2012年10月31日

政治家や元官僚が叙勲を断るのは当然と思うが、日本の官僚が事務局で決めるような勲章をもらった人とは、親密につきあいたくない。

政財界メッタ斬り―佐高信の政経外科〈7〉 (佐高信の政経外科 (7))
政財界メッタ斬り―佐高信の政経外科〈7〉 (佐高信の政経外科 (7))
クチコミを見る
「佐高信著:政財界メッタ斬り、毎日新聞社、2005年」の「玉砕の島」には共感を覚える。11月は国の叙勲の季節だが勲章に逆らう人の話に共感する。概要を自分なりに纏めると以下のようになる。
1.どうして勲章などもらうのか。いわゆる革新側の人で、ある程度頼りにしていた人が勲章をもらったと聞くと、ガックリする。日本社会党(現社会民主党)の元国際局長、川崎寛治氏と会うと、さわやかな人だとほれ込むが、後で、勲章を拒否していると知って、さもありなんと思う。断るのが当然と思うが、日本の官僚が事務局で決めるような勲章をもらった人とは、親密につきあいはできない。
2.元国鉄総裁の石田礼助や、元日本興業銀行頭取の中山素平を描いた城山三郎が喝破した如く、拒否した人たちは「粗にして野だが卑ではない」人たちである。その城山氏を「絶対に形の崩れない男」と評したのは、城山の親しい友で人物評論家の故・伊藤肇である。そのような勲章をもらってしまうような形が崩れてしまっている現代に、あえて逆らっている。
3.城山氏は熱っぽく、戦争の悲惨さを語り、国家の唱える大義の無意味さを説いた。、次の逸話が心にしみた。「特攻死した中津留達雄の母親が、月の明るい夜は海岸に行き、“あの子は泳ぎがうまかったから、特攻で死んだというけれど、そうじゃなくて、沖縄から島伝いに泳いで、こういう月のきれいな夜に帰ってくるんじゃないか”と、いつも立っていた。
4.喜寿を迎えてなお元気だった城山氏は、赤道直下のタラワに行った。太平洋戦争当時、日本が信託統治をしていて、日本からの移民とか、フィリピンから来た人とかがまじりあって生活していた。そういう人たちがいろいろな「政府」をつくるので、アメリカ軍が面倒臭いからみんな殺してしまえと火炎放射器で焼き殺した。「玉砕」というコトバはそこから出てき。軍隊と軍隊がぶつかるのが戦争であるはずなのに、そこでは島民も反抗しているからという理由で、そんなことをした。



yuji5327 at 06:31 
共通テーマ 
池上技術士事務所の紹介
261-0012
千葉市美浜区
磯辺6丁目1-8-204

池上技術士事務所(代表:池上雄二)の事業内容
以下のテーマの技術コンサルタント
1.公害問題、生活環境、地球環境
2.省エネ・新エネ機器導入
のテーマについて、
・技術コンサルタント
・調査報告書の作成
・アンケート調査・分析
・技術翻訳、特許調査
を承ります。
有償、無償を問わず
お気軽に下記にメールをください。
ke8y-ikgm@asahi-net.or.jp

工学博士、技術士(応用理学)、
公害防止主任管理者、
騒音防止管理者の資格で
お役に立ちたいと思います。

池上湖心 プロフィール
○略歴
大東文化大卒、
在学中 上條信山に師事
書象会に所属、書象会理事
審査会々員
○作品展の開催
・主宰している「さざ波会」
 作品展を毎年8月開催
(於:稲毛ギャラリー)
・土曜会(グループ展)
 作品展を毎年10月開催
(於:銀座大黒屋)
○公募展の受賞、入選
・日展入選
・読売書法展(現在理事)
 読売奨励賞
 読売新聞社賞
・謙慎展(現在理事)
 春興賞の受賞:2回
○書道教室
・学生:月曜日
・一般:火曜日、水曜日





地域別アクセス

ジオターゲティング

ジオターゲティング
livedoor プロフィール

yuji5327

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード