2008年03月30日

カントの自由とは 3

「C.ウオント著、A.クリモウスキー挿絵、朝倉輝一訳:カント、現代書館、1999」は
原著名は [KANT FOR BEGINNERS]という挿絵入り(マンガ風)の哲学書であることを、当ブログで3月12日に紹介した。本書でも分かるとおり、カントは「自由」とい言葉を多く使っている。一部を抜き出して、概要を自分なりに纏めると以下のようになる。
1.無制約の自由:道徳的な状態とは自由であるか否かによって決まる。原因と結果の関係の及ばないところ「自然界以外の仮想的なものの世界」では「自発性」がなければならない。徳や幸福は、互いを服属させることはできない。一方が主体で他方がそれに従属させようという欲求があると、その欲求は自由の名のもとに勝手気ままな暴力も含むことになる。
2.自由の過剰:不快や苦痛の後に続く快が続く。自然と無限との関係の不安定さが、過剰な自由を生じる。無限なものが目の前に広がっていなければ、崇高な経験を引き起こすことはない。理性と自由という理念には構想力の犠牲が必要である。
3.自然(本性)からの自由:自由の介在が、人間が自然を支配することになる。その逆はない。自然には自発性がない。慣習や社会にとらわれず、優先して生きるのは自然ではなく、自由であり、それ自身が文化(カルチャー)なのだ。

カント (FOR BEGINNERSシリーズ)


yuji5327 at 07:11 
共通テーマ 
池上技術士事務所の紹介
261-0012
千葉市美浜区
磯辺6丁目1-8-204

池上技術士事務所(代表:池上雄二)の事業内容
以下のテーマの技術コンサルタント
1.公害問題、生活環境、地球環境
2.省エネ・新エネ機器導入
のテーマについて、
・技術コンサルタント
・調査報告書の作成
・アンケート調査・分析
・技術翻訳、特許調査
を承ります。
有償、無償を問わず
お気軽に下記にメールをください。
ke8y-ikgm@asahi-net.or.jp

工学博士、技術士(応用理学)、
公害防止主任管理者、
騒音防止管理者の資格で
お役に立ちたいと思います。

池上湖心 プロフィール
○略歴
大東文化大卒、
在学中 上條信山に師事
書象会に所属、書象会理事
審査会々員
○作品展の開催
・主宰している「さざ波会」
 作品展を毎年8月開催
(於:稲毛ギャラリー)
・土曜会(グループ展)
 作品展を毎年10月開催
(於:銀座大黒屋)
○公募展の受賞、入選
・日展入選
・読売書法展(現在理事)
 読売奨励賞
 読売新聞社賞
・謙慎展(現在理事)
 春興賞の受賞:2回
○書道教室
・学生:月曜日
・一般:火曜日、水曜日





地域別アクセス

ジオターゲティング

ジオターゲティング
livedoor プロフィール

yuji5327

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード