2010年08月31日

日本と中国のGDPが逆転したことへのマスコミの報道に失望 3

8月27日の大前研一さんの「ニュースの視点」は「日中GDP逆転〜マスコミも国民も「尻尾を巻いて逃げる」日本を見過していいのか!」という見出しの記事である。日本のこれからの進路を考える上で示唆に富む内容である。概要を自分なりに纏めると以下のようになる。
1.アメリカ国防総省は16日、中国の軍事力に関する2010年版の年次報告書を公表した。 それによると中国軍が太平洋の東側海域やインド洋まで活動範囲を拡大させる可能性があると警戒感を示したほか、中国としては初の国産空母の建造を年内に開始するとの見方を示した。
2.また、クローリー米国務次官補は16日の記者会見で、日米安全保障条約による米国の日本防衛の義務が尖閣諸島に及ぶかどうかにについて、「適用対象」であるとの見解を明言した。日中の防衛費の推移を見ても、中国軍が大きく拡大していることが分かる。2003年頃に日本と中国の防衛費は逆転し、2009年は約500億円弱も差が開いている。
3.中国自身は軍備の近代化のためには12兆円が適正だと主張している。そして、先進国の中でもあまり保有されていない、高度な技術と高額な運用費用が求められる航空母艦の建造にも力を注ぎ始めた。これは中国が「米国やロシア並み」の国防力を求めている野心の表れである。
4.中国の軍事力が爆発的に大きくなれば、太平洋地区の軍事バランスが崩れてしまう。日本にとってみれば、日本が航空母艦を保有するなどというのは不可能だから、どうしても米国に頼らざるを得なくなる。
5.現在、沖縄を含めて「米国には出て行ってもらおう」という意見が強くなっているが、こうなってくると沖縄に対する見方も変える必要がある。守屋元防衛事務次官が刊行した「普天間交渉秘録」の中では、沖縄県の対応に問題があった点が指摘されている。
6.日本のマスコミは盲目的に沖縄の肩を持つような報道が目立つが、今後はもっと冷静に「防衛の観点」から沖縄を見る必要がある。沖縄県も今までのように自分たちの意見は何でも通ると思うべきではない。日本政府は「沖縄に頼らない」という選択肢も持っていくことが大切である。中国の状況を見ると、これまでのように悠長に沖縄県と付き合っている暇はない。
7.内閣府は16日、中国の4〜6月期の名目GDPが日本を上回ったとの試算を発表した。 それによると中国は1兆3369億ドルだったのに対して、日本は1兆2883億ドルであり、米国の各メディアは一斉に速報し、今後は中国の存在感が一段と増すことを指摘した。日本の名目GDPは95年に5.3兆ドルのピークを迎え、その後15年にわたって増えていない。
最近少し上昇傾向が見られるが、これは円高のためである。中国の名目GDPは95年には1兆ドルにも満たなかったのに、この数年で特に急激に伸び、ついに日本を逆転した。
8.2010年8月30日号のTIME誌には、珍しいほど明白な間違いがあった。それは、米国・中国・日本の経済規模と経済成長率を比較している記事である。GDPによる経済規模では、米国:14兆ドル、中国:1.33兆ドル、日本:1.28兆ドル。そして経済成長率では、米国:−2.4%、日本:−5.2%、中国:9.1%となっている。中国と日本の数値は四半期のもので、米国だけが1年間の数値になっている。これでは比較する意味が全くない。さすがに米国でもGDPが日本の10倍以上ということは考えられない。こんな数字に気づかずにそのまま掲載してしまうとは、よほど不注意な人が記事を書いたと思われる。
9.海外のメディアが積極的に報道しているのに対して、日本のマスコミからは議論を深めていくような報道が見られない。対策の動きを見せない日本政府に、諦めムードの漂った国民、そんな印象を受ける。こんな日本を見ていて、尻尾を巻いて逃げる犬を連想する。強い相手に立ち向かうことなく、「負け」を見ているかのようである。日本のマスコミはトップニュースで取り上げながらも、まだ挽回できるという類のメッセージを発していない。
まだまだ挽回できる方法はいくらでもあるし、大前氏はその方法を何度も提言している。負けを認めてあきらめるのではなく、問題を解決しそれを乗り越えていく姿勢を見せてほしい。


yuji5327 at 06:48トラックバック(0) 
共通テーマ 

トラックバックURL

池上技術士事務所の紹介
261-0012
千葉市美浜区
磯辺6丁目1-8-204

池上技術士事務所(代表:池上雄二)の事業内容
以下のテーマの技術コンサルタント
1.公害問題、生活環境、地球環境
2.省エネ・新エネ機器導入
のテーマについて、
・技術コンサルタント
・調査報告書の作成
・アンケート調査・分析
・技術翻訳、特許調査
を承ります。
有償、無償を問わず
お気軽に下記にメールをください。
ke8y-ikgm@asahi-net.or.jp

工学博士、技術士(応用理学)、
公害防止主任管理者、
騒音防止管理者の資格で
お役に立ちたいと思います。

池上湖心 プロフィール
○略歴
大東文化大卒、
在学中 上條信山に師事
書象会に所属、書象会理事
審査会々員
○作品展の開催
・主宰している「さざ波会」
 作品展を毎年8月開催
(於:稲毛ギャラリー)
○公募展の受賞、入選
・日展入選
・読売書法展(現在理事)
 読売奨励賞
 読売新聞社賞
・謙慎展(常務理事)
 青山賞、春興賞の受賞:2回
○書道教室
・学生:月曜日
・一般:火曜日、水曜日





地域別アクセス

ジオターゲティング

ジオターゲティング
livedoor プロフィール

yuji5327

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード