2012年03月22日

日本の電子政府(IT化)への取り組みは10年以上遅れている。日本は韓国、シンガポールにも遅れる後進国である。 3

3月21日付の大前研一さんのニュースの視点は『国家公務員改革 2013年度の新規採用を大幅減』と題する、号外の記事である。これまでに多くの国家公務員改革に関する論文を見てきたが、それらとは視点の異なる、ユニークで本質的な内容である。概要を自分なりに纏めると以下のようになる。
1.政府の行政改革実行本部は3月6日に、2013年度の国家公務員の新規採用を大幅に抑制する方針を決めた。政権交代前に採用が決まった09年度と比べて4割超の削減幅を目指す方針である。そもそも国家公務員に採用枠というものがあること自体、疑問である。
2.今、一番に着手しなければならないのは、共通背番号制を背景とした「業務のIT化」である。まずコンセプトとして「公的業務はどうあるべきか?」「公的業務をどのように変えるべきか?」ということを決め、その上で必要な人材を考えるべきである。
3.IT化によって自動化できる業務は少なくない。特に「窓業務と許認可業務」は最たる例であり、アウトソーシングやクラウド化を進めることで一気に経費を削減することができる。その結果、必要な人数は何人なのかを考えることが出発点である。どうしても人の手が必要となる介護のような業務も存在する。しかしこのような業務でも、改善の余地は十分にある。
4.大前氏の経営するBBTの大学・大学院はサイバー化されている。その結果、先生がゼロになることはないが、1教室に1先生という形式ではなく、カウンセラーとしての先生がいれば十分に対応できる体制が実現できている。
5.国民が怒っているので対処療法として「とにかく新規採用を削って目に見える削減をする」というのはおかしな話である。今、公務員としてぬくぬくと仕事をしている人を削って、ハングリーな若者を新規採用して組織の刷新を図るほうが良いかも知れない。あるいは、民間企業で経験を積んだミッドキャリアの人材を中途採用し、彼らを軸に改革を進めることができる。
6.民主党の見せかけだけの改革というのは非常に危険である。シンガポールなどはこの種の改革を上手に進めた。今、シンガポールでは、電子政府の進展が著しく、対市民、対企業ともに手続きや許認可業務の電子化が整備されている。
7.日本では「姉歯事件」の影響もあり、ますます許認可の手続き・申請が面倒になっている。シンガポールが1980年代から行政サービスのコンピューター化を進めてきたのに対して、日本の電子政府への取り組みは10年以上遅れている。どちらの国が先進国なのかと分からない。シンガポールにしても韓国にしても、特にこの10年間で行政のIT化には目を見張るものがある。一方の日本での進捗は遅々としたものである。
8.「日本はこの10年間で20年遅れた」という感覚があるが、行政のIT化というのはその典型的な事例である。前提を問い正さない限り、全ては対処療法となってしまう。本質を外した場当たり的な行動は、かえって解決までの道のりを長くする。確かに、国家公務員という大きな枠組みを変革することは、相当な労力を要するが、削減だけでは希望が見出せない。ハードを整えた上で有力な人材を迎え入れようとする方針こそが、改革と言える。改めて、ゼロベースで考え直すことの大切である。


yuji5327 at 06:37トラックバック(0) 
共通テーマ | 新技術

トラックバックURL

池上技術士事務所の紹介
261-0012
千葉市美浜区
磯辺6丁目1-8-204

池上技術士事務所(代表:池上雄二)の事業内容
以下のテーマの技術コンサルタント
1.公害問題、生活環境、地球環境
2.省エネ・新エネ機器導入
のテーマについて、
・技術コンサルタント
・調査報告書の作成
・アンケート調査・分析
・技術翻訳、特許調査
を承ります。
有償、無償を問わず
お気軽に下記にメールをください。
ke8y-ikgm@asahi-net.or.jp

工学博士、技術士(応用理学)、
公害防止主任管理者、
騒音防止管理者の資格で
お役に立ちたいと思います。

池上湖心 プロフィール
○略歴
大東文化大卒、
在学中 上條信山に師事
書象会に所属、書象会理事
審査会々員
○作品展の開催
・主宰している「さざ波会」
 作品展を毎年8月開催
(於:稲毛ギャラリー)
・土曜会(グループ展)
 作品展を毎年10月開催
(於:銀座大黒屋)
○公募展の受賞、入選
・日展入選
・読売書法展(現在理事)
 読売奨励賞
 読売新聞社賞
・謙慎展(現在理事)
 春興賞の受賞:2回
○書道教室
・学生:月曜日
・一般:火曜日、水曜日





地域別アクセス

ジオターゲティング

ジオターゲティング
livedoor プロフィール

yuji5327

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード