2011年09月28日

政治主導への転換で日本を元気にしよう! 3

「中川秀直著:官僚国家の崩壊、講談社、2008年」で述べられている公務員制度改革改革は正論と思う。それが実行されないのは官僚主導の政治だからである。「霞が関主導から政治主導に」の小節も参考になる。印象に残った部分の概要を自分なりに補足して纏めると以下のようになる。
1.本当の保守の時代が到来し、官僚制は一大転換点を迎えている。それが霞が関主導から政治主導への転換の歴史的意味である。戦後、日本は霞が関主導で経済的な発展を目指してきた。しかし、世界第2-3位の経済大国となり、庶民の常識は動き始めている。これから求められるのは、官僚エリートによる上からの支配ではなく、市場メカニズムを生かした民の活力による経済発展である。
2.マスコミは小泉政権を批判したが、退陣時でも内閣支持率は60%もあった。これほど支持率が高かったのは、小泉改革以外に日本の選択肢はない、と国民は理解していたからである。
3.庶民の常識は心の豊かさも求めている。世論調査で教育基本法の改正を6割の国民が支持している。変化しようとしている庶民の常識を政治に反映しようとするのが保守政治である。庶民の常識とは、庶民の伝統的な価値観や歴史観、知恵こそが、守るべきものだという考え方だ。
4.国民はいま「安定・秩序・均衡」を打破しなければならないことを五感で感じている。保守は国民に対して、リスクを直視して人任せにしないことを求める。国民は行政や大企業に対する無謬性神話を放棄する時代がきた(最近は司法の無謬性神話も崩れている)。高度経済成長のときの成功体験はもはや通用しない。国民一人ひとりが変革すべきときを迎えている。


官僚国家の崩壊
官僚国家の崩壊
クチコミを見る




yuji5327 at 06:43トラックバック(0) 
共通テーマ 

トラックバックURL

池上技術士事務所の紹介
261-0012
千葉市美浜区
磯辺6丁目1-8-204

池上技術士事務所(代表:池上雄二)の事業内容
以下のテーマの技術コンサルタント
1.公害問題、生活環境、地球環境
2.省エネ・新エネ機器導入
のテーマについて、
・技術コンサルタント
・調査報告書の作成
・アンケート調査・分析
・技術翻訳、特許調査
を承ります。
有償、無償を問わず
お気軽に下記にメールをください。
ke8y-ikgm@asahi-net.or.jp

工学博士、技術士(応用理学)、
公害防止主任管理者、
騒音防止管理者の資格で
お役に立ちたいと思います。

池上湖心 プロフィール
○略歴
大東文化大卒、
在学中 上條信山に師事
書象会に所属、書象会理事
審査会々員
○作品展の開催
・主宰している「さざ波会」
 作品展を毎年8月開催
(於:稲毛ギャラリー)
○公募展の受賞、入選
・日展入選
・読売書法展(現在理事)
 読売奨励賞
 読売新聞社賞
・謙慎展(常務理事)
 青山賞、春興賞の受賞:2回
○書道教室
・学生:月曜日
・一般:火曜日、水曜日





地域別アクセス

ジオターゲティング

ジオターゲティング
livedoor プロフィール

yuji5327

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード