2017年05月08日

イランとは「アーリア人の国」という意味である。アラブ人とは民族が違う。2015年、多数のアラブの民がヨーロッパに押し寄せた。21世紀の民族大移動である。

「池上彰著:
知らないと恥をかく世界の大問題7、Gゼロ時代の新しい帝国主義、KADOKAWA、2016年5月10日」は参考になる。「プロローグ 新しい帝国主義時代の到来」の印象に残った部分の概要を自分なりに補足して纏めると以下のようになる。
1.2015年末から新年早々、「慰安婦問題で日韓合意」「サウジアラビアとイランが国交断絶」「北朝鮮が核実験」と大きなニュースが相次いだ。アメリカのバラク・オバマ大統領の残りの任期が少なくなり、何もできないアメリカの間隙を縫うかのように、各国が好き勝手に動き出したように見える。
2.2016年のアメリカ大統領選挙の年には、民主党は、ヒラリー・クリントンを追い上げ、自らを「民主社会主義者」と呼び、「アメリカをデンマークやスウェーデンのような福祉国家にしたい」と主張するバーニー・サンダース氏が支持を集めた。
3.共和党は「イスラム教徒のアメリカ入国を禁止すべきだ」とか、「不法移民対策のためにアメリカとメキシコの国境に壁をつくる」とか、過激な不動産王、ドナルド・トランプ氏が大人気である。右、左の両極端な反主流派の2人が票を集めているのは、アメリカという国自体の変化を象徴している。2人とも、大口資金提供者の操り人形になることはない。.アメリカ国民は、既存の政治に対する不信感を、彼らに入れている。
4.ヨーロッパでは、パリの大規模な同時多発テロ、ドイツには大量の難民が押し寄せ、2015年だけで100万人超の難民を受け入れた。4世紀、中央アジア方面にいたフン族が、ゴート族を押し出し、それによってゲルマン民族の大移動が起き、ローマ帝国領内に流入し、これにより、西ローマ帝国が滅亡した。ゲルマン民族がいまのヨーロッパの基礎を築いた。
5.中央アジアにいたアーリア人が南下し、一部がいまのイランあたりに住みついた。イランとは「アーリア人の国」という意味である。アラブ人とは民族が違う。2015年、多数のアラブの民がヨーロッパに押し寄せた。シリア難民ぼかりでなく、ユーラシア大陸からはアフガニスタンやパキスタンの民。北アフリカからは、エリトリア、ナイジェリア、ソマリア、チュニジアやリビアの民が移動し、「21世紀の民族大移動」と呼んでもいい。
6.ピョートル大帝は、東ヨーロッパの弱小勢力に過ぎなかったロシアを大国にし、ロシア最後の王朝「ロマノブ朝」の皇帝となった。当時ロシアは典型的なランドパワーだったが、ピョートル大帝の時代は、イギリスやオランダなどのシーパワーで大きな商船を持ち、貿易で栄えていた。ロシアも船を持ちたかった。
7.クリミア半島の南西部に位置する都市セバストポリには、ロシアの黒海艦隊の軍港がある。クリミア半島をロシアが支配したのは、ピョートル大帝、エカチェリーナ2世の時代で、クリミア半島におけるロシアの足場の確保は、ピョートル大帝の悲願だった。当時、この地域にはタタール人(トルコ系)が住んでいたが、ピョートル大帝はタタール人を打ち破り、黒海へのアクセスを確保した。
8.クリミア半島は、ソ連のニキータ・フルシチョフの時代に、ウクライナに編入されたが、ウクライナが西側諸国に傾いたことを許さず、プーチン大統領は、クリミア半島を強引に取り返した。プーチン大統領は、かつての帝政ロシア時代の栄光よ再び、という思いで動いている。プーチン大統領のこれからの動きが、ある程度、予測できる。
9.ロシアには頭の痛い問題がある。エネルギー価格の下落である。ロシアは新しい帝国主義の発想を持っている。輸出するものがほぼ石油と天然ガスしかありません。原油価格と天然ガス価格の下落で経済が非常に苦しい。プーチン大統領もいまのところは国民から高い支持を得ているが、経済が困窮してくれぼ国民から不満が出てくる。


yuji5327 at 06:47 
共通テーマ 
池上技術士事務所の紹介
261-0012
千葉市美浜区
磯辺6丁目1-8-204

池上技術士事務所(代表:池上雄二)の事業内容
以下のテーマの技術コンサルタント
1.公害問題、生活環境、地球環境
2.省エネ・新エネ機器導入
のテーマについて、
・技術コンサルタント
・調査報告書の作成
・アンケート調査・分析
・技術翻訳、特許調査
を承ります。
有償、無償を問わず
お気軽に下記にメールをください。
ke8y-ikgm@asahi-net.or.jp

工学博士、技術士(応用理学)、
公害防止主任管理者、
騒音防止管理者の資格で
お役に立ちたいと思います。

池上湖心 プロフィール
○略歴
大東文化大卒、
在学中 上條信山に師事
書象会に所属、書象会理事
審査会々員
○作品展の開催
・主宰している「さざ波会」
 作品展を毎年8月開催
(於:稲毛ギャラリー)
・土曜会(グループ展)
 作品展を毎年10月開催
(於:銀座大黒屋)
○公募展の受賞、入選
・日展入選
(平成28年度、国立新美術館にて開催)
・読売書法展(8月開催、現在理事)
 読売奨励賞
 読売新聞社賞
・謙慎展(3月開催、現在理事)
 春興賞の受賞:2回
○書道教室
・学生:月曜日
・一般:火曜日、水曜日





地域別アクセス

ジオターゲティング

ジオターゲティング
livedoor プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード