2019年05月04日

心房細動そのものに対する治療は行わないこともある。死亡率、脳梗塞や心不全などの発症率と治療法の選択は関係しない。

「山下武志著:
心房細動に悩むあなたへ、NHK出版、2012年」は参考になる。「心房細動を根治する確実な方法はあるか?」の概要を自分なりに纏めると以下のようになる。
1. 生命への影響、脳梗塞、心不全に対する万全の備えをしても、心房細動に関わる問題がすべて解決しない。心房細動そのものの症状や、心房細動に対する不安感である。症状の性質や程度は患者さんによってさまざまだが、命の心配より症状を取ってほしいというものもある。
2. 心房細動の仲間の病気に、高血圧や糖尿病があるが、高血圧や糖尿病を完全に治す方法はない。薬で管理することはできるが、完全に治して病院にかからなくてもよくなることはない。生活習慣の是正に努力して、薬がいったん不要となっても、年を重ねるとまた血圧や血糖の値は高くなることもある。
3.心房細動を薬で完全に治すことはできない。薬でできるのは管理することだけである。心房細動に対する薬の役目は、高血圧や糖尿病の場合と変わりがない。現時点で、この方法ならば100%に近い確率で心房細動を根治できる、という方法はない。重要な生命への影響、脳梗塞や心不全に対する備えをする必要がある。いったんお薬やカテーテルアブレーションでよくなったと思っても、年を重ねれば高血圧や糖尿病と同じように、また心房細動が再発する可能性がある。
4.心房細動の治療の考え方は以下の通りである。
ヾ袷瓦砲覆せなくても、できるだけお薬で心房細動をなくしたい。だから、ある程度の副作用は仕方がない。
完全になくせないのなら、あまり副作用の強い薬はのみたくない。ある程度心房細動があるのは仕方がない。
生命への影響、脳梗塞、心不全に備えができているのならそれで十分。心房細動とは仲良くやつていく。
ず治できる可能性があるのなら、薬ではなくカテーテル治療をしてほしい。多少の重い副作用がありうることは受け入れる。
5.重要なことは、
‐評はどの程度強いのか、症状はどの程度日常生活の妨げになっているのか?
⊆N鼎鉾爾Ε螢好をどの程度受け入れられるか?
全く無症状で、今何も困っていなければ、治療に伴う副作川やリスクは最低限にしたい
心房細動を可能なかぎリ少なくする方法 心房細動を停止させたり、起きないようにする薬(抗不整脈薬)を用いる。この抗不整脈薬の効果が不十分だったり、副作用で服薬が継続できなかったり、トータルで満足できない場合、カテーテルアブレーションを行う。
6.一般的に、この心拍数を下げるお薬の副作用は、抗不整脈薬やカテーテルアブレーションよりも小さい。自然に心拍数や脈拍数が管理できていれば、心拍数を下げる薬は不要で、心房細動そのものに対する治療は行わないこともある。死亡率、脳梗塞や心不全などの発症率と治療法の選択は関係しない。心房細動そのものに対する治療法の選択では、患者の希望や決定が優先される。
若年の方は症状が強いことが多く、抗不整脈薬やカテーテルアブレーションを選択することが多い。
高齢者では症状が乏しいことが多いので、心拍数を管理する治療法を選択する。




yuji5327 at 06:36 
健康 
池上技術士事務所の紹介
261-0012
千葉市美浜区
磯辺6丁目1-8-204

池上技術士事務所(代表:池上雄二)の事業内容
以下のテーマの技術コンサルタント
1.公害問題、生活環境、地球環境
2.省エネ・新エネ機器導入
のテーマについて、
・技術コンサルタント
・調査報告書の作成
・アンケート調査・分析
・技術翻訳、特許調査
を承ります。
有償、無償を問わず
お気軽に下記にメールをください。
ke8y-ikgm@asahi-net.or.jp

工学博士、技術士(応用理学)、
公害防止主任管理者、
騒音防止管理者の資格で
お役に立ちたいと思います。

池上湖心 プロフィール
○略歴
大東文化大卒、
在学中 上條信山に師事
書象会に所属、書象会理事
審査会々員
○作品展の開催
・主宰している「さざ波会」
 作品展を毎年8月開催
(於:稲毛ギャラリー)
・土曜会(グループ展)
 作品展を毎年10月開催
(於:銀座大黒屋)
○公募展の受賞、入選
・日展入選
・読売書法展(現在理事)
 読売奨励賞
 読売新聞社賞
・謙慎展(現在理事)
 春興賞の受賞:2回
○書道教室
・学生:月曜日
・一般:火曜日、水曜日





地域別アクセス

ジオターゲティング

ジオターゲティング
livedoor プロフィール

yuji5327

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード