2017年11月15日

日本は米国との同盟だけでなく、中国や韓国との関係強化、多国間の枠組みなど、外交の持ち駒を増やし、長期的なゲームプランを描くべきだ。

「ジョン・ニルソン・ライト:巻頭インタビュー:安倍おべっか外交は危うい、選択、2017.3」は参考になる。概要を自分なりに纏めると以下のようになる。
1.トランプ大統領の個性が大きな不安の源である。自分に不都合な事実を無視し、平気で嘘をつく。閣内には、ティラーソン国務長官やマティス国防長官ら、まともな人も2、3人いるが、大統領の外交面での言動は非常に不安定で、世界中に混乱を引き起こしている。
2.新政権は、新ドクトリンを示し、外交方針を説明する必要がある。大統領の過去の発言は、日本を含むアジア、欧州の同盟国を不安がらせた。ロシアはこれにつけこみ、米欧同盟やアジアの同盟国をバラバラに引き裂きたがっている。そのロシアについて、大統領
は何も批判的なことを言っていない。
3.個人的には一刻も早くペンス副大統領に交代してもらいたいが、当面はそうならない。安倍晋三首相はフロリダ州でのゴルフ会談を高く評価している。米国の政策が未定なのにトランプ氏べったりになるのは、危険ではある。
4.両首脳が中国に関し何を議論したかは未発表だが、大統領の中国についての発言は場当たり的で、矛盾している。バノン首席戦略官は、中国との戦争は不可避だとも述べた。彼はホワイトハウスに「影の国家安全保障チーム」を持っている。
5.安倍首相の個人的親交が、トランプロバノンの危なっかしい対外構想に巻き込まれるのが怖い。中国を敵視すれば必ず、緊張増大のリスクも増す。日米晩餐会席上で、北朝鮮の弾道ミサイル発射の一報が伝わった時の対応を見ても、この政権の危機管理はきわめて危険で、不適切だ。ゴルフで親交も結構だが、きちんとした外交戦略を持つことの代わりにはならない。
6.英国のブレア首相はブッシュ大統領との緊密な関係の末に、イラク戦争に参加した。政治家の人間関係は、しばしば後に災いをもたらす。メイ現首相は早くも同じ立場にいる。欧州連合(EU)離脱で、米国に頼らざるを得なくなった。そこでトランプに近づき、訪英を促したところ、英国内で「なぜ彼を?」と猛烈な批判を浴びている。
7.米国の力の源泉は、自由と民主主義の価値観だが、現政権は逆に世界中で嫌悪を起こして、米国の魅力、ソフトパワーを破壊している。
8.歴史家として言えば、現代の米大統領は、個人としてそれほど力を持っていない.、一方で、その言動が社会に与えるインパクトは巨大で、負の影響力は大きい。国務、国防両長官らとは将来、衝突が起こる可能性もある。ホワイトハウスで大統領を抑える人が必要で、国家安全保障担当の大統領補佐官にマクマスター氏を起用したのは朗報だ。
9.トランプとバノンは、将来のことを真剣に考えている。2020年大統領選での再選である。そのために彼らは具体的成果が欲しい。強硬な対外政策で人気稼ぎに出るだろう。初期兆候から、大統領は米国の武力を使いたがる。このままだと、非常に危険な立場に導く。
日本は米国との同盟だけでなく、中国や韓国との関係強化、多国間の枠組みなど、外交の持ち駒を増やし、長期的なゲームプランを描くべきだ。安倍首相周辺にもそういう優秀な人材がいる。



yuji5327 at 06:36 
共通テーマ 
池上技術士事務所の紹介
261-0012
千葉市美浜区
磯辺6丁目1-8-204

池上技術士事務所(代表:池上雄二)の事業内容
以下のテーマの技術コンサルタント
1.公害問題、生活環境、地球環境
2.省エネ・新エネ機器導入
のテーマについて、
・技術コンサルタント
・調査報告書の作成
・アンケート調査・分析
・技術翻訳、特許調査
を承ります。
有償、無償を問わず
お気軽に下記にメールをください。
ke8y-ikgm@asahi-net.or.jp

工学博士、技術士(応用理学)、
公害防止主任管理者、
騒音防止管理者の資格で
お役に立ちたいと思います。

池上湖心 プロフィール
○略歴
大東文化大卒、
在学中 上條信山に師事
書象会に所属、書象会理事
審査会々員
○作品展の開催
・主宰している「さざ波会」
 作品展を毎年8月開催
(於:稲毛ギャラリー)
・土曜会(グループ展)
 作品展を毎年10月開催
(於:銀座大黒屋)
○公募展の受賞、入選
・日展入選
・読売書法展(現在理事)
 読売奨励賞
 読売新聞社賞
・謙慎展(現在理事)
 春興賞の受賞:2回
○書道教室
・学生:月曜日
・一般:火曜日、水曜日





地域別アクセス

ジオターゲティング

ジオターゲティング
livedoor プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード