2009年11月29日

日本の国債が暴落したら円高はどうなる? 3

11月27日付の大前研一さんの「ニュースの視点」は、「北朝鮮核問題〜米GM解体はいかに進むべきか〜問題点と課題を理解する」と題しているが、なにかのミスか?「政府主導の景気対策では効果は期待できない」とすべきかもしれない。経済問題も含めた包括的な内容である。概要を自分なりに纏めると以下のようになる。
1.内閣府が16日発表した7〜9月期の国内総生産(GDP)の速報値は、物価変動の影響を除いた実質で前期比1.2%増、年率換算では4.8%増となった。また、政府は20日発表した11月の月例経済報告で、日本経済は物価が長期的に下落するデフレーションに陥ったと宣言している。
2.日本経済がデフレーションに陥ったと聞いても、不自然な印象を受ける。そもそも日本経済は2001年にデフレに陥ってから正式には「デフレ脱却」していな。明確な「デフレ脱却宣言」がないまま、何となく好景気になったと思ったら再びデフレに陥ってしまった、というのが現在の状況である。
3.日本経済は「デフレに陥った」というよりも「長期低迷している」と言うのが実態に合っている。99年からの10年間の日本の実質GDPの推移を見ても、一時期600兆円に届く勢いを見せていたものの、結局500兆円強に留まっており、成長率はごく僅かである。また7〜9月期のGDPが1.2%増とは言っても、それは輸出や設備投資が上向いた結果で、「民間最終消費支出」はほとんど変化していない。
4.この10年間の項目別のGDP実質成長率を見ても、民間最終消費支出は横ばいである。 モノの値段が安くなるというのは一人の消費者としてはありがたいが、後の日本経済にとって本当に良いことなのか、考えるべきである。
5.貯蓄だけが増え続けるのではなく、日本経済の成長を促す、例えば住宅関連の支出などが増えるような施策を打つべきである。政府も「住宅版エコポイント制度」の検討などを始めているが、わずかなエコポイントのために、数百万円規模の住宅の建て替えをしようと思う人は少ない。
6.大切なことは、もっと経済のパイを大きくするという目的を明確に持って、消費者のお金が市場に出てくるように仕向けることである。この方法はいくつも考えられる。住宅の建て替えをした人を対象に相続税を免除するというのも1つである。子供に資産を残せるわけだから
大きな需要がある。子供がいなければ贈与税を免除しても良い。
7.政府が予算を組んで国が主導で景気対策をしても全く効果はない。今民主党が実行していることは全て的外れである。このようなことを続けていると、いずれは市場から制裁を受けることになる。「市場からの制裁」とは、日本の国債暴落である。この兆候がすでに見え始めている。
8.英米系格付け会社フィッチ・レーティングスのソブリン部門統括責任者、デイビッド・ライリー氏は日本経済新聞に対し、来年度の国債発行額が、新政権がめどとする44兆円を大幅に上回った場合、中長期的な財政安定への取り組み不足が浮き彫りになる、との認識を示している。
9.国債が暴落してくプロセスにはいくつかある。1つが格付け機関による評価が低下したことを契機とするものである。今後、日本国債の格付けが「BB」を下回れば、一気に日本国債が暴落する可能性は十分ある。そのときになって焦っても止めることはできない。対GDP比約200%の累積負債というのは悪すぎるからである。
10.この負債は次の世代の人たちが背負っているわけだが、彼らが支払うとは言わない。現在の日本経済は「裸の王様」と同じ状況である。誰かが「おかしい!こんな借金は、次の世代が支払うはずないだろう」ということを声高に叫んだ瞬間、突然崩壊し始める可。
11.実際、格付け機関あるいはトレーダーの集団心理のどちらを契機としてマーケットが反応するのかは分からない。確実に国債暴落という形でマーケットから制裁を受けることになる。 民主党は巨大な予算を組むばかりで、このままでは全く効果は期待できない。いつかマーケットから制裁を受ける日が来るが、これは民主党にとっても脅威である。相手がマーケットでは交渉もできない。


yuji5327 at 06:49トラックバック(0) 
共通テーマ 

トラックバックURL

池上技術士事務所の紹介
261-0012
千葉市美浜区
磯辺6丁目1-8-204

池上技術士事務所(代表:池上雄二)の事業内容
以下のテーマの技術コンサルタント
1.公害問題、生活環境、地球環境
2.省エネ・新エネ機器導入
のテーマについて、
・技術コンサルタント
・調査報告書の作成
・アンケート調査・分析
・技術翻訳、特許調査
を承ります。
有償、無償を問わず
お気軽に下記にメールをください。
ke8y-ikgm@asahi-net.or.jp

工学博士、技術士(応用理学)、
公害防止主任管理者、
騒音防止管理者の資格で
お役に立ちたいと思います。

池上湖心 プロフィール
○略歴
大東文化大卒、
在学中 上條信山に師事
書象会に所属、書象会理事
審査会々員
○作品展の開催
・主宰している「さざ波会」
 作品展を毎年8月開催
(於:稲毛ギャラリー)
・土曜会(グループ展)
 作品展を毎年10月開催
(於:銀座大黒屋)
○公募展の受賞、入選
・日展入選
・読売書法展(現在理事)
 読売奨励賞
 読売新聞社賞
・謙慎展(現在理事)
 春興賞の受賞:2回
○書道教室
・学生:月曜日
・一般:火曜日、水曜日





地域別アクセス

ジオターゲティング

ジオターゲティング
livedoor プロフィール

yuji5327

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード