2012年06月26日

近代資本主義や近代デモクラシーとの関連において、古代ユダヤ人の思想で一番大事なことは契約という概念である。 3

論理の方法―社会科学のためのモデル
論理の方法―社会科学のためのモデル
クチコミを見る
「小室直樹著:論理の方法、東洋経済新報社、2003年」は何度か紹介しているが、「第5章:第3章マクス・ウェーバーにみる宗教モデル」の世界の宗教についての分析が面白い。印象に残った部分の概要を自分なりに補足して纏めると以下のようになる。
1.パウロは「旧約聖書」から原罪の思想を呼び醒ましたが、どうも変である。原罪を犯したのはアダムとイブである。彼らの子孫であるすべての人類がその原罪の責務を負わされて死ぬことになった。本来、罪を犯したのはアダムとイブなのだから、彼らが楽園から追放されて死ねばよいはずで、その予孫は自分が罪を犯したわけではないから、死ななくてもよいはずだが、そこに、連帯責任という考え方が出てきた。
2.近代資本主義や近代デモクラシーとの関連において、古代ユダヤ人の思想で一番大事なことは契約という概念である。神はイスラエルの民を特に可愛いがりたもうた。何故かというと、神とイスラエルの民とは契約を結んだからである。契約のことは英訳するとプロミスである。
3.神と人間とは契約を結んだ。この契約は絶対であって、宗教の根本規範である。神との契約を守れば神は永遠にイスラエルを守りたまい、奇跡によってもイスラエルを救いたもう。ところが、「旧約聖書」を読んでみると、古代イスラエルの民は恐るべき民族であって、神との契約など守らない。だから、「旧約聖書」は、裏から読めば人間というのは神に背くものであることの記録でもある。
4.神との契約を守らないから凄く悲惨な目に遭う。奴隷にされてバビロンに連れ去られる(バビロン捕囚)。そこでイスラエルの民はバビロンにおいて猛反省して、「こんな酷い目に遭うのは神との契約を破ったからである。今後は神との契約を思い出して、これを絶対に守る」と大反省したというユダヤ教がイスラエルの民の間に広まった。今のユダヤ人は大変よく規律を守るというが、それは昔大反省したからである。
5.ムハンマド(マホメット570〜632年頃)は、「それでも神様は寛大だ」と言っている。神の言いつけを守らなかったのだから、本来ならユダヤ人は皆殺しにされてもよいのに神はそうしなかったというわけである。
6.ウェーバーが書いた『古代ユダヤ教』という本の冒頭に、ユダヤ教というのは賎民(パリア)宗教であると書いてある。ダビデ王(前962年頃)、ソロモン王(前10世紀)のころにはユダヤ教は未だ出来ていなかった。ユダヤ教は、ユダヤの民がバビロンに捕囚されてさんざん虐められたころに出来た。だから、ユダヤ教というのは賎民の宗教であるというわけである。
7.マクス・ウェーバーは、ユダヤ教の本質を暴き出すために、ヒンドゥー教の比較から始めた。ヒンドゥー教もまた賎民宗教である。賎民とは社会のなかの最下層民であるが、ヒンドゥー教の賎民とユダヤ教の賎民とは正反対である。正反対の意味は、以下の通りである。
8.ヒンドゥー教では、一番上は僧侶階級で、それから武士階級、平民、奴隷と四大階級がある。これは厳重で、階級間の結婚もできなければ、一緒の生活さえ禁止している徹底した階級差別である。ヒンドゥー教では、この世において厳格なヒンドゥー教の規範をきちんと守っていれば、今度生まれてくるときはより高い階層に生まれてくることになっている。奴隷は平民に、平民なら武上になって生まれてくる。ということは現世においては、社会の階層そのものは絶対に変わらない。ヒンドゥー教を信じていると、極端に伝統主義的な行動様式に限定される。
9.ユダヤ教の賎民では、我々は神との契約を破ったから社会の外に放り出されて、民族全体が賎民(パリア民族)になってしまった。社会の中心にはエジプト人やバビロニァ人がいる。「今度こそ神の言いつけをきちんと守ろう。そうすれば、神は指導者を遣わしたもうて、われわれを世界の主人にする」と言われる。神は契約を更改し契約を結び直してくれる。そして神との契約を結び直せば、全く違う世界ができ上がると考えている。


yuji5327 at 06:31 
共通テーマ 
池上技術士事務所の紹介
261-0012
千葉市美浜区
磯辺6丁目1-8-204

池上技術士事務所(代表:池上雄二)の事業内容
以下のテーマの技術コンサルタント
1.公害問題、生活環境、地球環境
2.省エネ・新エネ機器導入
のテーマについて、
・技術コンサルタント
・調査報告書の作成
・アンケート調査・分析
・技術翻訳、特許調査
を承ります。
有償、無償を問わず
お気軽に下記にメールをください。
ke8y-ikgm@asahi-net.or.jp

工学博士、技術士(応用理学)、
公害防止主任管理者、
騒音防止管理者の資格で
お役に立ちたいと思います。

池上湖心 プロフィール
○略歴
大東文化大卒、
在学中 上條信山に師事
書象会に所属、書象会理事
審査会々員
○作品展の開催
・主宰している「さざ波会」
 作品展を毎年8月開催
(於:稲毛ギャラリー)
・土曜会(グループ展)
 作品展を毎年10月開催
(於:銀座大黒屋)
○公募展の受賞、入選
・日展入選
・読売書法展(現在理事)
 読売奨励賞
 読売新聞社賞
・謙慎展(現在理事)
 春興賞の受賞:2回
○書道教室
・学生:月曜日
・一般:火曜日、水曜日





地域別アクセス

ジオターゲティング

ジオターゲティング
livedoor プロフィール

yuji5327

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード