2019年06月03日

オムロンは学生からの就職人気が高いが、役人になるのと同じ発想でキーエンスと異なる。

2019/4/26付けの大前研一さんの「 ニュースの視点 」(発行部数 162,406部)は「消費税増税/日銀」と題する記事である。概要を自分なりに纏めると以下のようになる。
1.菅官房長官は18日の記者会見で、10月に予定する消費税増税について「リーマン・ショック級の出来事が起こらない限り、予定通り引き上げる」と述べた。同日、自民党の萩生田光一幹事長代行が「景気がちょっと落ちている。万一腰折れしたら何のための増税かということになる」とし、6月の日銀の短観次第で増税延期もあり得ると述べており、それを否定したものである。
2.萩生田氏の考えは安倍首相に近く、おそらくこの発言についても安倍首相の影響を受けていると思われる。菅官房長官と萩生田氏のやりとりは、自民党が総選挙までにらんで二枚舌を使っているものだと思われる。
3.そもそも消費税を段階的に10%まで引き上げるというのは、民主党の野田政権のときに法案が提出され可決されたものである。しかし、民主党を含め現在の野党は消費税増税に反対の立場を示している。それに対して、実体経済としては疑問視する意見もあるが、史上最長の好景気と自負している自民党は、リーマン・ショック級の出来事が起きたら延期もあり得ると匂わせている。
4.史上最長の好景気なのに、リーマン・ショック級の出来事が起こるというのは、おかしな理論である。しかし、そんな理論をゴリ押ししつつ、そうなった場合には、消費税増税の延期について「国民に真意を問う」と萩生田氏は発言している。
5.ここが重要なポイントになっている。「真意を問う」とは、総選挙「衆参ダブル選挙」のことである。まさに茶番のような二枚舌を使ったのはこのためである。この流れを作ることで、自民党は「消費税増税の延期について国民に問う」という名目で総選挙を行うことができる。そして、基本的に消費税増税の延期に反対する国民はいない、というのも重要である。
6.国家財政を憂慮し理性的に判断する人よりも、増税が延期されれば家計的に助かると感じる人のほうが多い。このような流れで消費税増税を論点とした総選挙になってしまうと、野党としては非常に厳しい戦いになる。そもそも自分たちも増税に反対だから、増税の延期について国民に問うという自民党に対抗する術がなくなってしまうからである。
7.自民党は間違いなく圧勝できる。そして、安倍首相の思惑は、選挙に圧勝した上で憲法改正に向けて動くというものである。史上最長の好景気と言いながら、リーマン・ショック級の出来事が起こるかもしれないというのは、「あり得ない」理論である。それを成り立たせるために、菅官房長官と萩生田氏で始末の悪い演技をしているだけである。全ては自民党が選挙に勝つシナリオのために、示し合わせているだけだと思われる。
8.16日の衆院財務金融委員会で、共産党の宮本徹議員が日銀によるETF買いの副作用について質問したのに対し、黒田総裁は「株価安定の目標を実現するために実施している」と説明した。しかし、直後の答弁で「物価安定の目標を実現するための措置であり、先ほどの発言には誤りがあった」と訂正した。
9.プライス・キーピング・リーダーの中心人物とだけ言っていれば良いのに、うっかり「株価」という本音が出てしまった。安倍首相なら、このような過ちは犯さないはずだが、黒田総裁は「正直」過ぎる。日銀の本質的な問題は、ETFを購入し過ぎていることである。
10.日銀が筆頭株主になっている企業には、日東電工、ファナック、オムロン、日本ハム、宝HD、東海カーボン、安川電機などがあり、いずれも日銀の株式保有比率は10%を越えている。「国営企業?」というレベルである。
11.オムロンは関西で最も学生からの就職人気が高い企業だが、オムロンに入社するのは「役人」になるのと同じではないかと思う。学生はこの状況を理解して、役人になる手段の1つとしてオムロンへの就職を考えていると思われる。
12.キーエンスに比べてオムロンは穏やかな企業だし、国営企業として安定していれば、なおさら良いのかもしれない。これだけ日本に「国営企業」が増えてきているのは、大きな問題である。


yuji5327 at 06:43 
共通テーマ 
池上技術士事務所の紹介
261-0012
千葉市美浜区
磯辺6丁目1-8-204

池上技術士事務所(代表:池上雄二)の事業内容
以下のテーマの技術コンサルタント
1.公害問題、生活環境、地球環境
2.省エネ・新エネ機器導入
のテーマについて、
・技術コンサルタント
・調査報告書の作成
・アンケート調査・分析
・技術翻訳、特許調査
を承ります。
有償、無償を問わず
お気軽に下記にメールをください。
ke8y-ikgm@asahi-net.or.jp

工学博士、技術士(応用理学)、
公害防止主任管理者、
騒音防止管理者の資格で
お役に立ちたいと思います。

池上湖心 プロフィール
○略歴
大東文化大卒、
在学中 上條信山に師事
書象会に所属、書象会理事
審査会々員
○作品展の開催
・主宰している「さざ波会」
 作品展を毎年8月開催
(於:稲毛ギャラリー)
・土曜会(グループ展)
 作品展を毎年10月開催
(於:銀座大黒屋)
○公募展の受賞、入選
・日展入選
・読売書法展(現在理事)
 読売奨励賞
 読売新聞社賞
・謙慎展(現在理事)
 春興賞の受賞:2回
○書道教室
・学生:月曜日
・一般:火曜日、水曜日





地域別アクセス

ジオターゲティング

ジオターゲティング
livedoor プロフィール

yuji5327

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード