2008年03月29日

東京新銀行追加出資400億円の実態 3

3月28日付けの「大前研一氏のニュースの視点」に「新銀行東京は閉鎖すべき!新銀行東京の再建策のウラに隠された問題とは?」という記事が掲載されており、メディアで報道されてない一面が分かった。概要を自分なりに纏めると以下のようになる。
1.多額の累積損失を抱え経営難に陥っている新銀行東京の預金残高のうち5割以上が、年利1.5%以上という高金利で集めた定期預金であることが明らかになった。
2.システム投資の失敗が相次いでいたことや、設立構想時に専門家の指摘に石原都知事が耳を貸さなかったことが明らかになった。
3.それでも、400億円の追加出資案について、都議会与党が容認している。
4.大前氏も、新銀行東京の構想時に石原都知事にアドバイスをした人間として、多くの取材依頼を受けている。
5.大前氏の感想は、「問題だらけで全くお話にならない」ということである。理由は
・何とかお金を集めることには成功したと言うが、年利1.5%という高金利だから異常な集め方だと非難されても致し方ない。
・貸し出し方についても、審査をあまり行わずチェックリストに従って機械的に処理されているという懸念がある。
・大前氏が最も問題視しているのは、いわゆる「口利き」を認めるような見解を示していることである。議員の人たちが、地元の困っている人たちを連れてきて、銀行に紹介するということをやっていた。石原都知事は、「最終的に貸し出すか否かは銀行が決定することなので、議員が紹介するのは問題ではない。」という見解を述べている。
・銀行というのは、お金を借りたい人が赴くべき場所であり、議員という立場にある人間が紹介するというのは異常である。

6.新銀行東京の再建策は、独禁法違反であり、違法行為である。
理由は、新銀行東京に対する400億円の追加出資案が、議員が口利きをしているという事実が大きく影響している。共産党を除く都議会議員の人たちが「口利き」をしているという後ろめたさがあるので、追求が深くなるのを避けている。理由は、
・2011年に損益分岐点に達し、2012年には8億円の黒字化を目途にしているとのことだが、裏がある。朝日新聞の記事に出ていた「事業を請け負う企業への貸し付けを拡大するなど都の政策との連動も強化し、11年度の単年度黒字を目指す」(2008年2月20日朝日新聞)
・都の出入り業者に対して仕事を斡旋する代わりに、新銀行東京から(高金利で)お金を借りるように促す、ということである。
・公共事業等の都が外部業者に発注する事業費を呼び水にして、この方法を使えば黒字化するのは簡単だが、独占禁止法に抵触する可能性がある。
・元東京都港湾局の局長だった津島隆一氏が、新銀行東京の取締役兼代表執行役に就任したことへ疑惑もある。
・東京都の局長だった人物が突然、銀行のトップに就任するという人事はかなり珍しい。港湾、埋め立てなどを取り仕切っていた港湾局長だとすれば、当時築き上げた都の出入り業者との関係を利用していくのではないかと考えるのは自然なことである。

 銀行の内幕など専門外で分からないが、結局、天下り的人事が絡んでいる。日本の行政体制のガン病巣はここにも見られる。この銀行の経営責任というのが具体的にどういうものか庶民にはわからない。中小企業の社長ならホームレスになることも覚悟で経営している。




yuji5327 at 06:27 
共通テーマ 
池上技術士事務所の紹介
261-0012
千葉市美浜区
磯辺6丁目1-8-204

池上技術士事務所(代表:池上雄二)の事業内容
以下のテーマの技術コンサルタント
1.公害問題、生活環境、地球環境
2.省エネ・新エネ機器導入
のテーマについて、
・技術コンサルタント
・調査報告書の作成
・アンケート調査・分析
・技術翻訳、特許調査
を承ります。
有償、無償を問わず
お気軽に下記にメールをください。
ke8y-ikgm@asahi-net.or.jp

工学博士、技術士(応用理学)、
公害防止主任管理者、
騒音防止管理者の資格で
お役に立ちたいと思います。

池上湖心 プロフィール
○略歴
大東文化大卒、
在学中 上條信山に師事
書象会に所属、書象会理事
審査会々員
○作品展の開催
・主宰している「さざ波会」
 作品展を毎年8月開催
(於:稲毛ギャラリー)
・土曜会(グループ展)
 作品展を毎年10月開催
(於:銀座大黒屋)
○公募展の受賞、入選
・日展入選
・読売書法展(現在理事)
 読売奨励賞
 読売新聞社賞
・謙慎展(現在理事)
 春興賞の受賞:2回
○書道教室
・学生:月曜日
・一般:火曜日、水曜日





地域別アクセス

ジオターゲティング

ジオターゲティング
livedoor プロフィール

yuji5327

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード