2013年07月28日

1ミリシーベルトの除染を目指すとなると、永遠に除染は終わらない。結局、除染利権を生んだだけで全く効果はない。ただちに目指す水準を10〜20ミリシーベルトに引き上げるべきである。

7月26日付の大前さんのニュースの視点( 発行部数176,013部)は『甲状腺被ばく・もんじゅ・節電対策・韓国電力事情〜データに基づいて状況を把握する』と題する記事である。概要を自分なりに纏めると以下のようになる。
1.東京電力福島第1原発事故で、放射性ヨウ素を体内に取り込んだことによる甲状腺被曝(ひばく)線量(等価線量)が100ミリシーベルトを超える作業員は、推計で1973人に上ることが判明した。この人数は当初の発表よりもはるかに多い。東電は最初から正直に発表する謙虚な企業姿勢を示すべきだった。
2.100ミリシーベルトを超えるからといって、早急に危険だということでもない。統計値で見ると100〜200ミリシーベルトだと癌になる確率が1.08倍になる試算である。野菜不足や受動喫煙がこの範囲にある。さらに高い数値である200〜500ミリシーベルトには運動不足、高塩分食品、500〜1000ミリシーベルトには肥満、痩せ。さらには1000ミリシーベルト以上だと毎日3合以上の飲酒、喫煙者が含まれ、このレベルになると癌になる確率も1.6倍になる。100ミリシーベルトが安全だと言うつもりはないが、1ミリシーベルトを基準として大騒ぎするのは行き過ぎである。
3.福島第一原子力発電所の事故の現場で指揮を執った吉田元所長が食道がんのため亡くなった。これを福島での被ばくと関連付ける人もいるが事実と違う。0歳〜5歳の子どもが100ミリシーベルトを超える被ばくを経験したとき、20年後に甲状腺がん、乳がんになったという事例はあるが、数年のうちに食道がんを発病するというのは考えにくい。
4.以前、東京大学大学院教授が内閣官房参与を辞任した。その際、記者会見で「10ミリシーベルトでは子供たちがかわいそうだ」と涙を流した。この涙の辞任記者会見を受けて政府は発作的に、福島の除染を「1ミリシーベルトを目標に」となった。1ミリシーベルトは自然の放射能と同じレベルである。
5.1ミリシーベルトの除染を目指すとなると、永遠に除染は終わらない。結局、除染利権を生んだだけで全く効果はない。ただちに目指す水準を10〜20ミリシーベルトに引き上げるべきである。30ミリシーベルトくらいの水準でも問題はない。
6.原子力規制委員会の調査団は18日、日本原子力研究開発機構の高速増殖炉もんじゅの敷地内にある断層について、2日間の現地調査を終えた。調査団の島崎委員長代理は「すぐ結論が出る状況ではない」と述べた。17日に指示した追加調査の結果を見てから判断する意向で、結論が出るのが長引く。そもそも活断層によってもんじゅの再稼働を決定すること自体が本質からズレている。
7.活断層の有無に関わらず国民世論から見て、もんじゅの再稼働はありえない。稼働している期間に、ある程度のデータも取得できたはずだから、それを後世に残すことを考えるべきである。米国も英国もフランスも、高速増殖炉を停止している。日本にしても、すでにもんじゅに1兆円規模の資金を投じている。もう潮時である。
8.夏の節電要請を1日から行っている政府は、家庭向けの節電対策メニューを節電ポータルサイト(http://r34.smp.ne.jp/u/No/309244/EcB_jbH7ci0D_123584/1307260010.html)
で紹介している。例えば、エアコンの設定温度を26度から28度に設定すれば電力使用量を10%削減可能。日中の照明消灯で5%削減が可能になる。
9.エアコンの温度調整など具体的な指示があって、これは有効な指示である。さらに、夏の甲子園をテレビで見るとき電力消費がピークを迎えるときには、エアコンを動かさないなど工夫をすれば、今年の夏も何とか乗り越えられる。
10.韓国でも、電力危機問題が取り沙汰されている。日経新聞は16日、「韓国 電力危機、動じないサムスンの「特権」」と題する記事を掲載した。23基ある原子力発電所の3分の1が不祥事などで稼働を停止するなど、この夏、未曾有の電力危機が訪れると指摘されている。
11.そうした中、サムスングループを筆頭に大手企業に混乱は広がらないという。これは中小零細企業など規模の小さい企業から電力カットになるため、当面の間サムスンなどの大企業は心配がいらないということである。韓国というのはとんでもない対応をする国である。


yuji5327 at 06:44 
環境 
池上技術士事務所の紹介
261-0012
千葉市美浜区
磯辺6丁目1-8-204

池上技術士事務所(代表:池上雄二)の事業内容
以下のテーマの技術コンサルタント
1.公害問題、生活環境、地球環境
2.省エネ・新エネ機器導入
のテーマについて、
・技術コンサルタント
・調査報告書の作成
・アンケート調査・分析
・技術翻訳、特許調査
を承ります。
有償、無償を問わず
お気軽に下記にメールをください。
ke8y-ikgm@asahi-net.or.jp

工学博士、技術士(応用理学)、
公害防止主任管理者、
騒音防止管理者の資格で
お役に立ちたいと思います。

池上湖心 プロフィール
○略歴
大東文化大卒、
在学中 上條信山に師事
書象会に所属、書象会理事
審査会々員
○作品展の開催
・主宰している「さざ波会」
 作品展を毎年8月開催
(於:稲毛ギャラリー)
・土曜会(グループ展)
 作品展を毎年10月開催
(於:銀座大黒屋)
○公募展の受賞、入選
・日展入選
・読売書法展(現在理事)
 読売奨励賞
 読売新聞社賞
・謙慎展(現在理事)
 春興賞の受賞:2回
○書道教室
・学生:月曜日
・一般:火曜日、水曜日





地域別アクセス

ジオターゲティング

ジオターゲティング
livedoor プロフィール

yuji5327

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード