2018年01月30日

特別会計自体は違法でもない。諸外国に比べると、特別会計が多く、特別会計の規模は、2011年度予算で見ると、約182.2兆円。一般会計が約92兆円の約2倍である。

「高橋洋一著:
日本は世界1位の政府資産大国、講談社新書、2013年」は参考になる。「第三章:掘り起こした46兆円の埋蔵金」「天下り法人を廃止する方法」の印象に残った部分の概要を自分なりに補足して纏めると以下のようになる。
1.特別会計とは、一般会計とは別に各省庁が特別な事業を行うために設けられた会計で、主に役所が管理し、額が大きいだけでなく、一般会計のように国会で議論されることもない。役人の隠しガネのように思う人もいるが、中身が外部からわかりにくいが、特別会計自体は違法でもない。諸外国に比べると、特別会計が多く、特別会計の規模は、2011年度予算で見ると、約182.2兆円。一般会計が約92兆円だから、その約2倍もの規模である。
2.額の大きさ自体にさしたる意味はない。特別会計約182.2兆円のうち、国債償還や国債利払い費は、国債整理基金特別会計を右から左に素通りしていくだけである。額が大きくなるのは当然で、額の大きさをもって問題ありとすること自体ナンセンスである。この金額をカットすれば、国債保有者は債務不履行で国を訴えるかもしれない。
3.特別会計を「裏帳簿」と見るのも間違っている。特別会計は一般会計とともに予算の一部であり、それぞれの目的のための正当な法的手続きを踏んで設置されたものだから、完全に「オモテ」の話だ。「無駄遣い」との指摘もあるが、すべてが無駄遣いでもない。無駄遣いだと批判すると、役所は話をより細部に持っていき、最終的にはその細部のわずかな予算をカットすることで対応する。役所にとって痛くも痒くもない程度のカットに終わってしまい、霞が関の思う壷になる。
4.特別会計に初めて切り込んだ民主党の事業仕分けも、その罠にはまった。問題は、資金が余っている特別会計の存在だ。その結果、余った資金が無駄遣いされているケースがある。2005年、私が当時あった31の特別会計を探査したところ、ほとんどの特別会計で余っている資金が出てきた。
5.財政融資資金特別会計で26.7兆円、国有林野事業特別会計で6.5兆円、労働保険特別会計で2.6兆円、空港整備特別会計で2.1兆円、自動車損害賠償保険事業特別会計で0.9兆円…という具合だった。なかには赤字の特別会計もあった。その代表は厚生労働保険特別会計。将来の給付に対して保険料を現状のままでは維持できないという意味で、大幅なマイナスだった。しかし、厚生労働保険特会などの例外を除けば、全体では実に約46兆円もの資産超過になっていた。
6.46兆円を、与謝野氏は「霞が関の埋蔵金」と表現した。バランスシートの資産から負債額を差し引いたもので、剰余金というのは役所言葉で、定義が各省によってまちまちなので、使わないほうがいい。特別会計のなかにプールしておくと役人が無駄遣いするので、取り上げて国民のために使ったほうがいい。
7.埋蔵金は企業に置き換えれば内部留保で、会社が危機に瀕しているときに、内部留保を経営者のために温存する。埋蔵金は、もとは国民の資産だから。吐き出すのが当然である。
8.2011年度予算編成で焦点のひとつとなったのが、基礎年金国庫負担割合の2分の1への引き上げ財源2.5兆円の捻出だった。国民年金から給付が行われる基礎年金は、保険料と国庫負担で賄われており、長らく保険料2、国庫1の割合で負担していた。しかし、少子高齢化の進行による給付費の増大と保険料収入の減少で、保険料で3分の2を賄うのはむずかしくなるため、政府は2009年度より国庫負担を50%に引き上げた。
9.年金を破綻させないためには、やむを得ない処置だったが、財源の確保が決まらないままのいわば見切り発車で、2010年度から財源確保が大きな問題として浮上した。2010年度は、とりあえず財政投融資特別会計の埋蔵金が財源に充てられたが、翌2011年度についても財源問題が予算編成の大きな焦点となり、2010年11月末、財務副大臣が、基礎年金国庫負担割合の2分の1への引き上げ財源捻出が難しい状況であることを明らかにした。


yuji5327 at 06:36 
共通テーマ 
池上技術士事務所の紹介
261-0012
千葉市美浜区
磯辺6丁目1-8-204

池上技術士事務所(代表:池上雄二)の事業内容
以下のテーマの技術コンサルタント
1.公害問題、生活環境、地球環境
2.省エネ・新エネ機器導入
のテーマについて、
・技術コンサルタント
・調査報告書の作成
・アンケート調査・分析
・技術翻訳、特許調査
を承ります。
有償、無償を問わず
お気軽に下記にメールをください。
ke8y-ikgm@asahi-net.or.jp

工学博士、技術士(応用理学)、
公害防止主任管理者、
騒音防止管理者の資格で
お役に立ちたいと思います。

池上湖心 プロフィール
○略歴
大東文化大卒、
在学中 上條信山に師事
書象会に所属、書象会理事
審査会々員
○作品展の開催
・主宰している「さざ波会」
 作品展を毎年8月開催
(於:稲毛ギャラリー)
・土曜会(グループ展)
 作品展を毎年10月開催
(於:銀座大黒屋)
○公募展の受賞、入選
・日展入選
・読売書法展(現在理事)
 読売奨励賞
 読売新聞社賞
・謙慎展(現在理事)
 春興賞の受賞:2回
○書道教室
・学生:月曜日
・一般:火曜日、水曜日





地域別アクセス

ジオターゲティング

ジオターゲティング
livedoor プロフィール

yuji5327

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード