2019年08月01日

テスラの時価総額は昨年8月、フォード・モーターとフィアット・クライスラーの合計を上回った。両社ともに1世紀の歴史があり、売上高はテスラの数倍の規模である。


「Charley Grant著:テスラの生成と消滅、命運握るのは投資家、週刊ダイヤモンド、2019.6.27」は参考になる。概要の続きを自分なりに纏めると以下のようになる。
1.ここにきてテスラを売り込んでいる金融市場も、以前はテスラを人がうらやむような立場へと押し上げていた。テスラの時価総額は昨年8月、フォード・モーターとフィアット・クライスラーの合計を上回った。両社ともに1世紀の歴史があり、売上高はテスラの数倍の規模である。テスラは生産台数を伸ばし、2四半期連続で黒字を果たした。マスク氏は昨年10月、「われわれは今、本当の自動車メーカーになった」と語っている。
2.1〜3月の自動車販売は、一連の値下げにもかかわらず、前四半期から急減した。高価格帯の「モデルS」と「モデルX」は利益が出ているが、合計の納車台数が前期比で半減した。米国消費者情報誌コンシューマー・リポートは2月、信頼性の問題を理田に「モデル3」の推薦を取り下げた。
3、マスク氏は06年のプログ投稿で、初期のスポーツカー「ロードスター」で得た利益を再投資して、徐々に低価格帯の車種開発へと振り向けることで、世界的な自動車メーカーになる戦略を明らかにした。このプロセスの終着点は、中間層も手に人れられるEVを市場に投入することだった。だがこの計画は、かなり厳しい運命に直面した。自動車業界は競争がかなり激しく、事業運営には巨額の資本が必要なことで知られる。価格が高くない自動車の利益率は低い。マスク氏のプログ投稿から数年後、世界的な金融危機により、米自動車メーカー大手2社が経営破たんに追い込まれた、
4.マスク氏の壮大なビジョンを信じてテスラ株を購人した投資家は、多大なリターンを手にした。テスラは何年も赤字が続いたが、投資銀行は同社に対して明るい分析を示し、大手機関投資家も財布のひもを開いた。フィデリティ・インベストメンツやT・ロウ・プライスなど、有刀なミューチュアルファンド会社に加え、中国ネットサービス大手テンセントホールディングスもテスラ株を購入した。
5.多くは、テスラ車の品質とこれを製造したテスラの品質を同一視した。12年に高級セダン「モデルS」は批評家から絶賛された。ウォール・ストリート・ジャーナル〔WSJ〕のレビューでも「これは素晴らしいクルマだ」と書かれている。
6.テスラに対しては長年、弱気派も存在する。12年の浮動株の約6割は空売りが占め、かなりの高水準に達していた。その後13年1〜3月期に予想外の黒宇化を達成すると、株価が急伸し、テスラに懐疑的な投資家は痛い目に遭った。
7.マスク氏はその年の春、空売り筋を念頭に「ショートビル(ウィスコンシン州に実在する町)の天候はこの頃、荒れ模様のようだ」とツイートしている。ただ、マスク氏の長期戦略には、大衆市場向けの「モデル3」を製造し、かつ利益が出る水準で販売する必要がある。テスラにとって、3万5000ドルのEVセダンで営業利益を確保することは、8万ドル以上の車に比べてはるかに難しいことが判明した。米自動車業界は長年、利益の薄いセダン車の重点を下げ、スポーツ用多目的車〔SUV)やピックアップトラックに注力してきた。電動バッテリーもコストがかさむ。ニッケルやコバルトなどの原料に対する需要は、車やその他の製品へとバッテリーの使用が広がる中で急増した。
8.テスラがモデル3の開発に何年も費やしている聞に在来の自動車メーカーに追いつく機会を与えてしまった。多くの主要メーカーが大衆車市場に自社開発のEVを投入、テスラは価格競争にさらされることになった。問題をさらに悪化させたのが、米連邦政府のEV購入向け税補助金である。補助金は販売が伸びるのに伴い減る仕組みになっており、価格に敏感な買い手へと販売先が広がっているタイミングで、EV先駆者であるテスラには不利に作用している。テスラ車向けの税制優遇が半減された数日後の1月2日、テスラは「モデルS」「モデルX」「モデル3」について、米国内での販死価格を2000ドル胆引き下げると発表した。
9.テスラはすでに収益化を果たしているはずだった。「大きく稼ぐ」シナリオは、たびたび先延ばしになっているにもかかわらず、大衆車で利益が出せるとの見方はテスラの株価に織り込まれている。投資家は喜んで待ったが、サブライヤーや社員には早期に支払われる必要があった。テスラは17年までの4年間に、專業運営や資金需要で80億ドル以上を燃焼した。望ましい条件で調達できる限り、新たな資本は営業損失を補てんするだろう。
10.投資家の蛇口が今後も開いたままだと信じる理由はあった。「モデル3」が16年3月に発表されると、数十万ドルの頭金が集まった。この革新的な製品を手に入れるために喜んで待つ買い手がいるということを示唆していた。だが、モデル3の販売が加速し始めた昨年でさえ、すべて順調ではないことが明らかだった。マスク氏は咋年の春、決算会見で複数のアナリストからの質問を途中で遮った。昨年8月には、ツイッターで1株420ドルでテスラ株を買収して非公開化する計画を表明。実際には原資はまだ手当てしていなかったにもかかわらず、原資は「確保した」と述べていた。これを受け、株価は一時的に急伸したが、マスク氏は米証券取引委員会(SEC)ともめ事になり、ようやく最近になって和解した。
11.資金枯渇への懸念はテスラ債にも明確に出ている。マーケットアクセスによると、25年償還債(表面利率5・3%)は額面1ドル当たり0・805ドルとなっている。話はまだ終わらない。テスラは4月、4〜6月期〔第2四半期)以降、フリーキャッシュフローが黒字化するとの見方を示した。今月の資金調達により、投資家を再び呼び戻す時間が生まれた。だがマスク氏は今回、より伝統的なやり方で目標を達成する必要があるだろう。つまり、通常の事業から、利益とフリーキャッシュフローを生み出すということである。資本市場から新たに資金を調達してこれを補うことは難しい。テスラが最近発行した転換社債と普通株は相当な損失を出している。現在の債券価格は、テスラが新たな債券を発行する場合、表面利率を9%以上に設定する必要があることを示唆している。これまでも試練はあったが、マスク氏はアニマルスピリットをあおる偉大な才能を発揮していた。だが最近は苦戦している。テスラが3月、新型車「モデルY」を発表した際、そこまでの熱狂は起こらなかった。マスク氏は自動運転タクシーは、中古のテスラ車の価値を押し下げるのではなく押し上げるとの見方を示しているが、ロボタクシーを巡る構想も株高にはつながっていない。
12.テスラが7月初旬に発表する4〜6月期の納入実績が株価の回復に寄与する可能性はある。納入台数は前四半期から増える見通しだが、投資家を感心させるのは難しい。ファクトセットによると、アナリスト予想は9万2000台以上で、これはテスラにとって四半期ペースで過去最多の水準である。5月22口午後の取引で、テスラ株が再び下げ足を速めると、マスク氏はツイッターにウインク顔の絵文字を投稿した、もしかしたら、何かサプライズをひそかに用意しているのかもしれない。事業継続に必要な数十億ドルの資金を市場からの調達になお頼る企業にとって、金融市場は納得させられている必要がある。いかなる生産や財務の指標よりも、強気相場が作り上げたテスラにとって、これは厄介な問題をもたらす。


yuji5327 at 06:37 
共通テーマ 
池上技術士事務所の紹介
261-0012
千葉市美浜区
磯辺6丁目1-8-204

池上技術士事務所(代表:池上雄二)の事業内容
以下のテーマの技術コンサルタント
1.公害問題、生活環境、地球環境
2.省エネ・新エネ機器導入
のテーマについて、
・技術コンサルタント
・調査報告書の作成
・アンケート調査・分析
・技術翻訳、特許調査
を承ります。
有償、無償を問わず
お気軽に下記にメールをください。
ke8y-ikgm@asahi-net.or.jp

工学博士、技術士(応用理学)、
公害防止主任管理者、
騒音防止管理者の資格で
お役に立ちたいと思います。

池上湖心 プロフィール
○略歴
大東文化大卒、
在学中 上條信山に師事
書象会に所属、書象会理事
審査会々員
○作品展の開催
・主宰している「さざ波会」
 作品展を毎年8月開催
(於:稲毛ギャラリー)
・土曜会(グループ展)
 作品展を毎年10月開催
(於:銀座大黒屋)
○公募展の受賞、入選
・日展入選
・読売書法展(現在理事)
 読売奨励賞
 読売新聞社賞
・謙慎展(現在理事)
 春興賞の受賞:2回
○書道教室
・学生:月曜日
・一般:火曜日、水曜日





地域別アクセス

ジオターゲティング

ジオターゲティング
livedoor プロフィール

yuji5327

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード