2017年12月02日

リサイクルというだけで税金をもらっていた人たちも多いが、日本の将来の環境を考えて、思いきったやり方が必要である。

「武田邦彦著:
偽善エコロジー「環境生活」が地球を破壊する、幻冬舎、2008年7月30日」の「意昧のないリサイクルはやめる」は参考になる。印象に残った部分の概要を自分なりに補足して纏めると以下のようになる。
1.リサイクルをやめれば、税金は5000円減り、家電製品のリサイクルをしなければ1台当たり3000円程度の負担が減り、水道やその他のやり方を現代の日本人の生活に合わせれば、いろいろなもののお金の負担が減る。
2.いちばん大きいのが温暖化対策費用である。温暖化を阻止することは日本ではできないから、それだけでもやめる決意をすると、1人2万円ぐらいが浮く。あれこれ全部合わせると、毎日の分別はなくなり、税金は3万円ぐらい減る。もし国民がこれに気がつくと、毎年1億円ぐらいの税金をもらっている3万人の人から反撃がくるが、その人たちは地位も高く、お金もあるので、初心に返って自分の額に汗をかいて自分で儲けてもらいたい。
3.リサイクルもせず、分別もぜず、ゴミを出すことになると、処分場がすぐいっぱいになると心配になるが、、ゴミゼロは簡単である。30年前、ゴミをゼロにすることはできなかった。焼却枝術も不完全だし、処理設備も不完全で、分別しなければゴミは減らないと錯覚していた。その後、技術が非常に進んで、ゴミの処理は焼却も含めて大変進歩した。現在、家庭用ごみ全部まとめて、焼却しても4つの成分に分かれるだけである。
4.1つは、CO2と水の気体、その次に灰、それから、スラグという土の成分、それからメタル、銅や鉄の金属の成分である。現在の高性能焼却炉は、この4つの成分をきちんと分けることができる。
5.飛灰の中に危険物が入る。たとえば、水銀や鉛、カドミウム、砒素である。スラグやメタルの中には、ほとんど毒物は入ってこない。特に、スラグの土の成分に毒性のある元素の入ってくる量は大変減ってきた。現在では、焼却炉から出てくる土は、海の埋め立てにも使えるが、心理的な抵抗もあって現在はまだ使っていないが、そのうち認められるはずである。
6.銅や鉄を中心としたメタル成分は、非常に貴重で、これは主に非鉄メーカが引き取って、再び資源にする。もし個人が分別してリサイクルしようとすると、リサイクルが十分ではないということで、資源を利用できない。まとめて出せば、資源を有効に利用できる。紙についたホチキスは個人で金属として回収するのは大変だが、まとめてゴミに出せば、紙が燃えてホチキスの針のほうはメタルとして回収ができる。
7.この世の中で、何がどこに入っているか、それほど正確に知ることはできない。たとえば、色が塗ってあれば、その中には金属が入っているが、それが何かはわからないが、焼却すれば4つに分かれるので回収できる。
8.リサイクルには毒物が混ざってくるが、我々は毒物が入っているかわからないから分離ができないが、焼却炉に入ると毒物をちゃんと検出されて、分離するこできる。現在では、主に飛灰の方に毒物が入ってくるのでそれを管理する。
9.今までの10年間のリサイクルの経験が無駄だったわけではない。いろいろなことを我々は学んだ。1990年にバブルが崩壊した後、多くの人が失業し、それを助ける意味でのリサイクルもあったことも事実である。しかし、それは社会的な歪みであり、その歪みを徐々に解消させていく中で、社会はもっとまともな、きちんとした環境を守る方向に舵を切る必要がある。
10.リサイクルというだけで税金をもらっていた人たちも多いが、日本の将来の環境を考えて、思いきったやり方が必要である。


yuji5327 at 07:06 
環境 
池上技術士事務所の紹介
261-0012
千葉市美浜区
磯辺6丁目1-8-204

池上技術士事務所(代表:池上雄二)の事業内容
以下のテーマの技術コンサルタント
1.公害問題、生活環境、地球環境
2.省エネ・新エネ機器導入
のテーマについて、
・技術コンサルタント
・調査報告書の作成
・アンケート調査・分析
・技術翻訳、特許調査
を承ります。
有償、無償を問わず
お気軽に下記にメールをください。
ke8y-ikgm@asahi-net.or.jp

工学博士、技術士(応用理学)、
公害防止主任管理者、
騒音防止管理者の資格で
お役に立ちたいと思います。

池上湖心 プロフィール
○略歴
大東文化大卒、
在学中 上條信山に師事
書象会に所属、書象会理事
審査会々員
○作品展の開催
・主宰している「さざ波会」
 作品展を毎年8月開催
(於:稲毛ギャラリー)
・土曜会(グループ展)
 作品展を毎年10月開催
(於:銀座大黒屋)
○公募展の受賞、入選
・日展入選
・読売書法展(現在理事)
 読売奨励賞
 読売新聞社賞
・謙慎展(現在理事)
 春興賞の受賞:2回
○書道教室
・学生:月曜日
・一般:火曜日、水曜日





地域別アクセス

ジオターゲティング

ジオターゲティング
livedoor プロフィール

yuji5327

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード