2009年10月29日

「目から鱗が落ちる」カイロスがその人の人生を輝かせる 3

「日野原重明著:いのちのメッセージ、三笠書房、2009」は100歳間近の著者の最近の著書であるが、10年以上前の著書と比べても新鮮である。印象に残った部分の概要を自分なりに補足して纏めると以下のようになる。
1.「健康」とは十分な睡眠や朝食をとるといった決まった形ではなく「順応上手」であることである。うたた寝をして風邪をひくことはあっても、裸で寒稽古しても風邪をひかない、ことを医学的に説明すれば、精神力でホルモンの分泌を促進しからだに強い抵抗力ができるからである。
2.生物学者ルネ・デユポスの「人間であるために」という著書にある「人間は、周囲の環境に対する自分の意思の決定を積み重ねていくことにより、将来を形づくることができる」
3.若い時代には「ひと夏」というのは長かったものだが、今は、夏が来たと思ったら、もう秋の風が吹いていると、感じるようになっている。夢は遠くに置きながら、今日何をするか、今日の現実に足をとどめることが大切だと思っている。
4.文芸評論家の小林秀雄の「人間はいくら知識があっても、学問があっても、やさしいこころがなければ立派な人間とはいえない。優しいこころとは感じることである」という言葉が気に入っている。どうすれば感性を培うことができるのかと考えると、著者は「人との出会い、邂逅」と思っている。「あの人と出会わなかったら、今の私はない」という気持ちである。
5.ギリシャ語には、時間を表す言葉が二つある。ひとつは「クロノス」であり、もうひとつは「カイロス」である。クロノスは1秒1秒を刻む時計の示す時間、カイロスは、歴史の中や自分の中で決定的な瞬間を示す言葉である。「目から鱗が落ちる」という表現があるが、これまでのものの見方が根本的に変わるとき、それをカイロスという。
6.300年前に、レオナルド・ダ・ビンチが若い人に贈った言葉「老年の欠乏をおぎなうに足るものを青年時代に獲得しておけ」というのは、最後まで輝いて生きるために備えるということである。



いのちのメッセージ―今日また「新しい人生」がはじまる…
いのちのメッセージ―今日また「新しい人生」がはじまる…
クチコミを見る


yuji5327 at 07:26トラックバック(0) 
共通テーマ 

トラックバックURL

池上技術士事務所の紹介
261-0012
千葉市美浜区
磯辺6丁目1-8-204

池上技術士事務所(代表:池上雄二)の事業内容
以下のテーマの技術コンサルタント
1.公害問題、生活環境、地球環境
2.省エネ・新エネ機器導入
のテーマについて、
・技術コンサルタント
・調査報告書の作成
・アンケート調査・分析
・技術翻訳、特許調査
を承ります。
有償、無償を問わず
お気軽に下記にメールをください。
ke8y-ikgm@asahi-net.or.jp

工学博士、技術士(応用理学)、
公害防止主任管理者、
騒音防止管理者の資格で
お役に立ちたいと思います。

池上湖心 プロフィール
○略歴
大東文化大卒、
在学中 上條信山に師事
書象会に所属、書象会理事
審査会々員
○作品展の開催
・主宰している「さざ波会」
 作品展を毎年8月開催
(於:稲毛ギャラリー)
・土曜会(グループ展)
 作品展を毎年10月開催
(於:銀座大黒屋)
○公募展の受賞、入選
・日展入選
・読売書法展(現在理事)
 読売奨励賞
 読売新聞社賞
・謙慎展(現在理事)
 春興賞の受賞:2回
○書道教室
・学生:月曜日
・一般:火曜日、水曜日





地域別アクセス

ジオターゲティング

ジオターゲティング
livedoor プロフィール

yuji5327

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード