2007年11月29日

いやいやながら事をなすこと 3

「鈴木昭雄訳:マルクス・アウレリウス「自省録」」講談社、2006年」に時々目を通すが、一度読んだところも、その日によって新鮮に響くので面白い。第三巻の冒頭「カルヌントゥム(オーーストリアのウイーン東部のドナウ河畔の軍団基地)で記されたもの」もその一つである。「いやいやながら事をなすこと」で始まる第3巻5節も2000年前も今も同じである。
「いやいやながら事をなすこと、公共への関心なしに為すこと、事前の吟味もせずになすこと、こころにうちに抵抗を覚えつつ為すこと、これらはしてはならないことである。手の込んだ繊細さがお前の考えることを飾り立てるな。行為や口数の多い者であるな。さらにお前の内なる神が、男らしい、熟年の自分自身のように生き物のようになせ。明朗なること。外部からの奉仕と他人の与える安息を必要とせぬこと。されば、己から真っ直ぐ立つのであって、他から立たされるのであってはならぬ。」
マルクス・アウレリウス「自省録」 (講談社学術文庫)


yuji5327 at 17:04 
共通テーマ 
池上技術士事務所の紹介
261-0012
千葉市美浜区
磯辺6丁目1-8-204

池上技術士事務所(代表:池上雄二)の事業内容
以下のテーマの技術コンサルタント
1.公害問題、生活環境、地球環境
2.省エネ・新エネ機器導入
のテーマについて、
・技術コンサルタント
・調査報告書の作成
・アンケート調査・分析
・技術翻訳、特許調査
を承ります。
有償、無償を問わず
お気軽に下記にメールをください。
ke8y-ikgm@asahi-net.or.jp

工学博士、技術士(応用理学)、
公害防止主任管理者、
騒音防止管理者の資格で
お役に立ちたいと思います。

池上湖心 プロフィール
○略歴
大東文化大卒、
在学中 上條信山に師事
書象会に所属、書象会理事
審査会々員
○作品展の開催
・主宰している「さざ波会」
 作品展を毎年8月開催
(於:稲毛ギャラリー)
・土曜会(グループ展)
 作品展を毎年10月開催
(於:銀座大黒屋)
○公募展の受賞、入選
・日展入選
・読売書法展(現在理事)
 読売奨励賞
 読売新聞社賞
・謙慎展(現在理事)
 春興賞の受賞:2回
○書道教室
・学生:月曜日
・一般:火曜日、水曜日





地域別アクセス

ジオターゲティング

ジオターゲティング
livedoor プロフィール

yuji5327

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード