2010年03月25日

5年、10年の腰痛が1ヶ月くらいで治る? 3

「安保徹著:こうすれば病気は治る−−心と体の免疫学、新潮社、2003年」の「第2章:毎日すっきり暮らすには−−身近な病気の対処法」として、頭痛、肩こり、腰痛、膝痛、痔症、歯周病、カゼ、めまい、耳鳴り、不眠、むくみ、不整脈、過敏性腸症候群を挙げて解説している。それぞれ、今までの常識と異なるご見解も記述されている。印象に残った部分の概要を自分なりに補足して纏めると以下のようになる。
1.頭痛:頭痛など名前を付けて分類する必要はない。交感神経緊張の状態から副交感神経緊張の状態にうつることによる痛みがかわるだけである。バッファリンが効くのはプロスタグランジンという血流を邪魔する物質の産生を抑制して血管を開いて血流を多くしようとする物質がなくなり、組織が圧迫されることがなくなり、とりあえず痛みはとま。しかし、頭痛は完治していない。常用するのは避けるべきである。原因はストレス(職場の人間関係の精神的ストレス、エアコンのストレスなど)であり、それらは薬に頼らず我慢して治すのが好ましい。
2.腰痛:
(1)腰痛は病院に行っても治らないことが多い。理由は痛み止めを処方することと、コルセットを作るからである。医者は患者の懇願に負けて2点セットを処方するので、腰痛はひたすら悪化する。
(2)腰痛の原因は筋力低下による筋肉疲労が原因のことが多い。筋肉疲労では老廃物質で血流が悪くなる。腰痛自体は筋肉疲労を治癒するための血流回復反応の症状である。折角、体が回復しようとしているときに消炎鎮痛剤を湿布薬などで使うので薬で血流を止め、その上、コルセットで締め付けるのでさらに血流が低下する。筋力はさらに低下していくので腰痛はますます悪化する。
(3)椎間板ヘルニア、腰椎すべり症も同じメカニズムで起こる。血流が途絶えて組織が壊れて椎間板の弾力が失われて、周囲の骨も変形して神経を圧迫して変形痛が起きる。これらを治すには血流障害を治すしか方法はない。血流が増えれば組織はその時点から修復がはじまり、いずれ痛みもとれてくる。圧迫を取るために牽引とか消炎鎮痛剤を処方するのことが多いが、この治療方法で治った例はほとんどない。腰痛ほど間違った方法が蔓延している医療はない。
(4)ではどうするか。まず消炎鎮痛剤をやめ、コルセットをはずす。すこしずつ体を動かし、動かせる範囲を広げていくと筋力もついてくる。きちんと続ければ3週間くらいでどんな難治性の腰痛も治癒できる。5年、10年と治らなかった腰痛が1ヶ月で治っている。腰の痛みに耐えかねて病院に行くと、まずレントゲンを撮られて「ここが変形して神経を圧迫しているから痛みが出ていりのですよ」と説明される。写真をみて確かに変形があるので衝撃を受けてガックリする。歳をとれば誰でも変形はでている。しかし、あちこちの骨が変形したりつぶされたりしながら、知らないうちに、そこがまた自然に修復されて、たとえ腰が曲がっても不都合なく日常生活を送っている老人も多い。
(5)最近では、整形外科医もレントゲン写真と病気は一致しないことが分かってきた。腰痛の原因のほとんどは筋肉量の低下、筋力の低下、肥満が原因であることが分かってきた。「日本カイロプラクティック医学会*」でも組織的に活動している。大事なことは70歳、80歳になって筋力はつくので、鍛えなければならない。ラジオ体操程度の運動、腰を使う運動を意識的に行えばよい。痛みは血流回復の症状であり、組織が治されているのだと認識することが大事である。(認識することで痛みも多少やわらぐかもしれない)

(*カイロプラクティックは世界保健機構:WHOも代替医療として位置づけており、欧米ではカイロプラクターの資格が法制化されているが、日本では公的資格は定められていない。熟練者が治療しないと逆に神経を痛める危険性もある「Wikipediaより」。本書のラジオ体操程度で筋肉を鍛えるのであれば問題ないと思われる)

こうすれば病気は治る―心とからだの免疫学 (新潮文庫)
こうすれば病気は治る―心とからだの免疫学 (新潮文庫)
クチコミを見る


yuji5327 at 06:33トラックバック(0) 
健康 

トラックバックURL

池上技術士事務所の紹介
261-0012
千葉市美浜区
磯辺6丁目1-8-204

池上技術士事務所(代表:池上雄二)の事業内容
以下のテーマの技術コンサルタント
1.公害問題、生活環境、地球環境
2.省エネ・新エネ機器導入
のテーマについて、
・技術コンサルタント
・調査報告書の作成
・アンケート調査・分析
・技術翻訳、特許調査
を承ります。
有償、無償を問わず
お気軽に下記にメールをください。
ke8y-ikgm@asahi-net.or.jp

工学博士、技術士(応用理学)、
公害防止主任管理者、
騒音防止管理者の資格で
お役に立ちたいと思います。

池上湖心 プロフィール
○略歴
大東文化大卒、
在学中 上條信山に師事
書象会に所属、書象会理事
審査会々員
○作品展の開催
・主宰している「さざ波会」
 作品展を毎年8月開催
(於:稲毛ギャラリー)
・土曜会(グループ展)
 作品展を毎年10月開催
(於:銀座大黒屋)
○公募展の受賞、入選
・日展入選
・読売書法展(現在理事)
 読売奨励賞
 読売新聞社賞
・謙慎展(現在理事)
 春興賞の受賞:2回
○書道教室
・学生:月曜日
・一般:火曜日、水曜日





地域別アクセス

ジオターゲティング

ジオターゲティング
livedoor プロフィール

yuji5327

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード