2014年09月28日

ITによって経費をかけなくても国民が直接投票できるようになると、参議院は要らなくなる。衆議院議員が法律を制定していく。大切な項目に関しては国民の直接投票を行なう。

サラリーマンIT道場
大前 研一
小学館
2002-02-28

「大前研一著:サラリーマンIT道場、小学館、2002年」は少し古くなったが、内容は今でも参考になる。「政治家が要らなくなる? 」の印象に残った部分の概要を自分なりに補足して纏めると以下のようになる。
1.政治家はすでに郵政族を中心としてIT利権争奪戦に血眼である。建設族も負けてはいない。光ファイバーを道路利権に代わるものとして虎視眈々と狙っている。建設国債をITに使えるように法律を変えようという議論まで出ている。環境族や自治体も、水道管に光ファイバーを入れることによってこれを取りこもうとしている。
2.問題は、ITのもたらす社会とはどんな社会なのか、誰も具体的に描き切っていないことである。戸籍がコンピューターに収まり、投票が電話やパソコンでできるようになるであろうことは誰でもわかる。そうなると、国民による直接投票が可能になる。今のように総選挙1回につき700億円もかけてやる必要はなくなる。世界中どこにいても、声紋や暗証番号さえ入力できれば投票はできる。
3.候補者の政策提案をインターネット、衛星放送、携帯電話などでいつでもどこでも聞くことができる。質問もできるから、これを公開にすればサイバー立ち会い演説会となる。コンピューターが投票の受け付けを開始する日を投票締め切り日前週間にすれば、おそらく投票率は90%を超えるだろう。政策秘書の用意した文章を丸読みしているような候補者は落選間違いなしである。
4.一部の利益団体に支えられているぐらいでは当選しない。現在は投票率が低いので組織票を持っている候補者が有利だが、今度はそうはいかない。国民の半数以上が「なるほど」という政策と実績を掲げなければアウトである。そうなると本当の政治家が必要になり、今のように人口40万人に1人、という地域代表ではなく、天下国家を論じられる人だけが国政では求められるようになる。衆議院の比例区などという存在意義不明の制度もなくなる。今まで参議院が機能したことはなかった。しかし参議院は良識の府としていざという時に稀に機能する。そのために無駄とわかっていても温存してきた。
5.ITによってあまり経費をかけなくても国民が直接投票できるようになると、参議院は要らなくなる。100人程度の国政を論じる衆議院議員が代議士として選ばれ、彼らが政策を論じ、代替案を出し、法律を制定していく。大切な項目に関しては国民の直接投票を参議院に代わって行なう。
6.国民の投票を国民院または上院と呼べば、2院制は形を変えて残ることになる。そうすれば国民の政治意識は高まり、今のような利益誘導型の政治はほとんどなくなる。、今の730人を超える国会議員は100人で済む。これが、われわれ国民がなぜITを主体的にとらえていかなくてはならない理由である。



yuji5327 at 06:44 
共通テーマ 
池上技術士事務所の紹介
261-0012
千葉市美浜区
磯辺6丁目1-8-204

池上技術士事務所(代表:池上雄二)の事業内容
以下のテーマの技術コンサルタント
1.公害問題、生活環境、地球環境
2.省エネ・新エネ機器導入
のテーマについて、
・技術コンサルタント
・調査報告書の作成
・アンケート調査・分析
・技術翻訳、特許調査
を承ります。
有償、無償を問わず
お気軽に下記にメールをください。
ke8y-ikgm@asahi-net.or.jp

工学博士、技術士(応用理学)、
公害防止主任管理者、
騒音防止管理者の資格で
お役に立ちたいと思います。

池上湖心 プロフィール
○略歴
大東文化大卒、
在学中 上條信山に師事
書象会に所属、書象会理事
審査会々員
○作品展の開催
・主宰している「さざ波会」
 作品展を毎年8月開催
(於:稲毛ギャラリー)
○公募展の受賞、入選
・日展入選
・読売書法展(現在理事)
 読売奨励賞
 読売新聞社賞
・謙慎展(常務理事)
 青山賞、春興賞の受賞:2回
○書道教室
・学生:月曜日
・一般:火曜日、水曜日





地域別アクセス

ジオターゲティング

ジオターゲティング
livedoor プロフィール

yuji5327

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード