2014年11月28日

中国では、完全な汚職追放は不可能である。目的は、庶民に見せるためと、政敵に打撃を与えるためであり、腐敗をすべて撲滅したら、自分の政権がもたないことは習近平もわかっている。


「黄文雄、石平著:中国はもう終わっている、徳間書店、2013年」が面白い。「第2章:習近平体制はまもなく破綻する」の印象に残った部分の概要を自分なりに補足して纏めると以下のようになる。
1.長い中国の歴史のなかで、汚職追放をもっとも強硬な手段で行ったのは、清の雍正帝(在位1722〜35年)です。重罪には死刑まで科した。一方で、官僚の給料が少ないから腐敗に走るのだとして、養廉銀というものを支給したが、成功しなかった。中華人民共和国の時代にも、朱銘基元首相が汚職追放を熱心に行ったが成功しなかった。
2.最近では、重慶市党委書記を務めた実力者の薄煕来も、さかんに汚職追放運動を行いました。まあ、彼の場合には民間から巻き上げているだけという側面もあったが、マフィアが上海閥と手を組んで逆襲し、さらに胡錦濤・温家宝からも「悪人」の烙印を押されたため、薄煕来は失脚した。完全な汚職追放が不可能であることは、習近平にもわかっている。目的は、庶民に見せるためと、政敵に打撃を与えるためであり、腐敗をすべて撲滅することをしたら、自分の政権がもたないことはわかっている。
3. 習近平には乗り越えなくてはならない課題が山積している。経済問題のほかに、公害や環境汚染、水の枯渇、少子高齢化問題、疫病などの国内問題から、知的所有権や国境問題などの多くの問題がある。
4.この100年間の、20世紀のあいだに中国では4つの全く異なる国体が変わってきた。
1912年に清王朝から中華民国に変わり、1949年には中華人民共和国に変わり、1980年代には社会主義から改革開放という資本主義への道に舵を切った。
5.21世紀の中国はどう変わるのか、習近平の能力で、中国は21世紀を生き延びていくことができるのか疑問が多い。経済の問題では習近平は経済オンチである。彼も中国の高度成長が終わったことはわかっている。最近もそのような発言をしている。
6.胡錦濤政権が10年間安泰に続いたのは、基本的に高度成長に乗っただけだから、自分の時代に経済が破綻していくという難局に立たされる。しかし処方箋はない。そのことを習近平は覚悟している。結局、習近平が考えて、最後に辿りついたのがナショナリズム、つまり愛国主義である。
7.江沢民政権の時代には、経済成長と愛国主義が2つの車輪だった。この片方が潰れたら、あとは愛国主義しかない。だから、習近平が打ち出した政策理念の中心が、「中華民族の偉大なる復興」であり、「中国の夢」というスローガンである。「中華民族の偉大なる復興」を内外に宣言することで、自分の時代に中国を世界の覇権国家に戻す。アヘン戦争(1840〜42年)以前は、中国が世界の覇権国家であり、世界の中心でもあったという意識である。
8.従って、習近平政権は、胡錦濤以上のタカ派政権になることは間違いない。非常に土地が広く、人口も多く、地域差も大きく、多元的社会である。そうした中国で人民をまとめるのは非常に難しいが、一元化しなければ、中国はバラバラになる。
9.清末の官僚であり湖広総督だった張之洞は、民権でまとめようとすると、中国は崩壊すると言っている。張は、民権を民に与えれば「乱民が喜ぶ」、つまり民乱が頻繁に起きるので、国はバラバラになる。だから、中国でもっとも重要なのは国権であり、国権が民権を上回ることだと主張している。
10.従って、現在の共産主義社会でも、民権よりも国権を重視する。21世紀も民権よりも国権を強化せざるをえないので、国権を強化するためには、軍国主義の路線をとらざるをえない。


yuji5327 at 06:38 
共通テーマ 
池上技術士事務所の紹介
261-0012
千葉市美浜区
磯辺6丁目1-8-204

池上技術士事務所(代表:池上雄二)の事業内容
以下のテーマの技術コンサルタント
1.公害問題、生活環境、地球環境
2.省エネ・新エネ機器導入
のテーマについて、
・技術コンサルタント
・調査報告書の作成
・アンケート調査・分析
・技術翻訳、特許調査
を承ります。
有償、無償を問わず
お気軽に下記にメールをください。
ke8y-ikgm@asahi-net.or.jp

工学博士、技術士(応用理学)、
公害防止主任管理者、
騒音防止管理者の資格で
お役に立ちたいと思います。

池上湖心 プロフィール
○略歴
大東文化大卒、
在学中 上條信山に師事
書象会に所属、書象会理事
審査会々員
○作品展の開催
・主宰している「さざ波会」
 作品展を毎年8月開催
(於:稲毛ギャラリー)
・土曜会(グループ展)
 作品展を毎年10月開催
(於:銀座大黒屋)
○公募展の受賞、入選
・日展入選
・読売書法展(現在理事)
 読売奨励賞
 読売新聞社賞
・謙慎展(現在理事)
 春興賞の受賞:2回
○書道教室
・学生:月曜日
・一般:火曜日、水曜日





地域別アクセス

ジオターゲティング

ジオターゲティング
livedoor プロフィール

yuji5327

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード