2013年01月28日

ニューヨーク・タイムズの記者の給料は朝日新聞や読売新聞よりもずっと安い。

「本当のこと」を伝えない日本の新聞 (双葉新書)
「本当のこと」を伝えない日本の新聞 (双葉新書)
「マーティン・ファクラー著:本当のことを伝えない日本の新聞、双葉社、2012年」は、ずばり日本のジャーナリズムの問題点を暴いている。まず本書の「プログの登場でアメリカの新聞が抱いた危機感」「ニューヨーク・タイムズの一面を飾るフリーランスの記事」の小節の印象に残った部分を自分なりに補足して纏めると以下のようになる。
1.個人差があるが、ニューヨーク・タイムズの記者の給料は朝日新聞や読売新聞よりもずっと安い。だが、記者たちにとっては「世のなかを良くしたい」というやりがいや使命感のほうがずっと大切である。お金よりも取材者としての自由度が高いほうにもっと大きな価値がある。
2.仕事は非常に忙しいし、責任は重い。書きたいテーマを自分で探し、動ける自由があるがゆえ、ニューヨーク・タイムズに移ってきてからのほうがずっと忙しくなった。ニューヨーク・タイムズでは、正社員であろうがフリーランスであろうが一面からほかのページにジャンプする長い記事を書ける。内容がすべてであり、記事の取り扱いに関して差別はまったくない。
3.社風や取材の仕方など、いわば会社のルールにまだ染まっていないフリーランスの視点はときに目新しいものがある。同時に、両者が同じ紙面に混在することで記者の間に競争意識が生まれ、紙面の活性化にもつながる。それはひいては読者の利益になる。日本のメディアも、正社員一辺倒の紙面作りを考え直す時期に来ている。
4.全国紙に新卒採用された20代前半の若い記者たちは、まず全国の支局に配置されて記者としての第一歩を踏み出す。彼らが頭角を現わすかどうかは誰にもわからない。難関大学を卒業して筆記試験で優秀な成績を収め、面接試験で的確な受け応えができたとしても、その人が本当に記者に向いているかどうかはわからない。
5.アメリカで活躍する記者は、ほかの職種から転職してきた例も多い。別の仕事をしているうちに、ジャーナリズムに強い魅力を感じる。世のなかの不正を暴いたり、社会に貢献したいという気持ちが芽生える。たとえ収入が下がるとしても、お金よりもやりがいを選ぶ。このように記者になる動機づけを見つけ出した者のほうが、新卒でいきなり働き始めた者よりも間違いなく情熱的になれる。金融機関に人って銀行マンや証券マンとして働いてから、会社を辞めてウォール・ストリート・ジャーナルに入ってくる例もある。
6.ウォール・ストリート・ジャーナルの給料は決して高くはない。銀行や証券会社に比べれば、年収が半減してしま。それでも記者になりたいと考える人がいる。金融機関に勤めた経験があれば、銀行という組織や行動論理について、皮膚感覚でわかる。記者という仕事は、転職する前の知識や経験がすべて生かされる。実際に取材をしたとき、何かを隠そうとしている金融機関の幹部や広報担当者、当局の人間に騙されにくくなる。社会人として積んだ知識や経験は、まさに武器になる。
7.戦地取材をする記者のなかに、元兵士の記者がいれば心強い。戦争になったときの軍の動き方や戦い方があらかじめわかるし、危険な戦場でいざというとき、どのように行動すればいいか体で理解している。
8.日本の場合、新卒採用で会社に入ってくる記者の経歴はほとんど同じである。一部、社会人採用などがあるが、大半の記者は難関大学を卒業してそのまま記者になる。似たり寄ったりの人材が集まっていることが、各社横並びの画一的報道に表われている。
(朝日、読売の権力批判の記事がつまらない理由がよくわかる)


yuji5327 at 06:31 
共通テーマ 
池上技術士事務所の紹介
261-0012
千葉市美浜区
磯辺6丁目1-8-204

池上技術士事務所(代表:池上雄二)の事業内容
以下のテーマの技術コンサルタント
1.公害問題、生活環境、地球環境
2.省エネ・新エネ機器導入
のテーマについて、
・技術コンサルタント
・調査報告書の作成
・アンケート調査・分析
・技術翻訳、特許調査
を承ります。
有償、無償を問わず
お気軽に下記にメールをください。
ke8y-ikgm@asahi-net.or.jp

工学博士、技術士(応用理学)、
公害防止主任管理者、
騒音防止管理者の資格で
お役に立ちたいと思います。

池上湖心 プロフィール
○略歴
大東文化大卒、
在学中 上條信山に師事
書象会に所属、書象会理事
審査会々員
○作品展の開催
・主宰している「さざ波会」
 作品展を毎年8月開催
(於:稲毛ギャラリー)
・土曜会(グループ展)
 作品展を毎年10月開催
(於:銀座大黒屋)
○公募展の受賞、入選
・日展入選
・読売書法展(現在理事)
 読売奨励賞
 読売新聞社賞
・謙慎展(現在理事)
 春興賞の受賞:2回
○書道教室
・学生:月曜日
・一般:火曜日、水曜日





地域別アクセス

ジオターゲティング

ジオターゲティング
livedoor プロフィール

yuji5327

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード