2019年07月02日

60歳を超えた人には2〜3年に1度、循環器系の特定検診を受けることをすすめている。

「南和友著:
最強心臓外科医が教える病気にならない自律神経の整え方、幻冬舎、2018.7.10」は参考になる。「第3章:健康診断は必須、ただし過信してはいけない」の印象に残った部分の概要を自分なりに補足して纏めると以下のようになる。
1.健康診断では異常がなかったのに、食後に血液検査をすると中性脂肪の数が異常で、脂質異常という症状を示すことがある。これは「食後高脂血症」といって、中性脂肪を分解するリポプロテアーゼという物質の働きが弱っていることが原因である。健康な人と比べて心筋梗塞などの心臓病のリスクが3倍といわれている。
2.バリウムを飲んで胃や腸のレントゲン検査をしても、見つけられるのはかなり進行した末期がんだけである。決して健康診断を過信しないよう注意を呼び掛けている。血管の状態をより正確に把握するためには、CTやMRIといった高度な画像撮影やABIといったドプラ検査の技術が不可欠である。
3.脳の血管の動脈瘤や詰まりなどの異常を発見するには、MRIを用いる必要がある。人間ドックでCT検査を受けたという人でも、全身を撮っていない場合があるので、そうなると狭い血管の異常は見落とすことになる。60歳未満なら5年に1度、60歳を超えた人には2〜3年に1度、循環器系の特定検診を受けることをすすめている。
4.循環器系疾患のリスクを正確に知るためには、次に挙げる検査項目のチェックが必要である。
・血液検査……代謝系の値と腎・肝臓機能、血液の栄養・感染状態のチェック
・胸部レントゲン……心臓の大きさ、形の把握、肺の異常陰影
・心電図……心筋梗塞、心筋炎などのリスクチェック、不整脈
・負荷心電図……負荷をかけたときの心臓の動きから不整脈や心不全を調べる
・エコー検査(心臓超音波検査)……弁の働き(迷流・狭塞)、筋肉の肥厚具合、血液の拍出量の測定
・頸動脈・下肢動脈エコi、ドプラ検査……詰まりやすい動脈に血栓がないかチエック
・ABI計測……上下肢の血圧差を測り、体の上下左右での動脈硬化の有無を調べる
・PWV計測……心臓の拍動が四肢に到達する時間の測定(動脈硬化の進行度チエック)
・.眼底検査……ドプラ検査では測れない細かい部位で動脈硬化をチェック
・肺機能検査………肺気腫、肺線維症、気管支喘息の有無を確認
・.全身CT検査…-体の断面図から狭くなった血管や動脈瘤がないか探す
・心臓CT検査…-冠勤脈の走行異常や狭塞の有蕪を1mm単位で検査
・心筋シンチ……心臓の虚血が疑われた場合に、血液の活用具合を測るオプション検査
5.特定検診(心臓・血管ドック)を受けるのが難しいのであれば、既往症などを考慮しながら、リスクの高そうな項目だけでもチェックしてもらう。かかりつけ医を持てば、自分の健康状態が経過とともにすべて記録されているので、小さな症状を見逃すリスクもそのぶん減る。-



yuji5327 at 06:49 
健康 
池上技術士事務所の紹介
261-0012
千葉市美浜区
磯辺6丁目1-8-204

池上技術士事務所(代表:池上雄二)の事業内容
以下のテーマの技術コンサルタント
1.公害問題、生活環境、地球環境
2.省エネ・新エネ機器導入
のテーマについて、
・技術コンサルタント
・調査報告書の作成
・アンケート調査・分析
・技術翻訳、特許調査
を承ります。
有償、無償を問わず
お気軽に下記にメールをください。
ke8y-ikgm@asahi-net.or.jp

工学博士、技術士(応用理学)、
公害防止主任管理者、
騒音防止管理者の資格で
お役に立ちたいと思います。

池上湖心 プロフィール
○略歴
大東文化大卒、
在学中 上條信山に師事
書象会に所属、書象会理事
審査会々員
○作品展の開催
・主宰している「さざ波会」
 作品展を毎年8月開催
(於:稲毛ギャラリー)
・土曜会(グループ展)
 作品展を毎年10月開催
(於:銀座大黒屋)
○公募展の受賞、入選
・日展入選
・読売書法展(現在理事)
 読売奨励賞
 読売新聞社賞
・謙慎展(現在理事)
 春興賞の受賞:2回
○書道教室
・学生:月曜日
・一般:火曜日、水曜日





地域別アクセス

ジオターゲティング

ジオターゲティング
livedoor プロフィール

yuji5327

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード