2012年03月31日

中国では、薄熙来氏が突然解任されたことで共産党の結束が幻想であることを露呈した。 3

3月30日付の大前研一さんのニュースの視点は『中国人民解放軍と中国情勢〜国家の背景を考える』と題する記事である。大手メディアでは紹介されない視点であり参考になる。概要を自分なりに纏めると以下のようになる。
1.中国人民解放軍の機関紙「解放軍報」は19日、共産党の指導下にある軍を、政治的に中立な「国軍化」すべきだとの議論を「断固阻止する」と強調する評論記事を掲載した。国軍化論は軍内部で長年議論されてきたがタブーの一つであり、機関紙がその存在に言及するのは異例のことである。
2.外国から見ていると分かりにくいが、建前としては「共産党が国家を経営している」という状態である。また、共産主義の原則上、中国共産党は広大な土地を持っていると言える。国が土地を所有しているので、土地の売却という概念はなく、50年リース、75年リースで土地を貸し出すという方法しかない。
3.土地に加えて軍隊を保有している。土地も軍隊も中国共産党のものであり、中国共産党が運営する国家の名称が「中華人民共和国」というのが実態である。軍事力統帥の源泉になっているのは、党中央委員会から選出される「党中央軍事委員会」と人民代表会議から選出される「国家軍事委員会」である。
4.形の上では「国家軍事委員会」は人民代表会議からの選出となっているが、実際は、「党中央軍事委員会」と「国家軍事委員会」のメンバーは同一で党総書記が主席を務めている。 中国人民解放軍というのは共産党の傘下にあり、この組織が中華民国を追い出す戦争に勝利したというのが歴史的な事実である。
5.中国共産党という存在は、憲法前文で中国共産党に政治面での指導的地位が明記されており、国家権力は共産党の指導を受ける仕組みになっている。軍事委員会の委員長を国家主席が務めているので、中国共産党は絶対君主として軍も政治も完全に抑えているが、時折、軍隊が暴走してしまうのが難しいところである。
6.中国には中国人民解放軍と公安の傘下にある人民武装警察という2つの組織がある。 暴動の鎮圧に軍隊が出動することは稀で、大抵は公安が動く。しかし、天安門事件のときには軍隊が鎮圧に乗り出した。外から見ていると非常にわかりづらいが、中国人民解放軍に絡む問題というのは中国にとって非常にデリケートな問題である。
7.3月22日付けの英フィナンシャル・タイムズは「薄熙来氏の解任で露呈した中国の政治体制のひずみ」と題する記事を掲載した。これは毛沢東以降の中国が合意に基づいて統治する集団指導体制を確立したとする一方、10年に1度の指導部交代を迎え、投資主導型から内需主導型へ転換を図ろうとしている中、薄熙来氏が突然解任されたことは党の結束が幻想であることを露呈したと指摘している。
8.今後中国国内では、薄熙来氏が解任された理由について、様々な憶測が飛び交うことが予想される。現時点でも、習近平氏の周辺を盗聴していたとか、薄熙来氏が夫人と共に殺人に関与していたなど、実態はよく分からない噂がいろいろと出てきている。今後も色々な説が出てくると思うが、どんな噂が出てきても驚くには値しない。
9.薄熙来氏は国民の人気が最も高かった政治家なので、突然解任するということは簡単なことではない。そのため、わざわざ解任されるに相応しい複雑な理由・シナリオを作り上げている。体制が変更するときには、その移行がスムーズに行われたということを演出する必要がある。これは北朝鮮を見ていても分かる。
10.薄熙来氏への様々な噂は、まさにこの「演出」に他ならない。いかに薄熙来氏がダメだったのかを強調する演出である。本当に薄熙来氏の国民からの期待は大きかったので、相当色々な「演出」をしなければならない。薄熙来氏が疎まれたのは、毛沢東への回顧が強すぎた点にある。
11.繁栄から取り残された恵まれない人々を救済しよう、黒社会を撲滅しよう、というテーマについて先頭に立って取り組んでいた。中央政府に対する反旗の翻し方が、理念闘争に 近いところにまで達していた。中央政府は毛沢東を忘れたいと思っている。毛沢東の歴史を紐解けば紐解くほど、例えば2000万〜5000万人も死亡したといわれる大躍進政策を実施していたなど、忘れられている問題が暴き出される可能性があるからである。この背景こそ薄熙来氏が解任された本当の理由であり、今流されている噂は人民が納得するための「付け足し」に過ぎない。
12.軍隊も土地も所有しているので、中国共産党は絶対君主の存在であり、独特な難しさがある。中国人は金儲けの話をする前に、必ず「俺は共産党を信じている」と前置きをする。それほど国民にも、中国共産党に歯向かうべきではないという意識が強い。中国共産党には歯向わない一方で、金儲けの時には平気で海外から「盗む」のが中国の面白いところである。 iPadの問題などもあり、米国は怒り心頭の様子である。日本でも同じように中国に怒りを感じている人も多いが、かつて日本も米国から「盗んだ」経験があり、かつて通った道とも言える。


yuji5327 at 06:24トラックバック(0) 
共通テーマ 

トラックバックURL

池上技術士事務所の紹介
261-0012
千葉市美浜区
磯辺6丁目1-8-204

池上技術士事務所(代表:池上雄二)の事業内容
以下のテーマの技術コンサルタント
1.公害問題、生活環境、地球環境
2.省エネ・新エネ機器導入
のテーマについて、
・技術コンサルタント
・調査報告書の作成
・アンケート調査・分析
・技術翻訳、特許調査
を承ります。
有償、無償を問わず
お気軽に下記にメールをください。
ke8y-ikgm@asahi-net.or.jp

工学博士、技術士(応用理学)、
公害防止主任管理者、
騒音防止管理者の資格で
お役に立ちたいと思います。

池上湖心 プロフィール
○略歴
大東文化大卒、
在学中 上條信山に師事
書象会に所属、書象会理事
審査会々員
○作品展の開催
・主宰している「さざ波会」
 作品展を毎年8月開催
(於:稲毛ギャラリー)
・土曜会(グループ展)
 作品展を毎年10月開催
(於:銀座大黒屋)
○公募展の受賞、入選
・日展入選
・読売書法展(現在理事)
 読売奨励賞
 読売新聞社賞
・謙慎展(現在理事)
 春興賞の受賞:2回
○書道教室
・学生:月曜日
・一般:火曜日、水曜日





地域別アクセス

ジオターゲティング

ジオターゲティング
livedoor プロフィール

yuji5327

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード