2019年05月19日

就職希望者のSNSを企業の人事部がチェックするのは当然で、学生側もそれを見越して、優等生じみた書き込みをつづって自己アピールしている。


「池谷裕二著:闘論席、エコノミスト、2019.4.9」は面白い。概要を自分なりに纏めると以下のようになる。
1.「鍵垢」という若者独特のネット用語がある。「鍵アカウント」のあて字である。フェイスブックやツイッターなどSNSの実名アカウントを非公開として、特定の読者(フォロワー)のみに開示することを「鍵を掛ける」という。
2.鍵垢で展開されている話題は、アクセスが許可されているフォロワーが当人に向けて書いた内容を見れば、推測できることがある。米バーモント大学のバグロウ博士らは、ツイッターの記述を人工知能に解析させ、公開されているフォロワーのツイートから鍵垢の内容をどれほど推測できるかを調査した。
3.もともと人工知能の解読力には限界がある。鍵の掛かっていない通常の公開アカウントのフォロワーを解析した場合でさえ、人工知能による推測率は64%である。現在の人工知能の理解力はそんなレベルである。
4.これを前提として博士らは、鍵垢の推測率がどれほどかを計測した。驚くべきことに、フォロワーのデータだけを使った場合は61%という推測率になった。つまり当人のデータが非公開でも、公開されていた場合の95%の性能が出せる。わずか8〜9人のフォロワーを解析すれば十分という結果だった。
5.昨今、就職希望者のSNSを企業の人事部がチェックするのは当然で、学生側もそれを見越して、優等生じみた書き込みをつづって自己アピールしている。吐き出したい本音は、別に鍵アカウントを開設して吐露する。しかし先の技術を使えば、鍵垢の内容を見抜くことができる。
6.今は、鍵垢のバリアを破る裏技術も広まっている。ある企業の人事関係者は「我が社では裏技を使って鍵垢の内容も調査している」とこっそり教えてくれた。驚いたのは、学生側もその事実をすでに認知していて、他人に読まれていることを前提に、鍵垢でも優等生ぶりを自作自演しているというから、もはやいたちごっこである。


yuji5327 at 06:20 
共通テーマ 
池上技術士事務所の紹介
261-0012
千葉市美浜区
磯辺6丁目1-8-204

池上技術士事務所(代表:池上雄二)の事業内容
以下のテーマの技術コンサルタント
1.公害問題、生活環境、地球環境
2.省エネ・新エネ機器導入
のテーマについて、
・技術コンサルタント
・調査報告書の作成
・アンケート調査・分析
・技術翻訳、特許調査
を承ります。
有償、無償を問わず
お気軽に下記にメールをください。
ke8y-ikgm@asahi-net.or.jp

工学博士、技術士(応用理学)、
公害防止主任管理者、
騒音防止管理者の資格で
お役に立ちたいと思います。

池上湖心 プロフィール
○略歴
大東文化大卒、
在学中 上條信山に師事
書象会に所属、書象会理事
審査会々員
○作品展の開催
・主宰している「さざ波会」
 作品展を毎年8月開催
(於:稲毛ギャラリー)
・土曜会(グループ展)
 作品展を毎年10月開催
(於:銀座大黒屋)
○公募展の受賞、入選
・日展入選
・読売書法展(現在理事)
 読売奨励賞
 読売新聞社賞
・謙慎展(現在理事)
 春興賞の受賞:2回
○書道教室
・学生:月曜日
・一般:火曜日、水曜日





地域別アクセス

ジオターゲティング

ジオターゲティング
livedoor プロフィール

yuji5327

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード