあると昨日のブログで紹介した。最近の地球温暖化対策には省エネルギーと新エネルギー(風力、太陽光発電など)の確保が重要であるが、所謂、新エネルギー源といわれる風力、太陽光発電、バイオガス発電もCO2が出ないなどよいことばかりでない。設備コストのことは当面、目をつぶるとして、その電力の質(電圧、電流、周波数など)の問題がある。電力需要が急増した地域では大停電ということになる。通常は、既存の電力会社の電線と接続して系統連係ということでそのリスクを避けるが、そのためには分散型電源装置に対する制約も多くなる。
そのことへの対応として、マイクログリットという概念があるが、それについて本書は分かりやすく解説している。マイクログリットは、米国で考案された概念で、究極的には既存電力系統から独立した運転を目指すシステムである。特定の地域内で複数の分散型電源や電力貯蔵技術を組み合わせて、地域の電力需要に合わせてその地域で発電して消費する。地産地消型電力供給システムである。需要家となる民家や事業所とは自営線で結ばれる。日本でも青森県、京都府、愛知万博などで実験的な導入が進められている。分散型電源をネットワークするシステムであるが、風力などはそれのみでは変動が多くて需要に応えるのは難しい。分散型電源の出力や電力負荷が急激に変化した場合にも1秒の1000分の1単位で受給バランスを維持する制御系が重要な役割を果たす。最近のパワーエレクトロニクス(高電圧、高電流に耐えられる半導体の制御装置など)の進歩で制御系も安定性を増している。


図解 よくわかる分散型エネルギー




yuji5327 at 06:29 
エネルギー問題 | 環境
池上技術士事務所の紹介
261-0012
千葉市美浜区
磯辺6丁目1-8-204

池上技術士事務所(代表:池上雄二)の事業内容
以下のテーマの技術コンサルタント
1.公害問題、生活環境、地球環境
2.省エネ・新エネ機器導入
のテーマについて、
・技術コンサルタント
・調査報告書の作成
・アンケート調査・分析
・技術翻訳、特許調査
を承ります。
有償、無償を問わず
お気軽に下記にメールをください。
ke8y-ikgm@asahi-net.or.jp

工学博士、技術士(応用理学)、
公害防止主任管理者、
騒音防止管理者の資格で
お役に立ちたいと思います。

池上湖心 プロフィール
○略歴
大東文化大卒、
在学中 上條信山に師事
書象会に所属、書象会理事
審査会々員
○作品展の開催
・主宰している「さざ波会」
 作品展を毎年8月開催
(於:稲毛ギャラリー)
・土曜会(グループ展)
 作品展を毎年10月開催
(於:銀座大黒屋)
○公募展の受賞、入選
・日展入選
・読売書法展(現在理事)
 読売奨励賞
 読売新聞社賞
・謙慎展(現在理事)
 春興賞の受賞:2回
○書道教室
・学生:月曜日
・一般:火曜日、水曜日





地域別アクセス

ジオターゲティング

ジオターゲティング
livedoor プロフィール

yuji5327

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード