2018年09月25日

0.3个魏鴫鵑詒細なマイクロプラスチックを採集し、軽量する手法は未だ確立していない。私たちは、浮遊マイクロプラスチックの総量を、正確に定量する方法を持っていない。

「磯辺篤彦著者:浮遊マイクロプラスチックによる海洋汚染の現状と研究の最前線、學士會会報No.932(2018-V)」は参考になる。概要の続きを自分なりに纏めると以下のようになる。
1.わが国周辺海域では、2014年から現在まで東京海洋大学の練習船2隻が、海面下1m程度の表層に浮遊するマイクロプラスチックの現存量調査を実施している。この調査は、2017年から、北海道大学、長崎大学、そして鹿児島大学も参加して5隻体制に拡充された。世界でも、これだけの規模で組織だった観測を継続している例はなく、わが国は海洋プラスチック汚染研究で疑いなく先進的である。環境省環境研究総合推進費の助成(研究代表は筆者)を受けて、著者たちの研究グループは、南極海に浮遊するマイクロプラスチックを世界で初めて報告した。
2.これらの調査結果によれば、日本近海の東アジア海域は、浮遊マイクロプラスチックのホット・スポットである。海面近くの海水1m^3当たりに浮遊するマイクロプラスチックの個数(以降、浮遊密度)は平均で3.7個を数え、この値は他海域と比べて一桁高い。海表面1平方凖たりの浮遊個数に換算しても、世界の海洋における平均値の27倍である。南極海における浮遊密度は、東アジア海域に比べて2桁は低かった。それでも、生活圏から最も遠い南極海で浮遊が確認された事実は、プラスチック片が浮遊しない海など、すでに世界には存在しないことを示峻する。
3.実際に、太平洋や大西洋、あるいはインド洋の中央であろうと、浮遊するマイクロプラスチックが発見されている。なお、材質のほとんどは、海水よりも比重の小さなポリエチレンやポリプロピレンであった。
4.自然に分解しづらいプラスチックであれば、投棄プラスチックの海洋流出が続く限り、地球に蓄積するマイクロプラスチックが今後も増え続けることは疑いない。しかし、私たちは、マイクロプラスチックが地球の何処を循環し、何処に滞留するのか、未だ明快に答えることができない。
5.ほとんどの研究者は、船で水平方向に網を曳いて、海面近くを浮遊するマイクロプラスチックを採取している。網の目合いは、動物プランクトン観測に準拠して0.3伉度であることが多いため、目合いを下回る大きさの微細片は網をくぐり抜けてしまう。破砕を繰り返すたびに等比級数的に数を増やすマイクロプラスチックは、実のところ、私たちの観測量をはるかに超えた数で浮遊している可能性がある。
6.0.3个魏鴫鵑詒細なマイクロプラスチックを採集し、軽量する手法は未だ確立していない。私たちは、浮遊マイクロプラスチックの総量を、正確に定量する方法を持っていない。自然には分解しづらいプラスチックであるが、一方、浮遊マイクロプラスチックが海面近くから消えてしまう事実も、最近になって多くの研究が指摘している。
7.海洋を漂ううち、生物が表面に付着することで重くなったマイクロプラスチックは、次第に海底に向かって沈降を始めるらしい。あるいは、海洋生物が摂食したのち、一部は糞や死骸に混じって沈降する。高緯度では海氷への取り込みがある。砂浜海岸での吸収も無視できない。これら海而近くからの移行について、優先的な経路の特定や、移行速度の定量化などは、今後に残された研究課題である。
8.浮遊密度の将来予測には、微細片化や移行過程を包括する海洋プラスチック循環の解明が必須である。新規な海洋汚染物質のプラスチックについては未解明で、本年度より研究プロジェクトが始まった。



yuji5327 at 06:45 
環境 | 新技術
池上技術士事務所の紹介
261-0012
千葉市美浜区
磯辺6丁目1-8-204

池上技術士事務所(代表:池上雄二)の事業内容
以下のテーマの技術コンサルタント
1.公害問題、生活環境、地球環境
2.省エネ・新エネ機器導入
のテーマについて、
・技術コンサルタント
・調査報告書の作成
・アンケート調査・分析
・技術翻訳、特許調査
を承ります。
有償、無償を問わず
お気軽に下記にメールをください。
ke8y-ikgm@asahi-net.or.jp

工学博士、技術士(応用理学)、
公害防止主任管理者、
騒音防止管理者の資格で
お役に立ちたいと思います。

池上湖心 プロフィール
○略歴
大東文化大卒、
在学中 上條信山に師事
書象会に所属、書象会理事
審査会々員
○作品展の開催
・主宰している「さざ波会」
 作品展を毎年8月開催
(於:稲毛ギャラリー)
・土曜会(グループ展)
 作品展を毎年10月開催
(於:銀座大黒屋)
○公募展の受賞、入選
・日展入選
・読売書法展(現在理事)
 読売奨励賞
 読売新聞社賞
・謙慎展(現在理事)
 春興賞の受賞:2回
○書道教室
・学生:月曜日
・一般:火曜日、水曜日





地域別アクセス

ジオターゲティング

ジオターゲティング
livedoor プロフィール

yuji5327

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード