2019年06月16日

政治経験のないことを問題視する声もあるが、ウクライナの場合には政治経験の有無は特に大きな問題にはならない。従来的な政治に染まった政治家が大敗北を喫したことである。

2019/5/10付けの大前研一さんの「 ニュースの視点 」(発行部数 162,198部)は「ウクライナ大統領/米朝関係/ロ朝関係」と題する記事である。概要を自分なりに纏めると以下のようになる。
1.ウクライナ大統領選挙の決選投票が先月21日実施され、コメディ俳優のウォロディミル・ゼレンスキー氏が約7割の得票率で大勝した。ペトロ・ポロシェンコ現大統領も敗北を認め、ロシアとの対立が続くウクライナを政治経験がない大統領が率いることになる。
2.政治経験のないことを問題視する声もあるが、ウクライナの場合には政治経験の有無は特に大きな問題にはならない。それよりも今回の選挙で大きなことは、従来的な政治に染まった政治家が大敗北を喫したということである。
3.ゼレンスキー氏が、より一般民衆に近い自分の立場を上手に利用した結果である。ゼレンスキー氏は、テレビ俳優で、米トランプ大統領と同様に知名度が高い人物である。あるテレビドラマの中で、「偶然大統領になってしまうという役」を演じたことがあり、今回の選挙でまさにそのドラマが現実になった。
4、選挙では、イホル・コロモイスキー氏という富豪が財政面でバックアップしたと言われている。コロモイスキー氏は、ロシアとの会話を求める路線らしいので、今後ロシアに近づいて、ミンスク合意に戻る可能性もあるかもしれない。
5.ポロシェンコ現大統領は、一貫してロシアと対立する姿勢だったが、結局、その成果としては何も残っていない。ウクライナ国民はそれを不満に思っているし、本心を言えば、ロシアと対立しても、大きな意味はないと思っている。
6.ゼレンスキー氏はそうした国民の心境にうまく同調できた。ロシアのプーチン大統領との関係で気になるのは、選挙直後にプーチン大統領が、ウクライナ東部地域の住民にロシア国籍を付与することを認める大統領令に署名したことである。プーチン大統領の早とちりかも知れないが、タイミングが早すぎる。
7.今回の選挙は、「出来合い」だったと勘ぐりたくなる。物理的な占領はしていないものの、ロシア国籍を与えることで、パスポートの力で人を吸引しようという行為に対して、他のウクライナの地域からも反発を招く可能性は高い。
8.ソ連邦崩壊以降、ウクライナは政治家による利益誘導の政治が横行してきた。ろくでもない政治家しかいなかった。今回、ゼレンスキー氏という「無色」の人が大統領になることで、それが一新されることを願う。一般常識がある人として、良いスタートを切ってもらいたい。
9.非核化を巡る米朝交渉で、北朝鮮外務省の対米担当の幹部が先月18日、2回目の首脳会談が物別れに終わった責任は、ポンペオ国務長官にあるとして、交代を求める声明を発表した。これに対し、米国国務省は北朝鮮と建設的な交渉を行う用意があるとし、あらためて非核化に向けた協議に戻るように呼びかけた。
10.北朝鮮の担当者のほうが、お話にならない。北朝鮮側の担当者が考えているのは、
金正恩委員長とトランプ大統領が直接2人で話し合えば何とかなるということである。そのためには、前哨戦に登場するポンペオ国務長官やボルトン大統領補佐官が邪魔と思われる。こんな要求に応じて、ポンペオ国務長官が退くことはあり得ない思われる。
11.北朝鮮の金正恩委員長は先月25日、極東ウラジオストクでロシアのプーチン大統領と初めて会談した。プーチン大統領は、北朝鮮が主張する段階的な非核化を支持し、制裁と圧力路線を維持する米国を牽制した。金正恩委員長は、自らの立場を米国のトランプ大統領に伝達するようプーチン大統領に要請した。要請されたプーチン大統領にしても、現在の立場を考えれば、とてもトランプ大統領にそんなことを言える状況ではない。
12.プーチン大統領は金正恩委員長に「6者協議」の復活を提案したが、打てる手立てがないことを証明しているようなものである。6者協議は、米国、韓国、北朝鮮、中国、ロシア、日本の6カ国で北朝鮮の核開発問題について直接協議を行う会議体だったが、2009年北朝鮮は離脱を表明し、さらに「6者協議は永遠に終わった。6者協議には絶対に参加しない」とまで発言した。6者協議を北朝鮮の発案で復活させるというのは、あり得ない話である。


yuji5327 at 06:26 
共通テーマ 
池上技術士事務所の紹介
261-0012
千葉市美浜区
磯辺6丁目1-8-204

池上技術士事務所(代表:池上雄二)の事業内容
以下のテーマの技術コンサルタント
1.公害問題、生活環境、地球環境
2.省エネ・新エネ機器導入
のテーマについて、
・技術コンサルタント
・調査報告書の作成
・アンケート調査・分析
・技術翻訳、特許調査
を承ります。
有償、無償を問わず
お気軽に下記にメールをください。
ke8y-ikgm@asahi-net.or.jp

工学博士、技術士(応用理学)、
公害防止主任管理者、
騒音防止管理者の資格で
お役に立ちたいと思います。

池上湖心 プロフィール
○略歴
大東文化大卒、
在学中 上條信山に師事
書象会に所属、書象会理事
審査会々員
○作品展の開催
・主宰している「さざ波会」
 作品展を毎年8月開催
(於:稲毛ギャラリー)
・土曜会(グループ展)
 作品展を毎年10月開催
(於:銀座大黒屋)
○公募展の受賞、入選
・日展入選
・読売書法展(現在理事)
 読売奨励賞
 読売新聞社賞
・謙慎展(現在理事)
 春興賞の受賞:2回
○書道教室
・学生:月曜日
・一般:火曜日、水曜日





地域別アクセス

ジオターゲティング

ジオターゲティング
livedoor プロフィール

yuji5327

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード