2014年10月26日

米国の大統領選挙の候補者同士のテレビ討論では、中学三年生がわかる程度の英語で、わかりやすい表現でディベートをする。日本との落差を実感した。


「中村修二著:怒りのブレイクスルー、集英社、2004年」の「はじめに」の「日本の悪いところをどんどん発言していこう」の小節は参考になる。印象に残った部分の概要を自分なりに補足して纏めると以下のようになる。
1.米国人の友人と話していると「今の日本はおかしい。このままだと崩壊するんじゃないか」と言われることがよくある。犯罪検挙率の低下、児童虐待など、日本の制度疲労、モラルハザードはいたるところに現れてる。
2.こうした問題を根本的に解決するのは政治の役割である。政治家がダメだから、日本がダメになる。政治が変わらなければ、日本はよくならない日本の政治家を見ていると、彼らにその能力があるとはどうしても思えない。政治家を替えてしまえばいいが、これがなかなか替わらない。
3.わけのわからない人物が、いつの間にか日本の総理大臣になる不思議な国。国民が知らない闇の場所で、老人たちの密談によって決まる日本のトップ。国民は「誰が総理大臣になっても同じ」と思っているが、これでは変化は現れない。
4.国会議員にも魅力的人物は皆無である。2世、3世の議員も多く、日本の政治家は世襲制かと思うくらいである。二世議員が単純に悪いとは言わないが、父親や祖父の選挙基盤や利権を受け継いでいる以上、自分の首を絞めるような制度変革はできない。
5.選挙時のNHKの政見放送を見ていても、日本の政治家はなにを言いたいのかさっぱりわからない。これでは国民が政治家の言うことに耳を傾けるはずはないし、政治に興味を抱くわけはない。
6.役人が書いた文書や法律用語も同じである。まるで、わざと一般の人間がわからないように、興味を持たないように表現しているようである。米国人とつきあって感じたことは、日本人は都合の悪い部分を言いたがらない。不良債権隠しも同じ精神構造からくる。
7.米国では大統領選挙の候補者同士のテレビ討論では、英語圏以外から来た人たちもたくさんいる移民の国なので、政治の場では中学三年生がわかる程度の英語を使うべきだとされている。新聞なども同様である。わかりやすい表現で相手とディベートをする米国の政治に触れ、日本との落差を実感した。
8.こんなに好きな日本のことを「ダメだダメだ」と言いたくはないが、日本をよくしたいという気持ちがあるからこそ、発言をためらいたくない。これからも、どんどん日本の悪い部分をあげつらっていこうと考えている。



yuji5327 at 06:45 
共通テーマ 
池上技術士事務所の紹介
261-0012
千葉市美浜区
磯辺6丁目1-8-204

池上技術士事務所(代表:池上雄二)の事業内容
以下のテーマの技術コンサルタント
1.公害問題、生活環境、地球環境
2.省エネ・新エネ機器導入
のテーマについて、
・技術コンサルタント
・調査報告書の作成
・アンケート調査・分析
・技術翻訳、特許調査
を承ります。
有償、無償を問わず
お気軽に下記にメールをください。
ke8y-ikgm@asahi-net.or.jp

工学博士、技術士(応用理学)、
公害防止主任管理者、
騒音防止管理者の資格で
お役に立ちたいと思います。

池上湖心 プロフィール
○略歴
大東文化大卒、
在学中 上條信山に師事
書象会に所属、書象会理事
審査会々員
○作品展の開催
・主宰している「さざ波会」
 作品展を毎年8月開催
(於:稲毛ギャラリー)
・土曜会(グループ展)
 作品展を毎年10月開催
(於:銀座大黒屋)
○公募展の受賞、入選
・日展入選
・読売書法展(現在理事)
 読売奨励賞
 読売新聞社賞
・謙慎展(現在理事)
 青山賞、春興賞の受賞:2回
○書道教室
・学生:月曜日
・一般:火曜日、水曜日





地域別アクセス

ジオターゲティング

ジオターゲティング
livedoor プロフィール

yuji5327

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード